MHW片手剣

【モンハンワールド/MHW】片手剣の操作のコツと立ち回り解説

MHW

更新日:

片手剣は、モンハンの中では大剣と並んでベーシックな武器です。

扱いやすさから初心者の人にもよくおすすめされますが、できることが多い反面、手が届かない痒いところが多い武器でもあります。

例えば、チャンス時に食らわしたいようなデカい一撃がなかったり、盾はあるけどガード性能が低かったりですね。

しかし、その柔軟さから、極めると状況や相手を選ばない縦横無尽な立ち回りが可能。

そこまでいくにはかなりの鍛錬と知識を必要とするので、一部では「片手剣こそ上級者向けだ」という風潮もあるほどです。

この記事では、初めて片手剣を手に取った人に向けて、基本的な使い方と立ち回りを解説しています。

Sponsored Link

片手剣の特徴

片手剣

片手剣の長所

抜刀中の移動が早く、モーションも短いので回避もしやすいし、盾があるのでガードもできるなどなど、とにかく扱いやすくて生存率が高い。

また、全14武器種の中で唯一抜刀中でもアイテムやスリンガーが使える。

生存力と扱いやすさ、そしてアイテムにモノを言わせた張り付き性能は抜群。

上手く扱えれば継続的に火力を出すことができる上に状態異常も狙い易く、マルチプレイでの貢献度も高い。

使い方によってあらゆる状況に柔軟に対処できる万能さが片手剣の持ち味。

片手剣の短所

一撃の威力が低くリーチも短いので、張り付きながら手数を稼いでいかないとなかなか火力が上がらないのが悩みの種。

慣れるまでは、万能さゆえの中途半端さに悩まされることに。

また、モーションの短さゆえにディレイも短いので、それが裏目に出てコンボの繋ぎは手癖がモノを言う。

そのため、片手剣で高い火力を維持するには結構な練習が必要。

片手剣の操作方法

△:通常攻撃
〇:特殊攻撃
△+〇:突進斬り
コンボ中L3スティック+〇:溜め斬り
R2:ガード

以上が基本的な操作方法。

△で通常の斬りつけ、〇は打撃属性の攻撃を絡めた少し威力が高めのコンボだと思えば良さげ。

派生も割と多めで混乱するかもしれないけれども、片手剣に関しては重要な攻撃のほとんどがコンボの連携によって出すようになるので、基本のコンボをいくつか覚えてしまった方が話が早い。

