Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 1
【MHW】モンハンワールド全14武器種の変更点と使用感レポ【βテスト版】
リオレウスに立ち向かうハンターたち

【MHW】モンハンワールド全14武器種の変更点と使用感レポ【βテスト版】

MHW

更新日:

MHWorldでの各武器の変更点や使用感をまとめて「こんな人におすすめ」という形で簡単に紹介しています。

製品版でどの武器をメインで使おうかを妄想する時の参考にどうぞ。

Sponsored Link

大剣

MHW大剣
一撃の威力にロマンを求める人のご用達。

新モーションの「タックル」は今作の大剣の肝になっている。

連携中に〇で出すことができ、のけぞりやふきとばしを無効化できる打撃属性の気絶値付き。

タックル」からは△で「強溜め斬り」に派生でき、そこからさらに新モーションの大剣最強の大技「真・溜め斬り」に派生できる。

あと何気に革命的なのが、△長押しの「溜め」中に〇を押すと、「タックル」で「溜め」をキャンセルできるようになった。

溜め」中に吹き飛ばされそうなところを「タックル」で耐えて、「強溜め斬り」や「真・溜め斬り」につなげられるので、大型モンスターと正面から斬り合いに行っても十分なリターンが得られる。

さらに、「タックル」からの〇で、これまた新モーションの「飛び込みなぎ払い」にも派生でき、攻撃をしながらモンスターを追ったり、距離を取ったりといった動きも可能。

タックル」「真・溜め斬り」「飛び込みなぎ払い」の3つの新モーションの追加によって、MHWの大剣はタイトルの花形武器の冠に相応しい、より正々堂々とした男らしい戦い方ができるようになってるんじゃないかと思う。

大型モンスターと肉体と肉体をぶつけ合うガチンコ勝負をしたい肉体派脳筋の人におすすめ。

モンハンワールド大剣
【モンハンワールド/MHW】大剣の操作のコツと立ち回り解説

大剣はデカい一撃と移動の遅さからピーキーな性能を想像されがちですが、モンハンにおいては全14種の中でも一番ベーシックな武器です。 操作性は至ってシンプルですが、新モーションの「タックル」の登場でかなり ...

続きを見る

片手剣

MHW片手剣
新モーションの目玉は「バックステップ」後の「溜め攻撃」を当ててからの「フォールバッシュ」。

モンスターを足蹴にして空中に飛びあがってからの、盾を構えた落下攻撃。打撃属性で気絶も狙えるし、モンスターに乗りやすくもなった。

バックステップ」は〇〇〇〇でも出せるし、コンボ中にLスティック↓+〇でいつでも挟める。

地味なところでは「ハードバッシュ」「ショート盾攻撃」「突き」などの新モーションの追加で、全体的に打撃属性を絡めたコンボのバリエーションが増えた。

片手剣のガード性能なんてオマケみたいなもんで、元々ただの鈍器だった盾がさらに鈍器に近くなった。

武器を構えたままアイテムを使える特徴は健在で、特にMHWでは武器を構えたままスリンガーを使えるのが大きい。

攻撃・防御・状態異常・移動・罠設置・フィールドギミックなどなど、シチュエーションを選ばない使い易さにさらに拍車がかかった感じ。

今回はβってことで武器が選べず、総合的な火力はあまり高くなかった印象。とは言え、元々の張り付き性能が高いので属性やスキルの工夫次第で化けるのはいつもの事。

いずれにせよPTへの貢献度という意味では、扱いやすさも含めてかなり上位の武器だと思う。

使えるものは何でも使う、あらゆる手段を講じてモンスターを追い詰めるのが楽しい人におすすめ。

MHW片手剣
【モンハンワールド/MHW】片手剣の操作のコツと立ち回り解説

片手剣は、モンハンの中では大剣と並んでベーシックな武器です。 扱いやすさから初心者の人にもよくおすすめされますが、できることが多い反面、手が届かない痒いところが多い武器でもあります。 例えば、チャンス ...

