ダークソウル3 ダメージ検証

【ダークソウル3】指輪と防具によるカット率と被ダメージ検証。虜囚の鎖と鉄の加護の指輪の効果は如何ほどか。

ダークソウル3

更新日:

防具によるカット率。ステータス画面にはっきりと数字で明記してありますが、実際どれくらいカットしているのかを検証してみました。

ざっくりとした簡単な検証ですが、ちょっとでも参考になればと備忘録メモを残しておこうと思います。

指輪編として「慮囚の鎖」と「鉄の加護の指輪」の効果検証。

防具編では「重装」「超重装」「達人セット」の3種類で。そいではどうぞ。

Sponsored Link

被ダメージ検証・基本情報

ステータスは以下の通り。

ダークソウル3 ステータス

このキャラで3周目のボス尻ことボルド先生の前にうろついてる槍亡者のダッシュ攻撃を食らって検証していきます。

体力35裸

ダークソウル3 カット率

  • HP1164/1550
  • 被ダメージ:386
  • 残りHP75%

まずは裸でこの数字。これを基準にあれこれ装備を付け替えて、どれだけダメージをカットしていくかを見ていきましょう。

被ダメージ検証・指輪編

裸と被ダメージ増加・減少効果のある指輪をつけてどれだけ数字が変わるかを見ていきます。使うのは慮囚の鎖と鉄の加護の指輪+1。

カーサスの血環や奇手シリーズも候補に入っていましたが、ローリング性能やどれだけダメージUPするのかを考えるのはちょっと手間がかかるので、今回は「ダメージを受けた際の死ににくさ」に限定してこの二つをチョイス。

体力35裸と慮囚の鎖

ダークソウル3 カット率
カット率減少10%、体力・生命力・持久力+5の効果を持つ、割と多くの人に愛用されている指輪です。体力や生命力も上がるため、被ダメージ上昇効果がどれ程のものなのかがイマイチ分かりにくい。

  • HP:1228/1647
  • 被ダメージ:386
  • 裸に比べたダメージ割合:108%
  • 残りHP:75%

カット率が10%下がりましたが、ダメージそのものの増加は8%でした。体力が5上がった分で2%をカットしている模様。

HPが増えた分も加味すると25%減の75%になっています。慮囚の鎖がない状態も25%減でほぼ同じ数字だったので、ある程度生命力に振っているキャラでは単純に重たい防具を装備できる+スタミナが増える指輪と考えてよさそうです。

しかしHPの減りの割合は生命力の数値によって変動するので一概には言えません。生命力が低いキャラ、もしくは霊体で活動することが多い人ほど恩恵が高そうです。

体力35裸と鉄の加護の指輪+1

ダークソウル3 カット率
結構空気扱いされている指輪、鉄の加護。+1でカット率上昇13%です。+2だと15%ぐらいかな?(※15%でした)

  • HP:1215/1550
  • 被ダメージ:335
  • 裸に比べたダメージ割合:87%
  • 残りHP:78%

見事にカット率通り。指輪分の13%カットしています。HPの減りは指輪なしの25%から22%に減少。そう考えるとある程度生命力があるキャラにとっては気持ち程度の効果ですね。どちらにせよ鉄の加護の指輪にスロット1つ使うのは勿体無い気がします。

硬さにロマンを求めるて重装にさらにカット率を上乗せする場合なら採用もありかも。

被ダメージ検証・防具編

続いて防具編。今作ではモブの攻撃力が高いためにイマイチ効果を実感し辛い防具カット率。

本当に数値通りにダメージカットしてるんでしょうか。

体力35の重装(武器有り)

ダークソウル3 カット率
武器と盾に重量25.0程度を割いてからの出来る限りの重装備で検証。カット率24%。普段使っている装備と同じような数値です。

  • HP:1296/1550
  • 被ダメージ:254
  • 裸に比べたダメージ割合:66%
  • 残りHP:83%

裸の場合と比べて34%のダメージをカットしています。表記されたカット率よりも10%高い数字ですが、これは防具を着たことによる防御力の上昇分がプラスされているんだと思います。

残りHPも83%と、裸の場合と比べて8%の差が出ています。

さすがにこれだけの差が出ると硬くなる意味も出てきます。エスト一本でリターンできるダメージが多いということは、エストの数が少ない霊体でも持久戦に対応しやすいということ。

確かにこのキャラを使い始めてからは、霊体で積極的にパリィを狙っていっても相当なミスを連発しない限りエスト切れで死ぬことはなくなりました。(祝福セスタス積み)

しかしながらHPが多い分攻撃を受ける回数の多い生身だと硬さの恩恵も感じやすいですが、霊体だと直剣や打刀にサクサク切られてアッサリ死ぬことも。

当然ですが、生命力が高い方がカット率の恩恵は大きいです。

なので、死ににくさを求めるならばまずは何よりも生命力の確保が最優先ですね。

体力35の重装(武器なし)

ダークソウル3 カット率
すいませんステータス画像を撮るのを忘れてしまいました・・・。

武器を持たずに中ロリが出来る限界まで防具を積んでみました。物理カット率31%。ですが対刺突28%なのであまりかわらないかも?

