Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 1
【モンハンワールド/MHW】チャージアックスの操作のコツと立ち回り解説
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
mhw-charge-blade

【モンハンワールド/MHW】チャージアックスの操作のコツと立ち回り解説

MHW

更新日:

チャージアックスは、どんなシチュエーションにも高いレベルで対応していける反面、とにかくコマンドが複雑で使いこなすのが難しい。

そのため、少し触ってみて「難しい」とポイされる宿命を背負った武器でもあります。

そんなガチャガチャと複雑な操作をこなして、上手く一撃くれてやった時の気持ち良さがチャージアックスの醍醐味のひとつ。

チャージアックスの難しさは「仕様と操作の複雑さ」にあるんですが、分かってしまえは「なんだそんなことか」と言えるようなものです。

この記事は「興味があってチャージアックスを触ってみたけど、何だか良く分からないし別のにしよう」とポイしてしまった人にこそ読んでもらいたい、チャージアックスの複雑な仕様と操作を徹底的に解説しています。

Sponsored Link

チャージアックスの特徴

チャージアックス MHWorld

長所

全てにおいて穴がなく、シチュエーションを選ばず高いパフォーマンスを発揮できる万能武器。

大剣にも見劣りしない一撃の重さ、片手剣の手数と機動力、ランスと同等のガード性能、太刀もビックリのリーチの長さ、狩猟笛の打点の高さ、双剣にも譲らない強力な定点攻撃などなど、単純に箇条書きで書き出せば、ほぼ全ての武器の長所がリストアップできてしまう。

一撃が重いくせにビンのおかげで属性の恩恵も高く、正面切ってのガチンコのどつき合いでは全武器の中でもトップクラスの性能を誇る。

短所

ただし、上手く扱えた場合に限る。

全14武器種の中でも、武器の仕様とコマンド操作が群を抜いて複雑。

剣撃エネルギーのため具合やビンの数、属性強化の残り時間など、管理しなければならない要素も多く、ガードポイントでのタイミング合わせのギミックまで用意されている。

シチュエーションに応じた万能さが強みだが、実際に“何が出来るか”は腕前によるとしか言えないのがチャージアックスの短所と言えるかも。

チャージアックスの操作方法

基本的な操作

剣モード
△:牽制斬り
〇:溜め二連斬り
△+〇:突進斬り
コンボ中Lスティック+〇:移動斬り
R2+△:変形斬り
R2+〇:チャージ
R2:ガード
斧モード
△:斬り上げ
〇:属性解放斬りⅠ
△+〇:高出力属性解放斬り
Lスティック+△:突進叩き付け
Lスティック+〇:突進属性解放斬り
R2:変形斬り
R2:ガード

以上が基本的な操作方法だが、操作を覚える所から入るとAIかってぐらい頭の整理が上手くないとオーバーヒートして爆発してしまう。

なので、とりあえず基本的な操作は無視してOK。

立ち回りの流れと一緒に定型コンボを指に覚えさせてしまった方が上達が早い。

というわけで、操作方法よりも先、まずはチャージアックスの基本的な仕様について把握しておきたい。

Sponsored Link

チャージアックスの基本的な仕様

戦闘の流れ

剣撃エネルギーを溜める。

ビンをチャージする。

盾を属性強化状態にする。

剣撃エネルギーを溜める。

ビンをチャージする。

剣を属性強化状態にする。

チャージしたビンで「超高出力属性解放斬り」を撃つ。

これがチャージアックスの戦闘の流れになる。初めてチャージアックスを触るという人は、この時点で「?」がいっぱい飛んでいると思うけれども、順番に解説していくので安心して欲しい。

まずは仕様を解説した後に、具体的な操作の仕方を解説していく。

剣撃エネルギーとビンのチャージ

まずは剣モードでの攻撃によって剣撃エネルギーを溜めることから。

剣での攻撃を当てていくと、ビンのアイコンが「黄色赤点滅」に変化していく。

溜めた剣撃エネルギーはR2+〇で「チャージ」することで、ビンのエネルギーに変換できる。最大5本。

黄色で3本、で5本のビンをストックすることができる。

剣撃ゲージとチャージ

剣撃エネルギーを溜めすぎると、ビンが赤点滅し始めてオーバーヒート状態になる。オーバーヒートすると剣での攻撃が全て弾かれるようになるので、そうなる前に「チャージ」しなければならない。

