Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 1
【MHW】ディアブロスのソロ攻略法まとめ/弱点と攻撃パターンの解説

【MHW】ディアブロスのソロ攻略法まとめ/弱点と攻撃パターンの解説

MHW

更新日:

種族:飛竜種(竜盤目 竜脚亜目 重殻竜下目 角竜上科 ブロス科)
別名:角竜(かくりゅう)

ディアブロスは、攻撃のひとつひとつがかなり痛いです。

そのため、モーションを正確に把握していないと熟練のハンターでも結構苦戦します。

ただ、予備動作やモーションは大きくて分かりやすいので、パターンを覚えてしまえば割と簡単に捌くことができます。

Sponsored Link

弱点

肉質※MHXXのデータ

弱点は、斬撃・打撃が腹弾が翼膜です。

前作までと比べると、弾に関して若干の変更があるみたいです。前作までは尻尾が弱点だったんですけど、今作では翼膜の方が大きなダメージが出ているようです。

詳しいデータが分かるまでは、一応MHXXのデータを載せてあります。

部位 エキス 耐久値
頭部 24 15 20 15 15 20 15 150
45 45 30 10 10 15 10
250
背中 23 42 20 10 15 15 25 15 350
腹部 68 75 40 10 10 10 10
翼膜 40 30 45 10 10 20 10
右脚 35 35 35 250
左脚 35 35 35 250
尻尾 50 24 60 10 10 15 10 250
尻尾
22 35 10 10 15 15 30 15
尻尾
切断
500

状態異常耐性

また、ディアブロスは毒に非常に弱いです。1秒に5のダメージが80秒ですから、一回毒状態にしてしまえば400のダメージ。

属性の恩恵が少ない大型の武器や、毒属性の武器を用意できない時は、毒ナイフを利用したり、オトモの装備を毒属性にしていくと地味に削ってくれます。

麻痺 睡眠 減気 爆破 乗り
効果時間 80秒 15秒 40秒
ダメージ値 5/1秒 スタミナ減少 200 150
耐性値
初期
100 200 150 300 70 70
耐性値
上昇
50 100 50 100 55 90
耐性値
最大
600 700 500 800 1445 800
蓄積値
減少
-10 -5 -5 -10
10秒
ごと
15秒
ごと
10秒ごと

アイテム耐性

音爆弾」で地中に潜っているディアブロスを地上に炙り出すことができます。

尻尾まで潜り切ってから爆発させないと効果がないので、その点だけ要注意。

これまでの作品では「怒り中は効かない」というのが通説でしたが、今作は普通に効いているような。

厄介なモーションが多いので閃光弾も有能です。効果時間も長いので、“当たらなければどうということはない精神”でゴリ押せます。

ただ、あらぬ方向に突進していってしまうのが困りもの。広いフィールドでは逆にめんどくさいことになることも。

また、「地中潜行」からの「突き上げ」で、設置した罠が破壊されてしまうので、罠への誘導には注意が必要です。

余談ですが、こう見えて実は草食なので罠肉には全く興味を示しません。

シビレ罠 落とし穴 閃光玉 罠肉 音爆弾
通常 10秒 10秒 20秒 ×
怒り 10秒 10秒 15秒 ?
疲れ 15秒 20秒 25秒

攻撃パターンと予備動作

ディアブロスは攻撃力が高いのでちょっとのミスが命取りになりやすく、それぞれの攻撃パターンにしっかり対策を練っていかないとかなり苦戦します。

その代わりに攻撃パターンは少ない方なので、しっかり覚えてから挑みましょう。

主な攻撃パターンは8つです。

  • 1.突進
  • 2.地中潜行
  • 3.体当り
  • 4.角突き上げ
  • 5.尻尾攻撃
  • 6.突進突き上げ
  • 7.咆哮
  • 8.地中潜行(フェイント)

