学校って必要?

【学校に行かない生き方】学校に行ってすり減ってる場合じゃないよホント

考えごと

投稿日:

多分、僕の世代が不登校とかの問題がポツポツ出てきだした頃で、もう15年ぐらい前ですかね。僕は見事にその沼にハマっていきましたよ。

学校に行きたくない。でも、学校に行かなかったら人生詰んじゃうんじゃないかって不安に思っているなら、ぜひこの記事を読んでもらいたいです。

今回は僕が学校に行かなくなった理由や、その後の人生についての話。伝えたいのは、「学校に行って神経すり減らしてる場合じゃないぞ」ってこと。

Sponsored Link

学校に行かなくなった理由

今振り返ってみて思う一番の理由は「居場所がなかった」ってことだと思います。

友達はいないし、勉強は楽しくないし、親には「協調性がない」とか「だらしがない」とか「情けない」とか、もうなじられてばっかり。

自分がどうしようもなく矮小な存在に思えてきて、「そうじゃないんだ」って力を込めれば込めるほど空回るんですよねぇ。

ついに人と顔を合わせるのも嫌になったのが高1の春。

中学時代はギューッと胸が苦しくなることも頻繁にあって、その度に「何のために生きてんだろ?」みたいなことばっかり考えてましたね。

今ほど「うつ病」がメジャーじゃなかったもんで、その時は分かりませんでしたけど、今思えば多分アレ「うつ病」でしたよね(笑)

口癖は「めんどくさい」で、何をするにもやる気は出ないし、活気がないし、いっつも下むいてる。

そんなこんなで高校に入ってすぐ、逃げるようにしてドロップアウトしました。

あの時、学校に行っていたら

それから15年経って、まぁ何やらかんやらありましたけど、割と幸せに生きています。

当時を振り返ると、「あの時、辞めて良かった」ってつくづく思います。

もし、無理やりにでも連れて行かれていたら、多分ひどいことになっていたんじゃないかな。

今冷静に考えても、ひょっとしたら犯罪に手を染めていた可能性だってあると思ってます。

それぐらい一杯一杯でした。

今よりも遥かに大学進学が絶対的な時代だったのもあって、両親はかなり落胆していましたけどね。

ただ消費するだけの穀潰しを、いぶかしみながらも家に置いてくれたことには感謝しています。

学校に行かないと人生詰むんじゃないの?

これ、悩む人多いと思うんですけど、僕は全然考えませんでした。それぐらい切羽詰まってたんでしょうね(笑)

僕にとっては、優先順位の問題でした。

ところで、人生に一番必要なものは、何だと思いますか?お金、愛、学歴、家柄、知識、それともキャリア?

色んな意見がありますけど、僕は「バイタリティ」だと思ってます。

体の元気もそうですけど、心の元気が一番大事。

1にも2にもバイタリティ。3、4もバイタリティで、5もバイタリティ。

アクティブで活動的とか、いつも喋ってて元気がいいとか、そういうことじゃなくて、内側から沸いてくる精気というか、生きている実感というか、エネルギーに満ちている状態?

「何事にも動じず囚われない強さ」というか、「バランス感覚」というか、ん~、なんかうまく言えません。

まぁとにもかくにも、そういうフラットな強さがあってこそ、お金も愛も知識も経験もついてくるもんだと思います。

そういう強さがあると、新しいものが入る余裕が生まれるんですよね。んで余裕は相手のことを気遣う優しさとちょっとのユーモアをもたらしてくれます。

当時は、「今、辞めなければダメになる」っていう気持ちで一杯で、そんなことを考える余裕はありませんでしたけどね。

でも、結果は正解だったと思いますよ。

僕は学校に行っていた時の虚無から抜け出して、そこそこのバイタリティを取り戻し、組織に属さず自分の力でお金を稼ぐことに、とりあえずですが成功しています。

人生は詰まなかった

学校を辞めてからは1年間ぐらいヒキコモリして、UltimaOnlineっていうゲームばっかりやっていました。世界初のMMORPGですよ。最先端!