チャージアックスは「チャージ」したビンを使って、武器を「属性強化」したり、斧モードでの高威力な「属性解放斬り」を発動させて火力を出していく。

立ち回り編で詳しく解説するが、剣撃エネルギーを溜めるには〇の「剣:溜め二連斬り」を絡めたコンボが効率がいい。

属性強化

チャージ」したビンはまず「属性強化」に使用する。「属性強化」がないチャージアックスなどただの斧。

属性強化回転斬り」を発動させるとビンにチャージされているエネルギーを全て盾に移行させ、盾がピンク色に光りだす。

効果時間はビン1本につき30秒。5本の時に発動すれば150秒になる。効果中に再度「属性強化回転斬り」を発動すると時間延長が可能で、最大300秒(5分)まで延長できる。


※盾の属性強化の最大効果時間について

詳しく検証した結果、モンハンワールドでは「盾の属性強化」の最大効果時間がビンの本数に依存するようです。

ビン5本で150秒(2分30秒)。再度「属性強化回転斬り」を使えば効果時間の延長は可能ですが、150秒(2分30秒)以上にはなりません。

最大効果時間は「砲弾装填数UP」のスキルを使ってビンが6本になると180秒(3分)になります。

残り時間が少なくなると盾のアイコンが点滅しだす。

属性強化状態」にはさまざまなメリットがあり、モンスターとエンカウントしたら、まずこの状態を目指して維持するのが基本になる。

属性強化状態のメリット

  • 斧モード時の攻撃力とビンの効果が大きく上がる。斧モードの攻撃力は1.1倍、榴弾ビンの効果は1.2倍になる。
  • 「高出力属性解放斬り」が「超高出力属性解放斬り」に変化する。榴弾ビン全て使った強力な一撃。「属性解放斬り」については後述。
  • 剣モード時のガード性能がUPするランスやガンランスと同等のガード性能になる。
  • 剣モード時の一部の攻撃でビン爆発が起こるようになる剣モード時の「盾突き」の1HIT目と、チャージ後の「斬り返し」、ガードポイントでのガード成功時にビンの爆発が起きるようになる。
  • 剣モードの属性強化が可能になる剣を属性強化すると剣モードの全てのアクションに属性効果と心眼が付与され、攻撃が弾かれなくなる。

属性強化回転斬り」ってどうやって出すんだとか、色々と疑問はあると思うけれども、とりあえずここでは「盾の属性強化がないとチャージアックスはただのおもちゃ」ということを覚えておいて頂ければ。

剣の属性強化

盾が「属性強化状態」になっていると「チャージ溜め」から発動できる「高圧縮属性斬り」で、剣の属性強化をすることができる。

剣での攻撃に属性効果を付与することができ、攻撃が弾かれなくなる。効果時間は45秒。

剣の属性強化にはビンを消費しないので、切れていたらビンを「チャージ」するついでに狙っていくと良い。

高圧縮属放斬り」の出し方も操作が複雑で、一度に解説すると頭が爆発しかねない。

ここでは、剣も強化できるんだなという程度の認識でOK。

高出力属性解放斬りと超高出力属性解放斬り

盾・剣の属性強化が終わったら、「チャージ」したビンは斧モードの「属性解放斬り」で消費していく。

属性解放斬りには

  • 斧:属性解放斬りⅠ」消費ビン1本
  • 斧:属性解放斬りⅡ」消費ビン1本
  • 斧:高出力属性解放斬り」消費ビン1本
  • 斧:超高出力属性解放斬り」消費ビン全て

