グレイグ

【ドラクエ11】グレイグのおすすめのスキル振りと使用感レポ

ドラクエ11

投稿日:

クリア後に新たなスキルパネルが解放されることもあって、クリア前とクリア後で随分立ち回りが変わってくるキャラ。

グレイグはタンク役ってことで、たては取るにしても、悩むのは武器ですよね。片手剣か、斧か、両手剣か、どれを優先するかで使い方が変わってくると思います。

Sponsored Link

キャラ特性

守備に特化したタンク役、兼火力補助。回復もちょっとできる。

高いHPと守備力で生き残りやすく、クリア後に「におう立ち」を覚えてからはスーパータンクになれる。強い。

生存力を笠に着たメガザルゾンビアタック要員としても優秀。

武器は片手剣、斧、両手剣の3種類から選べる。どれを選んでも火力はそれなりで、マルティナやベロニカを差し置いてメインアタッカーを張れるほどの能力はない。

武器ひとつをマスターするのに必要なスキルポイントが少ないので、そのうち2種類ぐらいなら状況に応じて持ち変えながら攻略を進めることが出来るようになる。

各スキルパネルの特性

片手剣

仲間になりたての頃は片手剣だと火力不足を感じるけど、「超はやぶさ斬り」を取ってからは火力面でも十分な仕事をしてくれる。

最強武器の「英雄王の剣」で敵に狙われやすくなるので、高い生存力を最大限に活かしたいなら片手剣が良い。

「超はやぶさ斬り」が強すぎてそれ以外のとくぎはほぼ空気になるので、そこまで取ったら他の武器を試してみるのもいいかもしれない。

オノ

「盾を持ちつつ火力を出せる」というよりは、「オノむそう」の範囲攻撃や「蒼天魔斬」のマヒ、「かぶと割り」「鉄甲斬」の守備力ダウンなどのデバフが本領。

単体の最大火力は「蒼天魔斬」。強いけど、「全身全霊斬り」と「超はやぶさ斬り」の方が若干強い。

グレイグの範囲攻撃は「オノむそう」が最強。

守備力や単体火力よりも火力面での取り回しを重視するならオノが良いと思う。

両手剣

「全身全霊斬り」が最強に強い。

防御と火力と両立させたいなら両手剣一択。特に仲間になりたての頃は火力不足で苦労するので、両手剣を持たせてると楽かもしれない。

単体は斧でもそこそこの火力は出るけど、「全身全霊斬り」や「超はやぶさ斬り」を超えるスキルはなく、結局「片手剣で良いじゃん」ってことになる。

「全身全霊斬り」と「超はやぶさ斬り」が火力的にはドッコイぐらい。連撃よりも重たい一撃が欲しい時もたま~にあるので、少しでも火力を伸ばしたいなら両手剣が良い。

ただ、盾を装備していると、えいゆうの「すてみ」やはくあいの「におうだち」が使いやすいのもあって、オノと片手剣を置いて両手剣を持つメリットはないかもしれない。

守備力のパッシブと防御系スキルが充実していて強い。強いけど、グレイグがガッチリ固めてる隣でカミュがボコボコにされてるとかよくある。

守備力が高い割に狙われなかったりするので、クリア後に「におうだち」を取ってからが盾パネルの本領発揮。

それまでは火力に振っていった方が仕事するかも。

レベルが低くて敵が強いと、盾にモリモリ振ったグレイグの生存力が頼りになることもある。

えいゆう

「天下無双」最強!と思いきや、実は片手剣だと「超はやぶさ斬り」の方が強いし、オノだと「蒼天魔斬」の方が強いし、両手剣だと「全身全霊斬り」の方が強い。

グレイグは元々守備力とHPが高いので、「すてみ」で攻撃力を上げていく動きが強い。

「もろは斬り」は強いは強いけど死ねるダメージ帰ってくる割に「超はやぶさ斬り」や「全身全霊斬り」とドッコイぐらいなのであんまり使いどころはない。

はくあい

グレイグは、クリア後にはくあいパネルが解放されてからが本番。

「だいぼうぎょ」「におうだち」「におうだちの心得」をはじめ、パッシブも優秀なので、他を差し置いても優先的に回りたい。

使用感と総評「片手剣かオノ、それとも両手剣?」

使用できる武器が多く、どれも似合いすぎるので何を持たせるのかが悩ましい。

雑感としては、守備力・単体火力重視なら片手剣、火力面での使いやすさ重視ならオノ、1ミリでも火力を求めるなら両手剣って感じ。

ただ、マルティナとベロニカを初め、主人公、カミュなど優秀なアタッカーがゴロゴロいる中で、すばやさ最低なグレイグに火力を求めるかと言われたら、う~ん……。

紙装甲を守る役に徹した方がグレイグらしいかなという気もする。というわけで、個人的には片手剣がおすすめ。

オノも十二分に使いやすいので、この二つに関しては見た目の好みで選んで良いと思う。

両手剣は、正直いらないと思うけど、手数がシビアな大修練場なんかでは良い仕事をすることもある。

まぁその時だけ振りなおして行けば良いんだけどね。

Sponsored Link

-ドラクエ11

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.