続きを見る

Sponsored Link

双剣

MHW双剣
鬼人化中の移動速度アップと消費スタミナがダウン、鬼人ゲージを溜め易くなっていたりと色々と管理がしやすい方向にマイルドな変更があった印象

「鬼人突進連撃」が〇ボタン一つで出せるようになっていて、攻撃しながら追うのにも使い易くなった。鬼人中や鬼人ゲージの消費で使用可。

鬼人中に双剣を逆手に持ち替えたり、それに伴ってモーションが一新されたり、「空中乱舞」がリヴァイ兵長みたいにモンスターの体を剣で渡るようになっていたりと、立ち回りよりも見た目の変更の方が印象に残った。

双剣好きの食指が分かってるカプコン。

立ち回りの変化としては、通常時の「鬼人突進連撃」で鬼人ゲージを消費するようになったのと、鬼人中の△コンボの3段目「鬼人六段斬り」を当てることで鬼人ゲージがモリっと溜まるようになった。

高火力と被弾しやすさは相変わらず。

被弾のリスクを背負ってでも火力を追求する人、スタイリッシュにカッコよく戦いたい人におすすめ。

MHW 双剣
【モンハンワールド/MHW】双剣の操作のコツと立ち回り解説

双剣はシンプルな操作性の割に攻撃力が高い分、立ち回りには攻撃の見極めがシビアに求められます。 この記事では双剣の基本的な使い方とともに、モンスターの攻撃の見極め方を解説しています。

続きを見る

太刀

MHW太刀
新モーションの「見切り斬り」“使用に練気ゲージを全部消費するが、回避に成功すると0からいきなりMAXになる”というかなりピーキーな性能。

避けた上に攻撃を当てると「気刃大回転斬り」に派生可能で、その場でオーラを1段階強化できる。

もうひとつ、「気刃突き」“オーラの色が白以上”で発動可能で「気刃兜割」に派生。

「気刃兜割」“オーラの色を1段消費”して“練気ゲージが自動回復するようになる”上にかなり強いので、赤オーラ時は積極的に撃っていきたい技になっている。

これによって、単純に「溜めて消費してまた溜めて」の繰り返しだった「錬気ゲージ」と「オーラ」の管理に動きが加わるようになった。

また「見切り斬り」は、コンボの連携でしか使うことができず、今までみたいに「ぼっ立ちから攻めてくるのを待ってカウンター」という立ち回りができなくなった

つまり、攻め手の中で相手の動きを読み切って反撃しなければ太刀の良さを引き出せない=自分のモーションに加えて、モンスターの方のモーションもしっかり理解してないと上手く立ち回るのが難しい。

一手ごとにしっかり相手の動きを読むことで効率よくダメージを稼いでいけるスタイルは今まで通りなんだけど、より玄人っぽい動きが求められるようになった感じがする。

モンハンワールドの太刀は特に玄人志向の人におすすめ。

MHW太刀
【モンハンワールド/MHW】太刀の操作のコツと立ち回り解説

太刀は比較的扱いやすい部類の武器で初心者の人にもよくおすすめされます。 しかし、相手の攻撃のタイミングに合わせて発動するカウンター技の「見切り斬り」、「錬気ゲージ」や「オーラの色」の管理、位置取りの上 ...

