ハロウィンの風物詩「ジャック・オ・ランタン」は一般的に魔除けの意味があると言われています。

でもこれ、実は日本で言うところの「人魂」なんですよ。魔除けどころか、魔そのものなんです。なんでただの人魂が魔除けってことになってるんでしょう?

ハロウィンの歴史と「ジャック・オ・ランタン」の起源と由来から、その秘密を紐解いていきましょう。

Sponsored Link

古代ケルト人のサウィン祭

ハロウィンは古代ケルト人の「サウィン祭」を起源としています。

先にそちらを読んでいただけると話がスムーズなのですが、結構長いのでこちらでも簡単に説明しておきます。

古代ケルト人の1年は10月31日で終わりました。彼らはこの日を夏の終わり、そして冬の始まりの日として1年の区切りにしていました。

秋の収穫を祝うこの日の夜には、親族を訪ねて先祖の霊が帰ってくると同時に、魔女や悪霊も作物を狙って現れると考えられていました。

10月31から11月1日をまたぐ夜、ケルト人の間では「他界」との門が開き、「この世」と「あの世」の境目がなくなると信じられていたのです。

彼らは先祖たちの霊を迎えると同時に悪霊たちから身を守るため、魔除けの仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いて盛大に祭ったと言われています。

サウィン祭では、ドルイドと呼ばれるケルトの司祭が魔除けの仮面をつけて焚き火の回りを踊り、作物や動物をその火に捧げます。次の日の朝、村の人たちは焚き火の燃えさしを各家庭に持ち帰り、かまどの火を新しくして悪いシー(Sí、ケルト神話の妖精)を追い払いました。

このお祭りが後世に伝わって様々な文化と混ざり合い、現代のハロウィンになったと言われています。

意外と知らないハロウィンの起源と由来。古代ケルト人のサウィン祭に迫る より引用

この時の魔除けの仮面がハロウィンの仮装になっていったと言われています。

それでは魔除けの焚き火が「ジャック・オ・ランタン」になっていったのか……と思いそうなものですが、実は「ジャック・オ・ランタン」はケルトの「サウィン祭」とは何の関係もありません。

「ジャック・オ・ランタン」は、キリスト教の影響を受けて生まれたのです。

「ジャック・オ・ランタンの伝承」

それでは、「ジャック・オ・ランタン」の起源になったと言われているアイルランドの「鍛冶屋ジャックの伝説」を紹介しましょう。

  • 鍛冶屋ジャックの伝説
  • 昔、嘘つきで怠け者なジャックという鍛冶屋がいた。

    ある年のハロウィーンの日、ジャックは酒代欲しさに悪魔に魂を渡す約束をしてしまう。

    やがて悪魔が魂を取りに来ると、ジャックは悪魔すらも騙しおおせて「魂を取らない約束」をさせた。

    しかし、いざ死んで地獄の門の前に行くと「魂を取らない約束」のため地獄にすら入れなかったのだ。

    呆然としながら「どうすればいい?」と尋ねるジャックに、悪魔は「もと来たところへ帰れ」と諭すのだった。

    門の前で悪魔に手渡された“地獄の炎の残り火”を、カブをくり抜いたランタンで守り、ジャックは今も現世を彷徨っている。

かなり駆け足でざっくりと語りましたが、この伝承によると、ジャック・オ・ランタンは天国にも地獄にも行けなかった死者の魂です。

日本で言うところの「鬼火」を意味し、海外で言うところのウィル・オ・ウィスプと同じ意味で使われます。

いつから使われ始めたのか?

アイルランドでは「ルタパガ」という種類のカブをくり抜いて「ジャック・オ・ランタン」を作り、ハロウィンの日に飾りました。

「ジャック・オ・ランタン」が、いつ頃からハロウィンの祭りに使われ始めたのか、詳しい情報は手に入りませんでしたが、歴史を紐解いてみると、本格的にキリスト教の影響を受け始めた8世紀以降であることは間違いないでしょう。

理由は後述しますが、「ジャック・オ・ランタン」は、キリスト教に由来しているのです。

さらに、“Halloween”という言葉の世界最古の使用例が16世紀であることから、「ジャックの伝承」が生まれたのも、その頃なのではないかと考えられます。

カブのジャック・オ・ランタン

A traditional Irish Halloween turnip

20世紀初頭にカブで作られた伝統的なジャック・オー・ランタン。

Halloween – Wikipedia より出典

ルカパダ

ルタバガの根

ルタバガ – Wikipedia より引用

  • かぼちゃになったジャック・オ・ランタン
  • 「ジャック・オ・ランタン」にかぼちゃが使われだしたのは、アメリカに移住したアイルランド人がその地に自生していたかぼちゃを使用したからです。

