FF14紅蓮のリベレーターベンチマークGTX1060

FF14を快適にプレイできるPCを出来るだけ安く手に入れる方法

FF14

更新日:

Sponsored Link

モニタ

モニタのカスタム画面
大きさは23~24インチぐらいがおすすめ。ゲームをするには27インチは少し大きすぎます。大きな画面は臨場感がありますが、画面酔いの原因にもなるので大きければ良いってもんでもないんですよね。

大きさの次に重視したいのはリフレッシュレート。対戦型のFPS(ファースト・パーソン・シューティング)ゲームなどでは144Hzがおすすめですが、FF14などの景色の綺麗さが売りのMMOなんかでは140FPSも必要ありません。それよりも発色が綺麗なモニタを選ぶのがおすすめ。

リフレッシュレート!?また良く分からん単語が出てきた!

現在のPCはハイエンドで140FPS出せますよーっていう話をしましたが、モニタのリフレッシュレートが144Hzじゃないと140FPSはでません。つまり、60HzのモニタではどんなにPCのスペックを積んで頑張っても60FPSが限界ということ。

モニタはモニタで選び方が色々あるので、そのうち詳しく解説しようと思います。

ゲーミングデバイスセット

デバイスのカスタム画面
ここは広告みたいなものなので、あんまり気にしなくてもいいかも。急ぎでPCと同時に絶対必要!っていう場合じゃなければ、他で用意した方が良いと思います。

マウスパッドは、SteelSeriesが安くて滑るし止まるしデカいしおすすめ。マウスも12ボタンマウス以外は飾り。

Sponsored Link

メモリ

メモリのカスタム画面
メモリは32GBとかあり過ぎても腐るだけなんで、普通にゲームするぐらいなら今だと8GBか16GBの2択だと思います。これからのゲームのスペックアップなどを考えると4GBはちょっとキツい。

おそらくゲーミングパソコンなんかは通常で8GB。カスタマイズで16GBも詰めるよーっていう仕様になっているところが多いと思います。

8GBでも十分ですが、最近は16GBを推奨するゲームも増えてきました。FF14も「蒼天のイシュガルド」の時に比べて「紅蓮のリベレーター」の方がスペックアップしていて、メモリも推奨4GBから8GBに増えています。というわけで、将来を考えると16GBがベストチョイス。

長く使うならどうせ積むことになるんですから、遅いか早いかの違いです。デスクトップは後々簡単に増設できるんで妥協しても良いんですけど、ノートは購入時に入れておかないと後で増設できないので要注意。

メモリについて

メモリは、よく机の広さに例えられます。つまり、たくさん積むほど同時に色んな事ができるということ。

ゲームをしながらあれやこれや他のことをしたい、同時に2つのゲームを起動したい、そういう場合に本領を発揮します。高速化というよりは、いろいろ起動しすぎのカクカク防止。

電源

電源のカスタム画面
標準の電源でも基本的にその構成でも動くようになっているので、動作に問題はありません。

電源をグレードアップするかどうかは、今後PCのパーツを拡張する予定があるかどれだけの寿命を期待するかによります。良い電源ほど寿命が長く、積めるパーツの数も多いです。

電源を選ぶポイントは、消費電力と変換効率。

消費電力と変換効率

消費電力(W数)
単純に言うと、例えば10㎏のものを持ち上げるのにフルパワーと半分では、後者の方が長く持っていられますよね。それと同じで、余裕があった方がヘタるのが遅いし、他のものを持つ余裕があるということです。
変換効率(80PLUS)
変換効率は、100%の中のどれだけの力を利用できるかということ。変換効率が良いと100%中90%以上の電力を利用でき、それだけ無駄がありません。逆に変換効率が悪いと100%中70%の電力しか利用できず無駄が多い。

無駄になった残りの30%の電力が熱に変わります。電子機器は温度が高いほど劣化が早いので、無駄になる熱が多いほど寿命がくるのも早いということです。

W数の選び方

電源は多すぎず少なすぎず、PC全体の消費電力が50%~70%ぐらいになるように選ぶのがベストだと言われています。

PCのパーツの中で一番電力を食うのがグラフィックボード。ですので、大きくはどのグラボを選ぶかによってW数が変わってきます。(グラフィックボードについては次で解説しています。)

昔のグラボは電力食いだったので大きな電源が必要でしたが、最近のグラボはハイエンドでも普通の構成なら500Wでも十分。600~650Wぐらいで負荷率50%に落ち着けられるかなと言った感じ。

