MHW片手剣

【モンハンワールド/MHW】片手剣の操作のコツと立ち回り解説

MHW

更新日:

MHWでは、閃光弾・音爆弾などの投げる系アイテムは全て廃止されてスリンガーになっている。片手剣は抜刀したままスリンガーを使える唯一の武器になった。

操作方法もL2で照準を合わせてのR2で発射というTPSスタイルになって使い易く、結果的に片手剣の優位性が増したんじゃないかと思う。

また、「フォールバッシュ」「ハードバッシュ」「ショート盾攻撃」「突き」の追加で、全体的に打撃属性の攻撃のバリエーションが多くなった。

攻撃・防御・状態異常・移動・罠設置・フィールドギミックなどなど、シチュエーションを選ばない使い易さにさらに拍車がかかった感じ。

PTへの貢献度という意味では、扱いやすさも含めてかなり上位の武器だと思う。

Sponsored Link

片手剣の特徴

片手剣の長所

抜刀中の移動が早く、モーションも短いので回避もしやすいし、盾があるのでガードもできるなどなど、とにかく扱いやすくて生存率が高い。

また、全14武器種の中で唯一抜刀中でもアイテムやスリンガーが使える。

生存力と扱いやすさ、そしてアイテムにモノを言わせた張り付き性能は抜群。

上手く扱えれば継続的に火力を出すことができる上に状態異常も狙い易く、マルチプレイでの貢献度も高い。

使い方によってあらゆる状況に柔軟に対処できる万能さが片手剣の持ち味。

片手剣の短所

一撃の威力が低くリーチも短いので、張り付きながら手数を稼いでいかないとなかなか火力が上がらないのが悩みの種。

慣れるまでは、万能さゆえの中途半端さに悩まされることに。

また、モーションの短さゆえにディレイも短いので、それが裏目に出てコンボの繋ぎは手癖がモノを言う。

そのため、片手剣で高い火力を維持するには結構な練習が必要。

片手剣の使い方

公式では一応△で通常攻撃、〇で特殊攻撃という括りになっているらしいけれども、片手剣に関しては明確な差別化はないように思う。

△+〇は前に移動しながら斬りつける「突進斬り

回避突進斬り」から次の攻撃が来るまでひたすらコンボを繋いでいくのが基本的な戦い方になる。

連打マンでもそれなりの火力がでるが、役に立つコンボを数種類だけでも覚えておくと色々と捗る。

よく使われるコンボは後ほど。

フォールドバッシュ

MHWで追加された新モーションで、片手剣らしからぬ派手さが話題になった。

バックステップ溜め斬り」から派生し、空中に飛びあがって盾を構えながら落ちていく打撃属性。

派手で威力もそこそこ。乗り攻撃やスタミナダメージも狙えて、頭に当てればスタン値を蓄積することもできる万能技。

チャンスがあれば積極的に当てていきたい。

バックステップ」は〇コンボの派生で出せる他、Lスティック+〇で自由にコンボに挟むことができる。

バックステップ」で攻撃をかわして「フォールドバッシュ」につなげられるとカッコイイ。

ガード

盾を持ってはいるもののガード性能は高くないので、できれば使わないに越したことはない。

熟練した片手剣使いにとって盾は鈍器である。

Sponsored Link

片手剣の立ち回り

開幕から先陣を切ってとにかく足元に張り付くべし

モーションが短く回避が簡単なので、積極的に弱点を狙っていっても被弾しにくい。

殴って殴って殴って、回避してまた殴るの繰り返し。

最初から最後までやることはそれだけで、片手剣を極めるということは粘着を極めるということと同義。

回避のタイミングを練習する

回避は全武器種において大事なことなんだけれども、中でも片手剣は別格。

モーションが短い片手剣は、回避させマスターしてしまえばいつでもどこでもどんなタイミングでも常に張り付いていられるため、めちゃくちゃ強くなる。

そのためにはモンスターのモーションを把握することと、攻撃が当たらない位置取りを徹底すること。

さらには「フレーム回避」を練習すると、片手剣の粘着度も格段に増す。

フレーム回避とは

モンスターの攻撃の当たり判定に回避の無敵時間(6フレーム)を合わせる技。回避のタイミング次第では「咆哮」や「当たるはずの攻撃」をすり抜けて回避することができる。

指癖をつける

粘着して殴るだけ。やることはすごい単純なんだけれども、それがなかなか難しいのが片手剣。

なかなか上手くいかない場合は、よく使うコンボを練習して指癖をつける作業をしてみると、モーション中のプレイヤーキャラの動きをコントロールできるようになって張り付きやすさが増す。

後でよく使うコンボを紹介するので、ひとつずつ実践で使ってみて指に馴染ませてみて欲しい。

片手剣のディレイの短さが生きて、かなり直感的に動かせるようになる。

盾コンがなくなった

今までは盾での攻撃は味方をぶっ飛ばしてしまっていた(盾コン)ため、盾のコンボは封印するのが片手剣使いの嗜みだった。

それが、今作からは片手剣の癌だった盾コンがなくなって、盾の攻撃のバリエーションが増えたため、積極的に頭を狙って殴りにいけるようになった。

もう味方の白い目に怯えなくても良いのだ。

よく使うコンボ

突進斬りで切り込む基本の連携

「突進斬り>盾攻撃>斬り下ろし>横斬り」
△〇】⇒【△】⇒【△】⇒【△

「突進斬り」で一気に距離を詰めていくコンタクト時の基本のコンボ。コンボの合間に「回避」や「バックステップ」、「旋回斬り」、「回転斬り」などを挟んで粘着する。

おなじみの定点攻撃連携

「斬り上げ>斬り下ろし>水平斬り>斬り返し」
R2△】⇒【△】⇒【〇】⇒【〇

おなじみの定点攻撃。移動することなくその場で攻撃できるので、チャンス時に弱点を狙う時のお供に。

頭を攻撃して気絶を狙う連携

「盾攻撃>バックナックル>ハードバッシュ>バックステップ+溜め斬り>フォールドバッシュ」
Lスティック↑+〇】⇒【〇】⇒【〇】⇒【〇HOLD】⇒【〇

打撃属性の攻撃を集中させて気絶やスタミナダメージを狙うコンボ。主に頭を狙える時に。

いつでもフォールドバッシュ

「連携中からのバックステップ+溜め斬り>フォールドバッシュ」
【連携時Lスティック↓+〇】⇒【〇HOLD】⇒【〇

連携時に【Lスティック↓+〇】を挟むことでいつでもバックステップが使える。

コンボのどのタイミングでも「フォールドバッシュ」が挟める。

回転斬りからのフォールドバッシュ

「回転斬り>バックステップ+溜め斬り>フォールドバッシュ」
△+〇】⇒【〇HOLD】⇒【〇

「回転斬り」は片手剣の中でもモーション値がかなり高い上に自由にコンボに挟めるため、これまでの作品ではコンボの締めに使われることが多かった。

「回転斬り」からは〇で「バックステップ」に繋がるので、今作ではそのまま「フォールドバッシュ」や「突進斬り」からのコンボが狙える。

Sponsored Link

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.