MHWスラッシュアックス

【モンハンワールド/MHW】スラッシュアックスの操作のコツと立ち回りの解説

MHW

投稿日:

スラッシュアックスは防御面を犠牲にして攻撃力に特化した、かなり尖った大型変形武器です。

同じ変形武器のチャージアックスに比べるとかなりシンプルで、初心者の方にも取っ付きやすいんじゃないですかね。

その反面、見た目には分からない細かいテクニックや知識の積み重ねがものを言う武器でもあります。

この記事ではスラッシュアックスを初めて手にとった人に向けて、扱い方の基本を解説しています。

Sponsored Link

スラッシュアックスの特徴

長所

防御面をまるで無視した「殺られる前に殺れ」を地で行く特攻武器。

その火力はすさまじく、大剣の一撃を片手剣の手数でボコスカ放り込む気持ち良さったら。

リーチも文句なしで、高いところにある尻尾も余裕で切断できる。

変形武器ながら、シンプルな操作性も魅力。

短所

ガードはできないし、移動は遅いし、納刀も遅い。

モーションが長いアクションも多いし、攻撃後の回避がステップになるのもあって、とにもかくにも被弾しやすい。

「殺る前に殺られる」こともよくあるのがスラッシュアックスの辛いところ。

スラッシュアックスの操作方法

斧 基本アクション
△縦斬りコンボ
〇斧振り回し
△+〇斬り上げ
Lスティック前+△突進斬り
Lスティック後+〇斬り下がり
R2剣モードに変形

剣 基本アクション
△縦斬りコンボ
〇二連斬りコンボ
△+〇属性解放突き
R2斧モードに変形

基本これだけ。

コンボの種類も少なく、割と自由に繋げていけるので操作性はかなりシンプル。

直感的に操作できて初心者でも扱いやすいと思う。

Sponsored Link

スラッシュアックスの基本的な仕様

スラッシュゲージ

剣モードでの△での攻撃時に7%、〇での攻撃時に10%消費。

30%を下回るとゲージが青くなり、0になると剣モードが自動解除される。

斧モードで1.5秒おきに5%回復する。「剣:変形斬り」で剣モードから斧モードに変形させた時も15%ほど回復する。

ゲージが青い状態で斧モードから剣モードに変形しようとすると「リロード」のモーションが入り、30%回復する。

覚醒ゲージ

スラッシュゲージの後ろにうっすら見える剣アイコンが「覚醒ゲージ」。

剣モードで攻撃をヒットさせると溜まっていく。縦斬りが1ポイントで、最大18ポイントまで溜めると高出力状態になり剣が光り始める。

高出力状態では、剣モードの攻撃時に属性追加ダメージが発生する他、「属性解放突き」がモンスターに張り付いて剣を突き刺すアクションに変化する。

高出力状態は45秒経つと自動的に終了する。延長はできない。

属性解放突き

スラッシュアックスの必殺技。

剣モードで△+〇で発動して、その後△連打で属性解放、最後に属性解放フィニッシュの爆発で大ダメージを与える。

連打を止めると即フィニッシュ。

撃つ時にスラッシュゲージをゴリっと消費し、爆発で後ろにぶっ飛んで自動的に斧モードに戻る。

スラッシュアックスの立ち回り

スラッシュアックスは立ち回りも操作もシンプルなため、細かいところで差がつきやすい。

そのため「立ち回り解説」というよりも「細かい注意点」みたいになってしまったけれども、覚えておくと何かの役に立つと思う。

剣モードと斧モードの特徴

剣モードで「スラッシュゲージ」を消費しつつ、「覚醒ゲージ」を溜めてダメージを稼ぐ。

斧モードで「スラッシュゲージ」のリロードを待ちつつ継続的に火力を出す。

「スラッシュゲージ」が溜まったら再び剣モードで「覚醒ゲージ」を溜めて……

基本はこの繰り返し。

斧モードの特徴

剣モードに比べると移動が速くて取り回しやすいが、やっぱり火力が心もとない。

斧モードはもっぱら「スラッシュゲージ」を溜める用。

剣モードの特徴

剣モードは攻撃力が高くダメージを稼ぎやすいが、移動が極端に遅いため被弾しやすい。

また、攻撃を当てないと「覚醒ゲージ」が溜まらないので、確実に当てられる時じゃないと強みを発揮しづらい。

できる限り剣モードを維持して殴り続けるのがスラッシュアックスで火力を出すコツ。

変形のタイミング

変形武器は、まず「どのタイミングでどっちのモードを使えば良いのか分からない」というのが最初の壁になると思うんだけれども、シンプルに考えれば、変形する・させるタイミングは下の5つになる。

