ついついオシャレな家具やファブリックに目が行きがちで後回しにしてしまいますが、照明は空間にとってとても重要な要素です。

その証拠に、インテリアの世界には「照明学」という専門の分野が存在しています。

照明は正しい知識と方法でアレンジすれば、それだけで部屋の雰囲気をガラッとオシャレに変えてしまう力を持っているのです。

インテリアをおしゃれにデザインするには、照明に関する知識は絶対に欠かせません。

これを読んでから照明を取り入れれば、あなたの部屋はきっとワンランク上のおしゃれなインテリアになっているはず。

Sponsored Link

備え付けの一般的な照明

ceiling light
アパート、マンションから戸建てまで、一般的に標準で取り付けられる照明は大体シーリングライトです。上の写真のような照明、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「Ceiling:天井の」「Light:照明」ということでシーリングライトと呼ばれているこの種の照明は、部屋全体を満遍なく照らすことに特化した照明です。

これがなかなかどうして、お世辞にもオシャレとは言えない代物……。

もう他の選択肢が思い浮かばないくらい普及しているので、あの丸くて白いシーリングライトがオシャレなのかどうかを考えたことがある人は、割と少ないのではないでしょうか。

何でも照らしてしまうデメリット

もともとシーリングライトの目的は、部屋全体を満遍なく明るくすることにあります。

埃がたまり易い部屋の隅っこも、雑多にモノが置かれているサイドボードの上もお構いなし。あまり照らしてほしくないところまで容赦なしです。

「部屋全体が明るければそれが一番」というのは、前時代的だと言わざるを得ません。

それなのに、なぜここまでシーリングが普及しているのかというと、やはり一番は経済的な理由からでしょう。

これひとつあれば、ペンダントライトもデスクスタンドも必要ありません。

各部屋にシーリングだけというスタイルは、あれやこれやとこだわって配置するよりも遥かに経済的です。

その普及率に伴って、最近のシーリングはリモコンで操作や調光が出来たりしてハイテクなものが多いです。便利さという点では他の照明よりも一歩抜きんでている印象があります。

一番重要なのは影のデザイン

ところで、照明のデザインで一番重要なのは影だと言われています。

照らしたいところを照らし、照らさないところの影を効果的に見せることで、その照明の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。

必要な場所に必要なだけのものを、というのはインテリアデザインのとても重要で基本的な考え方です。

近年では、明るさと便利さを追求するあまり、影の持つ落ち着きと柔らかさは忘れられがち。

インテリアに照明を取り入れる時は、何をどう照らすのかをよく考えて取り組むことが大切です。

Sponsoerd Link

照明器具の種類

照明 種類
照明にはたくさんの種類があります。色々と種類はあるんですが、ダウンライトやブラケットライトを採用しようと思うと、壁や天井に特別な工事が必要になります。

しかし、新築でもない限り、それはあまり現実的とは言えません。

自分で簡単に取り替えれる範囲ですと、シーリングライト、ペンダントライト、スタンドライトの3種類でしょう。

ペンダントライトやシャンデリアは、多くの場合は備え付けのシーリングライトを外して、そのまま取り付けることが出来ます。外したシーリングライトは梱包して収納してしまいましょう。

スタンドライトは、テーブルスタンドやフロアスタンド、デスクライトなど、用途に応じてさまざまな種類のものが発売されています。

照明器具の選び方

それでは、照明器具の選び方を簡単にフローチャートで考えていきましょう。

照明の選び方には色々ありますが、ここでは以下の3STEPで解説します。

STEP1.それぞれの明るさ、色温度を考える。

STEP2.メインとなる照明を決める

STEP3.足りない部分を補う照明を決める

順に見ていきましょう。

STEP1.色温度を考える

まずは部屋全体のイメージから、光の色味や明るさのイメージを考えます。

色温度は(K/ケルビン)という単位で表されますが、インテリアで使われる照明は電球色・中間色・昼白色の3種類で使い分けられます。

部屋の雰囲気は、色温度の違いで次の写真の様にに変わります。

照明 電球色 昼白色 違い

白昼色の特徴

白昼色の光は太陽の色に近く、脳を覚醒させる効果があります。

明るく活動的な空間を演出するには適していますが、落ち着きをテーマにしたインテリアにはあまり向いていません。

中間色の特徴

中間色は、文字通り白昼色と電球色の中間の特徴を持っています。

しかし、特性としてはどちらかと言うと電球色の特徴に近いでしょう。

電球色の特徴

中間色~電球色は夕焼けの温かい光に近く、リラックスできる落ち着いたインテリアに向いています。

反面、光量が少なく、部屋全体が暗くなりがちです。そのため、本を読んだり、細かい作業をしたりする場合は、別の光源の補助を必要とします。

メインの照明を考える

次に、その部屋の天井に設置するメインの照明を考えます。

お洒落なデザイナーズマンションや店舗などでは、ダウンライトがよく使われていますが、“じゃあうちもダウンライトに交換……”というわけにはさすがにいかないので、今回は除外します。

