MHW 双剣

【モンハンワールド/MHW】双剣の操作のコツと立ち回り解説

MHW

更新日:

双剣はよく分からないけど使いこなせるようになりたい!という人に向けた内容で、双剣の使い方や基本的な立ち回り方を解説しています。

Sponsored Link

双剣の特徴

双剣の長所

何と言っても他の追随を許さない圧倒的な手数にものを言わせた超火力

移動速度が速いので敵を追う動きも強く、良くも悪くも「攻撃は最大の防御」を地でいく武器。「それ以外のことは知らない」と言いたげなぐらい火力に特化している。

アイテムとか怒り状態とか丸無視して殴ってるだけでも勝てたりする。そしてマルチプレイではそれこそが双剣の仕事でもある。

こと火力に関してはマルチプレイでの貢献度も高く、熟練した双剣使いがいると攻略速度がかなり早くなるのはモンハンあるある。

また、手数の多さに対して操作がシンプルで、細かい事を考えずとも直感的に動かせるのも長所のひとつ。

双剣の短所

裏を返せば攻撃しかできないってこと。

防御系のアクションをひとつも持たず、攻撃のモーションが長くてとにかく被弾しやすいハイリスクハイリターンな武器。

リーチがないので部位破壊も狙いずらいし、火力を出すこと意外にはとにかく疎い

手数が多いので切れ味が落ちやすいのもネック。一カ所での戦闘が長引くと、砥石を使うタイミングがなかなかなかったりすることもある。

その点も含めて、“いかに攻撃し続けるか”が双剣使いの腕の見せ所でもある。

そのため、常に狙われるソロプレイではなかなか取り回しづらいのも短所と言えば短所。

双剣の使い方

手数の多さに対して操作方法はいたってシンプル。

基本的な操作感としては、で通常攻撃、で回転系の攻撃、+で乱舞系のアクションを繰り出す感じで覚えておけば大抵のことはできる。

鬼人化

【R2】で鬼人化。移動速度と攻撃力が上がったうえにスーパーアーマーがつく代わりにスタミナを消費し続ける

鬼人化状態ではで鬼人ゲージを溜めるのが第一。

コンボの三段目「鬼人六段斬り」の最後の一撃を当てると、鬼人ゲージがモリっと溜まる。

は回転しながら前方に移動する「鬼人突進連斬」。主に回避や追撃に使う。

+「乱舞」。チャンス時のラッシュに。

鬼人ゲージと鬼人強化状態

「鬼人ゲージ」が満タンになって白く光りだしたら、通常状態でも鬼人化のアクションの一部を使えるようになる「鬼人強化状態」になる。

乱舞もどきの「鬼人連斬【+】」や「鬼人突進連斬【】」をメインに、鬼人化していなくても攻撃力と機動力をある程度維持できる。

Sponsored Link

双剣の立ち回り

まずは鬼人化して「」で「鬼人六段斬り」の最後の攻撃を当てて鬼人ゲージを溜めることから始める。

「乱舞」は強力だけど隙がデカいので慎重に。

鬼人ゲージ満タンになったら、スタミナがなくなる前に鬼人化を解除。

スタミナが回復するまで鬼人ゲージを消費して火力を維持し、回復したら再び鬼人化してゲージを溜める。この繰り返しで常に高火力の状態を維持するのが双剣の基本。

攻撃よりも被弾しないことが重要

双剣を持つと、その攻撃的な性質からついつい攻撃することに重きを置いてしまいがちだけれども、双剣で何よりも重要なのはとにかく被弾しないこと

被弾すると吹き飛ばされて殴れなくなるし、武器をしまって回復しないといけなくなるので、被弾が多いほど火力が下がる。

双剣を使う時こそ無理は禁物。機動力が飛びぬけているので、離脱してもすぐにまた張り付ける。

そのため、無理して殴ろうとして被弾するよりも、素直に逃げて次のチャンスを待った方が火力は伸びやすい。

また、スタミナが0になるまで鬼人化し続けると、回避が出せなくなって良い余計な攻撃をもらいやすい。被弾を避けるためにはスタミナ管理も重要。