続きを見る

ハンマー

MHWハンマー
圧倒的のリーチのなさに見合った攻撃力の高さとスタミナをゴリゴリ削るいつものハンマー。強い。

溜め中に〇ボタンで「力溜め」の新モーションが追加されて、気絶値+ダメージアップ+のけぞり無効で溜め攻撃がキャンセルされなくなってかなり使い易くなった。

また新モーションの「叩きつけ」は、“こいつだけは絶対に潰す”というハンターの硬い意志が感じられる。

あとは溜め中のスタミナ消費が緩やかになって使い易くなったり、繋ぎの新モーションが追加されたり、全体的に使い易く調整されている感じ。

立ち回りに特に大きな変更がない当たり、完成度の高い武器なんだろうなと勝手に思ってる。

シンプルなようで技の派生が少し複雑で、隙が大きいだけにその辺だけちょっと慣れが必要。

柔らかかろうが硬かろうが構わず粉砕する爽快感は相変わらず。

見た目通り、物理で殴るのが楽しい純脳筋の人におすすめ。

MHWハンマー
【モンハンワールド/MHW】ハンマーの操作のコツと立ち回り解説

ハンマーは立ち回りも操作もシンプルで、実はあんまり書くことがなかったりします。 ただ「溜め」を交えた攻撃のバリエーションが多いので、その辺だけ少し慣れが必要かも。 というわけで、この記事ではハンマーの ...

続きを見る

Sponsored Link

狩猟笛

MHW狩猟笛
画面の右上に常に旋律と音色に対応したボタンが表示されるようになったのがすごく便利で、個人的にはこれが一番嬉しい。
狩猟笛の旋律一覧UI

新しい武器を作っても音色とコンボを覚えていく必要がなく、とりあえず担いでぶっつけで試せるようになった。

新要素としては、旋律が3つまでストックできて【R2】【R2+△】【R2+〇】でどれを使うかを選べる上に、一度に3つの旋律を全て演奏することができるようになったことが大きい。

狩猟笛のストック

演奏中のR2ボタンの「重ね掛け」で、複数の旋律を同時に強化できる。

文章にすると複雑になったように感じると思うけど、やってみると実はかなりシンプルで柔軟。

旋律をストックできることそのものよりも、それによって音符を溜めることをある程度無視してモーションを選べるのが大きい。隙を見て「演奏攻撃」が挟むのがかなり楽になった。

笛使いの人にとってはかなり面白い変更になってるんじゃないかと思う。

立ち回りに関しては、旋律のストックに加えて「演奏攻撃」に衝撃波が追加されて威力が上がったので、今までよりも「演奏攻撃」を当てながら旋律効果を維持していくのが重要になったんじゃないかと思う。

モンハン唯一のサポート特化武器の立ち位置は変わらず、強力なバフでメンバーをサポートしたい人におすすめ。

MHWorld狩猟笛
【モンハンワールド/MHW】狩猟笛の操作のコツと立ち回り解説

覚えることが多くて慣れるまでが大変だけれども、熟練したカリピストがいると狩猟がかなり楽になる、マルチプレイで一層輝く武器種です。 この記事は、初めて狩猟笛を手に取った人は一流のカリピストになるための第 ...

続きを見る

ランス

MHWランス

ガードダッシュ」からさらに長い距離を追える「飛び込み突き」の追加。

前ステップ」の追加や「バックステップ」の距離が伸びたりといった移動関連の改善。

さらに「突進」中に「左右ステップ」や「ターン」ができるように。

細かいところでは「カウンター突き」「キャンセル突き」の使い勝手が良くなったりと、全体的に使い易くなるような調整がされている。

中でも一番の目玉は、瞬間無敵スキルの「パワーガード」。

パワーガード」受付中はスタミナを消費し続け、1発でも攻撃を受けるとその後の攻撃は全てスタミナ消費0でガードできるという新アクション。

スタミナ消費が早いので使うシチュエーションを選ぶけれども、ガードに成功すると「カウンター突き」と「突進」をのけぞり無効で派生でき、今までなす術がなかったモンスターの連続攻撃をガード>カウンターの理想的な形で凌げるようになった。

ランスの醍醐味である「モンスターに何もさせずに突き殺す」という戦い方に、さらに幅と技術が加わった感じになっているんじゃないかと思う。

特に派手さはないけれども、終わってみれば何もさせていない……というような、いぶし銀な立ち回りが好きな人におすすめ。

【モンハンワールド/MHW】ランスの操作のコツと立ち回り解説

ランスは、同じ近接武器種と比べても立ち回りが異質で、難しいと言われることが多いです。 割に立ち回りは地味で、上手く扱えたからと言って特に目立つことがありません。 しかし、熟練のランス使いが鉄壁のガード ...

