Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 1
【MHW】ヘヴィボウガンのおすすめスキルと装備例まとめ(上位~終盤)
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【MHW】ヘヴィボウガンのおすすめスキルと装備例まとめ(上位~終盤)

MHW

更新日:

ヘヴィボウガンは、相手に合わせて武器を選ばないといけないので、選んだ武器によってスキルの選び方が大きく変わります。

例えば、小さい相手に貫通弾が得意な武器を担いでいっても貫通する体積がないし、弱点が狙いづらい相手に散弾を担いでいっても適正距離に捉えるのに苦労したり。

ですので、まずは弾の特徴をしっかり把握するところからがスタートです。

詳しいことは、【モンハンワールド/MHW】ヘヴィボウガンの操作のコツと立ち回りの解説を参考にして頂ければと思います。

この記事ではその辺のことを踏まえた上で、たくさんのスキルの中からおすすめのスキルを「どういうシチュエーションで使えるのか?」という話を交えて、割と個人的な雑感で紹介しています。

Sponsored Link

ヘヴィボウガンにおすすめのスキル

挑戦者

モンスターが怒り状態になると基礎攻撃力と会心率があがるスキル。

怒り中でも攻撃の手を休めることなく戦える遠距離武器の強みを活かせる。

渾身

スタミナが満タンの状態での会心率があがるスキル。

スタミナにほとんど用事がないボウガンにとっては、デメリットなしの会心アップ。

「挑戦者」「渾身」ともにオーグシリーズで採用できる。単純に火力アップを図るならおすすめ。

弱点特効

弱点に攻撃が当たると会心率が上がるスキル。

上昇率が高く、ほぼ全ての武器におすすめできる良スキル。

弱点を狙い打てるボウガンには必須かも知れない。弱点に全弾入れないと火力が出ない散弾とは特に相性が良い。

徹甲榴弾や拡散弾などの爆発には肉質や会心の概念がないので、これらをメインに扱う場合は会心アップ系のスキルは外してOK。

回避距離UP

突進系の攻撃の範囲外に確実に逃げられる距離を稼ぐための「回避距離UP」。

距離の調整にもつかえるので、使える弾が限られているボウガンを使う時なんかにも有効。

シールドパーツをつけない時にあると便利。というか、このスキルがないと避けれない攻撃が存在する。

どれぐらい積むかは好みだけど、個人的につけるなら最低でも2は欲しいところ。

心眼/弾道強化

弾の適正距離が拡がるスキル。

かなり遠・近距離でも射程に捉えることができるようになる。

特に貫通弾を使う時にはダメージが通る幅が広がるのでかなり便利。

ただ、採用しようと思うとレウスシリーズが4部位も必要になるので、カスタムパーツで対応する方が現実的。

レウスシリーズにはセットスキルで「属性会心」がついているものの、ヘヴィボウガンは属性弾があまり強くないのも考えもの。

貫通弾・竜の一矢強化

スキル1でおよそ1.1倍のダメージが望めるお手軽火力アップ。

貫通弾をメインで使うなら必須だが、装備が限られているのが辛いところ。

現状リオレウスの素材から作れるレウスシリーズの腰のβにしかついていないので、「風圧耐性」レベル2がおまけでついてくる。いらない。

できれば装飾品で積みたいのにこれがかなりレア。手に入ったらガッツポーズしていい。

次点で護石だが、こちらも製作難度が割と高め。

散弾・剛射強化

散弾を強化するお手軽火力アップその2。

こちらも装備が限られていて、ヴォルガノスの素材から作れるラヴァシリーズの足にしかついていない。

散弾を使うならぜひとも欲しいところだけれども、肝心の武器の方に散弾を快適に使えるものが少ない気がする。

通常弾・通常矢強化

ボウガンは弾のバリエーションが豊富で、なかなかお世話になることは少ないと思う。

しかし、丁寧に弱点に打ち込み続けることができれば、通常弾だってなかなかバカにできない火力が出る。

かといって優先的に積むべきかと言われると、うーん……。

砲術

徹甲榴弾などの爆発系のをメインで戦う時に。

ダメージの上がり幅が1.3倍と他に比べて大きく、徹甲榴弾をメインで使いたい時には必須スキルになる。

爆発系のダメージは肉質無視の気絶値蓄積と適正距離を丸無視できるのが魅力。

ちなみに、狙撃竜弾の爆発には効果がない。

特殊弾強化

ただでさえ強力な狙撃竜弾、機関竜弾がさらに強力になる。

ダメージの上がり幅は、貫通、散弾、通常と同じでおよそ1.1倍、レベル2で多分1.2倍。

「機関竜弾」は当て続けるとダメージがガンガン上がって強力なんだけども、なかなかそんな隙もないので罠や状態異常とセットでの運用が前提になる。

メインのダメージソースとして使うには少し力不足な感が否めない。上手く使えてないだけかもしれないけれども。

個人的には、ゲージが溜まる度に撃ってしまいやすい「狙撃竜弾」用に積むと良い感じ。

属性解放/装填拡張

弾の装填数がアップするスキル。

何がどう増えるのかを簡単に解説するとこんな感じ。

装填拡張レベル1
