MHW太刀

【モンハンワールド/MHW】太刀の操作のコツと立ち回り解説

MHW

更新日:

太刀は比較的扱いやすい部類の武器で初心者の人にもよくおすすめされます。

しかし、相手の攻撃のタイミングに合わせて発動するカウンター技の「見切り斬り」、「錬気ゲージ」や「オーラの色」の管理、位置取りの上手さなどが火力に直結してくるので、上手く扱おうと思ったらなかなか難しい武器でもあります。

この記事では、太刀の基本的な扱い方「見切り斬り」を当て方やゲージ管理の仕方など、太刀で火力を出すためのコツを解説しています。

Sponsored Link

太刀の特徴

太刀

長所

リーチの長さとポジション取りのしやすさ、攻撃時のスーパーアーマーと弾かれ無効の「気刃斬り」による鋭い斬撃が身の上。

斬り下がり」や「移動斬り」で攻撃を続けながら回避・追撃ができる上に、モーションも短くて隙が狙いやすいので張り付き性能も高い。

ほとんどの相手に対して自分中心の立ち回りができるのが特徴。

怒り中だろうがなんだろうが、立ち回りだけで完封することも可能。そこまでやるには腕が必要だけれど、それぐらい立ち回りやすい武器だと言える。

まさしく「達人」を連想させるような動きで、相手の攻撃をギリギリで見切りつつ自分の攻撃だけを効果的に当てていく、他の武器にはない緊張感が味わえるようなデザインになっている。

武器そのものの立ち回り性能が高いので、スキルがある程度自由に選べるのもメリット。

短所

攻撃範囲が広いため弱点部位を狙うのが難しかったり、ちゃんと刃の中腹部分で攻撃を当てないと切れ味が落ちたりするのでポジショニングがシビア。

さらに、「見切り斬り」の登場で、錬気ゲージの管理に“相手の動きを読み切れるかどうか”という要素が加わっている。

見切り斬り」は相手の攻撃にジャストで合わせて、かつ攻撃を当てなければ錬気ゲージをまるまる損してしまうし、「気刃突き気刃兜割り」はオーラの色を消費するので、素早く回収できなければ火力は落ちていく一方。