それから20歳ぐらいまでアルバイトを転々と。

ロックにハマって音楽を演りながら、パチンコで5年間食い繋ぎました。当時の収入は月20~30万ぐらい。パチンコ大嫌いですけどね。

その後、思い立ったようにデザインの専門学校に行って、社畜を1年間経験しました。

朝5時に起きて10時に帰宅ですよ。1ヶ月休みなしとかもありました。さすがに嫌になって退社。僕は会社員はやっぱり無理みたいです。

今はフリーランスとしてライターとブログの2本柱で、付き合って3年目になる恋人と二人で暮らししています。2人合わせて30万~40万ぐらいの収入で、まぁボチボチやりくりしています。

面白い経験はたくさんしましたよ。シェアハウスで暮らしてみたり、バーで働いてみたり、多国籍飲み会に参加してみたり、ホストをやってみたり、海外に行ってみたり。

「仕事行きたくない」ってボヤく友達を尻目にゲームしたり仕事したり勉強したり。したい時にしたい事する生活はなかなか気に入っています。

苦労もありますけどね。

1番は「これさえやっていればいい」という安心感がないこと。100%実力勝負の世界ですから、結果が出せなければ確実に路頭に迷います。

それを差し引いても、なかなか良い生活だなーと自分では思っています。仕事は楽しいですしね。

自分に必要なものって、不思議とは向こうからやってくるんですよ。経験上。

後はそれをキャッチできるアンテナを張れているかどうか。

だから、学校を辞めたからって人生が詰むなんてことはありえないです。逆に言えば、「学校を辞めたら人生詰む」って考え方が既に詰んでますよね。

人生ってもっと自由で、すごく広いですから。

学校を辞めたメリット

時間を好きに使えたこと

辞めて1番良かったことは、自由な時間が増えたことですかね。

僕は、自分のしたい事をやれないとダメな性分なようで、時間を自由に使えるってのはこの上ない幸せでした。

随分と長いこと引きこもってゲームばっかりしてましたけど、それにも飽きた頃にゆっくりと人生が転がり始めました。

この時間は、それまで溜まりに溜まっていたドス黒い感情の塊をリフレッシュするきっかけになったと思います。

勉強の仕方が変わったこと

学校に行かない分、これからどうやって生きていくか、将来どういう人間になりたいか、そういうことを真剣に考える時間が増えて、色んな本を読むようになったのは良かったです。

知識をつける度に世界の見え方が変わってくるんで、それまでクソ程の価値もないと思っていた勉強が一気に楽しくなりましたよ。

勉強は、自分がそれまで当たり前だと思っていた世界をまるで別物に変えてくれるってことをこの時学びました。

5cmぐらいあろうかっていう肉厚の哲学書を、時間の許す限り自分が納得するまで何度も何度も読み直す。同じ本を1日中、何ヵ月にもわたって。

そういう経験は、学校に行っていたら多分できなかったと思います。

自分のことは自分で決めれるようになった

学校に行かなくなると周りに同じ境遇の人っていないから、周囲の価値観に流されて楽をするってことができないんですよ。「自分はどうすべきか」ってことを、自分で考えて行動に移さないといけない。

振り返ってみると、学校に行っていた時は、漠然と“当たり前”に流されていたのか“常識”を疑うことすらしませんでした。「あなたはどうしたいの?」と聞かれると何も答えられなくなるんですよ。

うつ病で休職中のとある知人は、二十歳を超えて親にお金を管理されていたりするんですよ。傍から見たらちょっと信じられないですよね。

でもね、彼はそれを疑いもしないんです。長い習慣が積み重なって“当たり前”になってるんでしょうね。「それおかしいよ」って何度言っても全然疑えないんですよ。

ちょっとしたボタンの掛け違いなんですけど、この感覚はすごく分かります。

自分のことを自分で決めて、100%自分の責任だって覚悟を決めて行動できるようになったのは、あの時学校を辞めたメリットのひとつだと思っています。

学校を辞めたデメリット

青春に憧れる

青春ものの漫画とか映画って、だいたい高校が舞台だったりするじゃないですか。学校行ってないとそういうのが全く身に覚えがない世界になるんで、「普通の青春」みたいなのにちょっと憧れます。

27になってデザイン系の専門学校に通い始めたんですけど、憧れの青春はそれはもう楽しかったですね。

後になって本気でデザインの仕事がしたかったわけじゃなく、学校っていう環境にただ憧れてただけだったと気付くんですけど、それは卒業して2年後でした。(バカなのかな?)