モーションや予備動作については文章では限界があるので、動画を用意しました。参考までに。

武器ごとの地中潜行の対応策

数ある攻撃パターンの中でも「地中潜行」は特に威力が高く、紙装甲のガンナーは1発で瀕死になります。

基本は、潜るのが見えたら納刀して離脱、距離を取って走っていればそうそう当たりません。

慣れてきたら、潜り切ってから足下に近づいてくるタイミングでローリングで距離を稼ぐと簡単に避けることができます。

また武器によっては、カウンターで大きなチャンスが狙えたり、納刀状態で立ち回れたりします。

各武器ごとの対策を簡単に解説しておきますね。

大剣・狩猟笛・スラッシュアックスなどの移動が遅い武器
潜るのが見えたら、すばやく納刀して逃げましょう。逃げ方は同じ。

この辺は音爆弾が一番輝く武器種でもあります。

ハンマー
ある程度の距離があれば溜め移動で避けることも可能です。

飛び出てきたところをボコボコにしてやりましょう。

近距離で潜られた時は大人しく納刀して逃げるが吉。

双剣
潜ると同時に「鬼人モード」に移行して移動速度をあげれば、どんな距離でも楽に避けれます。

飛び出てきたところを鬼人乱舞で滅多刺し。

操虫棍
白エキスがあれば、近距離でも「移動>ローリング」でかわすことができます。

少し離れれば歩いてるだけで当たりません。

太刀
基本の避け方は同じですが、潜るのを見てからの「突き見切り斬り」でカウンターを狙うことができます。

これが出来るようになるとグッと難易度が下がるので、ぜひともチャレンジしてみてください。何よりカッコイイ。

チャージアックス
チャージアックスはガードポイントからの「超高圧属性解放斬り」が超強力。

潜ったディアブロスがカモに見えます。音爆弾なんてもったいない。

ランス
普通に「ガード」しても良いですし、「パワーガード」>「溜め突き」のコンボでカウンターを狙っても良いですし、一番やりようがある武器種です。

さすが鉄壁のランス。

ガンランス
ガード性能を活かして「ガード」するのみ。

これだけ強力な攻撃を受けても微動だにせず、すぐに反撃に移れます。

ガンナー
しっかり距離を取れていれば、移動しているだけで当たりません。

弓、ライトボウガンは抜刀状態でもステップを上手く使えば簡単に避けることができます。

ヘヴィボウガンは素早く納刀しないと間に合いません。

TIPS:攻撃パターンを覚えるには

何度も言いますが、ディアブロスはひとつひとつの攻撃が即死級なので、予備動作やモーションをしっかり把握していないと本当に苦戦します。

攻撃パターンを覚えるには、よく観察するしかありません。

今回紹介した動画を参考にしてもらっても良いですし、他の人の戦闘動画を見て動きを確認するのも良いですね。

一番いいのは自分で実際に逃げ回ってみることです。自分でもびっくりするぐらい覚えます。覚えるというか、体に染みつく感じ。

この方法はディアブロスに限らず、全てのモンスターに対して有効です。

Sponsored Link

倒し方

各モーションを確実に処理する

ディアブロスは広い範囲を激しく攻撃してくるので、避けることに集中しすぎるとこちらが攻撃する隙がなかなかありません。

そこで、相手のモーションの途中に攻撃を差し込めるような避け方が重要になります。

例えば、「尻尾振り」は、尻尾を右側に振り上げた瞬間に足下に潜り込んで、2発目の尻尾振りの間に殴り始めることができます。

角振り上げ」についても同じ。

また「体当り」は、前方全体に攻撃範囲があるように見えて、前に出ている方の足の近くが実は安全地帯だったりします。

相手が攻撃を始める前から立ち位置をイメージできると良いですね。慣れてくると「チャンスだ」と思えるモーションがだんだん増えてきます。

まずはひとつひとつのモーションのさばき方に慣れつつ、徐々に殴れる時間を増やしていきます。

意外な安全地帯を探す感じで、50分逃げ回ってみるのは本当におすすめです。

位置取り

剣士

剣士は左右どちらかに回り込みながら、足下に潜り込むようにして腹を狙っていきます。

位置取りでもやっぱりモーションの理解が大事で、攻撃の終了地点を把握しておくと追撃しやすくなります。

例えば、「突進」を例に挙げると突進の執着地点を予測して先回りできるとGood。

突進の避け方

2発目の突進に備えて壁を背にできていると尚よし。

突進後の「尻尾攻撃」が発動すると容易に近づけなくなるので、発動前に素早く足下に潜り込みたいところです。

懐に潜り込んだ後に敵が尻尾を振り始めたら大チャンス。モーション中は足下で殴りたい放題です。

こんな調子で、ほぼ全てのモーションに懐に潜り込めるポジションとタイミングがあります。

剣士の場合は、大きく距離を離される突進がとにかく面倒くさいので、できるだけ距離を詰めて離れないように戦いたいですね。

全てのモーションを確実に処理できるようになれば、壁の近くで戦うと「突進」で大きく距離を離されることがなくて楽です。

ガンナー

ガンナーは「突進」と「地中潜行」とその派生に要注意。本当にワンミスで死ねます。

逆に言えば、それさえ処理できればさほど怖い相手ではありません。

角振り上げ」でも驚くほど距離を詰めてくるので、攻撃範囲の把握は余念なく。

序盤からガンガン拘束していく

好き勝手やらすと本当にめんどくさいヤツなので、序盤からありとあらゆる手段で拘束していきましょう。

中でも「閃光弾」は効果時間が長いので、運が悪くなければかなり長い時間やりたい放題できます。

音爆弾」も序盤からガンガン使っていってい良いと思います。

麻痺ナイフ」は1回目が2発、2回目が3発で麻痺させることができます。

支給品もちょうど5発なので、外さないように確実に。ちなみに、潜っている瞬間は麻痺の判定が入ってもキャンセルされるので要注意です。

拘束中のラッシュのために、一番ダメージが出るコンボパターンを把握しておくのも大事。

よく分かんない!という場合は、武器の扱い方の解説を書いているのでそちらを参考に。

【MHW】全14武器種の取り扱い解説一覧

終盤は通路側で戦う

終盤、HPが残りわずかになってくると、ディアブロスは巣(?)に戻ります。マップで言うと14番ですね。

ここでは、壁から飛び出てくる大技を使ってくるので、フィールドの中心で戦うと危険。

13番(ディアブロスの初期位置)に向かう通路側で戦うと、避けるのがかなり楽になります。

通路側で戦う

この辺


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 231

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.