【FF14】DPS難しい無理っていう感想をもらったのでお答えしまする

FF14 DPSの解説記事

投稿日:

前回書いた「【FF14】8人コンテンツでのDPSの出し方のコツ10箇条【4.0紅蓮】」をツイッターにこんなん書いてみましたとツイートしたところ、思ったよりもたくさんの方に反応を頂きまして、ありがとうございます。

内容は概ね好評だったんですけど、中には「DPS難しい、大変、無理……」とか「言ってることは分かるけど、出ないもんは出ない」とか「DPSはDPSを出すべきっていう考え方がエンジョイ勢とガチ勢の溝を云々」っていうネガティブな意見もありました。

エンジョイ勢云々はちょっとよく分かんないですけど、僕が書いた記事が原因でDPSをやるのが怖いとか、DPSを出さなきゃいけないプレッシャーがすごいとか、そういう風に感じられるのは悲しいなーと。

そう思って今回は、頂いたご意見に対してQ&A形式でお答えしつつ、「そんなに難しくないから!大丈夫だから!」っていうことを主張していこうと思います。

Sponsored Link

Q:DPSは大変そうで、とても自分には出来そうにない

解説系の記事は自分で書いた記事を読んでも毎回思うんですけど、文章にするとどうしても大変そうに感じてしまうんですよね……。そう感じさせないように色々と工夫をしているんですが、力不足で申し訳ない。

何でもそうなんですけど、やってみると意外と大したことなかったりするんですよ。要は“慣れ”なので。

DPSやってみたいけど難しそうだなって思って二の足を踏んでいるなら、そんなこと気にせずに触ってみて欲しいと思います。楽しいですよ!

3.x以前は10箇条が完璧に出来ているかどうかで、上級者と中級者の間で随分と差がついていました。

それが4.0からは、スキル回しさえちゃんと理解していれば8割ぐらいのパフォーマンスを発揮できるように調整されています。

ぶっちゃけ8割もあれば零式以外のコンテンツに対しては十分。

零式はさすがに8割だとキツイですが、触ってみて「挑戦してみたい」って思ったら、その時に改めて準備をして突撃してみたら良いと思います。

Q:DPSってこんな難しいこと考えながら戦ってるの!?

突撃前

突撃後

戦闘中にどれだけアホになれるか。我々DPSはそのために日々研鑽を重ねているのです。

Q:正直プレッシャーなんだけどそんなに頑張ってDPSを出さなきゃいけないの?

単純に「DPSを出さなきゃいけないのか?」っていう話になると、DPSを出すのがこのゲームのルールですからね。

バッターがボールを打つポジションなのと一緒です。放棄しちゃうとゲームが成り立たなくなります。

でもDPSが出ないことは悪い事ではないです。

ドンマイですよそんなもん。

この辺はタンクでもヒーラーでもDPSでも一緒ですよね。タンクがタゲ漏らしたからって、ヒーラーがヒールミスったからって、ほとんどの人は責めるよりは「ドンマイ頑張れ!」って応援する気持ちになるんじゃないかと思うんですけど、どうなんですかね。

DPSを出せないことをプレッシャーに感じることは全然ありません。楽しんだもん勝ちです。

ただ「DPSだけどDPSなんか知らねえぜ!」っていうスタンスになると、やっぱりゲームが成り立たなくなるので考えモノ。

Q:言ってることは分かるけど、できないもんはできない!

ですよね!

【FF14】8人コンテンツでのDPSの出し方のコツ10箇条【4.0紅蓮】」では、DPSを出したい人に向けた話をしていたので「こうしなきゃいけない」とか「こうしましょう」とか色々言ってますけど、全然!完璧に出来なくても全然OKです!

僕自身できてないことがたくさんありますし、過去に完璧に回せたことがあったかと言わたら怪しいレベル。

でも、今までは出来なかったことが出来るようになるのはやっぱり楽しくて、そういう体験を求めてああじゃない、こうじゃないと木人を殴っています。

さっきも言いましたけど要は“慣れ”なんで、頭で考えて難しそう!って思っても、実際やってみたら意外と慣れたりするものです。人間って、こと“慣れること”に関しては思った以上の性能を発揮します。

「こんなのできねぇ無理!」と思わずに、「できなくてもOK!できたらもっと楽しい!」ぐらいの気持ちで1つずつ取り組んでもらえたら嬉しいです。

前は何とも思わなかった自分のスキル回しに対して、「あぁぁ!ミスったぁぁぁ!」って思えたら、それが更なる上達への第一歩。

その一歩が、次の一歩に繋がります。

何でも最初は一歩から!


こちらも合わせてどうぞ



Sponsored Link

-FF14, DPSの解説記事

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.