ハロウィンと言えばジャック・オ・ランタンかぼちゃのオバケ!

お子さんの仮装イベントで困った時は、とりあえずかぼちゃを作っておけば間違いありません。

一番ハロウィンらしい定番の仮装ですし、作り方の簡単なので、地味過ぎず派手すぎずの良いチョイス。

今回は数あるかぼちゃ仮装の中から、子供向けのかぼちゃ帽子の作り方を紹介します。

Sponsored Link

フェルトと手縫いで手作り!

かぼちゃの帽子

必要なもの

  • 生地
  • 裏地を作らないので裏表共に肌触りが良く、形が崩れにくい硬めのものがおすすめ。フェルト生地が良く使われていますが、ウールやフリースでも可愛らしく作れます。割高ですが、ファーやボアを使っても面白いですね。

  • ゴム
  • ロータリーカッター(ハサミでも可)
  • カッターボード

作り方

かぼちゃ帽子の作り方

左右対称のこんな形の布を6枚用意します。6枚でも8枚でも大丈夫です。奇数だと被った時の形が気持ち悪いので偶数で。

幅は頭回りのサイズ+1cmが良いと言われていますが、もう少し大きめに作っても良いでしょう。

帽子の調整は小さくすることはできても、大きくすることはできません。普段の買い物でも少し大きめを買うのがセオリーです。

型紙を使わない場合は、縫いしろの1cmを足すのを忘れないように注意してください。

kabocha-boushi

作った二枚を繋げる

作った2枚をつなげて帽子の形に整えます。

裏処理をする

1cmほどの3つ折りにして、ゴムを通す穴を残しつつ縫い合わせます。

顔と茎をつけたら完成

ゴムを通して、顔と茎をつけたら完成!

裁縫で作る場合は、この作り方を基本にみなさん様々なアレンジを加えて楽しまれているようです。

備考・生地のサイズについて

フェルト生地のサイズについて
帽子のサイズは頭回り+1cmが良いと言われています。ですが、ゴムを使ってサイズを調整するのでそこまで神経質になる必要はありません。2~3㎝程度の余裕を見ると良いでしょう。

ゴムの長さは頭囲の95%~100%ぐらいが最適です。

  • 参考:だいたいの頭のサイズ
  • 0~3ヶ月 40~42cm
    3~6ヶ月 42~44cm
    6ヶ月~1歳 44~46cm
    1歳~1歳半 46~48cm
    1歳半~2歳 48~50cm
    2歳~3歳 50~52cm
    3歳~4歳 50~52cm
    4歳~5歳 52~54cm
    5歳~6歳 52~54cm
    男性 53~61cm
    女性 52~59cm

    ※この数値は飽くまで目安です。必ず採寸してから作り始めるようにしてください。

アレンジいろいろ

この作り方を基本に、いろいろなアレンジを見てみましょう。

型紙で形を整える

6枚はぎの型紙を自作して公開してくれているページです。作り方も写真で丁寧に解説してあって分かりやすいので参考になると思います。

帽子の型紙であれば何でも良いので、キャスケットの様なものを手作りすることだって可能です。

頭のてっぺんに茎を作る

型紙の項で紹介したページではボンボンを作ってアレンジされていました。

茎もフェルトを丸めて作ることが出来ます。

茎の作り方

画用紙で手作り!

画用紙で作るかぼちゃ帽子で一番簡単なのはこれです。

動画はバッグですが、紙コップの部分を画用紙で頭の大きさに作れば簡単にかぶれるかぼちゃの出来上がり!

Sponsoerd Link

ペーパークラフトで手作り!

ハロウィンおばけの仮装の作り方とクオリティを上げる6つのアイデア」でも紹介しました、かぼちゃのかぶりもののペーパークラフトです。

有料ですが、低コストで簡単にクオリティの高いものが作れるのでおすすめ。この商品はぺったんこにして収納出来るので、イベントが終わった後の置き場所に困らないのもポイントです。

販売ページ:画用紙で作る!かぶれる紙のおばけカボチャ

こいつをかぶってマントを羽織ればこんな感じに。

かぼちゃ ハロウィン イラスト

マントも簡単に手作りできます。マントも作ってみたいけど手間をかけたくないと思ったら「ハロウィン仮装の必需品!マントをミシンなしで簡単に手作りする方法」を参考にしてみてください。作業自体は5分もかかりません。