続きを見る

ガンランス

MHWガンランス
ランスよりも張り付くのは苦手だけど、デカいダメージを継続的に入れられるロマン砲ガンランス。

操作方法の一新と新要素の追加でかなり違う武器になっている。

  • 前ステップと連続ステップの追加
  • コンボ3発目の突き
  • ジャンプ斬り上げから空中フルバースト、ジャンプ突き、ジャンプ叩きつけなど、空中戦が幅広くなった
  • ジャンプ叩き付けからのフルリロード
  • クイックリロードが出しやすくなった上にフルリロードする
  • 砲撃が連射できるようになった
  • 水平突きが3連続になった

などなど、好きなタイミングに火力を集中させやすくなったのとリロードも挟みやすくなったので全体的な使い勝手が良くなっている。

代わりにヒートゲージが撤廃されて、これまでのガンランスに比べてかなり動きのある武器に変わった。

目玉はやっぱり新要素の「竜杭砲」

MHWから追加された新モーションで、モンスターにブスっと杭を打ち込んで、爆発させるというえげつない攻撃。

上手く刺さると気持ちいい。

一撃必殺の「竜撃砲」も健在。

爆発的な火力にロマンを感じる人におすすめ。

MHWガンランス
【モンハンワールド/MHW】ガンランスの操作のコツと立ち回りの解説

ガンランスは、極端に移動速度が遅い割に連携から繰り出す攻撃が多く、一見難しい武器のように思われがちです。 ですが、やってみると動き自体は割とシンプル。実は扱いやすい部類の武器だと思います。 この記事で ...

続きを見る

Sponsored Link

スラッシュアックス

MHWスラッシュアックス
斧モードと剣モードを切り替えながら戦う大型武器。

防御面がお粗末で被弾しやすい分、攻撃力に特化していて時間当たりのダメージかなり高い。

主な変更点としては、「変形斬り」のコンボルートが大幅に追加されて、斧と剣の変形がかなり自由になった他、スラッシュゲージが溜まりやすくなってたり、3割ぐらいから剣に変形できるようになっていたり、基本コンボが一新されたり、全体的に扱いやすくなる方向に調整されている。

また、新要素の「覚醒ゲージ」は、スラッシュアックスの新しい代名詞。

スラッシュゲージを囲んでいる剣アイコンが「覚醒ゲージ」で、剣で攻撃していると溜まっていって満タンになると高出力状態になる。

高出力状態では、斬りつけと同時に属性追加ダメージを与える他、「属性開放突き」がモンスターをに張り付いて剣を突き刺すアクションに変化する。

特に剣モード時の追加ダメージは双剣もびっくりの手数になっていて、2ケタのダメージがボコスカ入る様は見ていても気持ちが良い。

立ち回りに関しては、斧で「スラッシュゲージ」、剣で「覚醒ゲージ」を溜めていくスタイルの武器になったことで、斧と剣を柔軟に使い分けることがより重要になった。

扱いやすさに関する調整にしても、「もっとガチャガチャ変形させながら戦う武器にしたい」っていう開発側の意図みたいなものが感じられる。

トップクラスの攻撃性能は相変わらず。

攻撃は最大の防御。殺られる前に殺るスタイルの人におすすめ。

MHWスラッシュアックス
【モンハンワールド/MHW】スラッシュアックスの操作のコツと立ち回りの解説

スラッシュアックスは防御面を犠牲にして攻撃力に特化した、かなり尖った大型変形武器です。 同じ変形武器のチャージアックスに比べるとかなりシンプルで、初心者の方にも取っ付きやすいんじゃないでしょうか。 そ ...

