【モンハンワールド/MHW】弓の操作のコツと立ち回り解説

MHW

更新日:

MHWからの変更点がおそらく一番大きい武器種。どうやって使えば良いのか戸惑っている人も多いと思います。

今回の弓は「チャージステップ」を起点に、距離に応じたコンボを繋いでいくのが基本的な立ち回り。というよりそもそもコンボを知らないと何もできないような設計になっているような……。

というわけで、この記事ではそれぞれの矢の特徴と距離に応じた有効なコンボを解説しています。

なお、立ち回りに関してはまだまだこれから研究されていく段階だと思いますので、これ間違ってるぜ!っていう部分などありましたら、指摘していただけると嬉しいです。

Sponsored Link

弓の特徴

遠巻きに立ち回りながら安全にダメージを蓄積することができるのがガンナーの強み。

中でも弓は近・中・遠と戦える距離の幅が広く、状況に応じた柔軟な立ち回りができる。

機動力・火力・サポートのバランスが良い万能型。

矢の制限がない上に操作も簡単で、ライトボウガン、ヘヴィボウガンに比べて肉質に関する知識が必要ないことから、初心者でも取っ付きやすい武器種。

……だったはずなんだけども、MHWからはコンボを交えたテクニカルな操作が要求されるようになった。

モンハンのガンナーで初めてコンボという概念が取り入れられたことによって、相対的に距離・スタミナ・ビンの管理が難しくなっている。

そのため、基本的なコンボを知らなければ運用が難しいどころか、まともに動かすことも叶わない。

そのくせガンナーは剣士に比べて防御力が低いので、ワンミスが即死につながることも少なくない。

柔軟で万能な武器になった分、扱いが難しいのが短所と言える。

弓の使い方

操作方法

L2で照準を合わせ、R2で「溜め撃ち

R2をHOLDで「溜め

〇クイックショット剛射曲射のコンボ(近距離向け)

△+〇で「竜の一矢」(射程・威力は高いが隙が大きい)