GTX1060:500~550W
GTX1070:550~600W
GTX1080:600~650W

変換効率(80PLUS)の選び方

グレード\負荷率 20% 50% 25%
Standard 80% 80% 80%
Bonze 82% 85% 82%
Silver 85% 88% 85%
Gold 90% 90% 87%
Platinum 90% 92% 89%
Titanium 92% 94% 90%

コスパを重視するなら500WのGoldとかで十分なんですけど、ない。550WだとPlatinumになってしまうし、Goldを選ぼうとすると700W~800Wとかそんなにいらない。

価格を抑えるなら、GTX1060で550W/platinum、GTX1070・GTX1080で650W/Platinumかなぁ。僕なら値段あんまり変わらないし600W/Titaniumを選ぶかも。グラボ2枚挿したいんだぜ!っていう人には、800W/GOLDがおすすめ。この辺は個人の匙加減ですね。

メーカーはどこも評判良いので、初めてならあんまりこだわらなくても良いと思います。

それか、徹底的に初期費用を抑えたいっていうならとりあえず標準の電源を積んでおいて、あとで自分で探してくるのもアリかも。手間がかかりますが、身の丈に合った電源が探せるのでコスパは良い。僕は探すのも取り付けもめんどうなんで絶対にやらないですけど……。

CPU

CPUのカスタム画面
変更なし。

ゲームをする場合、頭打ちになるのはCPUの性能よりもグラフィックボード、メモリ、温度とかその辺なので、CPUは基本的に変更する必要はありません。

CPUファン

ファンのカスタム画面
交換推奨。

冷却系は標準よりも市販のパーツの方が遥かに優秀。4,000円のもので良いので交換をおすすめします。

熱はそのままパソコンの寿命に関わってくるので、できるだけ優秀なファンで冷やしてあげたいのと、良いファンはやっぱり静か。

そして最大の理由はCPUファンはあとで交換するのがスゴイめんどくさいから。「ファンがうるさいのにCPUの温度が高いからファンを交換しよう」と思った時にとてもめんどくさい目に遭います。遭いました。

CPUグリス

CPUグリスのカスタム
ノーマルで十分。

CPUをオーバークロックすることを考えているなら変更も視野に入るけれども、優先順位はファン>>>>グリス。「オーバークロックって何?」って思ったらノーマルを選びましょう。

「グリスを交換することでCPUの温度が下がるから静音性が上がる」という話もありますが、ファンを交換すれば十分静かだし温度も上がらないので全く問題なし。

僕なら、グリスに2,000円も出すぐらいなら7,000円のファンをつける。忍者4は優秀。

SSD

SSDのカスタム画面
FF14をやるならSSDは必須。

HDDに比べてエリア移動のロードの時間が1/10ぐらいになります(体感)。普段使いでも再起動の速さに驚愕します。

250Gでも500GBでも何でもいいんで、SSDは絶対に入れることをおすすめします。最近のゲーミングPCで入っていないってことはほとんどないと思いますけどね。

個人的には、HDDを追加で積むなら250GBあれば十分だと思います。125Gは2~3個重いゲーム入れたらもうカツカツかも。500GBは、まぁ普通の人は使い切らないぐらいの用量。

SSDとHDDについて

SSD、HDDとは机の引き出しのようなもので、パソコンのデータとかOSとかを保存しておく場所です。当然、引き出しが大きいほど多くのものが入ります。

SSDとHDDの違いは、簡単に「SSD=超早い、あんまり入らない、高い」「HDD=遅い、いっぱい入る、安い」と覚えておくと良いと思います。

HDD/SSD

HDDのカスタム画面
変更なし
下にズラーーーーーっと並んでますが、基本的には2TBのままで十分。あるいはグレードダウンを考えても良いところ。

1TBを使い切るようなシチュエーションと言えば、地デジハイビジョンを録画して、音楽をPCにいっぱい入れていて、動画や写真を最高画質でたくさん保存しているような場合でしょうか。

僕はSSD250GB、HDD2TBの構成で購入しましたが、HDD1TBでよかった。動画の編集とかも結構するんですけど、両方合わせて500GBも使ってません。最近はストリーミングサービスやクラウドサービスも充実してますからね。

テレビはほぼニュースしか見ないし、動画や写真もあまり撮らない、音楽はSpotifyに頼りっきりな僕には全く無用の長物でした。まぁ2TBから1TB落としたところで2000円程度の差なんですけど、1年使って1.5TBがずっと遊んでるって思うと2000円返して欲しい。

SSD/HDDはあとで簡単に増設できるので、とりあえず1TBに落としておいて後々必要になったら買い足すスタイルでもOKだと思います。

パーティション分割

パーティション分割のカスタム
不要。
1枚のSSD/HDDを分割して使えるようにするオプション。OSを再インストールしてもデータはそのまま!とか、1枚のHDDに別のOSを入れちゃうぞ!ということができたりします。

