こうなります。一応使えるんですが、もう時間の問題ですね・・・。使い方が雑だったという可能性も否めませんが、注意しておくに越したことはありません。特に充電しながらiphoneを使う人は要注意。

こうならないために、iphoneを買ったらまずここの部分を補強しましょう。いろいろ方法はありますが、手軽でスタイリッシュなおすすめの方法を紹介します。

Sponsored Link

補強方法

いろんな方法がありますが、一番簡単で有名なのはボールペンのバネを巻く方法。

手間を惜しまなければ毛糸を編み込んだり、カラーケーブルを巻きつけたり、いろんな方法があります。ひとつずつ見ていきましょう。

ボールペンのバネを巻く

知ってる人は知っている、一番有名な方法です。

やり方はこのツイートの画像が分かりやすくて参考になります。

爪楊枝で引っ掛けて

Iphone バネ 補強

怪我しないように気をつけながら

Iphone バネ 補強

グリグリ巻いていきます。

Iphone バネ 補強

完成。

Iphone バネ 補強

これだけです。簡単な方法ですが、これで断線するリスクはかなり減ります。

ケーブルをアレンジ

補強とは少し意味合いが違ってきますけど、こんな手の込んだ方法も。

毛糸を編みこむ

iphone 充電ケーブル 補強

レトロな雰囲気が出ておしゃれですね。

詳しいやり方は下記のサイトに書いてあります。

英語ですが、写真で分かりやすく解説してあるので読めなくても簡単です。

少しやり方が違いますが、日本語で解説してあるサイトもあります。

汚れをふき取ったりできなくなるので、薄い色のものを使うと汚れが目立ちそうです。それも味と割り切って使えるならば。

テープでぐるぐる巻きに

iphone 充電ケーブル 補強

これはビニールテープを使ってますが、マスキングテープでも同じことが出来ます。ですが、結構粘着力のあるものを使わないと剥がれてしまいそうですね。

やり方はこのサイトに。ここも写真付です。

カールコードを巻きつける

2種類~のカールコードを巻きつけて補強+アレンジ。

iphone 充電ケーブル 補強

しかし、肝心のカールコードの素材がどこに売ってるのかが分かりません。

結構あちこち探してみたんですが、見つからず。百均とかに行ったらあるんでしょうか?

「ここにあったよー」っていう人いたら、教えて頂けると嬉しいです。

Sponsoerd Link

補強以外の方法

補強なんてめんどくさいし、ほかに良い方法ないかなぁ。という場合の選択肢は3つ。

  • 安いケーブルを買う
  • 耐久性の高いケーブルを買う
  • 違う素材のケーブルを買う

順に見ていきましょう。

安いケーブルを買う

壊れたら買い直すスタイルの場合は、安いケーブルがそこらに売っているのでそれを買うのも選択肢の一つ。

中には50円のケーブルなんてものも存在するのだとか。耐久性を捨てて物量で勝負ですね。

200円ぐらいの充電ケーブル

おすすめ記事なんかもチラホラみますが、中には発火したとか最初から使えなかったという話もあるので、カスタマーレビューをよく読んで検討されることをオススメします。

切れにくいケーブルを買う

純正に比べるととても耐久性の高いシリーズを購入するのも手。少しお値段が張るだけに、レビューにはなかなか好評が集まってます。

【オウルテック】ストロング ライトニングケーブル 充電&データ転送対応 Apple認証 ホワイト 1.5m 【iPhone6/6Plus 急速充電確認済】

ネガティブな意見では、頑丈すぎて取り扱いし辛いという意見もありました。この辺りは使用環境にもよるので、使ってみないとなんとも言えない所ですね。

編込ナイロンのケーブルを買う

最近では、ゴム製ではなく編込ナイロン製のものも発売されています。

iPhone/iPad用 ナイロン編みLightningケーブル

頑丈さを売りにしている商品が多い中、お値段は1本で1000円以上するものから、3本セットで1000円以下のものまでピンキリです。

失敗を避けるためにレビューをよく読んで、用途に合わせて購入しましょう。

無償のケーブル交換を利用する

もしケーブルが壊れてしまったのが購入してから1年以内であれば、無償で交換してくれます。

1年以降は保障対象外なので、まずは保障期間を確認しましょう。保障期間の確認方法、詳しい交換の方法などはこのページにまとめられています。

しかし、実際壊れやすいのは1年を過ぎてから……。壊れるのがケーブルだけとは限りませんし、最初から有料保障に入ってしまうのも手ですね。
「AppleCare+ for iPhone」は+9800円で加入できます。