バゼルギウス

【MHW】バゼルギウスの倒し方/弱点~攻撃パターンと立ち回りのまとめ

MHW

投稿日:

バゼルギウスの倒し方を、個人的な雑感を交えてまとめています。

内容は弱点・肉質、準備しておきたい物や有利になる装備・スキル、武器種ごと(剣士/ガンナー)立ち回り方など。

Sponsored Link

弱点・肉質

バゼルギウスの弱点

基本的に脚以外はめちゃくちゃ柔らかく、属性も火・水以外は良く通ります。

状態異常もソコソコですが、気絶と爆破だけイマイチ。

準備

アイテム

とにかく爆弾の一発がキツイので、「回復薬G」はもちろん、「秘薬」も忘れずに。

空を飛ぶところを撃ち落とす用の「閃光弾」も必須です。

爆弾がぽろぽろ落ちてきて近づけないので、剣士で戦う場合は「シビレ罠」や「落とし穴」で動きを止めるのも有効です。

また、他のモンスターが絡むとめんどくさすぎます。「こやし弾」も忘れずに。

    準備しておくもの

  • 山盛りの回復手段
  • 各種罠
  • 閃光弾
  • こやし弾

武器・装備

相性の良い武器・悪い武器

やり方次第ではどの武器でも勝てますが、足下に爆弾が際限なく落ちてくる上に攻撃範囲が広いので、剣士は軒並みキツいです。

リーチがない片手剣、双剣、ハンマー、リーチはあっても一撃の隙が大きい大剣、スラッシュアックス、狩猟笛、チャージアックスは苦戦を強いられるかも。

ただ、チャージアックスに関しては、ソロだとすぐ怯むしダウンもスタンも取りやすいので楽っちゃ楽です。マルチだと全然こけないので辛いです。

個人的には、リーチがあってガードができるランスガンランス、リーチがあって緊急回避の手段がある太刀、ヒット&アウェイがやりやすい操虫棍は他に比べればやりやすいかなって感じ。

ガンナーは、危険地帯である足下に近づかなくても良いので全般的に相性が良いです。

脚以外は柔らかいので、転がさなくても弱点を狙えるのが良いですね。

属性・状態異常

雷が面白いぐらい効くので雷属性の武器を用意していくと良いです。

脚にダメージが通りやすくなり、ダウンを取りやすくなります。

動きさえ止めてしまえれば柔らかサンドバッグなので、麻痺も有効です。マルチなら麻痺武器を担いでいくのも良いかもですね。

爆鱗が光っている時に麻痺を入れることができれば喜ばれると思います。

スキル

  • 耳栓:咆哮(大)からの爆撃が辛い
  • 回避距離UP:頭の攻撃範囲が広いのであると便利
  • 体力増強:歴戦個体になると爆発が即死級
  • 閃光弾強化:撃ち落とすのが楽になる
  • 火属性耐性:爆弾のダメージを抑えられる