  • HP:1306/1550
  • 被ダメージ:244
  • 裸に比べたダメージ割合:63%
  • 残りHP:84%

裸の場合と比べて大体37%カット。対刺突属性が28%なのでまぁカット率通りですね。打撃ならきっちり32%+防御力分で42%近くカットするはず。

しかし重量に対して思っていたほどカット率は上がりませんでした。残りHPを見ても毛ほどの効果。カット率を求めて装備を重くするのは、ただ重いだけであまり意味がないようです。

超重装の魅力はやっぱり強靭度ですね。今作は強靭がどれほど息をしてるのか分かりませんが・・・。

体力35の重装+鉄の加護の指輪

どこまで硬くなれるんだろう?と気になったのでわざわざ刺突に強い防具を選んでみたんですが、どれだけ選んでも30%超えず。刺突に有効な防具ってあんまりないんですね。

加えて鉄の加護の指輪+1(+2は持ってない)を装備してこの数値。
ダークソウル3 カット率
カット率38%。裸の時は13%上昇してたんですが、防具を着てるときっちり13%ではないみたい。鉄の加護の効果は何かに対しての割合のようです。

カット率が高くなるほど、効果が下がっていきます。

  • HP1343/1550
  • 被ダメージ:207
  • 裸に比べたダメージ割合:54%
  • 残りHP:87%

いや硬い。鉄の加護効果もプラスされて46%近くカットしています。物理ダメージが裸と比べておおよそ半分になると思うと結構ありな気もします。ですが裸で戦わなければならないシチュエーションもそうそうないので、実質は軽装の5割増し程度の硬さ。

それでも火力特盛「煙の特大剣」のダメージが400ほどに抑えられると考えると、生命力次第では生身で2チェイン耐えられます。まぁ霊体だったら強制的にHPが減るので、ワンチェイン耐えられれば何でも良いと考えれば、その分火力にステータスを割いたほうが賢い気もしますが。

黒騎士の大斧をメインで使っている自分としては、ワンチェインで半分減らないとちょっと絶望しますw

体力35で達人セット

ダークソウル3 カット率
寵愛+2があれば武器の合計重量15.0ぐらいまでだったら軽ロリできます。みんな大好き達人セット。当たらなければどうということはない!!

  • HP1231/1550
  • 被ダメージ:319
  • 裸に比べたダメージ割合:83%
  • 残りHP:79%

刺突カット率5%ですが、裸と比べると実質17%カット。ダークソウル3では防具の防御力は一律ですから、何も着ないよりは断然良いですね。ステータス表記のカット率は5%なので、防具の防御力分だけで12%近くカットしている計算です。

軽ロリ出来るなら達人セットもありですねぇ。防御力に関しては着てさえいれば何でも良いんですから。

しかし達人セットは基本的に体力のない人用の装備なので、愛用してる人は基本体力初期値の人が多いと思います。そうなると体力の数値でカット率にどれだけの差がでるのかが気になりますね。

まとめ

モブの攻撃力が高すぎていまいち恩恵が実感できないカット率ですが、こうしてきちんと検証してみるとちゃんと被ダメージカットしてるんですね。

防具をつけるかつけないかで10%近くの差があること、カット率の高い防具にはそれなりのメリットがあることがちゃんと実証された形になったと思います。5%、10%と言われればたいした違いではないように思いますが、長い道中で攻撃を受けるのは一度だけではないと考えると塵も積もればなんとやら。

最終的にエスト2、3本分ぐらいの差にはなってそうです。

しかし今作は何でも着るだけで10%以上はカットするので、体力にステータスを振ってまで重い防具をチョイスする必要があるのかどうかという点には疑問が残りました。

体力の数値で被ダメージにどれだけの差があるかと、体力を上げるメリットとデメリットも考察してみようかな。

Sponsored Link

-ダークソウル3

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.