の4種類があり、下に行くほど威力が高く、隙が大きくなる。

中でも「高出力属性解放斬り」は、チャージアックスの数あるモーションの中でも一番重要な重要なアクション。

鼻くそをほじりながらでも発動できるようにしておきたい。

盾が「属性強化状態」になっていると、「高出力属性解放斬り」が「超高出力属性解放斬り」に変化する。

使い方、当て方については、後の立ち回り編で解説するので、ここでは斧モードの「属性解放斬り」でビンを消費するんだなと覚えて頂ければ。

おさらい:チャージアックスの戦い方の流れ

剣モードの「剣:溜め二連斬り」で剣撃エネルギーを溜めて、「チャージ」でビンを5本溜める

剣:属性強化回転斬り」で盾を「属性強化状態」にする。

再び剣撃エネルギーを溜める。

ビンに「チャージ」する際に「高圧縮属性斬り」を発動させ、今度は「剣の属性強化」をする。

両方の属性強化が終わったら「属性解放斬りⅡ」「高出力属性解放斬り」「超高出力属性解放斬り」を使ってビンを消費しつつ、「属性強化状態」を維持しながら戦う。

ここまでが、チャージアックスの基本的な仕様。

Sponsored Link

チャージアックスの立ち回り

それでは、チャージアックスの戦い方の流れがなんとなくつかめたところで、ここからは「具体的にどういう操作でそれぞれの技を繰り出していくのか」を見ていこう。

属性強化状態を目指す

モンスターとエンカウントしたら、まずは「剣:溜め二連斬り」を絡めたコンボで剣撃エネルギーを溜めていく。

剣撃エネルギーは、限界:24P赤:16P黄色:10Pと、それぞれの色に必要なポイントが決められている。

各モーションで溜まるポイントは以下。

  • 溜め二連斬り:9P(1HIT目6P、2HIT目3P)
  • 回転斬り移動斬り:3P
  • その他:1P

全てのモーションの中でも「剣:溜め二連斬り」がずば抜けて剣撃エネルギーが多い。「剣:溜め二連斬り」は、ダメージソースではなくて剣撃エネルギーを溜めるための攻撃だと思ってOK。

剣:溜め二連斬り」から△で派生する「剣:回転斬り」やコンボの途中で挟める「剣:移動斬り」も、他より剣撃エネルギーが溜まりやすい。

しかし、「溜め二連斬り」プラスして2発当てても15Pと、1発分足りないのが微妙に使い勝手が悪い。基本的には、「溜め二連斬り」を2発当てて赤まで持っていく方が早いし楽。

ともあれ、まずは5本分の剣撃エネルギーを素早く溜められるコンボを覚えるところがチャージアックスを使うためのスタート地点。

ビンを5本分溜められるコンボ
溜め二連斬り盾突き溜め二連斬り
〇長押し】>【△+〇】>【〇長押し】

おそらくもっとも使用頻度が多くなるコンボ。「溜め二連斬り」2発の間にモーションが短い「盾突き」を挟むことで効率よく溜められる。操作も簡単でおすすめ。

溜め二連斬り移動斬り溜め二連斬り
〇長押し】>【Lスティック+〇】>【〇長押し】

モーションが長い「溜め二連斬り」の隙をカバーするために、「移動斬り」を挟んで攻撃を回避しつつ溜めるのも効果的。モンスターの攻撃の合間に2回に分けて当てていくイメージ。

