カツオノエボシ

刺されたら死ぬってマ!?日本全土に出没する毒クラゲ「カツオノエボシ」

海水浴

更新日:

「なんかビニール袋捨ててあるわー。誰だよもうちゃんとゴミは捨てようぜ」(プス)

死!!

ということもありうる恐ろしい毒クラゲ。それがカツオノエボシ(鰹の烏帽子)。実際に死んだ人までいるらしいです。今年の夏も海に行こうと思ってる人は、こいつのことを知っておかないと危険かもしれない。

後ろ(?)から見ると怪獣みたいですね。お尻ちょっとかわいいやんか。

Sponsored Link

カツオノエボシの生態と生息域

浜辺に打ち上げられたカツオノエボシ

こんな見た目をしたクラゲ。浜辺に打ち上げられていると本当にビニール袋が捨ててあるみたいで、うっかり触ってしまい被害に遭う人が続出。

大きさはだいたい10cmほど。個体差が大きく、大きな奴は2mぐらいになるやつもいるらしいです。触手を最大まで伸ばしたら50mってマジかよ怖い。

自力で泳ぐ力はなく、毎年夏になると海流や海風に乗ってやってくるんだと。カツオと同じ時期にやってくることから「カツオの烏帽子」という名前がついたそう。

烏帽子ってこういうの。

烏帽子

英名では「Portugese Man O' War(ポルトガルの軍艦)」って言うんですって。言われてみれば軍艦っぽい形してる。

実はこいつ、単体でひとつの生き物ってワケではなくて、ヒドロ虫という小さな生物の群体なんだそうな。自力で泳ぐ力がないっていうのはそういうことらしい。

泳いでるところを見ると、なんとなく群生している感じある。動画では小魚を捕食しているシーンがあります。めっちゃくちゃ怖いです。

生息域と時期

生息域は日本全域の主に太平洋側。普段は暖かい熱帯の海に住んでいますが、夏が近づくにつれて季節風に乗って太平洋からやってきます。

3月頃に九州南部で見られるようになり、5月頃に本州中部8~9月ごろに三陸北部・北海道南部まで到達し、寒くなって潮流が変化するにつれて南下し始めます。

カツオノエボシの生息域と時期

普段は沖合にいるのであんまり見かけることはないんですけど、台風の後とか、風が強い日とかに浜辺に大量に打ち上げられていたりします。そういう日の海はこういう状態だと思いましょう。

スーパーマリオメーカー

全自動で刺してくる

触手が何かしらの刺激を受けると、刺細胞から刺胞と呼ばれる小さな針が猛毒付きで発射されます。全自動。

クラゲって触手の先っちょで刺すもんだと思ってました。触手は細胞レベルでどこ触ってもアウトなんですね……。

死んでいようが関係ない

乾燥したカツオノエボシ
刺胞は完全に全自動なので、本体が生きていようが死んでいようが全然関係ないそうです。

触った瞬間にプス。

乾燥すると上の画像みたいなプラスチックの塊みたいになりますが、この状態でもバッチリ刺さります。両手で持った日には大変なことになりそう。

大変なことになってました。

毒の効果で血圧が一気にあがることもあるそうで、鼻血はそのせいですかね。家族助けてあげて……。

毒の症状

そんでこの毒が超強烈で、意識を失いかけるほどの激痛。「電気クラゲ」の異名は、「電撃をくらったかのような激痛」ってことでそう呼ばれているそうです。実際に電流を流すわけじゃないんですね。

患部は腫れあがり、痛みはかなり長く続くらしい。人によっては血圧の急上昇や嘔吐、ひどい場合は呼吸困難に至ることも。厄介なのが、刺される度に症状が重くなり、アナフィラキシーショックで急死する例も発生しているんだとか。

さらに、クラゲ刺症は後になって全身症状がでることもあるそうで、油断禁物。刺されたらクラス会は諦めてすぐに病院に行きましょう。

刺された時の対処法

応急処置としては冷水で冷やす、45℃の熱めのお湯につけるなど色々あります。

応急処置でもできることはあるんですが、クラゲ刺症は刺されたクラゲの種類によって処置の仕方が変わってきます。ですので、「クラゲに刺されたらコレしとけ」みたいな俗説が症状を余計に悪化させることもあるそうです。

注意点や正しい処置、間違った処置を整理していると随分と長くなってしまったので、別の記事にまとめました。知っておいて損はないはず。

Sponsored Link

おすすめの記事

筋肉モリモリの女性 1

突然ですが、あなたの強みを教えてください。 何個出てきます? この手の質問は困りますね。自分で自分をベタ褒めする感じになりますし、強みもちょっと言い換えれば弱みになってしまうし。 そんな時は、もう人に ...

2

一日中モニターと睨めっこしていて、眼が赤いあなたに朗報です。 モニタのブルーライトをカットして、眼に優しい色合いにしてくれるフリーソフト「f.lux」があなたの目を癒してくれます。 ほんとに。ほんとに ...

人間はフルーツだけで生きていける 3

食べ物のみならず、飲み物も一切口にせず、必要な栄養はすべてフルーツから取っているという徹底振りでフルーツの伝道師と呼ばれている中野瑞樹さん。 彼が地上波に出たことをきっかけに、少しずつフルーツへの関心 ...

-海水浴

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.