このサイトについて

About

僕は、「教養」という言葉とはほとほと縁のない生活を送ってきました。

「どんな仕事をするか?」「どれだけお金を持っているか?」「どんな友達や恋人がいるか?」そんな表面的なことが、この上なく大事なことのように思えていたのです。

やれ「口汚い言葉を使う」とか、やれ「見えないところで悪口を言う」とか、そんな当たり前のことは抜きにしても、僕は、自分の目の届く範囲のことが世の中の全てだと考えていました。

しかし、現実はどうやらそうではないらしい。

世の中は自分が思っているよりも遥かに広く、人は自分が思っているよりも遥かに多彩で、人生は自分が思っているよりも遥かに濃厚で深いものでした。

自分の考えうる事など、ほんの一部の一部の一部の、極小さな点でしかなかありませんでした。地図のほとんどは、誰も見たことのない未踏の地だったのです。

「記者ぽっ報」は、そんな広大な世の中を旅する僕の列車です。

定期は無期限です。

また気が向いた時にでも、違う目で世の中を見ているあなたと、また一緒に旅が出来れば幸せです。

投稿日:

Copyright© 記者ぽっ報 , 2017 AllRights Reserved.