斧>剣

  • 「覚醒ゲージ」を溜めたい時
  • 斧:振り回しなぎ払い変形斬り」を撃った時(自動)

剣>斧

  • 「スラッシュゲージ」がなくなりそうな時
  • 属性開放突き」を撃った時(自動)
  • 納刀中(自動)

“変形は攻撃に絡めていくもの”と考えると楽かも。

斧>剣に変形させる時

スラッシュゲージの真骨頂は、「覚醒ゲージ」を溜めた時の属性追加ダメージ。当然、できるだけ剣モードで立ち回った方が強い。

そのため、開幕は「スラッシュゲージ」を消費して「覚醒ゲージ」を溜めることから始める。

その後も「スラッシュゲージ」が溜まっている時は積極的に剣モードで立ち回りたい。

なぎ払い変形斬り」は、斧モードの必殺技だと思ってOK。斧モード時にチャンスが巡ってきた時に活躍する。

モーション値は「属性解放突き」のフィニッシュに匹敵する。その後、剣モードで追撃するか、武器をしまって離脱するかは状況による。

剣>斧に変形させる時

剣モード時は「『スラッシュゲージ』がなくなってしまった時」と「『属性開放突き』を撃った時」に自動で斧モードに戻る。

基本的には剣モードで立ち回った方が強いので、自分の意志で剣モードから斧モードに変形させるタイミングは、「スラッシュゲージ」がなくなる前だけになるのが理想。

「スラッシュゲージ」がゼロになると自動で斧モードに戻ってしまうが、その時の隙がかなり大きい。

攻撃の手数が減る上に被弾のリスクも高いため、スラッシュゲージがなくなる前に「剣:変形斬り」が「属性開放突き」で斧モードに戻しておきたい。

スラッシュゲージがなくなる直前の「属性開放突き」はゲージの消費を丸無視できるし、「剣:変形斬り」はスラッシュゲージが15%ぐらい回復するし良いことづくめ。

また、納刀中は「斧モード」扱いになるので、剣モードでも納刀して逃げ回っている時はスラッシュゲージが回復する。

ちなみに、「スラッシュゲージ」がない時に剣モードで抜刀しようとすると「リロード」のモーションが入る。かなり隙が大きいので要注意。

「属性解放突き」は攻撃の〆に

属性解放突き」は最後のフィニッシュ以外のダメージは小さく、後ろに吹き飛んでダウンのモーションが入ったり、自動で斧モードになってしまうこともあって、実は時間当たりのダメージはそんなに高くない。

見た目も派手で気持ちが良いのでついつい連発したくなるが、「スラッシュゲージ」や「覚醒ゲージ」が十分にある状態で出すのは、ダメージ効率を考えるとあまりよろしくない。

「スラッシュゲージ」がなくなる直前のダメ押しや、モンスターが立ち上がる直前の〆の一撃に使うのがセオリー。

「属性解放突き」を早めに爆発させるのも大事

属性開放突き」の多段HIT中、△連打を止めると好きなタイミングでフィニッシュを発動できる。

張り付き中でも咆哮を受けると普通に落ちるし、判定があるとダメージも受ける。モンスターのモーションをよく見て、早めのタイミングで爆発させるのも時には大事。

弱点以外に「属性開放突き」よりも弱点に「普通の斬撃」

属性開放突き」は爆発攻撃だけれども、肉質の影響を受ける。

当たればデカい強力な攻撃なだけに、弱点部位を外した時のロスも大きい。弱点以外の部位に「属性開放突き」を刺すよりは、弱点部位を普通に殴った方が強かったりする。

もし弱点じゃない部位に刺さってしまったら、状態異常を狙う場合じゃなければさっさとフィニッシュで離脱してしまった方が良い。

リロードをしない立ち回り

前作に比べて「リロード」のゲージ回復量が減ったことと、「剣:変形斬り」でスラッシュゲージが15%ほど回復するようになったことから、「リロード」をしない立ち回りがやりやすくなった。

