コーヒーが苦手だけど克服したい人に超おすすめのドリッパーがあるよ

プロダクト

更新日:

うちの嫁さんがコーヒー苦手だったんですけど、karitaのドリッパーを使うようになってからすっかりコーヒー嫌いを克服してしまいました。今では淹れてほしいとお願いされるまでに。

コレを買ったら彼女ができました!みたいな言いっぷりですが、そんなわけなので、今日はkaritaのコーヒードリッパーを力の限りお勧めしていこうと思います!

Sponsored Link

苦くないコーヒーが作れるドリッパー

それがこのkaritaの陶器製コーヒードリッパー。コーヒーが苦手な人でも美味しく飲めちゃうコーヒーが作れる優れものです。

ドリッパーを購入するまでは専ら缶コーヒーとかコンビニやチェーン店のものばかり飲んてでいました。敷居が高いというかなんというか、粉でサックリ入れる方が手間もかからないし、味もそんなに変わらんだろうと。粉安いですしね。

それがドリップを始めてから缶コーヒーや粉コーヒーが全く飲めない体に……。

何よりビックリしたのは、コーヒー全般がダメだった嫁さんがコーヒー好きになってしまったこと。しかもブラック。

相変わらず缶コーヒーやチェーン店のものには手をつけませんが、このドリッパーで入れたコーヒーだけは美味しいんだそうです。このドリッパーで淹れると苦味が全くないんですよ。ちゃんとドリップしたら美味しいというのもあると思うんですけどね。

そんなわけで、コーヒーが苦手だけど克服したいと思っている人がもしいたら、このドリッパーをお勧めしたいなと思い立って記事をかいておるわけです。

karitaについて

まずはkaritaがどういうブランドなのかっていうのを軽く解説しておきますね。株式会社カリタは、家庭用、業務用も扱っているコーヒー機器総合メーカーです。

コーヒー機器の大手メーカーで、メジャーなのはこの4つ。

  • kalita(カリタ)
  • melitta(メリタ)
  • HARIO(ハリオ)
  • KONO(コーノ)

とりあえず最初の1個は、この4つのメーカーから選ぶのがセオリーかなと。

その辺で売っているものを何も分からずに買うよりは、この4つのメーカーのものを選ぶのが良いと思います。ちゃんと美味しいコーヒーが淹れられるように研究して作られているので。

で、コーヒーメーカーを探しはじめると「カリタ式」「メリタ式」という言葉をよく目にします。

違いは、ドリッパーの抽出穴の数。抽出穴が3つのものを「カリタ式」、1つのものを「メリタ式」と呼んでいるんです。

4つのブランドそれぞれに形状や穴の数が違ってどれがいいのか悩んでしまいますが、ここから先はもう好みの問題です。で、この記事では、この4つの中からkaritaのドリッパーをオススメしているわけですが、その理由は3つあります。

karitaのドリッパーをオススメする3つの理由

その1「3つ穴で苦くないコーヒーが作れる」

僕も特別コーヒーに詳しいわけではないんですが、秘密はどうやらこの「3つ穴」らしい。

コーヒーって、抽出する速度で味が変わるんですって。Karitaのドリッパーは3つ穴なので、抽出のスピードが穴ひとつのものに比べてかなり早め。

karitaのホームページで宣伝しているプロの人曰く、この3つ穴のおかげで「苦みがスッと消えるようなきれいな後味が出せる」らしいです。

本当に全然苦みがありません。コーヒーの苦味が苦手な人にお勧めする最大の理由です。

その2「早い」

3つ穴だから抽出のスピードが早い。中には抽出されるのを待つのが手間に感じる人もいると思うんですが、さすが3倍速。早い早い。朝の忙しい時間でもササッと淹れることができます。

コーヒーでも飲むかなーって思った時に意外と手間に感じないのは、めんどくさがりの僕にとってはかなりのメリットでした。

これもkaritaのドリッパーをおすすめする理由のひとつ。

その3「安い」

でもお高いんでしょう?

安心してください。ドリッパー単品なら1,188円(税込)

ドリッパーとサーバーをセットで買っても2,700円(税込)

ちょっといい豆を買っても5,000円は超えません。まぁ値段は他のメーカーと比べてもそんなに差はないんですけどね(^^;

安い!早い!美味い!というどこぞのファーストフード店のようなキャッチコピーが出来上がってしまいそう。

以上の3つの理由から、コーヒーを克服したい人、苦手な人が身近にいる人、初めてドリッパーを買う人には断然karitaをお勧めしています。

おすすめの豆

ついでなので、僕がいつも買ってるおすすめの豆を紹介しようと思います。と言ってもそんな凝ったようなものではなく、その辺のスーパーで売ってるような安い豆ですけども。

自信をもっておすすめしますが、もしお口に合わなくてもこういうのは好みの問題でもあるので、その点だけご理解ください。

UCCゴールドスペシャル「スペシャルブレンド」

数ある缶コーヒーのメーカーの中で、絶大なる信頼を置いているUCC。缶コーヒーを飲めない身体になってしまった今でも、UCCのブラックだけは美味しく感じます。クリアな味わいとはまさにこのこと。

そんなわけでまずUCCと思って手を出してみたんですが、これが個人的に大当たり。嫁さんがコーヒーを飲めるようになったのもこの豆でした。

他にも色々と手を出してみるんですが、「クリアな味わい」一点においてこいつに勝る豆なし。

UCCゴールドスペシャル「キリマンジャロブレンド」

ゴールドブレンドがひたすらスッキリしていて飲みやすいのに対して、キリマンジャロブレンドは少しコクがある感じです。

カフェオレとかにするには向いていると思います。最近暑くなってきたので、アイスカフェオレでよくお世話になっています。

あんまり冒険しないんで数が少ないですが、また良いなって思う豆があったら記事にしようかなーと思っています。それでは。

Sponsored Link

おすすめの記事

筋肉モリモリの女性 1

突然ですが、あなたの強みを教えてください。 何個出てきます? この手の質問は困りますね。自分で自分をベタ褒めする感じになりますし、強みもちょっと言い換えれば弱みになってしまうし。 そんな時は、もう人に ...

2

一日中モニターと睨めっこしていて、眼が赤いあなたに朗報です。 モニタのブルーライトをカットして、眼に優しい色合いにしてくれるフリーソフト「f.lux」があなたの目を癒してくれます。 ほんとに。ほんとに ...

人間はフルーツだけで生きていける 3

食べ物のみならず、飲み物も一切口にせず、必要な栄養はすべてフルーツから取っているという徹底振りでフルーツの伝道師と呼ばれている中野瑞樹さん。 彼が地上波に出たことをきっかけに、少しずつフルーツへの関心 ...

-プロダクト

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.