△で「ビン装填

基本的にはこういう感じで覚えておくと良い。

矢の種類

前作までは、使用する弓の種類の応じて撃てる矢の種類が決まっていたが、今作ではその仕様が撤廃。

操作によって使い分けられるようになった。

R2の「溜め撃ち」は[OUT OF RANGE]の表示ギリギリが一番強い中距離向け。

〇の「クイックショット」「剛射」は距離が近いほど威力が上がる。

曲射」は上空に矢を放ち、上から細かいダメージを連続でHITさせる手数重視の矢。

竜の一矢」は、射程内ならどこからでも最大ダメージを出せて、相手を貫通して多段HITする貫通矢。

前作までの矢の種類を今回の操作に当てはめるとこんな感じ。

R2連射溜め撃ち

〇〇〇拡散剛射曲射のコンボ

△+〇貫通竜の一矢

チャージステップ

L2HOLD+×で「チャージステップ

全ての攻撃の起点となる弓の最重要技で、回避行動をとりながら「溜め」を1段階チャージできる。

溜めながら使うのでスタミナの消費が大きく、考えなしに連発すると回避もままならない状況になる。

Sponsored Link

弓の立ち回り

今作からL2で照準を合わせている時に的が射程外になると「OUT RANGE」と表示がでるようになった。

モンハンワールドの弓の射程外の表示

この表示が出なくなるギリギリの距離が弓の理想的な交戦距離。

チャージステップが攻撃の起点

チャージステップ」でターゲットとの距離を調整しつつ、隙の大きさや射程に応じて矢を選んでいく。

例えば……

中距離

溜め2R2HOLD】>チャージステップL2HOLD+×】>溜め撃ち3R2】>チャージステップL2HOLD+×】>溜め撃ち3R2

近距離

溜め2R2HOLD】>チャージステップL2HOLD+×】>溜め撃ち3R2】>剛射〇

遠距離

溜め2R2HOLD】>チャージステップL2HOLD+×】>竜の一矢△+〇

といった感じ。

一度チャージしたら、スタミナと相談しながら「チャージステップ」で「溜め」を維持して「溜め撃ち」「剛射」「竜の一矢」を繋いでいく。

中でも「竜の一矢」は射程が長い上にかなり強力なため、距離が近くても隙があれば積極的に狙っていきたい。

スタミナがなくなったら一旦離脱。スタミナの回復を待って、再び「チャージステップ」からの連携を繋いでいくのが弓の立ち回りの基本になる。

飛び込み近接攻撃でスタミナ回復

チャージステップL2+×】>飛び込み近接攻撃△

チャージステップ」中に△で派生する「飛び込み近接攻撃」は、モーション中にスタミナを回復できる。

これを利用してコンボを組み立てれば休みなく攻撃し続けることができる。主に接撃ビンを使っている時に強い。

咄嗟に出せるように練習しておけば立ち回りの幅が広がるのでおすすめ。

クイックショットコンボの使いどころ

クイックショット〇】>剛射〇】>曲射〇

このコンボは火力がでないので、なるべく早く状態異常にしたかったり、ビンを節約したいタイミングで手数が欲しい時に使っていく。

それにしても「曲射」は火力も伸びず、動き回る相手にはなかなか当たらなかったりもするので、基本的には状態異常も通常のコンボで狙っていって良い。

溜めR2】HOLD>曲射〇】」で1発目にを撃つコンボもあるが、使いどころはかなり限られると思う。

溜め撃ちコンボの使いどころ

溜め撃ち1R2】>溜め撃ち2R2】>溜め撃ち3R2

溜め撃ち」を溜めずに撃つとR2をコンボで矢が2本、3本と増えていく。

が、ダメージ効率も状態異常値も中途半端で使いどころがない。ビンがもったいないので封印すべし。

ビンについて

基本的には強撃ビンから状況に応じて他のビンを合わせていき、何もなくなったらしぶしぶ「接撃ビン」を装填していく感じで、今のところは良いと思う。

まだまだ種類も出揃っていないし、相手にもよるところなので、ビンについては要研究。

よく使うコンボ

クイックステップからの攻撃

溜め2チャージステップ溜め撃ち3チャージステップ溜め撃ち3
R2HOLD】>【L2HOLD+×】>【R2】>【L2HOLD+×】>【R2

素早く「溜め3」の状態に持っていけて、なおかつ距離やポジションを調整しながら攻撃に移れるので、このコンボが全ての攻撃の起点になる。

弓を手に取ったらまず覚えておきたい。

慣れたら「溜め撃ち剛射」に繋いだり、「竜の一矢」に繋いだり、距離に応じて矢を選びながら戦っていく。

最大威力の「竜の一矢」を最速で撃つ

溜め2チャージステップ竜の一矢
R2HOLD】>【L2HOLD+×】>【△+〇

溜め3」の「竜の一矢」を最速で撃つコンボ。隙あらば挟んでいきたい今作の弓の主力。

近距離で強いコンボ

溜め撃ち3剛射チャージステップ溜め撃ち3剛射
R2】>【〇】>【L2+×】>【R2】>【〇

溜め撃ち3」から「剛射」に繋いでいくコンボ。ターゲットが近くて横に広い場合はこのコンボが強力。

近距離で休みなく攻撃し続けるコンボ

チャージステップ溜め撃ち2チャージステップ溜め撃ち3チャージステップ飛び込み近接攻撃>以下ループ……
L2HOLD+×】>【R2】>【L2HOLD+×】>【R2】>【L2HOLD+×】>【△】>以下ループ……

飛び込み近接攻撃を使って休みなく攻撃し続けるコンボ。

チャージステップ」で攻撃を回避しつつ「溜め撃ち」を当てながら、隙を見て「飛び込み近接攻撃」を当てていき、距離が離れたら「竜の一矢」を狙っていくといった近距離重視の立ち回りが出来る。

攻撃の締めに「溜め撃ち剛射」を当てていくのも強い。

坂道攻撃

坂道に向かってチャージステップL2HOLD+×

坂道に向かって「チャージステップ」を出すと特殊な攻撃が出せる。めちゃくちゃ強いので、坂道を見つけたら積極的に狙っていきたい。

まとめ

剣士が近距離に張り付くのに対して、弓は徹底的に中距離に張り付いてダメージを稼いでいく感じ。

チャージステップに始まり、チャージステップに終わる」のがMHWの弓でした。

これまでの弓よりもかなりテクニカルでスタイリッシュになっているので、うまく扱えるようになったら楽しい武器でもあります。

Sponsored Link

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.