続きを見る

チャージアックス

MHWチャージアックス

  • 斧:切り上げ」「斧:叩きつけ」のモーションが少し変化
  • 高圧属性斬り」で剣の属性強化が可能になった
  • ステップ」や「移動斬り」が増えて距離の調整がしやすくなった
  • 超高出力属性解放斬り」を使っても「属性強化状態」が終わらなくなった
  • 盾突き(超)高出力属性斬り」のコンボが復活した
  • 「ガードポイントでのガード(超)高出力属性解放斬り」のカウンターが復活した

全体的にMH4Gの頃に近い仕様に戻り、剣と斧の行ったり来たりがかなり楽になった。(主に「盾突き高出力属性斬り」コンボと終わらない「属性強化状態」のおかげ)

もうひとつ大きな変更としては、「高圧属性斬り」による剣の属性強化が新要素として追加され、ただでさえ複雑な操作と管理が余計にややこしくなった。

その反面、チャージアックスの面白さのひとつである個性と汎用性の幅が広がったとも言える。

難しい武器を状況に応じて使いこなして、デカい一撃を顔面にくれてやった時の脳汁を体感したい人におすすめ。

mhw-charge-blade
【モンハンワールド/MHW】チャージアックスの操作のコツと立ち回り解説

チャージアックスは、どんなシチュエーションにも高いレベルで対応していける反面、とにかくコマンドが複雑で使いこなすのが難しい。 そのため、少し触ってみて「難しい」とポイされる宿命を背負った武器でもありま ...

続きを見る

操虫棍

MHW操虫棍
絶対乗るマン。空中をぴょんぴょん飛び回りながら戦うのが楽しい。

MHXでの新仕様だったスタイルが撤廃されたのもあって、自由自在な空中戦は操虫棍の専売特許になっている。

目立った新モーションは「ジャンプ突進斬り」と「空中回避」の2つ。

ジャンプ突進斬り」は、最後の一撃を当てると再び空中に飛びあがり、再度「空中回避」と「ジャンプ突進斬り」が撃てるようになる。

当て続けると延々と空中にいられる。(5回までらしい)

エキス強化状態時のズバ抜けた火力・手数・機動力は相変わらず。反面、エキスの採取と維持に手間がかかるのも相変わらずだが、猟虫の操作面に大きな改良が。

今まではハンターの正面に水平にしか飛んでいかなかった猟虫をL2で照準を合わせて、R2で飛ばせるようになった他、自分で直接攻撃を当てて採取が可能になったので、エキス集めがかなり楽になった。

さらに、印弾を当てた部位に粉塵起こすようになっていて、その部位に攻撃を当てると爆発を起こす。この爆発は、猟虫の種類に応じて効果が変わるらしい(毒、麻痺など)

かなり使いやすくはなったものの、クセとムラの強さは随一。一風変わった攻め手に惹かれる人におすすめ。

MHWorld狩猟笛
【モンハンワールド/MHW】狩猟笛の操作のコツと立ち回り解説

覚えることが多くて慣れるまでが大変だけれども、熟練したカリピストがいると狩猟がかなり楽になる、マルチプレイで一層輝く武器種です。 この記事は、初めて狩猟笛を手に取った人は一流のカリピストになるための第 ...

続きを見る

Sponsored Link

MHW弓
全14武器の中で、弓の変更が一番大きかったかも。

まず、ガンナー全般の変更で、射程外に出ると「OUT OF RANGE」という表示が出るようになったのと、照準がL2、射撃がR2に統一され、一般的なTPSに近い操作感になっている。

