記者ぽっ報

主体性 名言 格言

考えごと

自主性・主体性がある人と欠ける人のたった1つの根本的な違い

更新日:

いつも人の意見に流されて、自分で何も決められない。何かを引き受けても、何からやれば良いか分からない。

自主性や主体性はただの精神論と思われがちですが、ちゃんと人の心のメカニズムに則って考えれば、その正体が明確に分かるものです。

今回は、自主性とは何か、主体性とは何かということを紐解いていきます。

少し長いですが、今まであまり考えたことがない人とっては、きっと刺激的な内容になっていると思いますので、最後までお付き合い頂ければと思います。

Sponsored Link

自主性と主体性の違いについて

「主体性」は、何をやるかは決まっていない状況で自分で考えて、判断し行動することです。

「自主性」とは単純に「やるべきこと」は明確で、その行動を率先して人に言われないで自らやることです。

引用:習慣化コンサルタントの続ける習慣ブログ - 自主性と主体性の違い

言葉の意味を明確に分けるとこんな感じです。でもここでは敢えて分けて考える必要はありません。

主体性を高めると、自主性は自然とついてきます。自主性は主体性の一部だと考えても良いでしょう。

なぜ主体性が必要か

やるべきことを自分で決め、自分で考えて、行動する。

ここを訪れてくれた人は、そうなれるようになりたいと考えて読んでくれていると思うので、なぜ主体性が必要なのかを改めて考える必要はないかもしれません。

しかし、僕が思うに、主体性は一般的に思われている以上に、人生を生きる上で非常に重要な力です。なぜならば、主体性がもしゼロだとしたら、とても生きてはいけないからです。

主体性が100の人と、0の人がそれぞれどんな人生を歩むことになるのか、比較してみましょう。こういう場合は、すこし極端に考えてみると物事の本質が見えてきます。

主体性がゼロの人は獣と同じ

まず、やるべきことが何かが分かりません。何をするにも自分の行動を決められないので、人の言いなり、本能と感情の赴くままです。

やるべきことが示されたとしても、どうすれば上手くいくのかを自分で考えることができません。「自分で考えて方法を探る」ということが出来ないので、誰かに教えてもらうまで佇むのみ。

そして、方法が分かっても行動が出来ません。「行動」は、一般的に思われているよりも遥かに難しいことです。やるべきことが分かっていても行動できず、なんとなく明日に回してしまう……。

そんな経験をしたことがある人は少なくないはずです。行動って難しいんです。

コミュニケーションの場面ではさらに深刻です。周囲に流されてしまいますから、自分の意見を言えません。沸いてくる気持ちはあっても、伝える方法を知りません。そういう方法を学ぼうともしませんから、方法があることすら知りません。

溢れた感情をそのままぶつけてしまいますから、トラブルを招きやすいです。

もし仮に主体性がゼロという人がいるとしたら、それはもはや人とは言えないでしょう。獣と同じです。自然の摂理に流されるまま、適応に追われて生涯を終えてしまいます。

もしも人類が主体性がゼロの人ばかりだったとしたら、ここまでの発展を成し遂げることはなかったと思います。

主体性が100の人は成長し発展し続ける

主体性が100の人は、やるべきことを明確にして、自分で考え、行動します。

その過程では、決断力、判断力、想像力、行動力など、あらゆる能力が試されます。はっきり言って楽ではないです。

それでも彼らは、何かをより良くするために自分で考えて行動します。多くの結果は、失敗に終わるでしょう。

失敗は次のやるべきことを明確にし、行動はより確かなものになっていきます。

その過程で、あらゆる能力が育まれます。そうして、彼らはいつか目的を達成し、次のステージに向かいます。

高い主体性を持つ人は、このサイクルを繰り返して、自分自身の能力を養っていきます。主体性を持つ人だけが、こうして成長し続けます。

また、主体性が100の人は、他人の言うことに流されません。

いくつかの意見を吟味し、考え、臆面なく発信するので、活発で建設的な意見交換をすることができます。

Sponsoerd Link

二者の根本的な違い

こうして極端に考えてみると、主体性がゼロの人は存在しないということになります。

主体性がないように見える人は、その実、彼らの目的を達成するために「人に寄りかかる」ということを無意識で実行しているに過ぎません。この場合は、「主体性に欠ける」という表現が適切でしょう。

