滝背景のしばらくお待ちください

健康のこと

車酔いから二日酔いにつわりまで!吐き気なんか手首のツボで一撃だぜ!

更新日:

今、酔ってますか?それともお連れさんが車酔いかしら。

分かります、分かります。

長いドライブの道半ばにして車酔いになる辛さ……。でも大丈夫。安心してください。すっかり治ります。治りました。

車酔いですっかりくたびれた連れを治し、その日の体調をすこぶる快適にした、「吐き気に効く最強のツボ」をご紹介しましょうとも!

Sponsored Link

吐き気が治るツボ

内関を指圧する手

ここです。手首のいちばん太いシワから、指3本分が目安。

自分で圧しても良いですが、出来れば人に圧してもらってください。マッサージは自分でやるより人にやってもらう方が気持ちいいの原理で、より高い効果が見込めます。

僕も最初は眉唾でした。楽しみにしていた一日を台無しにしたくない一心で、ちょっとでも良くなればと。藁にもすがるというやつですね。正直、半信半疑でしたよ。

それがどうでしょう!

見る見るうちに顔色が良くなり、スッキリ爽快バッチリ笑顔!圧した僕が一番びっくりですよ。

どんなツボかとか、効くか効かないかとかは置いといて、とりあえず圧してあげてください!圧してもらってください!

早く!!

今!!

NOW!!

圧し方

少し強めにグイッと。6〜8秒の指圧を繰り返す感じで。僕は指圧師ではないので正確な場所がわからず、親指で小さな円を描くようにグリグリと手のひら側に向けて圧しています。

人のツボを圧す場合は、相手の反応を見て圧す場所や強弱を調整してあげるといいでしょう。こちとら素人ですから、どこぞの一子相伝の暗殺拳みたいに「アタァァ!!」一発ではなかなか上手くいきません。

自分で圧しても効果はあるようですが、やっぱり誰か他の人に押してもらうことをお勧めします。

今、圧してます?どうでしょう?

少しは楽になってきたでしょうか?

圧しながら、外に出て少し風に当たってきましょう。

Sponsoerd Link

どんなツボ?

この手首のツボは"内関"といって、消化器官に働きかけて吐き気を抑える効果があるんだとか。吐き気や胃の不快感に出会った時は、このツボを圧すと本当に楽になりますよ。お腹の奥から気持ち悪いのを押し出してくれる感じ。

これを機に覚えておくと、いざという時に役に立つこと間違いなし。我が家では妻が胃腸が弱いので、かなり頻繁にお世話になっています。つわりに効くツボとして紹介されていたりもしますね。

内関は、東洋医学で言う心臓を包んでいる"心包"という臓器と関係していて、胸から胃にかけての痛みや不快感を治す効果があると言われています。

心包とは?

心臓が五臓六腑の王だとすれば心包は宰相に相当し、心臓の動きを司り、保護している重要な臓器とされています。

「そんな臓器聞いたこともない!」と思うでしょう?それもそのはず、「心包」には実態がないんです。ですので、西洋医学では影も形もなく、針灸や経絡などの東洋医学でのみ扱われるんだとか。

終わりに

僕にとってツボって「ん〜、言われてみれば効いているようないないような……」程度のものだったんですが、内関の力はホンモノでした。

車酔いだけでなく、風邪や二日酔いなど、消化器官が辛い時にはとにかく役に立ちます。

「内関圧し」の力を手に入れたあなたは、ツボヒーラーの第一歩を歩き始めました。吐き気に悩む人がいたらスッと立ち上がって治してみせ、その日のヒーローになれることでしょう。そんな妄想をしてしまうほど、効果は絶大でした。

ところで、具合はどうですか?

この下にも関連記事やのなんやのが「読んでー!」と言わんばかりに並んでいると思いますが、ひとまず手を置いて、温かいお茶でも入れて一休みしてください。

何をするにも、元気がなければ始まりませんからね!

Sponsored Link

おすすめの記事

筋肉モリモリの女性 1

突然ですが、あなたの強みを教えてください。 何個出てきます? この手の質問は困りますね。自分で自分をベタ褒めする感じになりますし、強みもちょっと言い換えれば弱みになってしまうし。 そんな時は、もう人に ...

2

一日中モニターと睨めっこしていて、眼が赤いあなたに朗報です。 モニタのブルーライトをカットして、眼に優しい色合いにしてくれるフリーソフト「f.lux」があなたの目を癒してくれます。 ほんとに。ほんとに ...

人間はフルーツだけで生きていける 3

食べ物のみならず、飲み物も一切口にせず、必要な栄養はすべてフルーツから取っているという徹底振りでフルーツの伝道師と呼ばれている中野瑞樹さん。 彼が地上波に出たことをきっかけに、少しずつフルーツへの関心 ...

-健康のこと

Copyright© 記者ぽっ報 , 2017 AllRights Reserved.