それでも、その時に過ごした時間とか、勉強したこととか、出会った友達とかは、今でもすごい大事なものになってます。

社会的な信用がない

これはもう致し方ないですよね。辞める以上は覚悟の上です。

普通は社会的信用を得るためのまず就職に学歴っていう信用が必要になりますから、「中卒=人生終了」と考えられるのも無理はないですよね。

これが多分、学校を辞める最大のデメリットだと思います。

でも、まぁ今はネットがありますからね。ブログやらアフィリエイトやらYoutubeやらで20代にして月収ウン百万稼ぐ人もたくさんいますし、最近は個人株式みたいな仮想通貨も出てきていて、そういうものを使って信用を築くこともできる時代です。

気になったらググってみてください。「VALU」とか「ICO」とか。ちょっとスマホを開けば色んな人の色んな人生を見るだけじゃなくて、コンタクトを取ることも簡単ですからね。

10年ぐらい前から中卒で億万長者なんて話はザラにありますし、「評価経済の時代に入った」っていう話もあって、はみ出しものの先行きは意外と明るいみたいですよ。

そのうち、「若いんだから学校行ってる場合じゃないでしょ」っていう時代がくるんじゃないですかね。

僕は学校は不要だと思ってるよ

僕にとっては、学校はあまり良い場所ではありませんでした。

たくさんの子どもたちが「学校に行きたくない」って言い出して問題になってますけど、正直「ですよね!!」としか思えません。

いじめや自殺、モンペやらポニーテールが男子の劣情を云々とか、そういう連日のニュースを見てると、とても自分の子供を学校に行かせたいとは思いませんよ。

今の義務教育のシステム自体が時代にそぐわないとも思っています。教育システムそのものを抜本的に見直すべきだという考えは今世界中で広がっています。

そんな動きの一端を少しだけ紹介しておきましょうか。これはTEDっていう無料配信の講義集です。面白い人の面白い話がたくさん聞けるので、暇な時にでもぜひ。

こんな感じで、勉強はぶっちゃけ学校に行かなくてもできます。僕の経験で言ったら、むしろ捗りますね。

社会で生きていくために学んだことの9割は、学校では絶対に教えてくれないことでしたから。

あと、すごい実感したのが「学力」っていう面では中学卒業してれば大卒も大差ないです。有名大学になれば話は別ですけど、その辺の高校や大学出たからって、覚えた内容をテストでしか使えないんですよね。

それ意味あんのかなって。

まとめ:行っても行かなくても、その後のことは自分次第

どちらを選ぶかは自分次第。後悔するかどうかも、その後の自分次第です。あるいは、後悔したからこそ学べることもたくさんありますよ。

僕の口から言えるのは「学校に行かない生き方だって全然アリだよ」ってこと。学校行かなかったから人生詰むなんてことは全くないし、結局どっちを選んでも自分次第なんだもの。

学校を辞めようか悩んでいるなら、色々な情報を仕入れた上で、周りの意見よりも自分の意志を尊重して決めて欲しいと思います。

重大なことなのでガチガチに肩に力が入ると思いますけど、そういう時こそ肩の力を抜いて、深呼吸して、自分自身の声をよく聞いてあげて欲しい。

何がしたいのか?どう生きていきたいのか?何を面白いと思うのか?

分からないっていう時は、多分心が閉じちゃってる時。そういう声をしっかりキャッチするためにも、やっぱり1にも2にもバイタリティです。

学校が楽しいなら、それが一番だと思います。同世代の仲間がたくさんいる分、刺激も多いですしね。

でも、どうしても憂鬱なら、ちゃっちゃか逃げちゃった方が良いですよ。

じゃないと腐るから。マジで。

自然のものは例外なく循環していないと腐るように、人間も流れ続けてないと腐ります。常に新しいものを取り入れて出していかないと。

現実社会は甘くはないから、学校行ってすり減ってる場合じゃないですよ。ホント。

Sponsored Link

-考えごと

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.