ついに混沌の時代がやってきました。

度重なる過激な発言で、遥か遠くの島国のお茶の間すらも賑わせてきたドナルド・トランプ氏の大統領当選が決まりました。

これが太平洋を超えた遠い国の出来事……と胡坐をかいているわけにもいかなくなりそうです。

トランプ氏の大統領当選は、日本にどんな影響があるのか、大きく2つの問題がよく取り上げられています。

  • 日米安保の問題
  • アメリカのTPP(環太平洋連携協定)脱退の問題

色々とややこしいこの2つの問題について、分かりやすく簡単に解説します。

Sponsored Link

日米安保の問題

トランプ氏は「日米安全保障に関するコストは日本が全額負担するべき」と発言しています。選挙中、日米安全保障についてのトランプ氏の態度は徹底していました。

「我々が攻撃されても日本は防衛する必要がない。米国は巨額資金を日本の防衛に費やす余裕はない。」

「誰かが日本を攻撃したら、我々はすぐに駆けつけ、第三次世界大戦を始めなければいけないんだろう?我々が攻撃されても日本は助けない。フェアじゃないだろ?これでいいのか?」

もちろん、これらの発言は日本に負担増を求めるものではなく、選挙権を持つアメリカ国内の人に向けての特別に過激なもので、それが現実のものになるかどうかについては「まだ分からない」というのが現状。

しかし、アメリカが安保条約を結んでいる国は数多く、それら全ての国々に全額負担を強いるかと言うと、それはあまり現実的ではないでしょう。

在日米軍にかかるコストは日本の方が多く負担しており、自国だけで駐屯軍の維持費を賄うとなると今よりもアメリカの負担が増えるのですが、その辺りのことをトランプ氏はどう考えているのか。

問題はお金じゃない?

……と、お金の話に敏感になりがちですが、この発言は“我々が攻撃されても日本は助けない”という点に注目すべきです。

トランプ氏は安倍首相との電話会談で「日米関係は卓越したパートナーシップであり、この特別な関係をさらに強化していきたい」と語っており、アメリカに助けられるだけではなく、双方が手を取り合える関係に向けて……と前向きに捉えられなくもありません。

選挙が終わってすぐ、大統領就任前に安倍首相が取り付けた異例のスピード会談は、その点でのお互いの意思確認の意味が強いと考えられます。

“我々が攻撃されても日本は助けない”

この問いに、私たち日本人はどの様に答えたら良いのでしょうか。

アメリカのTPP脱退の問題を分かりやすく

もうひとつ、大きな問題がアメリカのTPP(環太平洋連携協定)離脱問題。TPPについて、トランプ氏はこう発言しています。

「TPPは大失敗だ。特別な利害関係をもつ奴らが、アメリカをレ〇プするために、この協定を結ぼうとしてきた。

ひどい言葉かもしれない。だけどアメリカはレ〇プされ続けている。

TPPは一部の裕福な人々によって締結されたが、彼らはさらに別の協定を結ぼうとすら考えている。」

「自分が大統領に就任した初日にTPPから離脱する」

はてさて、随分前から話題になっていますが、そもそもTPPとは一体何か。

関税をなくして貿易を自由化し、経済を発展させて云々……。経済の話はどうにも回りくどくて分かりにくいですね。ざっくりと簡単に言うと、国同士の仲良しグループです。EUやASEANみたいなもの。

関税がないとその国同士のやりとりが活発になります。そのグループからあぶれると、どことも取引してもらえず世界経済に置いて行かれてしまいます。実際、置いて行かれるのかどうかは分からないのですが、そういった強迫観念が推し進めているような政策でもあります。

そんなTPPにとってアメリカはジャイアンみたいなもので、自分たちのグループにいるとやっぱり心強いですよね。アメリカがいるからこそ参加している国もたくさんあります。

力を持っているからみんなが頼りにしています。アメリカ側の輸入増は避けられず、国内の産業は衰退し、雇用がますますなくなってしまう、というのがトランプ氏の見解。一方、他の参加国からしてみれば、TPPからアメリカが脱退すると、参加によって得られる経済効果の半分がなくなり、TPPがほとんど機能しなくなると言われています。

果たして本当にアメリカはTPPから脱退してしまうのか。その答えを知るには、経済の活性化の裏に隠されたTPPにはもうひとつの目的を考える必要があります。

TPPによる中国包囲網

少し前に「爆買い」なんかでも話題になりましたが、近年の中国の経済的な成長は凄まじいですね。TPPによる連携は、「中国の経済的、政治的、安保的な“膨張”に対する包囲網を敷く狙いもある」とオバマ大統領が公式に発言しています。

トランプ氏も、中国の膨張については同じように危惧しているとのこと。違いは、トランプ氏はビジネスマンだということです。

アメリカのTPP脱退の話は、中国の抑止を含めたアメリカの利を、他の国がどう示せるのかが鍵になってくるでしょう。

「TPPから脱退する」という強気な発言は、アメリカファーストの信念に則った「アメリカ有利な条件」を引き出すためのパフォーマンスの一面が強いように思えます。

可能性がないわけではないですが、本当に脱退するかどうかは、今後の交渉次第と言ったところでしょうか。

TPPについては、日本国内でもゴタゴタが続いています。一国民としては、米国の前に、まずは国内の足並みが揃っている様を見たいところ。

Sponsoerd Link

まとめ・日本はどうするべきか

日本に大きく影響すると言われているのは、日米安保とTPPの大きく二つ。この二つを、なるべく分かりやすく解説してきました。

それを受けて、日本はどうするべきか……。

今の世の中、グローバル化が進み「自分の国はこうだから」では話が完結しなくなってきました。

相手の立場から見た世界は、どんな景色なのか。アメリカファーストを大きく掲げたリーダーを据えたアメリカからは、世界がどう見えているのか。

“グローバルな視点”とはずっと前から言われていることですが、その基本に立ち返る必要があるのではないでしょうか。飽くまで対等な関係としての責任を、日本はこれからどう果たしていくのかを、改めて世界に示す時なのではないかと思います。

そういう意味では、トランプ氏が大統領に就任したことで、これから巻き起こると言われている“混乱”は、日本にとってはチャンスと言えなくもないのかもしれません。