モンハンの弓と言えば、武器によって「連射・拡散・貫通」と撃てる矢が決まってるのが普通だったのが、この仕様は全て撤廃。

R2で従来の連射に近い「溜め撃ち」。

〇で「クイックショット(拡散)剛射曲射」がコンボで繋がる。

剛射」や「曲射」を1手2手で出すこともでき、弓の種類に関係なく幅広い距離で戦えるようになった。

△+〇で「竜の一矢」。従来のいわゆる貫通矢。“射角は狭くて隙も大きいが、当たれば威力が高い必殺”のような扱いになっている。

そして、今作の弓の立ち回りのキーポイントになっているのが「チャージステップ」。

L2で照準を構えながら×を押すことで、回避行動を取りながら溜めを1段階上げられるという新アクション。

チャージステップ」を上手く使いながら“溜め”と“距離”を調整し、距離に応じた矢を選んで継続的にダメージを積み重ねていく、従来の弓よりもかなり複雑な操作が求められるようになっている。

中距離でテクニカルな立ち回りをしたい人におすすめ。

【モンハンワールド/MHW】弓の操作のコツと立ち回り解説

MHWからの変更点がおそらく一番大きい武器種。どうやって使えば良いのか戸惑っている人も多いと思います。 今回の弓は「チャージステップ」を起点に、距離に応じたコンボを繋いでいくのが基本的な立ち回り。とい ...

続きを見る

ライトボウガン

MHWライトボウガン
まず、操作方法が大きく変わってる。

今まではR1でエイムして〇で射撃だったのが、L2でエイムしてR2で射撃する一般的なTPSの操作方法に変更。

走りながらのエイム、射撃、リロードが可能になった。

射撃後のステップはスライディング回避に派生するようになり、回避距離がかなり伸びた。スライディングしながらの射撃も可能。

空撃ちがなくなって自動リロードするようになった他、連射の感覚が短くなったのもあってかなり使い易くなってる。

弾の調合のシステムも変わっていて、必要なアイテムが一種類だけになったが、Lv2の弾を作る時にLv1の弾を、Lv3の弾を作る時にはLv2の弾を使うようになった。

また、ライトボウガンはシリーズ総じて火力が低いことがネックだったのが、新要素の「起爆竜弾」の追加でチャンス時の火力不足が補われている。

「起爆竜弾」は、〇ボタンで使用できる地面に設置する地雷型の特殊弾。モンスターが踏んだら爆発する。

最大3つまで設置可能で、時間が経つと1発ずつ自動でリロードされる。味方の攻撃でも爆破するが、爆発してものけぞりがないので邪魔にはならない

シリーズを通して属性弾や状態異常弾を使用したサポート的なポジションだったんだけど、「起爆竜弾」の仕様を見るに今作も多分そんな感じ。

火力を出すというよりは、弾を使い分けて味方をサポートするような立ち回りをしたい人におすすめ。

とは言いつつ、極まったライトボウガン使いがバカみたいな火力を出すこともあったりして、なかなかどうして極め甲斐がある武器だと思う。

ヘヴィボウガン

MHWヘヴィボウガン
ライトボウガン同様の操作方法の変更があり、全体的に使い易くなった。回避のモーションも変わって移動距離が伸びてる。

新要素は「機関竜弾」「狙撃竜弾」。武器によってどちらを使えるかが決まっていて、〇ボタンで装填、使用。時間が経てば右下のゲージが回復して再度使用可能になる。

「機関竜弾」はマシンガン。溜まるのは遅いけどとんでもない瞬間火力を出す。動きが鈍いモンスターやチャンス時のラッシュに有効。

「狙撃竜弾」はスナイパー。溜まるのが早く、一撃がデカい。動きが早いモンスターに対しての継続ダメージ用って感じ。

通常時の火力はそこそこだけど、チャンスのラッシュの時にヒャッハーする役回りなのは相変わらず。

マルチでは広い距離で継続的な火力を出していける上にサポートもできるので、PTの構成に合わせたフレキシブルな運用ができるのも強み。

狙撃かガトリングかで立ち回り方に幅が生まれた感じもある。

遠距離での数字を求める人におすすめ。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 231

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.