【モンハンワールド/MHW】弓の操作のコツと立ち回り解説

MHW

更新日:

MHWからの変更点がおそらく一番大きい武器種。どうやって使えば良いのか戸惑っている人も多いと思います。

今回の弓は「チャージステップ」を起点に、距離に応じたコンボを繋いでいくのが基本的な立ち回り。というよりそもそもコンボを知らないと何もできないような設計になっているような……。

というわけで、この記事ではそれぞれの矢の特徴と距離に応じた有効なコンボを解説しています。

なお、立ち回りに関してはまだまだこれから研究されていく段階だと思いますので、これ間違ってるぜ!っていう部分などありましたら、指摘していただけると嬉しいです。

Sponsored Link

弓の特徴

遠巻きに立ち回りながら安全にダメージを蓄積することができるのがガンナーの強み。

中でも弓は近・中・遠と戦える距離の幅が広く、状況に応じた柔軟な立ち回りができる。

機動力・火力・サポートのバランスが良い万能型。

矢の制限がない上に操作も簡単で、ライトボウガン、ヘヴィボウガンに比べて肉質に関する知識が必要ないことから、初心者でも取っ付きやすい武器種。

……だったはずなんだけども、MHWからはコンボを交えたテクニカルな操作が要求されるようになった。

モンハンのガンナーで初めてコンボという概念が取り入れられたことによって、相対的に距離・スタミナ・ビンの管理が難しくなっている。

そのため、基本的なコンボを知らなければ運用が難しいどころか、まともに動かすことも叶わない。

そのくせガンナーは剣士に比べて防御力が低いので、ワンミスが即死につながることも少なくない。

弓の操作方法

L2で照準を合わせ、R2で「溜め撃ち

R2HOLD:溜め

〇クイックショット剛射曲射のコンボ(近距離向け)

△+〇竜の一矢(射程・威力は高いが隙が大きい)

