ハロウィンに飾りつけに決まった時期はないって知っていましたか?

もともとは秋の収穫を祝い、悪い者を追い払う宗教的な意味合いので催されていましたから、ハロウィンは10月31日限りのお祭りでした。

日本ではそういった意味合いは全くなく、ただの年内最大の仮装イベントとして親しまれています。

「この日からこの日までがハロウィンです!」という明確な決まりはありません。

ならば、せっかく手間をかけて飾り付けるのだから出来るだけ長く飾り付けたい。年々盛り上がりをみせてきているし、思いっきり楽しみたい。でもあまり的外れな時期に飾りつけをしても、ご近所に白い目で見られてしまうんじゃ……。

なんて葛藤を繰り広げているあなたへ、ハロウィンの飾りつけを始める時期は適当で大丈夫ということをしっかり理由を添えて解説します。

Sponsored Link

いつから飾り付けを始めるのが正解なのか?

実際ハロウィンの飾りつけはいつから始めれば良いのか。答えは冒頭でも触れましたが、

本当に適当でOK

です。

一般的には10月初め頃から段々とハロウィンムードになっていき、31日にピークを迎えて11月1日には跡形もなくなっています。

特に決まりがないので、世間の雰囲気に合わせてハロウィンを意識し始め、それから飾り付けを始めるという人が大半です。

日本のハロウィンの火付け役となった東京ディズニーランドが9月8日にイベントを開始することから、それに準じてハロウィンモードになるお家も。

9月はちょっと気が早い感じがしないこともないですが、ハロウィンの空気感が好きで長く楽しみたいなら早めに飾り付けてしまっても特に不自然ではありません。

8月はさすがに夏真っ盛りですから、まだまだ夏を楽しんだ方が良いのでは……と思いますけれども(^^;

飾り始める時期が適当でOKな理由

日本でハロウィンが始まったのは1990年代後半。東京ディズニーランドが始めたのがきっかけで、各地でハロウィンイベントが増え始めます。

2000年代後半に今度は菓子メーカーが続々とハロウィン商戦を繰り広げて徐々に規模を拡大。2010年代にはインターネットやSNSに後押しされる形で爆発的な盛り上がりを見せています。

数年前には「そういえば今日ハロウィンだったねー」程度の盛り上がりしかなかったイベントが、今やバレンタインデーを凌ぐ経済効果を生み出すモンスターイベントに。

そんな感じで広まっていったものですから、ハロウィンは何をするお祭りなのかに意味を見出して参加している人はほとんどいないのが現状。

加えて、9月~11月には他に大きな行事がありません。こうして、「ハロウィンの経済効果になるべく長くあやかりたい」という企業戦略の上に成り立った日本のハロウィンの期間は最初から割と適当でした。

そんなわけで日本のハロウィンにはそもそも決まった日付がないので、飾り付けの時期は超適当でALL GOODなのです。

海外での時期はどうなの?

カトリックにおけるハロウィンは諸聖人の日(万聖節)という祝日の前夜祭で、来るべき聖なる日に向けて悪霊を追い払うために催されます。

前夜祭と言えば、つまりはクリスマスに対してのクリスマスイブなんですが、日本の祝日にはあまり前夜祭なるものがありませんから、なかなかイメージし辛いかもしれません。

諸聖人の日とハロウィンの関係は、割と有名な話ではありますが、実はキリスト教ではハロウィンを積極的に認めていません。

ハロウィンは元を辿るとケルト人が始めたお祭りで、後からやってきたローマ人がケルト人のキリスト教への改宗を狙って、諸聖人の日をハロウィンの次の日に定めた、という説が有力です。

詳しくは、ハロウィンはキリスト教ではタブーって本当??両者の関係をまとめてみた!を参考にしてください。

意外と近いお盆とハロウィン

精霊馬とジャック・オ・ランタン
死者の霊を祭るお祭りという側面では、日本人の感覚では「お盆」が近いですね。

その昔、ハロウィンはお盆と同じように死者の霊が戻ってくる日だとされていました。

この日、子供たちは悪霊を演じてオバケの格好をします。

「トリック・オア・トリート!(イタズラか、お菓子か)」

大人たちは悪霊に帰ってもらうために、かぼちゃで作ったお菓子を渡して施しをします。

これがいわゆる伝統的なハロウィンなんですが、お盆の感覚で捉えると、今の商戦ハロウィンはどう考えても長すぎです。

悪霊来すぎです。

魔除けすぎです。

Sponsoerd Link

早すぎる海外のハロウィン

ということは本場のハロウィンは10月31日、キッチリその日限りにするのかと思って調べてみると、むしろ逆でした。

超フライング気味に8月にはグッズ販売が始まり、9月にはほぼハロウィン一色、10月末までノンストップ。

8月と言えば日本はまだ夏の商戦真っ盛りでハロウィンなんてまだ気が早いという時期。

なんでアメリカはこんなに早くハロウィンを始めるのかというと……。

そもそもアメリカは国土が広すぎて気候が違うどころか、世界中から人が集まってくるので、同じ天気でもモコモコのダウンジャケット来ている人もいれば、ペラペラなランニングシャツでうろうろしている人もいたり。

つまり「夏」が国全体で物凄く曖昧なんです。

さすがにここまで感覚がズレてくると当のアメリカ人達も落ち着かないようで、一応5月最終月曜日の「メモリアルデイ」(南北戦争戦没者を追悼する祝日)からアメリカ全土が「夏になりました」ということにしています。

夏の終わりは9月第一月曜日の「レイバーデイ」。

というわけでアメリカは9月の初旬には完全に夏が終わりますから、8月に入ったらお店は早くもハロウィンの準備を始めるわけなんですねー。

11月1日には完全に片付けるべし!

枯れた植物
飾り付ける日は適当で大丈夫ですが、11月1日中には全て片付けてしまいましょう。ここ超重要です。

宗教的な意味合いで11月1日までハロウィンの雰囲気を引きずっていてはよろしくない……というのも理由としてあります。それもあるんですが、絶対に片付けておきたい一番の理由は心象に悪いからです。

ハロウィンは10月31日。いつまでもダラダラと飾りつけが置いてあると、なんとなくだらしない感じを与えてしまいがち。11月1日からは冬~年末に備えて気持ちを入れ替えておきたいところです。

あとがき

現代のハロウィンは、本場の海外でも楽しい仮装イベントとして親しまれつつあり、宗教的な意味合いはほとんどなくなってしまっているようです。

クリスマスに次いで経済効果が大きいお祭りですから、なるべく長く煽っていくスタイルで今後も盛り上がっていくでしょう。

企業の戦略に踊らされて……!という印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は雰囲気に流されても楽しめるイベントが増えるのは良いことだと思います。

思うところは数あれど、それでも楽しんでこその人生ですからね!あなたもぜひ素敵なハロウィンをお過ごしください。それでは。