例えば、攻撃を当てていく時に剣モードに変形させ、離脱する時に斧モードに戻すといった具合に回せると、リロードなしで効率よくスラッシュゲージを使っていける。

そういう時は、新しく追加された新モーションの「剣:変形斬り下がりLスティック後+R2】」が便利。

これでスラッシュゲージを回復させつつ距離を取れる。

離脱時は素直に納刀する

スラッシュアックスの斧モードは大型武器にしては移動速度が早い。

そのため、離脱や回避を斧モードで立ち回りたくなるけれども、そういう時は素直に納刀してしまった方が良い。

前作に比べて納刀速度がかなり上がったので、「隙を見て抜刀>納刀離脱」のヒットアンドアウェイがやりやすくなっている。

アイテムはスラッシュゲージを溜める時に

スラッシュアックスの納刀中のゲージ回復は、他の武器にはない要素。

他の武器ではあまり意識する必要がなかったが、スラッシュアックスに限っては「スラッシュゲージ」がない時にアイテムを使うようにした方が効率がいい。

全部が全部そうタイミングよく使えるわけではないけれども、頭の片隅に入れておくと「スラッシュゲージ」がない時の暇を潰せる。

フレーム回避の重要度が高い

スラッシュアックスはその攻撃性能と引き換えに、防御面がかなりお粗末。

移動も遅く、ガードもできず、大剣の「タックル」のようなカウンター技もない。

そのため、必然的にフレーム回避の重要度が上がる。これができるとできないとでは、パフォーマンスに雲泥の差がでるので、スラッシュアックスを使うならぜひとも練習してマスターしておきたい。

覚えておくと便利なコンボ

操作がシンプルな武器は、各モーションの特徴を覚えた繋ぎ方が大事になる。

モーションの特徴とは、どういう振り方をするとか、どれぐらいの威力があるとか、どの辺に攻撃判定があるかなどなど。

それぞれの用途に合わせた使い方を簡単にでも把握しておくと、シチュエーションに応じてできることの幅が広がる。

スムーズに剣モードに変形させたい時のコンボ

斧:突進斬り斧:変形斬り
Lスティック+△】>【R2

斧モードで距離を詰めて、剣モードに変形させたい時のコンボ。近付いてから剣モードにするよりもスムーズ。

剣で高所を狙う時のコンボ

縦斬り左斬り上げ右斬り上げ>以下ループ……」
△】>【△】>【△

高いところにある弱点を狙いたい時のコンボ。「覚醒ゲージ」の溜まりも悪く威力もそれほど高くないので、使うなら高出力状態の時に。

覚醒ゲージを溜める時に有効なコンボ

剣:二連斬り飛天連撃
〇】>【〇

素早く「覚醒ゲージ」を溜めたい時のコンボ。△の通常攻撃と比べて、強力で「覚醒ゲージ」の溜まりも良い。

これを当てるだけで7割ぐらい溜まる。スラッシュゲージの消費効率も良い。

せっかくの高出力状態も、「スラッシュゲージ」がないと剣を振ることすらできない。そのため、開幕は〇を絡めたコンボでさっさと効率よく溜めてしまいたい。

素早く「属性開放突き」を出すコンボ

剣:二連斬りor剣:飛天連撃属性解放突き
〇】>【△+〇

属性開放突き」は、剣モードの〇ボタン攻撃から派生させると発動が速い。

単体のモーションが剣を一回引いてからブスッといくのに対して、〇からはモーションの流れでサクッと刺せる。

斧モードの必殺技

斧:振り回しなぎ払い変形斬り
〇連打】>【R2

「スラッシュゲージ」がない時のチャンス時に。「斧:振り回し」は素早い定点攻撃で、動かない弱点を殴る時にとても優秀。

そこから派生する「なぎ払い変形斬り」は、スラッシュアックスの全モーションの中でもかなり威力が高い攻撃なので、フィニッシュに最適。

振り回しからの流れで変形させて、剣で追撃する時にも有能。

剣モードのラッシュに

二連斬り飛天連撃右斬り上げ二連斬り飛天連撃
〇】>【〇】>【△】>【〇】>【〇

飛天連撃」の後に△を挟むとコンボを繋げることができ、追加の横切りモーションが発生する。ラッシュ時のお供に。

斧モードのラッシュ中に属性開放突きに繋げるコンボ

斧:振り回し斧:縦斬り斧:変形斬り二連斬り属性開放突き
〇連打】>【△】>【R2】>【〇】>【△+〇

斧:振り回し」から「属性開放突き」に繋げるコンボ。

斧:振り回し」の後の「なぎ払い変形斬り」は、威力は高いがモーションが長くて前方に大きく移動してしまう。そこに「斧:縦斬り」を挟むと、大きく前進することなくその場で素早く変形できる。

斧モードからの「属性開放突き」を弱点に確実に刺したい時に便利。

Sponsored Link

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.