オトモ道具

おすすめは「足どめ虫かご」です。

シビレ罠にかかってくれればそれだけで随分楽になります。

特殊装具

耐熱の装衣

爆弾のダメージがとにかくきついので、「耐熱の装衣」を用意していくと割かし無理が効きます。

体力の装衣

上に同じく、「体力の装衣」も被弾時の保険としてはかなり優秀です。

不動の装衣」が相性が悪いので、代わりに持っていくならこの2つがおすすめ。

Sponsored Link

攻撃パターンと倒し方

体の下には入らない

体の下は次から次へと爆弾が落ちてきます。咆哮中でもお構いなしにボトボト落としてきます。

頭から尻尾の先まで軒並み危険地帯です。

体の下には入らないように、入ってもすぐに脱出できるように、ヒット&アウェイで細かくダメージを積み重ねていきましょう。

回避は左右に早めに

バゼルギウスの攻撃は覆いかぶさるようにして突進してくる「ボディプレス」や、ジャンプからの「踏み付け」など、体の前方~下に向けてが多いです。

爆弾が落ちてくるのもあって、体の外側を意識して立ち回らないとあっという間に瀕死に。

デカい頭を使った攻撃を多用し、攻撃範囲が左右前方に広いのも特徴です。

ボディプレス」が思ったよりもグイグイくるので、真っすぐ距離を取る避け方は危険です。

後ろは後ろで尻尾の振り回しがあるので完全に安全ではありません。

反面、360°をなぎ払うような攻撃や、横に向けた攻撃が少ないので、後脚の横辺りが安置になる攻撃が多いです。

バゼルギウスの攻撃モーションが始まったら素早く左右に回避して、回り込んで攻撃を加えていきます。

落ちた爆弾には近づかない

さすが「爆弾うんこ野郎」の異名を持つモンスターだけあって、戦いながらそこいらを爆弾だらけにしやがります。

だいたいバゼルギウスの攻撃で爆発しますが、閃光弾やひるみで攻撃を途中で止めたり、空爆で巻き散らかされた不発弾が転がっていることがあります。

放置しておくと自分の攻撃で爆破させてしまったりすることも多いので、できれば爆弾が落ちていない場所まで誘導してしまいましょう。

爆鱗が光ってる時は近づかない

通常、落ちた爆鱗は衝撃で爆発しますが、爆鱗が光っていると落ちてすぐに爆発するようになります。

この時に無理に攻撃を仕掛けに行くとひどい目に合うので、通常時以上にヒット&アウェイを意識して立ち回る必要があります。

慣れるまでは近づかずに観察していた方が無難かも。

それでも攻撃できるタイミングはあるので、焦らずに機を待ちましょう。

閃光弾で撃ち落とす

バゼルギウスのめんどくさいモーションのひとつに、空に飛びあがっての空爆があります。

爆弾をばら撒きながら空中で3回方向転換をした後、ターゲットに向かって突撃してきます。

この方向転換の直後を狙って閃光弾を撃つと簡単に撃ち落とすことができます。撃ち落とすことができれば大きなチャンス。

爆弾が光ってる時は特に全く近づけなくなるので、積極的に狙ってチャンスを作っていきましょう。

方向転換した瞬間にバゼルギウスに向かって「閃光弾」撃つとだいたい落ちます。

ちょっと慣れが必要ですが、慣れてしまえば百発百中で撃ち落とせるようになります。

飛ぶタイミングは、羽根を広げて走って「突進」をしてきた後頭上に飛びあがって「滑空突進」の後の2パターンあります。

脚を狙ってダウンを取る

脚を狙ってダウンをとれると、やっかいな爆鱗を一時的に無効化することができます。

爆鱗さえなければただのデカいサンドバックなので、その隙に思いっきり削ってしまいましょう。

ただ、マルチでは全員で足を狙わないとなかなかダウンが取れません。ですので、ダウン狙いは専らソロ用の立ち回りになると思います。

武器ごとの立ち回り

剣士の場合

ランス、ガンランス、チャージアックスなど、ガードができる武器の場合は、防御重視で攻撃をしっかりガードして、周囲に爆弾がないことを確認してから殴りに行きましょう。

安全確認を怠ると死にます。

ガードができない武器は、遠巻きに立ち回ってチャンスを伺いながらヒット&アウェイを繰り返します。

モーション毎に爆弾が落ちるタイミングが違うので、安全な場所を予め確認しておくと楽です。

例えば……

  • ボディプレス:尻尾側には爆弾が落ちない
  • 体当り:爆弾が落ちない
  • ブレス:吐いてる途中は爆弾が落ちない

こんな感じ。

攻撃は激しいですが、脚以外は柔らかい上に体力も高くないため、地道にやってもさほど時間はかからないと思います。

ソロの場合

ソロの場合は、まず足を狙ってダウンを取りに行きます。

ダウンさえとってしまえば一時的に爆鱗がなくなるので、その間はとろとろ動く本体を殴りたい放題です。

それでも攻撃範囲の広さは脅威ですが、動き自体は緩慢で分かりやすいため、捌くのはそう難しくありません。

しっかり武器を強化して火力の出せるスキルを組んでいれば、1、2回のダウンで瀕死に追い込めると思います。

マルチの場合

ところが、マルチになると体力とひるみ耐性がソロと比べて倍以上(多分)になるため、足を狙ってもなかなかダウンを取ることができません。

閃光弾で落として殴りに行くか、罠を仕掛けて隙を作るかしないと大技は当たらないでしょう。

運良く当てることができても全然ひるまないので、そのまま反撃を貰って瀕死ってこともよくあります。

ソロの時よりもさらにヒット&アウェイを意識して立ち回る必要があります。

ガンナーの場合

ガンナーの場合は、距離をとって頭と翼を中心に弾をばら撒くのみ。ソロでもマルチでもやることはあまり変わりません。

狙われたらバゼルギウスの周りを回るようにして立ち回ります。

バゼルギウスは遠距離への攻撃手段をほとんど持たないので、距離をとっていれば脅威ではありません。

注意したいのは、「ボディプレス」ぐらいです。

ボディプレス」は、左右の範囲に加えて、前方への伸びが半端なく、追尾性能も高い強モーションです。

「ここまで届くんかい!!」ってぐらい伸びてくるので、早めに横に距離を取らないと死ねます。

遠いターゲットに対しては、ダーッと走り寄ってきてから繰り出すことが多いので、バゼルギウスを迂回しながら尻尾側へ回っていけば安全に避けられます。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.