Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 1
【MHW】クシャルダオラの倒し方/弱点や準備から攻撃パターンまで
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
クシャルダオラ

【MHW】クシャルダオラの倒し方/弱点や準備から攻撃パターンまで

MHW

更新日:

古龍クシャルダオラの倒し方を準備から立ち回りまで詳しく解説しています。

「風圧耐性」と「耳栓」がないと、とにかく拘束がうっとおしくてコントローラーを投げたくなる古龍です。

やり辛さに苦手意識を持つ人も多いんじゃないでしょうか。

でも大丈夫。安心してください。

閃光弾を撃ちましょう。閃光弾が全て解決してくれます。

Sponsored Link

準備編

弱点・肉質

クシャルダオラの弱点
弱点は頭。

積極的に狙っていきたいところだけども、なかなか攻撃が激しくて狙うチャンスが限られてくる。

次点で狙いたいのが前足。

剣士は頭と前足の間ぐらいを目指して立ち回ると良い。

尻尾でも良いんだけども、妙に細いし動き回るしでどうにも狙いにくい。

頭>前足>チャンスがあれば尻尾っていう感じが良いんじゃないかと。

属性は雷以外は全然ダメ。龍は普通だけれども、龍封力のある武器なら「龍風圧」を消すことができる。

状態異常は爆破と毒が有効。

装備

武器

剣士はとにかく「龍風圧」がめんどくさいので、「風圧耐性」がない場合は龍封力のある龍属性の武器を担いでいくと少し楽に立ち回れる。

「龍風圧」については後述。

また、毒と爆破がよく効く。特に爆破。手数のある武器で殴ると、ちょっと可哀想になってくるレベルでドッコンドッコン爆発する。

ただ、爆破武器は総じて斬れ味が低い武器が多くてはじかれやすい。

特に太刀や操虫棍などの長いリーチを振り回す武器は、硬い翼に攻撃が吸われてはじかれることが多い。

どうしてもはじかれるのがやり辛い場合は、白ゲージの武器を用意するか、「砥石使用高速化」や「心眼」などで何かしらの対策が必要かもしれない。

また雷属性も良く通る。武器にもよるが、敢えて作っていく価値はあると思う。

防具

スキル「心眼」を発動していけるとはじかれる心配なく殴れるものの、今作での「心眼」は、今のところレウス・リオソウルのセットスキル4部位でしか発動できないので悩ましいところ。

