弓のおすすめスキル

【MHW】弓のおすすめスキルと最強装備の作り方

MHW

更新日:

弓は、ガンナーの中でも距離を選ばずに戦える自由度の高い武器です。

そのぶん有用なスキルも多いんですが、あれもこれもと欲張るとあっという間に器用貧乏に。

個人的には、他の武器よりスキルの組み方が難しく感じました。

そんな試行錯誤も一応の決着を見たので、この記事では「弓のおすすめのスキル」と「戦い方と各スキルとの相性」の2つのテーマについて、簡単に解説しています。

ひらたく言うと、「こういう戦い方するならこのスキルがおすすめ」とか「このスキルを活かすならこういう戦い方がおすすめ」っていうような話です。

Sponsored Link

おすすめスキル

とりあえずザっとおすすめスキルを並べています。

あり過ぎて困ると思いますが、後で戦い方別に相性の良いスキル・悪いスキルを整理しているので、ここはサッと眺める程度でも十分です。

火力アップ

弱点特効 弱点に対する会心率を最大50%アップするスキル。火力を出そうと思ったら弱点を狙わないわけにはいかないので、優秀なスキルです。
会心撃【属性】 会心時の属性ダメージを上げてくれるスキル。「〇〇弾強化」「攻撃」「超会心」と色々試しましたが、これが一番相性が良く、強いと思います。「竜の一矢」や「壁撃ち」以外の攻撃は「超会心Lv3」と同等以上のダメージアップでした。また、トレーニングルームの柱を相手にした時の単純なダメージは、攻撃力よりも属性値が高い武器の方が優秀でした。
〇〇弾強化 貫通、散弾、通常弾強化の3種類があります。それぞれの弾の威力を1.1倍してくれます。全部積みたいところですが、さすがにそれは無理があるので、戦い方によって取捨選択するのが正解だと思います。
見切り 会心率を上げてくれるスキルです。火力アップは「会心撃【属性】」がメインになると思うので、つられて有効なスキルです。
溜め段階解放 弓の溜めを1段階増やしてくれるスキルです。レア8の装飾品「強弓珠【2】」が必要ですが、めちゃくちゃ強いです。世界が変わるレベルです。
抜刀術【技】 抜刀攻撃の会心率を上げてくれるスキルです。「抜刀溜め」から「竜の一矢」を繰り返す、いわゆる「抜刀竜の一矢」の構成に使われます。
特殊射撃強化 「竜の一矢」の威力を上げてくれるスキルです。戦い方によって以下略。「抜刀竜の一矢」の構成と相性が良いです。
集中 溜め時間を短くしてくれるスキル。Lv2では上がったかな?って感じで、Lv3から明らかに早くなります。弓は「溜め撃ち連射」と「チャージステップ」で溜め段階を上げれるので、あまり恩恵が感じられないかもしれませんが、なかったらなかったで不便に感じるぐらいには便利です。
心眼/弾道強化 弓の射程距離を伸ばしてくれるスキルです。距離の調整がかなり快適になります。「溜め撃ち」や「竜の一矢」をメインに据えた構成と相性が良いですが、これもレア8の「心眼珠」が必要です。

防御・回避

耳栓 咆哮を軽減・無効化する防御系の鉄板スキル。あると便利なのは間違いないですが、果たして入れる隙間があるかどうか。
回避性能 回避の無敵時間が伸びるスキル。「チャージステップ」の無敵時間も伸びるので、張り付いて散弾メインで戦うスタイルにおすすめです。
回避距離UP 回避の距離が伸びるスキル。「チャージステップ」の距離も伸びます。Lv3まで積むと面白いぐらい機動力があがります。どれぐらい上がるかというと、3ステップかかるところが2ステップで済むぐらい。騙されたと思って積んでみたら便利さに驚く感じのスキルです。
体力増強 単純に死ににくくなるので、被弾が多いと感じる時にはおすすめです。余裕があればセットで「体力回復量UP」をつけておけば、相対的に足りなくなる回復量を補えます。