単発の攻撃で重要になるのは△+〇で前に移動しながら斬りつける「突進斬り

少し歩けば詰めれる微妙な距離でも、殴りながら距離を詰めるこの1発が大事。

こういう細かい積み重ねが片手剣の火力に直結する。

重要なコンボは記事の最後で紹介しているので、とりあえずこの段階では「基本のコンボを覚えた方が早いんだな」程度の意識でいてくれたらと思う。

ガード

盾を持ってはいるものの、モーションが短く回避が簡単なこともあって、「ガード」はほとんど出番がない。

ガード性能も高くはないので、できればガードで攻撃を受けないに越したことはない。熟練した片手剣使いにとって盾は鈍器である。

ちなみに、「ガード」から攻撃を経由することなく直接「バックステップ」に派生できる。

バックステップ」の有能っぷりはこの後に嫌というほど解説しているので、この話は頭の片隅にでも置いておいて欲しい。

フォールドバッシュ

MHWで追加された新モーションで、片手剣らしからぬ派手さが話題になった。

バックステップ溜め斬り」から派生し、空中に飛びあがって盾を構えながら落ちていく打撃属性。

派手で威力もそこそこ。乗り攻撃やスタミナダメージも狙えて、頭に当てればスタン値を蓄積することもできる。

チャンスがあれば積極的に当てていきたい。

バックステップ」は〇コンボの派生で出せる他、Lスティック+〇で自由にコンボに挟むことができる。

バックステップ」で攻撃をかわして「フォールドバッシュ」につなげられるとカッコイイ。

Sponsored Link

片手剣の立ち回り

開幕から先陣を切ってとにかく足元に張り付くべし

モーションが短く回避が簡単なので、積極的に弱点を狙っていっても被弾しにくい。

殴って殴って殴って、回避してまた殴るの繰り返し。

最初から最後までやることはそれだけで、片手剣を極めるということは粘着を極めるということと同じ。

回避のタイミングを練習する

回避は全武器種において大事なことなんだけれども、中でも片手剣は別格。

モーションが短い片手剣は、回避させマスターしてしまえばいつでもどこでもどんなタイミングでも常に張り付いていられるため、めちゃくちゃ強くなる。

そのためにはモンスターのモーションを把握することと、攻撃が当たらない位置取りを徹底すること。

さらには「フレーム回避」を練習すると、片手剣の粘着度も格段に増す。

フレーム回避とは

モンスターの攻撃の当たり判定に回避の無敵時間(6フレーム)を合わせる技。回避のタイミング次第では「咆哮」や「当たるはずの攻撃」をすり抜けて回避することができる。

指癖をつける

粘着して殴るだけ。やることはすごい単純なんだけれども、それがなかなか難しいのが片手剣。

なかなか上手くいかない場合は、よく使うコンボを練習して指癖をつける作業をしてみると、モーション中のプレイヤーキャラの動きをコントロールできるようになって張り付きやすさが増す。

よく使うコンボは後で紹介しているので、ひとつずつ実践で使ってみて指に馴染ませてみて欲しい。

片手剣のディレイの短さが生きて、かなり直感的に動かせるようになる。

盾コンがなくなった

今までは盾での攻撃は味方をぶっ飛ばしてしまっていた(盾コン)ため、盾のコンボは封印するのが片手剣使いの嗜みだった。

それが、今作からは片手剣の癌だった盾コンがなくなって、盾の攻撃のバリエーションが増えたため、積極的に頭を狙って殴りにいけるようになった。

もう味方の白い目に怯えなくても良いのだ。

Sponsored Link

片手剣の基本コンボ

基本の連携

突進斬りショート盾攻撃斬り下ろし横斬り剣盾コンボ
△〇△△△△

突進斬り」は距離を詰めれる上にほぼすべての技に派生できるので、自然と使用頻度が高くなる。

突進斬り」を経由せずに棒立ちから△を押した場合は「斬り下ろし」からのスタートになる。

△でのコンボのメリットは、動作が早いので回避が楽なこと。

コンボ中、以下の攻撃に派生できる。

  • 〇水平斬り
  • L3スティック↑+〇盾攻撃
  • L3スティック↓+〇バックステップ
  • L3スティック左右+△旋回斬り
  • △+〇回転斬り

威力の高いコンボ、スタンを狙うコンボ、自キャラの向きを変えるコンボなど、その時やりたいことによって派生先を自由に選べるのが片手剣の強み。

△でのコンボは、これらのコンボの繋ぐような使い方がメイン。

ここから、それぞれのコンボの特徴やできることを押さえていこう。

水平斬り派生:威力の高いコンボ

水平斬り斬り上げ回転斬りバックステップ+溜め斬りフォールドバッシュ
〇〇〇〇HOLD>〇

全体的にモーション値の高いコンボ。最終的にフォールドバッシュに移行するので連続して斬り続けることはできないが、単純に威力が高い。

基本コンボと同様、メインで使用していくコンボになる。

盾攻撃派生:スタンを狙うコンボ

盾攻撃バックナックルハードバッシュバックステップ+溜め斬り駆け上がり斬りフォールドバッシュ
Lスティック↑+〇〇〇〇HOLD>〇

打撃属性の攻撃を集中させて気絶やスタミナダメージを狙うコンボ。「盾攻撃」から派生できる。

バックステップ派生:フォールドバッシュを撃つコンボ

「連携中からのバックステップ+溜め斬り>駆け上がり斬り>フォールドバッシュ
【コンボ中Lスティック↓+〇〇HOLD>〇

コンボ中に【Lスティック↓+〇】を挟むことでいつでも「バックステップ」が使える。つまり、コンボのどのタイミングでも「フォールドバッシュ」が挟めるということ。

旋回斬り派生:素早い方向転換ができるコンボ

旋回斬り各種コンボ
【攻撃中にL3スティック前以外+△

攻撃する方向を変えたい時の繋ぎに有能。この辺も他の武器にはないアドバンテージ。

△〇どちらのコンボにも派生できる。

もちろん「バックステップ」からの「フォールドバッシュ」にも繋げられる。

回転斬り派生:離脱前のコンボの締めに

回転斬りバックステップ
コンボ中△+〇△+〇

回転斬り」は片手剣の中でもモーション値がかなり高い上に自由にコンボに挟めるが、派生先が「バックステップ」か「旋回斬り」しかない。

離脱前のコンボの締めに使われるのが一般的。

これまでの作品では「回転斬り」後に「ローリング」で離脱するのが普通だったが、今作では「バックステップ」に繋がるのようになったため、そのまま「突進斬り」や「斬り上げ」からのコンボや「フォールドバッシュ」が狙える。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.