両方ともきっちり決めることができれば大幅な火力アップにつながるが、裏返すと両方ともきっちり使いこなせなければ火力は上がらないってこと。

そのため、上手く扱えないと“ただ取り回しやすいだけの武器”になってしまいやすいのが太刀の短所。

武器そのものは使い易い反面、高火力を維持するのは難しい。

太刀の操作方法

△縦斬りコンボ
〇突き
△〇斬り下がり
L3スティック△〇左右移動斬り
R2気刃斬り
R2+〇:見切り斬り

操作方法通りの素直な操作感が魅力。

基本の「縦斬り」コンボをメインに、「斬り下がり」「移動斬り」で立ち位置の調整、高威力で弾かれ無効の「気刃斬り」で火力を出していく。

突き」は、出の速さを活かして「見切り斬り」の初撃に使うと優秀。

Sponsored Link

太刀の仕様

錬気ゲージ

錬気ゲージ

攻撃を当てることで溜まっていく。モーション値や肉質によって溜まり方が上下し、時間経過で減少していく。

錬気ゲージ溜めて、消費することで「気刃斬り」を撃つことができる。

気刃斬り」は弾かれ無効の強力な攻撃で、コンボの4段目にの「気刃大回転斬り」を当てるとオーラの色が上昇する。

オーラの色

オーラの色

錬気ゲージには「黄色」の3段階のオーラがあり、「気刃大回転斬り」を当てることで1段階ずつ上昇していく。

オーラが上がるにつれて攻撃力と切れ味が上がって、弾かれていたものが切れるようになったりする。

オーラも時間経過で減少していくので、太刀の火力を維持するには色が落ちる前に「気刃大回転斬り」を当てていかなければならない。

これまでは「赤になったら時間経過で霧散して無色に戻る」という仕様があったが、MHWorldではでも黄色に落ちるだけになった。

気刃大回転斬り

オーラの色を上昇させる太刀の最重要技。

基本的には「気刃斬り」コンボの4発目で発動できる。

それにプラスして、今作からは「見切り斬り」を決めた後から直接繋がるようになった。

つまり、「見切り斬り」を成功させた回数が火力に直結してくるってこと。

練気ゲージを溜める

気刃大回転斬りを当てる

オーラ白

練気ゲージを溜める

気刃大回転斬り」を当てる

オーラ黄

練気ゲージを溜める

気刃大回転斬り」を当てる

オーラ赤

戦闘が開始したらできるだけ早くこの状態に持っていきたい。

ところが、モンスターもただ突っ立っているだけではないので、コンボの4発目にある「気刃大回転斬り」を当てるのはなかなか難しい。

さてどうすれば最速で赤まで持っていくことができるのか?

その点を踏まえて、ここからは太刀の立ち回りについて見ていこう。

太刀の立ち回りと火力を出すコツ

オーラの色を赤にする

立ち上がりは、できるだけ早くオーラの色を赤くするのが急務。モーション値が1.2倍に跳ね上がる上に、切れ味も鋭くなって攻撃が弾かれにくくなる。

それには錬気ゲージを溜めて、「気刃大回転斬り」を早めに当てていきたい。

しかし、「気刃大回転斬り」はコンボの4段目にあるので、戦闘開始してすぐはなかなか当てるチャンスがない。なんとか当てたとしても回避が間に合わずに被弾してしまうことも多い。

そこで活躍するのが「見切り斬り」と「気刃踏み込み斬り

見切り斬り

MHWorldで追加された新モーション。

R2+〇】でほぼ全てのコンボに挟めるが、コンボ中にしか出せない。

タイミングよくモンスターの攻撃に合わせると、攻撃をかわしつつカウンター攻撃を繰り出す。

成功すると錬気ゲージがMAXになるだけでなく、R2で「気刃大回転斬り」に繋がるので、一瞬でオーラの色を一段階上げることができる。

ただし、使うには錬気ゲージを全て消費しなければならない。

初手から「見切り斬り」を決められれば、錬気ゲージが満タンの状態でオーラの色が上がっているので、戦闘開始直後に一気に2段階あげることも可能。

錬気ゲージを溜める方法としては一番理想的。

見切り斬り」を上手く合わせるために、「突き」を上手に活用したい。

モンスターの攻撃が来るのが分かっている場合、他のモーションよりも出が早い「突き」から「見切り斬り」に派生すると比較的簡単に合わせることができる。

「気刃踏み込み斬り」

見切り斬り」を当てるチャンスに恵まれないまま錬気ゲージがMAXになってしまった時の第2候補。

斬り下がり【△+〇】」、「左右移動斬り【縦斬りor突き>Lスティック左右+△+〇】」の後に派生し、「気刃斬りⅢ」に繋がるため、敵の攻撃をかわしながら「気刃大回転斬り」を狙える優秀な技だ。

斬り下がりor左右移動斬り気刃踏み込み斬り気刃斬りⅢ気刃大回転斬り」のコンボは太刀の最も重要なコンボかもしれない。

このコンボを駆使しながらオーラの色を上昇させていくが基本。

「気刃突き>気刃兜割り」で大ダメージを狙う

MHWorldで追加された新モーション2。

気刃兜割り」はオーラの色を消費して使う上空からの連撃で、「気刃突きR2+△】をHITさせると「気刃兜割り【気刃突きHit後に△】」に派生する。

赤オーラ時に全弾弱点に着弾すれば凄まじいダメージが出せる。

また、「気刃兜割り」を当てると20秒間錬気ゲージが自動回復するようになる。

気刃斬り」「見切り斬り」が撃ち放題になるので、オーラの回収も簡単。

オーラが赤になったら維持するよりも「気刃兜割り」を撃ってしまった方が強い。

欲を言えば「気刃兜割り」を出す前に錬気ゲージがMAXまで溜まっている場合は、「気刃斬り」を当てて使い切ってしまった方が効率が良い。

オーラの回転を早くする

気刃兜割り」の存在で、赤オーラを維持し続けるよりも、赤オーラ時に「気刃兜割り」を当てて、「気刃大回転斬り」で則回収、再び赤オーラの「気刃兜割り」を狙う方がダメージが出るようになった。

