MHWハンマー

【モンハンワールド/MHW】ハンマーの操作のコツと立ち回り解説

MHW

更新日:

ハンマーは立ち回りも操作もシンプルで、実はあんまり書くことがなかったりします。

ただ「溜め」を交えた攻撃のバリエーションが多いので、その辺だけ少し慣れが必要かも。

というわけで、この記事ではハンマーの基本的な操作と立ち回りの他、溜めⅠ、溜めⅡ、溜めⅢのそれぞれの使いどころや覚えておくと使えそうなコンボについて解説しています。

Sponsored Link

ハンマーの特徴

モンハンワールド ハンマー
俊敏性、リーチ、ガードを犠牲にした攻撃力と手数が身の上。大剣に次いで高い威力の一撃を恐ろしい手数で叩き込める。

また、全攻撃が打撃属性でモンスターのスタン値とスタミナを大きく削れるので、PTでの貢献度も高い。

割に操作がシンプルで取り回しやすく、初心者でも扱いやすいのも魅力。

ただ、リーチの短さから密着するほど張り付かなければ攻撃が当たらない。

その攻撃も大振りで隙が大きいモーションが多く、モンスターの頭を狙って目の前に立つのもあって、調子に乗って殴ってると被弾してしまいやすい。

また、頭が打撃に強い・頭部が高くて狙いにくいモンスターや、疲労という概念がない古龍種などに対しては持ち味を活かしにくく、素直に他の武器を持った方が良いという場面も。

ハンマーの操作方法

△:通常攻撃
〇:叩きつけ
R2:溜め攻撃
R2HOLD+〇:力溜め

基本これだけ。

△で「縦振り」から「アッパー」に繋げるコンボ。通常時の立ち回りに。

〇で「叩き付け」の5連発。

叩き付け」のコンボは相手に攻撃がHITしなければ次につながらない。モンスターの動きが鈍い大きなチャンス時に。

溜め攻撃

ハンマーの基本の連携はかなりシンプルだが、「溜め攻撃」を交えるとかなりバリエーションが広がる。

溜め」は3段階。

  • 溜めⅠ「溜め振り回し溜め返し振り
  • 溜めⅡ「溜めアッパー
  • 溜めⅢ「溜め回転振り

どの攻撃も△〇のコンボに繋げられる。

ただ、今作では「力溜め」が優秀で、通常の「溜め攻撃」は実はあんまり出番がない。

コンボが繋がらない攻撃でも「溜め振り回し」を挟むとコンボをループできたりするので、主な使いどころとしてはそんな感じになると思う。

力溜め

力溜め」は、攻撃力と気絶値の増加に加えてスーパーアーマーが付与される至れり尽くせりの新モーション。

加えて「溜めⅡ」と「溜めⅢ」のモーションが変化する。

  • 力溜めⅡ「溜め強アッパー
  • 力溜めⅢ「溜め強叩き付け

中でも「溜め強叩き付け」は3段HITで、全部当てれば通常時の△コンボの3発に匹敵するダメージが出せる。めちゃくちゃ強い。

溜めⅠ」の「溜め振り回し溜め強返し振り」もかなりパワーアップする。

力溜め」の何が良いって、通常の「溜め」と違って、回避でキャンセルされないこと。

使用中はスタミナを消費していくが微々たるもの。時間のロスもほとんどないので、できるだけ「力溜め」の状態で立ち回りたいところ。

ただ、「溜め」中に「力溜め」を入れるとそれまでの「溜め」がリセットされる。

そのため「溜め力溜め」のコマンドは指に癖づけておくと良い。

Sponsored Link

ハンマーの立ち回り

立ち回りは超簡単。

力を溜めて隙を見て近づいて頭を殴って逃げる!