    1840年代、イギリスによる宗教的な弾圧とじゃがいも飢饉を背景に、アイルランド人のアメリカへの大規模な移民がありました。

    アイルランド人の移民は、開拓のためではなく生活苦によるもので、当時のアメリカ国民の最下層を形成したと言われています。

    その時に、ハロウィンも一緒にアメリカに渡り、アメリカで多く生産されてたカボチャが使用されるようになりました。

Sponsoerd Link

「ジャックの伝承」はキリスト教のお話

「ジャック・オ・ランタン」はケルト神話ではなく、キリスト教の影響を強く受けていると考えられます。

その根拠は、ケルトの自然信仰には、「ジャックの伝承」で語られる“天国と地獄”が存在しないということ。

古代ケルト人にとって“あの世”とは普段の暮らしのすぐ近くにあり、招かれた英雄たちは生きたまま行き来することも可能だったと伝えられています。

彼らにとって、生と死はそれほど違いのあるものではありませんでした。死んでしまった人も冒険の果てに戻ってくることがあると、そう信じられていたのです。

ゆえに、「天国にも地獄にも行けずに彷徨う」ということが、そもそもありえません。

地獄と天国の話が出てくる「ジャック・オ・ランタンの伝承」は、キリスト教から影響を受けているとするのが自然なのです。

しかし、そうなるとまた新しい疑問が浮かんできます。

キリスト教は基本的にハロウィンに否定的です。キリスト教由来の祭事ではないため、禁止している教会もあるほど。

キリスト教からやってきたはずの「ジャック・オ・ランタン」が、なぜ現代のハロウィンの代名詞と言えるほどの存在になっていったのでしょうか。

パーフェクト・ハロウィン・アイコン「ジャック・オ・ランタン」

ハロウィンの起源を知って改めて「ジャック・オ・ランタン」を見つめなおしてみると、ハロウィンのためだけにあつらえたかのような「ジャック・オ・ランタン」の万能っぷりが目につきます。

収穫物であり、捧げ物であり、現世に帰る死者の魂であり、悪霊でもある。

どうですかこのハマりっぷり。

当時のハロウィンに、収穫祭や死者の魂を祭るという宗教的な意味がどれほど意識されていたのかは分かりませんが、ハロウィンは根っからの大衆文化ですから、宗教的な意味はなくとも大衆が良しとすれがそれがまかり通るという特徴があります。

当時の人にはそのハマり具合がパネェことになっていたのではないかと想像できます。単純に、作ってみたらめちゃくちゃハロウィンっぽかったんだと思います。

お化け屋敷にはオプションで人魂が浮かんでいますね。つまり、アレです。

「ジャック・オ・ランタン」はただの火の玉で、そのものに特別な魔除けの由来はないのです。

なぜ魔除けとされているのか?

それでは、現代において「ジャック・オ・ランタン」はなぜ“魔除け”の意味を持っているとされているんでしょう?

その答えは、ハロウィンで仮装をする理由にありました。ハロウィンでは仮装もまた魔除けのために行われるのです。

「ジャック・オ・ランタン」も仮装のオプションみたいなものです。それが転じて、魔除けの意味を持っているという話に繋がっていったのではないかと思われます。

さてさて、かぼちゃの由来に続いて次は仮装の由来。

仮装の意味と由来を知ると、「ジャック・オ・ランタン」の飾りが、なぜ魔除けとされているのかについて、納得できる答えが見つかると思います。

あとがき

あとがきは個人的な雑感でまとまりがなく、少し読みにくいかもしれません(^^;

興味がなければ眠たくなる前に読み飛ばしてしまって大丈夫です。

「ジャック・オ・ランタン」の存在は、ハロウィンが宗教的な意味から始まった伝統的祭事でありながら、根っから「大衆文化」であることを象徴しているように思います。

こうして見渡してみると、宗教的な意味を残しながらこんなに変幻自在で世界的な知名度のあるお祭りって意外とないんですよ。

クリスマスだってキリストの誕生日って誰もが知っているわけで、それなりの形式と体裁を持っています。

それがハロウィンときたら「死者を迎える魔除けの儀式」が今やただの「仮装を楽しむかぼちゃの日」ですからね。自由自在にも程があるだろうと。

10月31日に「死者の霊よ……」とか一瞬でも思う日本人が一体何人いるでしょうか。本場の海外でも怪しいもんです。

このことは、ケルト神話を代表とする古代ケルト人の文化のあり方を象徴しているようで、なかなかに興味深いです。キリスト教の「天国」だってケルト神話の「他界」のイメージをもとにしていると言われています。

そうなってくると、探せば私たちの文化の至る所にケルトの名残を見つけられそうで面白いですよね。