メインの照明として使えるものは、大きく分けるとシーリングライト、シャンデリア、ペンダントライトの3種類。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

シーリングライトの特徴

おしゃれなシーリングライト
天井の照明器具の設置場所が導線になっている場合は、シーリングライトをオススメします。

比較的安価に、必要以上の光量が得られるのが特徴。

シーリングライトと言えば、白昼色の真っ白な丸いライトが想像されますが、最近はスポットライトのようなものや、シェイドがキレイなものも販売されています。

シャンデリアの特徴

シャンデリア
灯数が複数あり、装飾性が高い華やか照明器具です。

電球がたくさんついているので、予想以上に明るかったりします。部屋の広さに合わせた大きさと明るさを選ぶことが大切です。

一般的なシャンデリアは、電球色のものが多いですが、電球を白昼色のものに交換すれば蛍光灯のような明るさになります。が、デザイン性の観点からあまりオススメされません。

一般的な部屋の天井高では「天井直付け型」、吹き抜けや高天井では「吊り下げ型」がよく使われます。

ペンダントライトの特徴

ペンダントライト おしゃれ
ラグやテーブルの真上にソケットがある場合は、ペンダントライトがおすすめです。

中央にテーブルを設置したりやラグを敷いたりしている場合、くつろぎスペースの真上を歩いて移動することはないので、邪魔になることはまずありません。

シーリングに慣れているとなかなかイメージし辛いかもしれませんが、上からぶら下がった照明は部屋の雰囲気を引き締めてくれる効果もあります。

その他の照明を考える

シーリングで全体を照らすという選択肢を捨てた場合、どうしても光量が足りずに暗くなってしまう場所が出てきます。

そうした場合、ベッドで漫画を読みたいとき、机に向かって作業をしたいときなど、手元が暗くならないように別の光源から光を補う必要があります。

デスクスタンドの選び方

デスクスタンドは大きく分けると机に置くタイプと机を挟み込んで設置するタイプの2種類があります。

デスクスタンドは、とにかく形にこだわりましょう。デスクスタンドで画像検索すればたくさん種類が出てくるので、自分の好みの形を探してから機能のことを考えるのがいいでしょう。

寝室や読書スペースなど、落ち着いた空間にしたい場合は電球色~中間色のものを。作業や勉強をするデスク周りは中間色~白昼色のものがおすすめです。
デスクスタンド 選び方

フロアスタンドの選び方

一口にフロアスタンドと言っても手元を照らすものから、オブジェとして飾るものまで、用途は様々です。

フロアスタンドは、まず「何の目的で使うのか」をしっかりと決めて探すことが大切です。

寝室や読書スペースの手元の明かりにも良いですが、例えば、壁を照らす間接照明としてもフロアスタンドは良い仕事します。

そのようなケースでは光を補うというよりも、壁に影を作るイメージで配置場所を考えると、より落ち着きのあるまとまった空間になります。

照明器具がオブジェになっているタイプ、天井や足元を照らす間接照明になるタイプ、手元を照らすタイプ、いろいろありますので、用途に合ったものを選びましょう。

フロアスタンドは、一般的に電球色~中間色のものが多いです。
スタンドライト アキッレ・カスティリオーニ

電球色を採用するメリット

当サイトでは、電球色をメインに取り入れることをオススメしています。

部屋の用途や形状にもよるところですが、“便利さ”を補って余りある“雰囲気”をもたらしてくれます。

電球色の一番の強みは、温かみのある落ち着いた雰囲気になることです。

次の写真を参考に、電球色の光の温かさを感じて頂ければと思います。

照明 電球色 インテリア オシャレ
綺麗に整頓されていますが、ケーブルや小物が割りと雑多に見える場所に置いてあります。

家具の高さの違いや色の多さによって、スッキリとした印象はありませんが、温かい電球色の照明がそれらを綺麗にまとめています。

照明 電球色 インテリア オシャレ
この写真は、天井の照明がありません。スタンドライトが作り出す壁と天井の薄い影がほどよい安心感を演出しています。

まだ外が明るい時の写真ですが、暗くなるともっと柔らかくて暖かい空間になるでしょう。

手前のテーブルはバースペースでしょうか。キャンドルが4本並んでいます。仄かな灯りの揺れが、心地よい酔いをもたらしてくれそうですね。

まとめ

照らしたいものを照らす。

照らしたい場所を照らす。

照明を考えるポイントは、光ではなく影を中心に考えること。

そこさえ押さえておけばどんな部屋でもオシャレに見せてしまうのが照明の強みです。

あなたが暮らす部屋は、あなたの一生のうちの大切なくつろぎの時間を過ごす部屋です。家具や雑貨を手に取る前に、どんな灯りの中でくつろぎたいかを、今一度立ち止まって考えてみてください。