突進斬り溜め二連斬り回転斬りステップ回転斬り
△+〇】>【〇長押し】>【△】>【Lスティック+×】>【△

突進斬り」からの「回転斬り」を絡めたコンボ。全部当ててちょうど16P。「回転斬り」を絡めたコンボは操作も複雑で、どうしても長くなりがち。

しかし、怒り中などで「溜め二連斬り」を2発当てる隙がない時には、「回転斬り」を混ぜて地道に溜めていくしかない。

溜め二連斬り」は、間に何か適当にモーションを挟めば2回撃てるという認識でOK。中でも「盾突き」はモーションが短く、比較的早くチャージできるのでおすすめ。

盾を属性強化する

開幕のコンボを覚えたら、次は盾を属性強化する「剣:属性強化回転斬り」を出すコンボを覚える。

ここからの操作が少しややこしくてコントローラーを投げたくなるところ。何度か練習して指に馴染んでさえしまえば、何も考えなくても自然と出るようになる。

剣:属性強化回転斬り」は「斧:高出力属性解放斬り」の予備動作中にR2で派生する。

なので、剣モードから「斧:高出力属性解放斬り」に派生できるコンボを覚える必要がある。

一番早いのはこのコンボ。

チャージ盾突き高出力属性解放斬り属性強化回転斬り
R2+〇△+〇△+〇≧予備動作中にR2

このコンボで、剣撃エネルギーをビンに「チャージ」すると同時に「属性強化」も終わらせることができる。

剣撃エネルギーを溜めてビンに「チャージ」、「属性強化」を終わらせるまでの流れをボタン操作で説明すると……

溜め二連斬り盾突き溜め二連斬りチャージ盾突き高出力属性解放斬り属性強化回転斬り
〇長押し】>【△+〇】>【〇長押し】>R2+〇△+〇△+〇≧予備動作中にR2

こうなる。

図にすると頭が痛くなるが、これがチャージアックスの基本の操作になるので、指に癖がつくぐらい繰り返し練習しよう。

ちなみに、「属性強化回転斬り」は盾の強化が目的なので無理に当てなくてもいい。

剣を属性強化する

盾の属性強化を終えたら、続いて剣を属性強化していく。

剣の属性強化の条件は、盾が「属性強化状態」中に「高圧縮属性斬り」を発動させること。

高圧縮属性斬り」のコンボは、「チャージ」からの派生で出すことができる。

チャージ溜め最大高圧縮属性斬り
R2+〇△長押し>離す

剣撃エネルギーが空でも発動できるが、溜めておかないと「チャージ」の動作がもったいない。

この後に斧モードで使うビンが必要になるので、どうせなら剣撃エネルギーを溜めてから剣を属性強化する方がいい。

ここまでの流れで「盾と剣の属性強化を終えてビンが満タンになっている状態」を作って戦闘準備完了。

MHWチャージアックスの戦闘準備

チャージからの派生先

若干複雑になりつつあるので補足。

チャージ」から派生できる攻撃は4種類あるが、主に使うのはそのうちの2つ。

チャージ」後、△+〇△+〇(≧R2
盾突き>高出力属性解放斬り(≧属性強化回転斬り)」

チャージ」後、△長押し
高圧縮属性斬り

とりあえずこれだけ覚えておくと困ることはないと思う。

超高出力属性解放斬りを狙っていく

準備が終わったら、斧モードの「超高出力属性解放斬り」でビンを消費した大ダメージを狙っていく。

基本は剣モードで立ち回り、隙を見て斧モードでの「超高出力属性解放斬り」を狙ってできるだけ早くビンを消費していく。

そのため、剣モードからをすばやく「超高出力属性解放斬り」を当てていけるコンボを覚えておきたい。

ここで覚えておきたいのは、「盾突き」と「変形斬り」の2つのモーションから「超高出力属性解放斬り」に派生できること。

剣:変形斬り斧:超高出力属性解放斬り
R2+△△+〇

剣:牽制斬り(何でもいい)>剣:盾突き斧:超高出力属性解放斬り
△△+〇△+〇

盾突き」からの派生は、剣モードから直接発動できるので使用頻度が一番高くなる。「チャージ」から素早く繋いだり、「移動斬り」で距離を離してからの発動によく使われる。

既にビンが溜まっている状態で最速で発動したい時には、「変形斬り超高圧属性解放斬り」のコンボが一番早い。

盾突き」と「変形斬り」。この2つのモーションから「超高圧属性解放斬り」派生できることを覚えておけば、剣モードと斧モードをスムーズに使い分けることができる。

また「高出力属性解放斬り」と「超高出力属性解放斬り」は、攻撃後に自動で剣モードに戻るようになっている。

剣モードで「チャージ」して、斧モードで「超高出力属性解放斬り」を撃って剣に戻る。そして再び剣モードで「チャージ」して……。

チャージアックスは、このサイクルが早いほど火力が高くなる。

思い通りに操作する練習をする

以上の流れを掴んで、ある程度コンボを覚えてきたら、今度はトレーニングモードで思い通りの操作ができるように練習をしていく。

やろうとしていることにボタン操作が追いついてくるかどうかを意識しながら柱を殴ってみる。これをやっておくと、だいぶ直感的に操作できるようになる。

特にチャージアックスは他の武器種に比べて操作が複雑なので、この練習をするのとしないのとでは運用にかなり差が出ると思う。

おそらく、最初に苦労するのは「移動斬り」。

〇を連打しているうちに思わぬ方向にスライディングしていって、せっかくの良いポジションから移動してしまったりといったことがよくある。

その他、「属性強化回転斬り」「高圧縮属性斬り」「超高出力属性解放斬り」の3つは、狙ったタイミングで出せるように指癖をつけておきたい。

ガードポイントを使った立ち回り

属性解放斬り」のコンボや使い分けになれてきたら、ガードポイント(以下GP)を意識してみるといい。

GPとは、特定のモーション中に自動でガードを挟むポイントのことで、チャージアックスには「剣:変形斬り」「斧:変形斬り」「剣:左右移動斬り」「剣:回転斬り」の4種類のモーションにGPがある。