スタミナ

ランナー 「溜め」のスタミナ消費を抑えてくれるスキルです。スタミナの節約は手数に繋がるので、ランナーも例に漏れず優秀ですが、優先順位をつけるなら個人的には「体術」と「スタミナ急速回復」の方を推します。
体術 「チャージステップ」や弓の発射時のスタミナ消費を抑えてくれるスキルです。そのままだとすぐに息切れしてしまうので、どんな戦い方にも大手を振っておすすめできます。Lv5まで積めば、単純計算で手数が倍になるのでめちゃくちゃ強いです。
スタミナ急速回復 スタミナの回復を早くしてくれるスキル。弓は普通にプレイしているとスタミナの回復を待って何もできないシチュエーションが多いですが、「スタミナ急速回復」があると「攻撃>離脱>攻撃」の回転を上げることができます。「体術」と並んで戦い方を選ばない優秀なスキルだと思います。スタミナ回復の待ち時間が長いなーと思ったら検討してみては。
納刀術 納刀が早くなるスキルです。「抜刀一矢」の回転を上げるのに採用されることが多いです。

弓の戦い方と各スキルとの相性

冒頭でも言いましたが、弓は全武器種の中でもかなり「使えるスキル」が多く、あれもこれもと欲張るとあっという間に枠が埋まってしまいます。

なので、スキルを組む前に予め「弓の使い方」を絞り込んで、コンセプチュアルに考えていく必要があります。

というわけで、弓の使い方の例と相性の良いスキル・悪いスキルの話を少し。

溜め撃ち+竜の一矢(中~遠距離)

「溜め撃ちⅢ>チャージステップ>溜め撃ちⅢ」のループと「竜の一矢」をメインに中距離・遠距離で立ち回る、おそらく一番オーソドックスなスタイルだと思います。

弱点のヒットスポットが小さく、狙いにくいモンスターや、比較的大きいモンスターとの相性がよく、お尻を追いかけるシチュエーションが多いマルチでの立ち回りにも向いています。

次に紹介する「溜め撃ち連射」に比べて瞬間火力は劣りますが、強撃ビンを確実に火力に換算できる総合火力がメリットです。

相性の良いスキル

  • 弱点特効
  • 会心撃【属性】
  • 超会心
  • 集中
  • 通常弾強化
  • 貫通弾・竜の一矢強化
  • 特殊射撃強化
  • 弓溜め段階解放
  • 体術
  • スタミナ急速回復
  • 心眼/弾道強化
  • 回避距離UP

「溜め撃ち」の火力を重視するなら属性値が高い武器に「会心撃【属性】」を、「竜の一矢」の火力を上げるなら攻撃力が高い武器に「超会心」を積んだ方が強いと思います。

「溜め撃ち」のダメージがメインなので「通常弾強化」は積むとして、隙あらば最大溜めの状態から積極的に「竜の一矢」を狙っていくことから「貫通弾・竜の一矢強化」「特殊弾強化」も選択肢に入ってきます。

スタミナ関連は、「チャージステップ」を繰り返して溜めⅢを維持するほど火力があがるので「体術」が必須。「スタミナ急速回復」があるとスタミナが切れてからの戦線復帰が早くなり、その分火力が上がります。

「集中」は必須ではないですが、「集中」をつけた立ち回りに一度慣れると、なかったらなかったでやり辛い程度には便利です。

また、適正距離の調整には「心眼」や「回避距離UP」が便利です。

剛射(近~中距離)

「溜め撃ち>剛射>溜め撃ち>剛射」「チャージステップ>剛射」など、剛射を交えたコンボを積極的に使っていくスタイルです。

弱点が狙いやすいモンスターや、「竜の一矢」で大ダメージを与えられない小さいモンスターを相手にするのに向いています。

瞬間火力は高いですが、弱点に近づかないと火力を発揮できないので被弾のリスクが大きく、ターゲットが分散してしまいがちなマルチでは立ち回りに往生します。

比較的狙われやすいソロの方が運用しやすいと思います。

相性の良いスキル

  • 弱点特効
  • 会心撃【属性】
  • 集中
  • 体術
  • スタミナ急速回復
  • 通常弾強化
  • 散弾強化
  • 弓溜め段階解放
  • 回避性能

