オスプレイ

ニュースキュレーション

米軍オスプレイの日本にとってのメリット・デメリットを分かりやすく解説

更新日:

度々の墜落で話題に上るオスプレイ。ニュースで見ているとマスコミが地元住民の反米感情だけをこぞって取り上げているせいで、一般的にも“良くないもの”なイメージが付いてしまいがちです。

オスプレイが運用されるのは、相応のメリットがあるからです。スキャンダラスな言葉を並べ立てて煽ろうったってそうはいきません。今はネットの時代ですから、偏向報道連発のマスコミに頼らなくても調べればちゃんと情報は手に入ります。

「良く分かんないけど危ないんでしょ?」というところから一歩進んで、オスプレイのメリットとデメリットを分かりやすく解説しようと思います。

Sponsored Link

オスプレイとは

まずはオスプレイとは何か?ということから。

オスプレイとは、簡単に言うと水平・垂直に飛べる新方式の速くて長く飛べる航空機です。難しい言葉を使うとティルトローター方式を採用した垂直離着陸機うんぬんかんぬんあるんですが、水平垂直に飛べるNEW航空機という感じで覚えていればOK。

従来の航空機に比べて速くて長い距離を移動できるのが特徴です。この辺がNEW!!なんですね。

従来の航空機は回転翼機(ホバリングが出来るが遅い)固定翼機(早いけどホバリングが出来ない)の2つの方式で運用されていましたが、この二つのメリットを良いとこ取りしたのが新方式のオスプレイです。

メリット

「長い距離を移動できて速い上に多くの荷物を輸送できる」これに尽きます。

そう、単純に機体性能が段違いなんです。オスプレイMV-22と従来機であるCH-46の基本性能を比較した表があるので、参考に見てみましょう。

速度約2倍、行動半径約4倍、搭載量約3倍です。これが何を意味するかというと、一分一秒を争う有事の際、より迅速に、より遠くへ、より多くの物資を届けることができるだということです。

被災地の救助、物資運搬の助けになる

さらに、オスプレイは回転翼機のように垂直離着陸が可能です。ということは、固定翼機みたいに滑走路がいらないんです。

これが実は軍事的にはとても重要なことで、整備された滑走路など望めない被災地、あるいは中国や韓国が強奪しようと虎視眈々と狙っている尖閣諸島や竹島のような無人島にも着陸できるということです。

熊本地震の際も、オスプレイ大活躍でした。ネパール地震の際も救援活動に奔走しています。

「あれは安倍総理の政治ショーだ」なんていう話もありましたが、それについての詳細はこちらの記事が勉強になりました。

尖閣諸島防衛の強力な味方になる

最近では、中国、韓国ともに実力行使も辞さないと言わんばかりの恫喝が目立つようになってきました。普天間基地のオスプレイは南西諸島防衛の強力な味方になることは、誰でも想像できるでしょう。

従来機が沖縄から出ることも出来ないのに対し、オスプレイの行動半径は、沖縄はおろか韓国や台湾まですっぽり覆っています。

Sponsoerd Link

デメリット「安全性」

オスプレイを配備するデメリットとして指摘されているのが飛行の安全性。数字としては10万時間の飛行に対して従来機であるCH-46の事故率が1.11件なのに対して、オスプレイが3.69件。ちなみに他の航空機の事故率を並べてみると、海兵隊所属航空機2.45件(ヘリを含む平均)フィリピン航空2.47件、コリアンエアー2.58件、チャイナエアライン7.16件

実際に事故が起きては鬼の首を取ったかのように報道されているので、事故が起こっているということは誰もがご存知かと思います。しかし、肝心の事故率を見ると普通ぐらい。ともあれ、この数字を信頼するかどうかについても各方面で盛んに意見が交わされているようで、事故率が低いから安全だ!とも言い切れないのもまた事実。

しかし、マスコミの報道を見ていると、問題はいつも「オスプレイの安全性」から「普天間米軍基地と近隣住民の摩擦」に話がすり替わります。要するに「オスプレイの事故」は、米軍と近隣住民の摩擦を煽る餌に過ぎないということ。ただ反感を煽っているだけで、あまり建設的とは言えませんね。

騒音問題のデマ

これに至っては全くのデマです。騒音を理由に反対運動してた人達の背後で、オスプレイが気付かれずに離着陸してたとか、後から来たCH-47チヌークに反対を叫んでたとか、反対の声の方がうるさいとか、色々な面白い逸話があるぐらい。

騒音なんて数値で測れるんだから、なぜこうした運動が起こるのか全く不思議でなりません。こうした動きの裏側には、オスプレイを嫌がる中国の手が動いているという噂も。

いずれにせよ、オスプレイについては地下で様々な思惑が蠢いているのか、デメリットを取り上げた反対の話になるとどうしてもややこしくなってきます。メリットを覆すような論調もあり、賛否両論なのが現状でしょうか。

まとめ

この記事では、オスプレイのメリットをデータで紹介してきました。オスプレイに賛成しよう!という積極的な意図はありませんが、個人的には「ややこしいものは信用ならん」と思っているのでどちらかと言えば賛成派です。ネット回線や電話契約の販促キャンペーンなんて、複雑すぎてどこも信用ならなくて困ります。

そもそもデータをあまり蔑ろにすると話自体が成り立たなくなりますし、いつまで経っても先に進めません。

米軍は従来型のCH-46を全てオスプレイに置き換えており、米軍が動くならもうオスプレイしかありません。オスプレイを反対するなら普天間基地の移設、あるいは撤退ということになるんですが、その辺に踏み込むとさらに複雑で長い話になってしまうので今回は割愛させて頂きます。

トランプ氏の発言から米軍撤退の話も全くないわけではなさそうですが、そうなると日本は自前で東シナ海をにらむ軍備を整える必要が出てきます。準備が出来ていないからといって、相手は待ってくれそうにありませんからね。そして、それらを一から整えるとなると、維持費も含めて莫大な予算がかかることは必至。そしてそれを負担するのは、やっぱり僕たち国民です。

この記事はオスプレイ賛成について積極的な意図はありませんが、オスプレイデマに踊らされた反対運動が日米関係の足枷にならないかが心配です。

Sponsored Link

おすすめの記事

筋肉モリモリの女性 1

突然ですが、あなたの強みを教えてください。 何個出てきます? この手の質問は困りますね。自分で自分をベタ褒めする感じになりますし、強みもちょっと言い換えれば弱みになってしまうし。 そんな時は、もう人に ...

2

一日中モニターと睨めっこしていて、眼が赤いあなたに朗報です。 モニタのブルーライトをカットして、眼に優しい色合いにしてくれるフリーソフト「f.lux」があなたの目を癒してくれます。 ほんとに。ほんとに ...

人間はフルーツだけで生きていける 3

食べ物のみならず、飲み物も一切口にせず、必要な栄養はすべてフルーツから取っているという徹底振りでフルーツの伝道師と呼ばれている中野瑞樹さん。 彼が地上波に出たことをきっかけに、少しずつフルーツへの関心 ...

-ニュースキュレーション

Copyright© 記者ぽっ報 , 2017 AllRights Reserved.