△ビン装填

L2HOLD+×チャージステップ

基本的にはこういう感じ。

弓の操作は、「チャージステップ」で素早く溜め、距離に応じて矢の種類を選んで射るのが基本的な流れになる。

そのため、まずは「チャージステップの仕様を理解すること」と「それぞれの矢の特徴を理解すること」が避けては通れない壁になる。

Sponsored Link

弓の仕様

コンボ

コンボの仕様が追加されたことにより、連打するごとに矢の威力が上がるようになった。

同じR2の「溜め撃ち」でも1発目>2発目>3発目の順で威力が上がっていく。

溜めないで連打する立ち回りもありか?と思いきや、新アクションの「チャージステップ」の存在が待ったをかける。

チャージステップ

L2HOLD+×:「チャージステップ

全ての攻撃の起点となる技で、回避行動をとりながら「溜め」を1段階チャージできる。

溜めは3段階まであり、溜め始めが「溜めⅠ」、1段階溜めて「溜めⅡ」、2段階まで溜めると「溜めⅢ」になる。

溜めⅡの段階で「チャージステップ」を使えば一気に「溜めⅢ」になるし、「チャージステップ」から溜め始めれば「溜めⅡ」から溜め始めることができる。

回避と溜めを同時に行える優秀な技。

コンボの溜め段階アップと「チャージステップ」の仕様によって、「溜めⅢ」の強力な矢を休みなく放つことができるようになっている。

スタミナ管理が大事に

ただし、「チャージステップ」は溜めながら使うので、考えなしに連発すると回避もままならなくなるほどスタミナを消費する。

連続で使えて3発が限度。その辺を上手くやりくりしながら立ち回るようになるので、スタミナの管理はかなりシビア。常にゲージと睨めっこすることになる。

そのため、弓の立ち回りには、スタミナを消費しなくなる「強走薬」の使用が前提になるんじゃないかと思う。

矢の種類

前作までは、使用する弓の種類の応じて撃てる矢の種類が決まっていたが、今作ではその仕様が撤廃。

操作によって使い分けられるようになった。

R2の「溜め撃ち」は[OUT OF RANGE]の表示ギリギリが一番強い。中距離向け。

〇の「クイックショット」「剛射」は距離が近いほど威力が上がる。

曲射」は上空に矢を放ち、上から細かいダメージを連続でHITさせる手数重視の矢。ツブテは打撃属性で気絶も狙える。

竜の一矢」は、当たればどの距離からも最大ダメージを出せて、相手を貫通して多段HITする貫通矢。

前作までの矢の種類を今回の操作に当てはめるとこんな感じ。

R2連射溜め撃ち

〇〇〇拡散剛射曲射のコンボ

△+〇貫通竜の一矢

ビンについて

基本的には強撃ビンから状況に応じて他のビンを合わせていき、何もなくなったらしぶしぶ「接撃ビン」を装填していく感じで、今のところは良いと思う。

まだまだ種類も出揃っていないし、相手にもよるところなので、ビンについては要研究。

弓の立ち回り

今作からL2で照準を合わせている時に的が射程外になると「OUT RANGE」と表示がでるようになった。

モンハンワールドの弓の射程外の表示

この表示が出なくなるギリギリの距離が弓の理想的な交戦距離。

チャージステップが攻撃の起点

チャージステップ」でターゲットとの距離を調整しつつ、隙の大きさや射程に応じて矢を選んでいく。

例えば……

中距離

溜め2チャージステップ溜め撃ち(溜めⅢ)溜め撃ち(溜めⅢ)
R2HOLD>L2HOLD+×R2R2

近距離

溜め2チャージステップ溜め撃ち3剛射
R2HOLD>L2HOLD+×R2〇

遠距離

溜め2チャージステップ竜の一矢
R2HOLD>L2HOLD+×△+〇

といった感じ。

一度チャージしたら、スタミナと相談しながら「チャージステップ」で「溜め」を維持して「溜め撃ち」「剛射」「竜の一矢」を繋いでいく。

中でも「竜の一矢」は射程が長い上にかなり強力なため、距離が近くても隙があれば積極的に狙っていきたい。

スタミナがなくなったら一旦離脱。スタミナの回復を待って、再び「チャージステップ」からの連携を繋いでいくのが弓の立ち回りの基本になる。

これを基本に、距離に応じてできることが多いほど立ち回りの幅が広がる。

つまり、たくさんのコンボを覚えているほど強いということ。

Sponsored Link

使えるコンボ集

というわけで、最後に数あるコンボの使いどころやメリット、デメリットなどを紹介していこうと思う。

チャージステップからの攻撃

溜め2チャージステップ溜め撃ち3チャージステップ溜め撃ち3
R2HOLD>L2HOLD+×R2L2HOLD+×R2

素早く「溜め3」の状態に持っていけて、なおかつ距離やポジションを調整しながら攻撃に移れるので、このコンボが全ての攻撃の起点になる。

弓を手に取ったらまず覚えておきたい。

2回目の「チャージステップ」は距離の調整や回避したい時に任意で。

慣れてきたら「溜め撃ち剛射」に繋いだり、「竜の一矢」に繋いだり、距離に応じて矢を選びながら戦っていく。

最大威力の「竜の一矢」を最速で撃つ

溜め2チャージステップ竜の一矢
R2HOLD】>【L2HOLD+×】>【△+〇

溜め3」の「竜の一矢」を最速で撃つコンボ。隙あらば挟んでいきたい今作の弓の主力。

威力は高いがかなり隙が大きいので、モンスターの攻撃をある程度予測できないと撃つ暇がないかもしれない。

溜めて待機しつつ、モンスターが隙の大きい攻撃を出した時、あるいは別の誰かをターゲットしたと分かった時に発射準備をする感じ。

近距離で強いコンボ

チャージステップ溜め撃ち(溜めⅡ)剛射(溜めⅢ)>チャージステップ>以下ループ……」
L2+×R2〇L2+×

溜め撃ち」から〇で「剛射」に繋ぐことができる。

弓のコンボの仕様で、派生する度に溜めの段階が1つ上がるので、「チャージステップ溜め撃ち」から繋ぐことで最速で「剛射(溜めⅢ)」が撃てる。

さらに「チャージステップ」に繋ぐことで、スタミナが切れるまでループも可能。

特にソロでは「溜め撃ち」を溜めて撃っている間に敵が近づいてくるので、割と出番が多い。コンボの締めに「剛射」を入れて離脱する感じ。

乗りも狙えてスタミナ回復「飛び込み近接攻撃」

チャージステップL2+×】>飛び込み近接攻撃△

チャージステップ」中に△で派生する「飛び込み近接攻撃」は、モーション中にスタミナを回復できる。

これを利用してコンボを組み立てれば休みなく攻撃し続けることができる。主に接撃ビンを使っている時に強い。

しかも一応ジャンプ攻撃なので、乗りを狙うことも可能。

咄嗟に出せるように練習しておけば立ち回りの幅が広がるのでおすすめ。

近距離で休みなく攻撃し続けるコンボ

「溜めⅡ>チャージステップ溜め撃ち(溜めⅢ)溜め撃ち(溜めⅢ)チャージステップ飛び込み近接攻撃>以下ループ……」
R2HOLD>L2HOLD+×R2R2L2HOLD+×△】>以下ループ……

先に紹介した「飛び込み近接攻撃」を使ったコンボの一例。

チャージステップ」で攻撃を回避しつつ「溜め撃ち」を当てながら、隙を見て「飛び込み近接攻撃」を当てていき、距離が離れたら「竜の一矢」を狙っていくといった近距離重視の立ち回りが出来る。

溜め撃ち剛射」のコンボに混ぜても強い。

接撃ビンのお供に。

坂道攻撃

坂道に向かってチャージステップL2HOLD+×

坂道に向かって「チャージステップ」を出すと特殊な攻撃が出せる。めちゃくちゃ強いので、坂道を見つけたら積極的に狙っていきたい。

あまり使いどころがないコンボ

溜め撃ちコンボ

溜め撃ち1R2】>溜め撃ち2R2】>溜め撃ち3R2

溜め撃ち」を溜めずに撃つとR2をコンボで矢が2本、3本と増えていく。

が、ダメージ効率も状態異常値も中途半端で使いどころがない。何よりビンがもったいないので封印すべし。

クイックショットコンボの使いどころ

クイックショット〇】>剛射〇】>曲射〇

このコンボは、ビンを節約してなるべく早く状態異常にしたい時に、手数を稼ぐ目的で使っていく用。

それにしても如何せん火力が伸びないので、基本的には状態異常も通常のコンボで狙っていって良いと思う。

一応「溜めR2】HOLD>曲射〇】」で1発目にを撃つコンボもある。

曲射」の弾は見た目通り打撃属性なので、気絶が狙える。気絶値を蓄積したい時には狙っていけるかもしれないが、動き回る相手にはなかなか当たらなかったりもするので使いどころは選ぶ必要がある。

体が大きいモンスターで、狙った場所から全く動かない状況(罠や状態異常など)なら何かしらの使いどころはあるかもしれない。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.