やるなら自分で出来るようになった方が良いし、SSD/HDDを1枚ずつ挿した構成では既に分かれているので特にメリットもない。

ハードディスク静音化

ハードディスクの静穏化のカスタム
不要。

光学ドライブ

光学ドライブのカスタム画面
標準のままで。PCでブルーレイ見るとかなら差し替えも検討。

グラフィック機能

グラフィック機能
お好みで。グラフィックボードについては冒頭で解説したので割愛。

外付けカードリーダー

外付けカードリーダー
不要。

ケース

ケースのカスタム画面
不要。予算が許せば見た目で選ぶべし。

サイドパネル

サイドパネル
PCのサイドが透明になる。不要。

ケースファン

ケースファンのカスタマイズ
基本的には必要なし。2~3個までは効果的に温度が下がるので、予算によっては追加を検討してもいいかも。

設置個所は高温になりやすいパーツに向けて風を送ると良いです。例えば、グラボが熱くなりやすい場合はサイドからグラボに向けて取り付けてみたり。

5インチオープンベイ

5インチオープンベイのガスタム画面
不要。

DVDマルチドライブとかSSDとかを差し込む5インチの空間が余ってるから小物入れやDVDマルチドライブを追加で入れられるよっていうオプション。

ブロードバンドポート(LAN)

ブロードバンドポートのカスタム画面
不要。

CPUの代わりにネット関連の処理を行ってくれるLANカード。CPUが脆弱なほど力を発揮しますが、このCPUの性能ならマザーボードについているもので十分なのでそのまま。

無線LAN関連

無線LANのカスタム画面
不要。

ゲームをするなら有線が基本です。「実家に住んでいて2階が自分の部屋でケーブルが引けない」という場合以外は必要ないかと。無線LANにもいろいろあるし、調べて近くの電気屋で買ってきた方が〇。

IEEE1394ポート

1394のカスタム
不要

IEEE1394はAppleが規格化したケーブルポート(簡単に言うと差込口)で、別名FireWireとも呼ばれています。最新型のMacでは既に廃止になっているので、特別FireWire規格の周辺機器とかと持っていないなら不要。

シリアル(COM)ポート

シリアルポートのカスタム
不要。

昔はシリアル(COM)ポートで繋がないと動かない周辺機器がありましたが、USBで代用できるので不要。シリアルポート専用の周辺機器を現在も使用している場合のみ。

マウス

マウスのカスタマイズ
キーボードマウスで操作する場合は必須

ただ、FF14をキーボードマウスで操作する場合は、12ボタンマウスがあると良いです。というか必須レベルのアイテム。この中で言ったら「Razer Naga Chroma(16000dpi レーザーセンサー、12個のサムボタン、有線)」。

Razer Nagaは僕も愛用しているマウスで、今年で3年間目になりますが今も元気です。ちょっと高いですが、押しやすいし丈夫だし、おすすめ。

キーボード

キーボードのカスタム画面
不要。

僕が使っているのはLogicoolのG105。買った覚えがないので、多分ドスパラでPCを買った時にサービスでついてきたやつです。色んな機能がついていますが、全然使い切れていません。

特にこだわりがなければ、サービスでついてくる「GALLELIA Gaming Keyboad」で十分だと思います。必要になったら後で欲しいのを買う方が良いかと。

ゲームパッド

ゲームパッド
PC環境でもパッドでプレイするなら必須。

アダプタ(3,000円前後)があればPS4用のパッドでも遊べるので、この辺はスタイルの問題。PS4のパッドを持っているなら付け替えて遊ぶか、PC用に安いパッド(Logicool Gamepad F310r 2,480円)を買うか、PS4のパッドをもう1本(6,000円+アダプタ3,000円)用意するか、はたまたXBOX用のパッドを使うか、お好みで。

ヘッドセット

ヘッドセットのカスタム画面
お好みで

僕はFPS用に「Razer Kraken 7.1 Chroma」を持っていますが、FF14でボイチャする程度の用途ならWebカメラ+イヤホンでも十分。むしろヘッドセットは重いし耳痛くなるしFPS以外では全然使いません。

とりあえず保留にして、プレイスタイルや遊ぶゲームに合わせて検討していくのもアリ。

まとめ

ここまで全て読むのがめんどくさいから飛ばしてきたという人のために3行で解説すると

BTOはドスパラがおすすめ。
グラボはGTX1060がおすすめでちょっと贅沢するならGTX1070。
SSDは必須でHDDは2Tもいらない2000円返して。

> 前のページへ 


こちらも合わせてどうぞ



Sponsored Link

Photo Copyright ©2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

-FF14

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.