LV1通常弾・散弾・貫通弾/2発
LV1徹甲榴弾・拡散弾/1発

装填拡張レベル2
LV2通常弾・散弾・貫通弾/2発
LV2徹甲榴弾・拡散弾/1発
LV1状態異常弾/1発

装填拡張レベル3
LV3通常弾・散弾・貫通弾/2発
LV3徹甲榴弾・拡散弾/1発
LV3状態異常弾/1発
属性弾/2発
斬裂弾/1発

装填数が上がる=リロードの時間を減らせるということなので、単純に総合火力が上がる。

ゼノラージのセットスキル「弾薬節約」と合わせて積むと、ほとんどリロードせずに討伐できる。

業物・弾丸節約

50%の確率(体感)で弾が減らないスキル。

護石もなく、ゼノラージシリーズにしかついていない。

装填数も弾薬を持っていける数も徹甲榴弾や状態異常弾の運用に便利。

このスキルを積むと、徹甲榴弾を1発撃つ度に発動をお祈りする癖がつく。たまに竜撃弾を2連発できたりする。

納刀術

ヘヴィボウガンは全武器中でも目立って納刀が遅いので、あると便利。

だけどなくても何とかなる。余ったスロットにでも。

耳栓

敵の咆哮を無効化してくれるスキル。

僕はいつも積んでいないんだけれども、歴戦古龍を狩りに行く時に欲しくなる。

特にクシャルダオラとテオ・テスカトル。あいつらはこっちが咆哮で動けなくなってる時に殴ってくる。

ソロ討伐の際には、咆哮大を軽減できるLV4でもあると楽になると思う。

Sponsored Link

おすすめの装備例

オーグシリーズ:貫通弾用会心装備

ヘヴィボウガン MHW 装備 レイ=ロゼッテス オーグシリーズ

  • レイ=ロゼッテス:体力珠
  • オーグヘルムα:速納珠
  • ドーベルメイルβ:痛撃珠
  • オーグアームα:スロットなし
  • リオソウルコイルα:スロットなし
  • オーグクリーヴα:速納珠
  • 痛撃の護石

バゼルギウス絶対殺すマン。

所構わず乱入してくるバゼルギウスがどうしても許せなくて作った貫通会心装備。

バゼルギウスは割と全体的に弾肉質が柔らかい上にデカいので面白いぐらい貫通する。

上手いこと狙えばLv3貫通弾1発で100近いダメージが出せる。

Lv3貫通弾を使えない代わりに狙撃竜弾が使える「ダチュラブラスターⅢ」を持っても良いし、「カガチノシシⅢ」を持っても良い。

貫通が使えるボウガンならなんでもは高い。

至近距離で散弾ブッパ

ヘヴィボウガン MHW 装備 散弾

  • 蛮顎重弩フラムテルマ
  • オーグヘルムα:体力珠
  • ドーベルメイルβ:散弾珠
  • カイザーアームα:体力珠
  • オーグコイルβ:痛撃珠
  • キリンレガースβ:治癒珠×2
  • 攻撃の護石

至近距離で散弾をぶっ放す運用をメインに据えた装備例。散弾珠が前提なので、少し製作難度が高いかも。

使ってみた感じ、貫通が狙いにくい小さい相手で、弾肉質が柔らかい相手はゴリゴリ削れる。

ドスジャグラスとか、ツィツィヤックとか、あの辺はホントに秒殺。

反面、ディアブロスとかは弱点の翼膜を狙うのにめちゃくちゃ上を向かないといけなかったりして、やりづらいのなんの。

向いてない敵にはとことん向いてない。

至近距離じゃないと強みを発揮できないので、被弾覚悟の「体力珠」と「治癒珠」。

キリンにも行ってみたけど、だいたい15分ぐらい。

まだまだ改良の余地があり。

ゼノラージシリーズ:徹甲榴弾用節約装備

ヘヴィボウガン MHW 装備 ゼノラージ

  • マグダ・ゲミトゥスⅡ:KO珠
  • ゼノラージヘッドα:砲術珠
  • リオソウルメイルβ:KO珠
  • ゼノラージクロウβ:解放珠
  • ゼノラージスパインα:KO珠
  • キリンレガースβ:砲術珠×2
  • 攻撃の護石

弾肉質が硬い部位が多いくせに動き回って射程に捉えにくいようなモンスターに有効な装備。

キリンとか、キリンとか、キリンとか。

徹甲榴弾、貫通弾、散弾、通常弾、使える弾は全部使って削り切るスタイル。

武器は徹甲榴弾の扱いに長けていて、状態異常まで幅広い弾を使えるマグダ・ゲミトゥスⅡをチョイス。

その他、テオ=フランマルス、ガマル砲など、徹甲榴弾の扱いに長けた武器とは相性が良い装備だと思う。

  • 開幕狙撃竜弾
  • 毒弾で常時毒
  • 眠らせて大タル爆弾G+狙撃竜弾
  • 麻痺させて拡散弾連打
  • 隠れ身でリロード+狙撃竜弾

こんな感じの戦術で、弾を切り替えながら戦闘中のリロードをほとんどせずに運用できる。それもこれも「弾薬節約」のおかげ。

爆発ダメージがメインなので、肉質の影響をほとんど受けない汎用性が強み。気絶値を溜められたり、部位破壊を狙いやすいのもメリット。

その他、ゼノラージの「弾薬節約」のついでに、狙撃竜弾の威力をアップする「特殊射撃強化」がついてくる。

爆発ダメージには気絶値が乗るので、KO珠で気絶値アップ。

頭をしっかり狙えればソロでもマルチでも面白いぐらいこける。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 231

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.