10月31日は、かぼちゃを飾って仮装して街がハロウィン一色になって盛り上がる日。

今ではすっかり身近なイベントになったハロウィンですが、そもそも私たちは一体何をお祝いしているのか……?

調べてみるとその起源は紀元前にまで遡るようで、かなり複雑に色んな事がからみあって現在に至っています。

ハロウィンの起源とされている古代ケルトの「サウィン祭」、ケルト神話の考え方から、ハロウィンは一体何を祝うイベントなのかを紐解いていきます。

Sponsored Link

ハロウィンの起源

ハロウィンに影響を与えたとされる文化は本当にたくさんあって、歴史学者たちによってあーじゃないこーじゃないと日々研究が進められているようです。

その中でも特に大きな影響を与えているとされるお祭りは次の4つ。

  • 古代ケルトのサウィン祭
  • 古代ローマのポーモーナの祭り
  • 古代ローマの祖霊祭パレンタリア
  • キリスト教の万聖節

さらにこの中でも最も古く、ハロウィンの始まりとされているのが古代ケルトのサウィン祭です。

「ケルト人」ではピンとこない人も「ケルト神話」と言われると、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そうです。実はハロウィンは「ケルト神話」で有名なケルトの文化が起源なのです。

サウィン祭

古代ケルト人の1年は10月31日で終わりました。彼らはこの日を夏の終わり、そして冬の始まりの日として1年の区切りにしていました。

秋の収穫を祝うこの日の夜には、親族を訪ねて先祖の霊が帰ってくると同時に、魔女や悪霊も作物を狙って現れると考えられていました。

10月31から11月1日をまたぐ夜、ケルト人の間では「他界」との門が開き、「この世」と「あの世」の境目がなくなると信じられていたのです。

彼らは先祖たちの霊を迎えると同時に悪霊たちから身を守るため、魔除けの仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いて盛大に祭ったと言われています。

サウィン祭では、ドルイドと呼ばれるケルトの司祭が魔除けの仮面をつけて焚き火の回りを踊り、作物や動物をその火に捧げます。次の日の朝、村の人たちは焚き火の燃えさしを各家庭に持ち帰り、かまどの火を新しくして悪いシー(Sí、ケルト神話の妖精)を追い払いました。

このお祭りが後世に伝わって様々な文化と混ざり合い、現代のハロウィンになったと言われています。

ケルト人とは

ケルト人は戦が強く、信仰心も厚い民族として紀元前1500年も前から中部ヨーロッパからアイルランド・イギリス辺りの西部ヨーロッパまで広く分布した民族です。

「ケルト人」と言われてはいますが、現在の研究では彼らが特別な民族意識を持っていたとは考えられていません。ケルト人は特定の国を持たず、自由に、自在に、様々な文化と共生してきました。

「ケルト人」という呼び名は出自・文化・言語によって分けられた人々の総称に過ぎず、学者たちは彼らを「ケルト系」と表現しているようです。

ケルトの文化

彼らは自然宗派の多神教で、ドルイドと呼ばれる神官がそれを司っていました。サウィン祭を指揮したのもまたドルイドで、祭事だけでなく政治も審判も行ったと言われています。

ケルトの信仰では「教えを記録に残すことは良くない」とされていたため、ケルトの宗教的な文化は口承によってのみ伝えられ、いまだその大部分が謎に包まれています。

しかし、彼らの考え方は多種多様な文化に影響を与え、あるいは影響を受けながら形を変えて現代に伝わっています。

西部ヨーロッパの広い領域に伝わっていたケルト文化はその後、古代ローマ人の侵攻によってキリスト教の文化圏と混ざり合いました。

例えば、キリスト教の聖書にある「天国」のイメージは、ケルト神話の「他界」をもとにしていたと言われています。

ハロウィンもまた様々な文化の影響を受けつつ、世界中に伝わっているのです。

Sponsoerd Link

現在のケルト国

現代にもケルト国というものが存在します。

「ケルト国」という言葉は、ケルトの文化的な特性が残る地域を指す言葉となっているようです。

ケルト国(ケルトこく、英語: Celtic nations、セルティック・ネイションズ)は、北ヨーロッパおよび西ヨーロッパの、地域独自のケルト語、芸術、歴史、音楽、舞踊、文学といった文化的特性が今も残る領域を指す名称である。

~中略~

ケルトの国として認識される6つの地域は、ブルターニュ(Breizh)、コーンウォール(Kernow)、アイルランド (Éire)、マン島(Mannin)、スコットランド(Alba)、ウェールズ(Cymru)である。

~中略~

ケルト国間の正式な協力関係は、政治、言語、文化、音楽、スポーツといった多くの分野で活発である。
ケルト連盟(Celtic League)は国際的ケルト政治組織で、ケルト国1カ国以上に影響を及ぼす政治、言語、文化、社会的権利の運動を行っている。

ケルト国 – Wikipedia より引用

ケルト人の自然宗教

さて、ケルト人のことを少し知ったところで、サウィン祭へ話を戻しましょう。

サウィン祭は、ケルトのドルイド教で最大のお祭りでした。

収穫祭であるこの日は、人が自然の恵みを受け取ることを感謝し、その大いなる循環の一部であることを感謝する日でもあります。

この日、自然の恵みを一部を「大いなる循環」へ還すことで、大自然への畏敬の念を示しました。

ケルトの考え方で「あの世とこの世が重なる」とは、「死者の霊が帰ってくる」という単純なものではありません。

ケルトにとって「あの世」とは、この世にぴったりと折り重なるようにして存在している精霊の世界。大自然を司る精霊の世界であり、魂の故郷であり、帰る場所でした。

大自然の実りは精霊の世界からの恵みであり、災いや不運は精霊の世界の闇の部分でした。しかし、彼らは闇をも「大いなる循環」の一部であるとし、敬意を忘れませんでした。

今のところ私個人はサウィン祭は命の糧を火の神に捧げ、あの世もこの世も全員参加のどんちゃん騒ぎをしていたんだろうな、と考えています。

災いをもたらす精霊にも、楽しんで帰ってもらおう。というお祭りだったのだと考えています。

生贄の儀式

しかし、こうした考え方から、サウィン祭では生贄の儀式が行われていたと考える人もいます。「災いをもたらす精霊」に満足してもらうために、生贄を捧げていたというわけです。

そうした意見では必ず悪魔信仰との共通点が挙げられ、「人間のすることとは思えない」と忌避されます。

ハロウィンに対してキリスト教が否定的になるのは、その辺りの事情が関わっているのかもしれません。

実際に生贄の儀式が行われていたのかどうかについては、ケルトの文化が文字を持たなかったために記録が存在せず、今もなお謎に包まれているようです。

まとめ

さてさて、今回はハロウィンの起源について解説してきました。

2000年以上もの長い歴史を持つハロウィンが、国も権力も持たず粛々と暮らしてきた民族の祭りを起源にしており、さらに大衆文化と密接に結びついて自由な変化を遂げてきたというのは、なかなか面白い話ですね。

起源が分かると気になってくるのが歴史について。

特にハロウィンは起源にしても歴史にしても、時代を経て色んな祭りが便乗してきた成り立ちの関係上、もう色んな事がごっちゃになっててワケわかんなくなっている節があります。

ちなみに、ハロウィンを現代の形に整えたのはアメリカで、日本にやってきたのは1990年代のこと。歴史的に見れば最近も最近、ついこの間なんですね。

はてさて一体どういう道を辿って、どんな文化の影響を受けて現代に至っているんでしょうか。