これだけ。特に難しい操作もコンボも必要ない。

モーションのほとんどが定点攻撃で、届きさえすれば狙った部位にも当てやすい。

注意すべきは、密着しないと攻撃が当たらない上に、一発一発が大振りで回避が遅れやすく被弾しやすいこと。

特に〇の「叩き付け」は△の「縦振り」に比べて威力が高い代わりに振りが大きく、チャンス時じゃない限りはとてもフィニッシュは狙えない。

そこで役に立つのがR2の「溜め」。

ハンマーは溜めながら移動することができる唯一の武器で、その特性がリーチの短さを補ってくれている。

溜め」を交えた△コンボのヒットアンドアウェイで、大きな隙が生まれたら〇でさらに高威力の5連「叩き付け」のコンボを狙っていくのが基本。

どちらのコンボも最後の一撃の「アッパー」と「叩き付けフィニッシュ」が強力なので、最後まで入れられるかどうかの判断が結構大事。

スタンとスタミナ

打撃属性の武器にはダメージの他に、モンスターを「スタン状態にする気絶値」と「スタミナを奪って疲労状態にする減気値」を蓄積する効果がある。

それぞれの蓄積量はモーションによって異なり、基本的にはモーション値が高いほど蓄積量も多い。

減気値は体のどの部位を殴っても蓄積されるが、気絶値は頭を殴った場合にしか蓄積されない。

そのため、頭を狙うのは打撃武器の基本。

特にハンマーは攻撃力が高く、ひたすら頭を殴ってればモンスターは立つことすらできずに狩猟が終わってしまうことも。

ただ、頭の周囲はモンスターの攻撃を貰いやすいので、目の前に立つのは危険が伴う。慣れないうちはあまり固執しない方がいいかもしれない。

また、ボルボロスやディアブロスなど、頭がめちゃくちゃ固い敵に対してはスタン値を溜めにくいので素直に違う部位を攻撃する方が良い。

Sponsored Link

覚えておくと良いコンボ

ハンマーの場合、コンボと言っても△連打か〇連打のシンプルな攻撃がメインになるので、覚えておかないと立ち行かないというようなコンボはない。

それでも覚えておくと何かの役に立つかも知れないコンボをいくつか紹介する。

縦振りからスムーズに溜めに繋げるコンボ

縦振り縦振りⅡアッパー溜め
△】>【△】>【△】>【〇

△の縦振りコンボの後は、溜めにスムーズに繋げられる。

そのまま「溜め振り回し」で攻撃に繋げても良いし、「溜め」ながら離脱しても良い。

アッパーで怯んだら追いかけるのにも便利。

他にもスムーズに「溜め」に繋げられる技があるが、これが一番分かりやすくて使いやすい。慣れたら他の技でも試してみると良いと思う。

アッパーで間合いを詰める

溜めアッパー(溜めⅡ)>横振り縦振りⅡアッパー
R2長押し】>【△】>【△】>【△

溜めⅡ」で繰り出せる「溜めアッパー」は、定点攻撃が多いハンマーでは珍しい移動技。そこまで長い距離を移動できるわけではないが、グイッと距離を詰めて殴りかかれるのでヒット&アウェイがやり易い。

横振り」とあわせてモーションも早く、素早く「アッパー」まで叩き込めるし、チャンス時には〇で「叩き付け」に派生させることもできる。

また、「溜め強アッパー」でも同じようなモーションで距離を詰めれる。「『溜めⅡ』は距離を詰めての連携に合わせて使いやすい」と覚えておくと良いと思う。

溜め回転攻撃

溜め回転攻撃(溜めⅢ)>回転横振り」1回転目で△
溜め回転攻撃(溜めⅢ)>回転返し振り」2~3回転目で△
溜め回転攻撃(溜めⅢ)>回転強アッパー」4~5回転目で△
R2長押し】>【△

手数も多く、フィニッシュに強烈な一撃を食らわせることができる。MHWからは好きなタイミングでキャンセルできるようになり、回転の方向指定もある程度可能になって使いやすくなった。

基本「力溜め」で立ち回るので次点での運用になると思うけれども、手数が多く総合的な威力も高いしコンボにも繋がるので、上手く弱点に当てることができればかなり強力。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.