ダークソウル3 闇霊

【ダークソウル3】侵入で勝つための実践的な戦い方の基本とコツ

ダークソウル3

更新日:

勝てなければ面白くないに決まってるじゃないですか!

勝てると楽しい、負けると悔しい。それが勝負の世界なのです。

闇霊にとっては体力が減った状態からの3vs1。勝率3割もあれば良い方の厳しい世界。

この記事は、そんな厳しい条件を覆して勝てるようになるための実践的な方法論を学ぼうという趣旨の記事です。

みんなでホストさん達を恐怖のどん底に陥れてやろうではありませんか。

Sponsored Link

まずは逃げて生き延びる

チーターから逃げる草食動物
侵入して早々に突っ込んでくる闇霊の方はよくいらっしゃいます。

ホスト一行からしてみれば「よくぞいらっしゃいました」ってなもので、野犬の群れに飛び込む子猫さながら。

愚の骨頂です。

ホストを倒せずとも、まずは生き残ることを優先しましょう。

長く生き残り、あらゆる手を駆使してこそ、学ぶものも多いというもの。

まず逃げ方を学び、倒すための工夫を凝らすのはそれからでも遅くはありません。

囲まれてはいけない

絶対に3人に囲まれてはいけません。2人に挟まれてもいけません。常に3人の位置を把握して、前線を超えすぎない注意が必要です。

正々堂々なんて、道場でやっていれば良いのです。闇霊はチキンなぐらいが丁度良い。

2人以上に距離を潰された場合、こちらが先手を打てなければ100%大ピンチに陥ります。ただのピンチじゃありません。ピンチです。

そのため、まずは敵軍との適切な距離感をつかむのが第一歩です。

これは経験で培うしかありません。

「敵を倒すために必要な被弾以外は絶対しない」という意識が大事。

侵入ではよく《幻視の指輪》が最有力でオススメされていますが、それは3人全員に位置を把握されることがほぼないため囲まれにくいからです。

モブ逃げは卑怯じゃない

正面から突っ込んだら、冒険のスパイスどころかモブ以下です。脅威?とんでもない。そんなもの刺激にもなりません。梅干し以下。

モブ逃げを卑怯と煽る傾向もあったりしますが、そんなホスト一行の方が下衆です。圧倒的優位な立場から煽ってくる姿ほど滑稽なものはありません。

実際、2人以上の攻略はかなりぬるいので、そんな人たちにソウルシリーズの理不尽さを改めて突き付けることこそ、闇霊の役割。

ホスト側はあらゆる手を使って闇霊を殺し、闇霊側はあらゆる手を使ってホストを殺す。それがソウルシリーズであり侵入の面白さです。

必ずモブと共闘するように心がけましょう。

見てから避ける

ピンチになったらローリング連打はよくよく見られる光景ですが、慣れている人からしたらなかなかのカモ。

走って追いついて殴って、スタミナ切れて「あぁぁぁぁ・・・・」

特に大型武器や強力な魔法は、モーションを見てから避けるのが簡単です。

出の早い武器でも距離を詰めたら殴るを繰り返してくる場合がほとんどなので、攻撃を予測してローリング。

ピンチの時こそ、冷静な判断力が問われます。

割り切る

侵入戦での勝負は、殺った殺られたの対人戦の勝ち負けとは少し違います。ホストがボスまで辿り着くか、それまでに一行の進行を止められるかの勝負。

とにかく戦いながら、なるべく長く生き残ること。死んだら楽しい侵入の時間はそこで終わり。

ボスまで辿り着かれるかどうかの勝負と割り切って戦えば、自然と無理をすることもなくなります

工夫を凝らして勝ちに行く

ライオンの狩り
逃げ方が身についたら、いよいよ倒し方です。

様々な工夫を凝らしてホスト一行を撃退しましょう。

モブと共闘する

基本的には、敵がモブを殴った時がチャンス

モブと戦闘を始めたら殴りに行く、火炎壺を投げる(ひるむのでモブの攻撃を食らってくれる)、自分は盾を構えてモブに殴らせる、などなど。

しかし、いくらなんでも所詮はモブ。あまり信用しすぎると痛い目にあいます。

