記者ぽっ報

ダークソウル3 黒斧 ステ振り

ダークソウル3

【ダークソウル3】侵入専門ステ振り/硬さ重視の黒騎士の大斧上質【対人・攻略】

更新日:

こんちは!今回はメインで使っている侵入専の黒斧キャラの紹介です。

Sponsored Link

ステータス

ダークソウル3 黒斧 ステ振り右手
黒騎士の大斧

左手
鉄の円盾or祝福のセスタス

指輪
緑化の指輪+2
ハベルの指輪+2
寵愛の指輪+2
スズメバチの指輪

一番メインで使ってる黒斧キャラ。煙が弱体化されて厨武器扱いされている節もありますが、あんまりそういうのは気にしていません。

生命力と体力でなかなかの硬さなので、結構積極的にパリィやカウンターを狙っていっても大丈夫。

体力を上げていると装備が選り取り見取りなのが良いですね。

指輪のチョイスによっては重さ:数値が優秀なグンダ一式をいくつか装備しても黒斧が持てるので助かっています。

ちなみに名前はCharlotte。

はい、こいつです。
シャーロッテ
なので斧以外の武器は使えない体になってしまっています。

攻略での使い勝手

上記の理由によりサブ武器を持てないので、攻略での使い勝手はイマイチ。攻略はやはり直剣が抜きん出ています。

ともあれ犬とかの素早いモブが若干苦手ぐらいのもので、慣れればさほど支障はないです。攻撃できるタイミングさえ掴んでしまえば、ボスを含めて黒斧一本で最後まで攻略することも可能。

ある程度の硬さを確保してるので雑魚に1発2発もらったぐらいではエストを飲むほどのダメージもなく、徐々にHPを回復してくれる祝福のセスタスが良い仕事します。

白霊バイトではエスト丸々残してボス戦に挑めたりすることも少なくありません。

Sponsoerd Link

対人戦での使い勝手

火力を落として硬さを重視したビルドと火力を重視したビルドと両方で遊んでみた結果、この辺のバランスに落ち着いている感じです。

火力を落としても、さすが黒斧だけあって思っていたほど見劣りはしませんでした。要求ステも高いですからね。しかしホスト相手だとメバチパリィで殺しきれないことが多々あり。

逆に火力を上げすぎてもイマイチ恩恵がよく分からなかったり、「惜別の涙」を相手にするとリソースが無駄に食われてしまったり。

タイマン

スタミナ消費が激しい武器の割りに持久力を抑えていますが、緑化の指輪+2や緑化草でなんとかなっています。

戦術が基本カウンターチェイン+パリィ狙いなので持久力にモノを言わせて押し込む場面はそうそうありません。2発振って少しの余裕があれば十分だと思います。

火力はこの数字で今のところ不足を感じることなく戦えています。タイマンでの勝率は7割程度。

勝ったり負けたりですが、エスト15本使い切るまで連勝できたりもします。私が上手いというよりも黒斧が強力なんだと思いますが。

侵入戦

3人にボコスカ殴られることもままある侵入戦。

生命力38、体力28でもまだ硬さが欲しくなるところですが、2、3人に殴られるシチュエーションを招いた時点で立ち回りミスと思って割り切っています。

侵入戦では勝つことよりもなるべく長く生き残ってホストさんの冒険のスパイスになることを意識していますので、とにかく瞬殺されないことが大事。

侵入でも祝福セスタスが良い仕事をします。

このぐらいの硬さなら慎重に立ち回れば瞬殺はほぼありません。

火力に関してはこのステータスで不足を感じることはありませんでした。

しかしあまり火力を抑えすぎるとHPの少ない霊体がチェインでミリ残ることも結構あって、要求ステぎりぎりだとやはり火力不足を感じました。

指輪は緑化と幻視と猫目と騎士狩りの4種類を状況に応じて切り替えながら戦っていますが、基本的には幻視つけっ放しです。

侵入勝率はだいたい3~4割。

やっぱり3人相手にはなかなか勝てるものではないですね。

Sponsored Link

おすすめの記事

筋肉モリモリの女性 1

突然ですが、あなたの強みを教えてください。 何個出てきます? この手の質問は困りますね。自分で自分をベタ褒めする感じになりますし、強みもちょっと言い換えれば弱みになってしまうし。 そんな時は、もう人に ...

2

一日中モニターと睨めっこしていて、眼が赤いあなたに朗報です。 モニタのブルーライトをカットして、眼に優しい色合いにしてくれるフリーソフト「f.lux」があなたの目を癒してくれます。 ほんとに。ほんとに ...

人間はフルーツだけで生きていける 3

食べ物のみならず、飲み物も一切口にせず、必要な栄養はすべてフルーツから取っているという徹底振りでフルーツの伝道師と呼ばれている中野瑞樹さん。 彼が地上波に出たことをきっかけに、少しずつフルーツへの関心 ...

-ダークソウル3

Copyright© 記者ぽっ報 , 2017 AllRights Reserved.