MHWの太刀はこの回転が早ければ早いほど火力が伸びやすい。

それを実現するために、やっぱり「見切り斬り」と「気刃踏み込み斬り」の存在が超重要。

これらをうまく使いこなせれば、それだけ「」のサイクルが早くなる。

つまり火力が出る。

「見切り斬り」を当てるコツ

1手ずつ慎重にコンボを繋いでいく

見切り斬り」をうまく当てるコツは、相手の様子を見ながら後手後手で攻撃を繰り出していくこと。

太刀は他の武器に比べてコンボの受付時間がかなり長い上に、ひとつひとつのモーションが短い攻撃が多いので、相当長い時間棒立ちしていない限りはコンボが切れることはない。

逆に闇雲に連打しているとなかなかタイミングが合わず、相手の攻撃にこちらの攻撃が噛み合ってしまいやすい。

敵の様子を見ながら一手ずつ慎重にコンボを繋いでいくのが、太刀を上手く扱う上でのコツでもある。

敵の攻撃モーションを把握しておく

また、モンスターの攻撃モーションや当たり判定を把握しておくのも重要。

モンスターの攻撃には、予備動作と呼ばれる“攻撃の前のモーション”が必ずある。よくよく観察しながら戦っていると「こういう動きの後はこの攻撃が来るな」というようなことが分かってくる。

そんな感じで、敵の動きを見て、どんな攻撃が来るのかをだいたい予想できるようになってからが太刀の本領だ。

全てのモンスターの全てのモーションを覚えるのはさすがにキツいけれども、上手くさばける攻撃が1、2種類でもあるとそのモンスターを狩るのがかなり楽になる。

背中に太刀を担いでいる以上は意識したいところ。

そうすると、「見切り斬り」だけでなく、「左右移動斬り」や「斬り下がり」の精度も上がってくる。

Sponsored Link

覚えておくと便利なコンボ

太刀は全14武器種の中でもディレイが長く、コンボの派生先も比較的自由に選べるので、必須コンボというものがなかったりする。

その代わり、技の連携の中にポジション移動・回避・ゲージ管理の全てが含まれているので、上手く立ち回るためには敵の動きをよく見て慎重に派生先を選ぶ必要がある。

主に「斬り下がり」「左右移動斬り」「見切り斬り」この3つ挟むタイミングが鍵。

予備動作から攻撃を予測して理想のポジションに素早く移動できるようになると、他の武器では考えられないほど快適になる。

最速で「見切り斬り」を出すコンボ

突き見切り斬り気刃大回転斬り
〇R2+〇R2

「突き」は太刀のモーションの中でも一番出が早い攻撃なので、特定の攻撃に狙いを絞って「見切り斬り」を合わせる時に有能。

気刃踏み込み斬り

斬り下がりor移動斬り気刃踏み込み斬り気刃斬りⅢ気刃大回転斬り
△+〇】or【Lスティック+△+〇】>【R2】>【R2】>【R2

斬り下がりor左右移動斬り」から「気刃大回転斬り」につなげるコンボ。

見切り斬り」を使うタイミングがなく、普通に「気刃斬りⅢ」から「気刃大回転斬り」を当てようと思ったらこのコンボがメインになる。

気刃斬りⅠ」から繋げていくのに比べて、攻撃をかわせる、位置調整ができる、ゲージの消費量が少ないという3つの点で優秀。

斬り下がり」はいつでも出せるのに対して、「左右移動斬り」は△コンボの2段目までなら派生できると覚えておくと良い。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.