主体性に欠ける人は、自分の意見が言えず、自分で考えて行動できずに、流されるままに時間を浪費していき、まるで主体性そのものがないかのように見えてしまいます。

では、主体性に欠ける人と主体性がある人の根本的な違いは一体何か。

それは明確な意志を持っているかどうかという点です。これこそが、二者を隔てる大きな壁となっています。

主体性がある人は意志の力で行動する -意志とは何か-

そうなると問題は「意志とは何か」ということですね。

一般的に「意志」という言葉はかなり漠然と捉えられており、はっきり「意志とは○○である」と答えられる人は少ないと思います。

「意志」は、その性質から「理性」と同じものと考えられがちですが、実は全く違うものです。

「理性」の機能は善悪の判断を下すこと。ですが、感情や本能を制御する力はありません。

「意志」は、目的に向かうための純粋な心の推進力です。「理性」によって判断された善悪は、「意志」の力によって行使されます。

例えば、ボランティアを例にとってみましょう。意志の力が弱いか、強いかの2つのパターンを例に挙げてみます。

「意志」力が弱く「理性」だけが全面に出ている場合

「ボランティアは良いことだけど一文にもならないし面倒くさい、でもやらないと怒られる(あるいは、やっていると良い人と思われる)からやっている。」

意志が弱く、理性だけに頼った場合はこういう事が起こります。

良し悪しは判断しますが、意志がないので主体性を持って行動することはできません。

「意志」の力が強く、「理性」を積極的に行使した場合

「このボランティアによって助かる人がたくさんいる。自分はその人たちを助けたいからやっている。」

ということになります。同じ行動をしているように見えて、中身は随分と違っていますね。どちらが主体性を発揮し、より成長できるかは言うまでもありません。

「意志」については、あまり掘り下げるとかなり長くなってしまうので、別の機会に。

最後に付け加えると、「意志」から起こる行動は絶対にネガティブな方向へは向かいません。なぜかというと、「意志」とはそもそもそういう機能を持ったものだからです。

もし「よし!今日から道端にゴミを捨てて街を汚していくぞ☆彡」とか、「僕は将来、人のお荷物になる仕事に就きたいです!キリッ」という人を見たことがある人がいれば、考え直す必要があるかもしれませんが……。

ネガティブな行動や言動の動機は常に「意志」の弱さからやってきます。

主体性に欠ける人は意志が弱い

主体性に欠ける人は、こう言います。

  • 「失敗が怖い」
  • 「嫌われるのが怖い」
  • 「間違えるのが怖い」
  • 「仕方がない」
  • 「~してくれない」
  • 「~だから私がこうなった」
  • 「面倒くさい」
  • 「楽をしたい」
  • 「~って言われたから」

主体性に欠ける人は、意志が弱く、その時の感情や本能に流されてしまいます。

感情と本能は常に「満たされるかどうか」に全力を尽くすので、満たされなかった結果を他人のせいに、社会のせいに、環境のせいにして、問題を置き去りにしてしまう傾向があります。

問題を抱えている状況が既に「満たされていない」からです

しかし、そうすると、主体性を養うためのサイクルが起こりません。

同じ失敗を何度も繰り返すうちにどんどん消極的で厭世的になり、やるべきことを考える最初の一歩の動機すらも、他人に寄りかかってしまうことになります。

例えば、誰かに「主体性を持って仕事をしろ」と言われたとして、自分で考えて、判断し行動した結果、何か問題が起こったとします。

独断専行なんて言われて咎められ、その時に「主体性を持てと言われたから……」なんて言い訳をしていたのでは、「主体性を持って仕事をしている」とは言えないでしょう。

まとめ

今回は、なんとなく漠然と捉えていた「主体性」について、掘り下げて考えてきました。主体性とは「自らの意志で行動する性質」のことを言います。

例えばあなたが高い主体性を持っていたとしても、いえ、持っている方がきっと多くの失敗を繰り返すでしょう。でも気にすることはありません。それを笑うのはいつも、主体性に欠ける人たちです。

「意志」は「誇り」です。

負の感情と理性の葛藤に渦巻く心を穏やかに落ち着けて、雲の切れ間の太陽の光のように差し込む「自分の意志」を見つけるところからがスタートです。

本当に主体性がない人なんか存在しません。

多くの成功者が好んで瞑想をしているのはこの為です。

まずは一日の中に「何も考えない時間」を作ってみてください。体と同じように、心にも休まる時は必要なのです。不安と恐怖の混沌の底には、必ずあなたの「意志」が眠っています。

主体性を身に付けるために

筋肉モリモリの女性

人生が変わるかも!?自分の強みと弱みを教えてくれる診断の決定版!

確かな主体性を身に付けるためには、物事を俯瞰してみることが大切です。そのために、まずは自分自身がどういう人間なのかを見つめなおすことは有効な手段でしょう。

リクルートのグッドポイント診断は、300問ほどの簡単な質問から自分の特徴を強みとして導き出してくれます。診断の結果を二面性で見ることで、自分の良いところや悪いところを客観視できるのでおすすめです。あと、これでもかってぐらい褒めてくれるので気持ちが良いです。

Sponsored Link

おすすめの記事

筋肉モリモリの女性 1

突然ですが、あなたの強みを教えてください。 何個出てきます? この手の質問は困りますね。自分で自分をベタ褒めする感じになりますし、強みもちょっと言い換えれば弱みになってしまうし。 そんな時は、もう人に ...

2

一日中モニターと睨めっこしていて、眼が赤いあなたに朗報です。 モニタのブルーライトをカットして、眼に優しい色合いにしてくれるフリーソフト「f.lux」があなたの目を癒してくれます。 ほんとに。ほんとに ...

人間はフルーツだけで生きていける 3

食べ物のみならず、飲み物も一切口にせず、必要な栄養はすべてフルーツから取っているという徹底振りでフルーツの伝道師と呼ばれている中野瑞樹さん。 彼が地上波に出たことをきっかけに、少しずつフルーツへの関心 ...

-考えごと

Copyright© 記者ぽっ報 , 2017 AllRights Reserved.