攻勢に出るときも、囲まれないように最大限の注意を払いましょう。

決め手を持つ

ホストはHPとエスト瓶の数で優遇されているので、硬さと継戦力での勝負では圧倒的不利。殺しきるには火力が必要です。

それぞれのスタイルにもよりますが、十分な火力を確保するのが望ましいです。

例えばパリィだったり、あるいは魔法だったり、エンチャントだったり、戦技だったり、純粋なステータスだったり。

モブとの戦闘に安全に割って入りつつ、エスト瓶をひたすら削っていく戦法もあります。闇霊がいなくともエスト丸々残して攻略できるホストはそうそういませんし、白霊ならなおさらです。

いずれにしても大切なのは、自分なりの勝ちパターンを想定してひたすらそれに徹すること。

マップを把握する

マップの把握は、勝ちに直結する要素です。

一応攻略してるし、マップなんて把握してるよ!という方も、もう一度闇霊の立場に立ってマップを散策してみてください。

落下攻撃が狙える場所、頼りになるモブがいる場所、不意打ちを狙える場所etc...。思いがけず有利な場所が見つかったりするものです。

意外と見過ごされがちなのは、狭い通路から開ける場所。

狭い場所は全員の位置と攻撃してくる方向が同じなため数の有利が活きにくく、開ける場所に出るときは割と頼りになるモブが配置されていることが多いです。

逃げ道を確保しつつ、3人から同時に狙われるリスクを減らし、なおかつ角に隠れての不意打ちが可能という好条件。

1vs1で勝てるように鍛錬を積む

私はよくアノールロンドでタイマンをしていますが、道場はあまり好きではありません。

1vs1で確実に仕留める練習として、侵入した時を想定して戦っています。

vs複数とは言え、タイマンの状況は必ずあります。一行がモブと戦い始めてバラけたところが1vs1のチャンス。

誇張でもなんでもなく1vs1でも勝てないんじゃ全くお話にならないので、まずはタイマンで勝てる練習をするのは必須です。

大丈夫。ほとんどの場合、相手は百戦錬磨の対人狂ではありません。道場のタイマンで5割ほどの勝率を残せるようになれば、侵入での1vs1で7割ぐらいは勝てるようになると思います。たぶん。

孤立した敵を確実に仕留められるようになれば、勝率は大きく上がっていくでしょう。

まとめ

闇霊で勝つための基本的なことを大きく「生き残るため」と「倒すための」の2項に分けて解説しました。

ここに記したのは飽くまで「勝つために私が意識していること」という個人的なもので、「必ずこうしなければならない」というものではありません。

侵入早々突っ込む猪スタイルが好きな人はそれで良いと思いますし、モブ逃げを卑怯と断じて正々堂々と戦う闇霊もいて良いと思います。

あなたが楽しめる自由なスタイルで遊ぶことを大前提に、ここに書いたことが少しでもそのお役に立てれば嬉しいです。

Sponsored Link

おすすめの記事

筋肉モリモリの女性 1

突然ですが、あなたの強みを教えてください。 何個出てきます? この手の質問は困りますね。自分で自分をベタ褒めする感じになりますし、強みもちょっと言い換えれば弱みになってしまうし。 そんな時は、もう人に ...

2

一日中モニターと睨めっこしていて、眼が赤いあなたに朗報です。 モニタのブルーライトをカットして、眼に優しい色合いにしてくれるフリーソフト「f.lux」があなたの目を癒してくれます。 ほんとに。ほんとに ...

人間はフルーツだけで生きていける 3

食べ物のみならず、飲み物も一切口にせず、必要な栄養はすべてフルーツから取っているという徹底振りでフルーツの伝道師と呼ばれている中野瑞樹さん。 彼が地上波に出たことをきっかけに、少しずつフルーツへの関心 ...

-ダークソウル3

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.