火力周りは「弱点特効」と「会心撃【属性】」が強いです。「散弾強化」入れるとして、「通常弾強化」は立ち回りや相手次第って感じでしょうか。

スタミナ関連は「体術」が必須。Lv3以上あると手数も回避の機会もグッと増えるので、火力と生存力が上がります。

戦線を離脱してからできるだけ早く復帰したいので、「スタミナ急速回復」も欲しいですね。

「集中」が一見必要ないように思えますが、「チャージステップ>剛射」のコンボは、「集中」をLv3まで積んでいると「チャージステップ」後の溜めを待ってから溜めⅢの「剛射」を撃てます。

「集中」がない状態で溜めⅢまで待つとコンボの受付時間が終わってしまい、「曲射」になります。この辺はお好みで。

また、近接に似た立ち回りになり被弾しやすいので「回避性能」と相性が良いです。

スタミナ強化(近~遠距離)

スタミナ周りの強化に徹底して、扱いやすさを重視したスタイルです。

火力スキルを積む余裕がないので一発一発のダメージは落ちますが、手数が多く息切れしにくい上に、状況に合わせた距離・弾選びがやりやすく、総合的な火力は低くないです。

極端に相手を選ばないのもメリットですね。

相性の良いスキル

  • 弱点特効
  • 会心撃【属性】
  • 集中
  • ランナー
  • 体術
  • スタミナ急速回復
  • 弓溜め段階解放

スタミナ周りでオススメなのは「体術」と「スタミナ急速回復」。余裕があれば「ランナー」って感じでしょうか。

各スキルともMAXまで積むか、それともある程度のところで止めておくかは好みで。

全く息切れすることなくスタミナが有り余っているようなら、火力スキルとのバランスを取って抑え気味に積むのも手です。

この辺のバランスは人や相手にもよるので、自分にとってちょうど良いラインを探るのが難しいところですね。

それでも、一度は全部MAXで使ってみることをおすすめします。

一度使ってみると自分と相性が良いスキルとレベルが分かりますし、どこをどれぐらい削って火力スキルを入れるかを検討しやすいと思います。

雑に扱っても全く息切れせず、戦い方の練習にもなりますしね。

スタミナ系を全部積むと火力枠がなくなりますが、頑張って「弱点特効」と「会心撃【属性】」ぐらい積んでおくと最低限の火力を維持できます。

抜刀「竜の一矢」

「竜の一矢」に「抜刀術【技】」が乗ることを利用して、会心率を100%に引き上げたスタイルです。

弓は普通に使ったら属性値が高い武器が強いですが、この構成だけは攻撃力が高い武器と相性が良いです。

「貫通弾強化」「特殊弾強化」「超会心」を積んだ「角王弓ゲイルホーン」を「抜刀術【技】」と「弱点特効」で会心70%~120%にして「竜の一矢」ドン。

「抜刀>竜の一矢>納刀>抜刀>竜の一矢……」これの繰り返しです。

貫通させやすいデカい相手や、狙われにくいマルチではすさまじい火力を発揮します。

ただ、ハマると強いですが相手を選びます。十分に貫通させることができない小さい相手にはなす術がないです。

相性の良い相手には単純に強いですが、個人的な雑感として難点を上げるとすれば、めちゃくちゃ飽きます。

相性の良いスキル

  • 弱点特効
  • 超会心
  • 弓溜め段階解放
  • 心眼/弾道強化
  • 貫通弾・竜の一矢強化
  • 特殊射撃強化
  • 抜刀術【技】
  • 納刀術

やることがシンプルなので、特に言うことはありません。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.