一応「風圧耐性」も3までなら付けられるので、向いていると言えば向いてるのかもしれない。

その他に「耳栓」を準備していけると「咆哮>攻撃」のどうしようもないコンボを避けられる。

咆哮でハンターの動きを止めてから逃げようとするクシャルダオラを、閃光弾で撃ち落とすのが楽になるのでおすすめ。

なぜ逃げるところを確実に撃ち落としたいかというと、クシャルダオラが最後に逃げ込むフィールドが死ぬほどめんどくさいから……。

しかし、初討伐の段階で両方を揃えるのはなかなか骨。

「風圧耐性」はレウス・リオソウル・リオハート・ソラマグナ・アロイ・ランゴ・ウルムーいずれかの組み合わせでレベル5に。

レウス・リオソウルを4部位採用しつつ、「心眼」を発動させた上でランゴ胴をチョイスすればレベル5まで持っていける。

「耳栓」はハイメタ・頭・胴、ソラマグナ足でレベル4、護石を用意すればレベル5まで持っていける。最低レベル4でも実用範囲。

どちらかひとつを選ぶなら、武器やスタイルにもよるけど「風圧耐性」がおすすめ。リオレウスシリーズで発動すれば「心眼」と同時に発動できるのが嬉しい。

とは言ったものの、どれもあると快適ってぐらいでなくてもなんとかなる。

アイテム

何を置いても大量の閃光弾を。

予め持てる分3つと光虫10匹を用意しておけば、なくなる頃には終わってると思う。

モドリ玉を用意しておくとなくなったら取りに戻れる。

飛んでいるところを撃ち落とすとかなり長い時間拘束でき、それだけでだいぶ楽になる。

というより、そうでもしないと風圧と咆哮で拘束されまくって殴る暇がないかも。

「飛ぶ>撃ち落とす>殴る>逃げる>飛ぶ>撃ち落とす>殴る>逃げる……」これを繰り返しているだけで勝てたりする。

調合もショートカットに入れておくと閃光弾が切れる前に調合できて、弾を再装填する手間がはぶける。

特殊装具

「体力の装衣」がやっぱりおすすめ。

爆破武器を背負っていくなら「化合の装衣」を持っていくと面白いぐらい爆発する。

その他、「癒しの煙筒」は鉄板。

風圧も咆哮も無効化できる「不動の装衣」も強いけれども、クシャルダオラを倒すのが条件なので除外。

攻撃パターンと予備動作

風圧と方向でこちらを拘束してくることに長けているからか、攻撃自体はさほど激しくない。

前方への攻撃は割と激しめだけれども、尻尾などを使った後方への攻撃や、360度をなぎ払うような回転系の攻撃がない。

攻撃のテンポも一定なので、タイミングを予測するのもさほぼ難しくないと思う。

龍風圧

クシャルダオラは怒ると体に風圧を纏いはじめ、近付くだけで風圧の拘束を受ける。

これを消すには頭を狙い続けてダウンを取るか、龍封力のある武器で弱点部位を攻撃し続けるかの2択。

これについては、「風圧耐性」の装備を用意していけば襲るるに足らず。

無理に近づかず、飛ぶのを待って閃光弾で撃ち落としても良い。

前方攻撃

爪での「なぎ払い」「噛み付き」などの前方への攻撃が割と激しめ。

タイミングも読みやすく分かりやすいが、「なぎ払い」に関しては横にも縦にも範囲が広い。

前足付近にいると後方にローリングしたぐらいでは余裕で引っかかる。

クシャルダオラの前方への攻撃は、思い切ってお腹の下に踏み込んでしまった方が当たらなかったりする。

突進

「突進」は予備動作が短くて攻撃を読みづらい上に威力も高く、体力が半分近く持っていかれる。

剣士の場合は、横から殴っているところを後ろ足で引っ掛けられることが多い。

近付きすぎていると本当にいつ来るか分からないので、あまり攻撃を欲張りすぎると餌食。

常に警戒したい攻撃。

ブレス

頭を振り上げる、あるいは立ち上がるような動作で「ブレス」を撃ってくる。

ブレスは予備動作も大きく、余程のことがないと当たらないが、強力な方は当たると即死級のダメージ。

着弾地点の近くにいても爆発で被弾、付近にいるだけで風圧で拘束される。

ブレスの予備動作を見たら大きく回り込むか、ガードできるなら構えて動かない。

竜巻

翼を大きく広げたら竜巻を纏いながら飛び上がる。

近くにいると被弾するし、その周囲は風圧で拘束されので、急いで離れること。

予備動作は分かりやすいので見逃さず。

即刻撃ち落としたいところだが、飛び上がってすぐに落とすとクシャルダオラが竜巻の中に落ちて剣士が近付けなくなる。

なので、竜巻の外に出てから撃ち落とす。

「風圧耐性」を発動させていると竜巻を無視できるが、竜巻の中心には当たり判定があってダメージもなかなか。

発動させている場合は要注意。

Sponsored Link

クシャルダオラの倒し方

基本は、相手の攻撃の合間を縫って頭から前足を狙ったヒット&アウェイ。

正面に立っても攻撃のタイミングさえ覚えてしまえば比較的安全に立ち回れる。

ただ、「突進」や「飛びあがり」に被弾しないためにも無理は禁物。

相手の攻撃が来るタイミングより少し前に離脱を心がけたい。

飛び上がったら閃光弾。とにかく閃光弾。いつでも閃光弾。

隙を見てショートカットで調合しておくと再装填の手間が省ける。

撃ち落としたところをタコ殴りにしつつ、起き上がったらクモの子を散らすように退散。

基本はこの繰り返しで難なく倒せると思う。

終盤、足を引きずって逃げだしたら、逃げ込んだ先の狭いフィールドに巨大竜巻を発生させてとても厄介。

できれば逃げる前に撃ち落としたい。この辺は武器をしまわずにアイテムを使える片手剣や、納刀の早い双剣の十八番。

最後のフィールドに逃げられて巨大竜巻が発生してしまったら、無理をせずに逃げ回るのが良い。

時間が経つとそのうち竜巻も消える。

竜巻が消えたらいつも通り閃光弾で撃ち落としつつ頭を殴る。

そうこうしているうちに討伐完了!


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 231

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.