ガードする度に切れ味を消費する。

一番使いやすいのは、剣モードから斧モードに変形させる「剣:変形斬り」。モーションの最初の方にGPが発生するので、モンスターの攻撃に合わせやすい。

操作も簡単で、攻撃が来るタイミングで【R2+△】ポチ。

その他の「斧:変形斬り」「剣:左右移動斬り」「剣:回転斬り」は、GPがモーションの最後の方に出現するので合わせにくい。

無理に合わせようとするよりも移動後、変形後の保険として割り切ってしまった方が良い。

ガードポイントについては、詳しく説明しだすとまたすごいボリュームになってしまうので別の記事にまとめた。

立ち回りに慣れてきたころに思い出して読んでみて欲しい。

ガードポイントの使い方
【MHW】チャージアックスのガードポイントを合わせるコツ

今回はチャージアックスのガードポイントの使い方やタイミングを合わせるコツのお話。 「超高出力属性解放斬り」の気持ち良さ、ガチャガチャ変形するギミック、スライディング斬りによる立ち回りの軽快さなどなど、 ...

続きを見る

ガードポイントの何が強いの

チャージアックスは小回りが利くようで、実は当てたい攻撃のモーションがかなり長い。「溜め二連斬り」を当てないと剣撃エネルギーが溜まらないし、「超高出力属性解放斬り」を当てないとダメージが稼げない。

そんなチャージアックスにとってGPで隙を稼ぐ動きはかなり強力。

上手く使うことができれば、「チャージ>攻撃>チャージ>攻撃」の流れがかなりスムーズになり、攻撃力も生存力も段違いの攻防一体の立ち回りが可能になる。

また、GPでのガードに成功すると△+〇で「超高出力属性斬り」に派生させることができる。

相手の攻撃から最短で出せるので、短めの隙でもデカい一撃が狙える。

コツは、GPを狙う攻撃を絞ること。なんでもかんでもGPを使ってガードしようとすると、タイミングを外して斧に変形してしまったり、連続攻撃を食らって被弾してしまったりしやすい。

各モンスター毎に「この攻撃はGPでガードできる」というモーションをいくつかピックアップして覚えておくと、今まで脅威だったモンスターの攻撃のいくつかがチャンスに変わる。
[adsence02]

覚えておきたいその他のコンボ

剣:変形斬り斧:属性解放斬りⅡ斧:斬り上げ斧:属性解放斬りⅡ斧:斬り上げ>以下ループ……」
R2+△〇△〇△……

長いチャンス時のループに。瞬間ダメージは低い代わりに、ビン1本あたりのダメージ量は高い。

剣:変形斬り斧:属性解放斬りⅡ超高出力属性解放斬り
R2+△〇〇

斧:属性解放斬りⅡからも超高出力属性解放斬りに繋げられるコンボがあることは覚えておくと何かの役に立つかもしれない。

超高出力属性解放斬り高出力属性解放斬り
△+〇≧予備動作中にLスティック後+△

属性強化状態」中は、「高出力属性解放斬り」を出すコマンドが「超高出力属性解放斬り」に変化する。

なので、「属性強化状態」中に「高出力属性解放斬り」をだそうと思ったら、上記のコマンドが必要になる。少し操作が複雑になるが、覚えておくと融通が効く場面もある。

まとめ:スタイルは使い手によって違う

操作が複雑で忙しいことや出来ることの多さから、チャージアックスは使い手によって様々なスタイルがある。

なので、今回は敢えて基本的なことしか解説しないつもりだったんだけれども、それでもこのボリュームになってしまうのがチャージアックスの辛いところ……。

その分、上手く扱えれば脳みそが脳汁でいっぱいになるので、興味があったら「難しそう」と距離を取らずに、ぜひこの記事を読み進めながら練習してみて欲しい。

そのうちに、自分の立ち回り方というのが出来上がってくるのがチャージアックスの面白いところでもある。

色んなことを試してみて“自分の得意な扱い方”を模索していく方が、結果的に上手くなるし楽しめるんじゃないかと思う。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 231

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.