被弾を抑えるためには相手の動きをよく観察して、殴れるところと殴れないところを少しずつ見極めていく。

弱点を狙うよりも被弾しにくいポジションで戦う

双剣は手数の多さと属性の恩恵が大きいことから、弱点部位を外した時の損失が全武器種の中で一番少ない。

リーチが極端に短いのもあって、弱点に固執するよりも被弾しにくい位置取りで戦った方が結果的に火力が伸びやすい。

そのため、最初は「被弾しない立ち位置で常に張り付くこと」を意識して立ち回る。

弱点には当たればラッキーぐらいに考えて、弱点が狙えそうなら切り替えて行くようにした方が上達は早い。

とにかく攻撃が来るタイミングと食らわない位置取りを覚えることが重要。

被弾しないポジショニングはモンスターによって違うが、一度慣れてしまえば回避から追撃までのほとんどの動きを「鬼人突進連斬」で攻撃しながら行うことができる。

怒り中の動き方

素直にアイテムを駆使して隙を作るのがいい。

ただ、双剣に限っては、少ない隙で自在に動き回って攻撃ができるので、自信があれば意に介せずに殴り続けるのも選択肢のひとつ。

でも飛ぶ奴はダメ。この辺も相手による。

マルチプレイの場合は、アイテムでの拘束は仲間に任せられそうなら頼りっきりでもOK。納刀している時間がもったいない。

チャンス時の動き方

罠にかかったり、疲労していたりする時は積極的に弱点を狙っていく。

弱点部位に攻撃を当てる恩恵が少ないとは言っても、弱点を狙うと狙わないとではやっぱり火力に大きな差がでる。

弱点に向かって乱舞乱舞。

マルチプレイでは大剣などの大型武器(一撃がデカい分弱点を狙わないとダメージが稼げない)や打撃武器(頭を狙えばスタミナを大きく削れる)に譲りたいところだけども、そもそもリーチがないので他のプレイヤーの邪魔をすることが少ない。

それもパーティーへの貢献度が高い理由のひとつ。

また、部位破壊が狙える場所に攻撃が届く時は積極的に狙っていきたい。火力の高さと属性の恩恵、そして乱舞の定点火力が輝く瞬間である。

よく使うコンボ

双剣はコンボよりも攻撃のタイミングと位置取りが重要なためか、見た目の派手さに反して操作はかなりシンプルで直感的に動かせるように作られている。

なので、覚えておくと楽しいコンボだけを厳選して紹介する。

通常時

覚える必要なし。さっさと鬼人化してゲージを溜めよう。

鬼人化中

鬼人逆手斬り>鬼人二段斬り>鬼人六段斬り>乱舞
】>【】>【】>【+

鬼人化したらとりあえず当てたいコンボ。これを全部当てられれば鬼人ゲージが満タンになる。重要なのは「鬼人六段斬り」の最後の一撃なので、無理に乱舞まで当てなくてもOK。

鬼人突進連斬>斬り上げ>二回転斬り
】>【】>【

鬼人突進連斬で移動した後に上に向かって攻撃を繰り出す。リーチがない双剣の貴重な上への攻撃手段。

空中乱舞
鬼人化中に段差に向かって【×
通常時、スライディング中に【
通常時、斜面で【+】>【

強い上にとにかく見た目がカッコよくて困る。段差があったら積極的に狙っていきたい。双剣にとってかっこよさは命よりも重い。

鬼人強化状態中

鬼人突進連斬>鬼人連斬
】>【+

【鬼人突進連斬】追撃or回避からの「鬼人連斬」。鬼人強化状態中はしっかりゲージを消費して強力な攻撃を当てていくことも火力に繋がる。

まとめ:参考動画

あれやこれやと書きましたが、やることは単純で

「鬼人化と鬼人強化状態を維持しながら張り付き続ける」

これだけ。

最後に、例によって動いている方が分かりやすいと思って動画を作ったので参考までに。

Sponsored Link

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.