Overwatch Roles

Overwatch

【オーバーウォッチ】ロール毎の役割と立ち回りの基本【初心者向け】

更新日:

5月4日に始まったOβも終わり、いよいよ発売まで10日を切ったOverwatch。

4日から11までの7日間で40時間ちかくプレイしてしまいましたが、やっぱりロール制だけに他のFPSとは随分違っています。

そこで、今回は発売後に初めてプレイするという初心者の人に向けて、これだけは押えておきたいロール毎の役割と立ち回りの基本を簡単に解説してみました。

かなり主観なので正しいかどうかは分かりませんが、参考になったら嬉しいです。

Sponsored Link

ロール毎の役割

このロール制がこれまでのFPSと一線を画すOverwatchの大きな特徴ですね。

ロールによって出来ることと出来ないことがはっきりと分かれているので、それぞれに割り振られた仕事をこなすことがまず第一。

それ以上のことをしようとするとあっさりチームが崩壊しますし、仕事がこなせなくてもまた然り。

というわけで、まずはそれぞれのロール毎に「何が出来るのか」と「どういう役割を持っているのか」を簡単に説明します。

オフェンス

Overwatch Offense
継続的に様々なシチュエーションで火力を出せるロール。火力で前線を押し上げたり、裏を取って敵の不意を撃つのが得意です。

臨機応変に様々な距離で戦えるので、味方が戦っているところにいち早くカバーに入るのがオフェンス系の一番大事な仕事です。

反面、結構柔らかいので狙われると一瞬で溶けますが、どのヒーローも的になった時にリカバーできる性能があります。

すばやく的確な状況判断が求められるロールです。

ディフェンス

Overwatch Defense
敵を迎え撃つのが得意なロール。目標を守ったり、敵の侵攻を食い止めたりするのが得意です。

一人で場を制圧できるポテンシャルを持つ反面、機動力に欠けて特定のシチュエーションにやたら弱いのが特徴。うっかり前線を越えたりするとあっさり処理されます。

活躍できる機会を選ぶヒーローが多いので、的確な位置取りと戦況を見る目が特に大事なロールだと思います。基本的には弾幕を張るお仕事。

タンク

Overwatc Tank
硬い。攻撃を受けながら敵の陣形を崩したり、的になって味方を守ったりするのが得意。チームの連携の中心になるのがタンクです。

火力もそこそこですが、どのヒーローも遠距離攻撃に難あり。いかにして敵に近付くかにヒーロー毎の特性があります。

攻撃と防衛の起点であり中心となるだけに、味方の連携がないと何も出来ません。その分、タンクと上手く連携してくるチームは強いです。

サポート

Overwatch Support
味方を癒したり、テレポートさせたり、シールドを張ったりと、チームの継戦力の要となるロールです。

ヒーロー毎に“チームの連携の仕方”との相性があるので、野良ではステージによってチョイスされることが多いですね。

どれだけ死なずに仕事が出来るかがとにかく大事。死なないサポートはそれだけで厄介です。

立ち回りの基本

Overwatch
立ち回りそのものはFPSの基本とさほど違いはありません。

ですが、他のFPSに比べてもチームの連携がかなり重視されている作りなので、「一人が無双してチームが勝つ」ということがほぼないです。

キルレートもありませんしね。

他のFPSではまずエイムとリコイルコントロールの基本、それから連携と立ち回りを学ぶというのが上達の順序だと思うんですが、Overwatchではそれが逆になっているように思います。

なので、初心者の方はまず立ち回りの基本を押さえていけば、野良でもそれなりの結果を残せるようになるかと。

仲間と一緒に行動する

数の力は偉大です。絶対に一人で行動してはいけません。

仲間と連携するために一人で移動するとかならいざしらず、一人で敵につっこむなんて愚の骨頂。必ず仲間の援護が届く場所で戦いましょう

当たり前の事のように思えて、実践してみると意外と難しいんですよね。

野良だと陣形が延びすぎてどこが前線なのか分からないなんてこともしょっちゅう・・・。それも攻撃側になると「復活したらすぐ突っ込んで順番に各個撃破され続けて時間切れ」というシチュエーションを嫌になるほど見ます。

特にタンクは一人では何も出来ないので、仲間と一緒に行動しなければただの硬めの的です。逆に他のロールはタンクを中心に連携していくことを心がけると良いと思います。

相性の悪いヒーローに無理に挑まない

初心者の頃に立ちはだかる大きな壁は、バスティオンのアホ火力とトールビョーンのタレットでしょうか。

誰もが一度は「どないしたらええねん!!」と思ったはず。

相性の良いヒーローであれば恐るるに足りませんが、無理に正面から挑むとあっさり蹴散らされます。

タレットやバスティオンを見かけたら別ルートを模索するのも手。ともあれ、まずは各ヒーローの特性を頭に入れることが第一歩ですね。

一通り全部使ってみて、得意なシチュエーションと苦手なシチュエーションを体感するのが早いと思います。

マップを覚える

基本中の基本ですが、OverwatchはHUDにミニマップがないので足を使って覚えるしかありません。

ステージが多い上にそれぞれのロールやヒーロー、また攻撃側か防衛側かによって有利な場所や不利な場所が違うので大変ですが、マップを制するものはFPSを制するという格言もあったりなかったりするので頑張ってください。

集中攻撃は避ける

ありがちなのは狭い道から開ける場所に出たところを集中攻撃されたり、敵が待ち構えてる場所に入り口から真っ直ぐ入って瞬殺されるシチュエーション。

敵の陣形が思ったよりも伸びていて、挟まれる形で集中攻撃されたりすることもあります。

複数人の射線が通る場所は一人で突っ込むと絶対死にます。タンクでも秒かからずに溶けたりします。

火力を集中させる

浮いた駒から寄って集って確実に。

一人でタンクを殴り続けてもサポートにあっさり回復されて徒労に終わることが多いです。または一人で敵を追いすぎて、カバーに入られて返り討ちに合うパターンもよくあります。

浮いた駒に火力を集中させて一気に落とすがロール制ゲームの基本。味方の射線と位置には常に気を配って起きたいところです。

Sponsoerd Link

あとがき

Overwatchの動き方を初心者向けにまとめてみました。FPSに慣れた方にとっては「何を当たり前のことを偉そうに語ってるんだこいつは」ぐらいの内容だと思います。

でも知ると知らないとでは個人の勝率はもとより、チームの勝敗にも直結してきます。どれだけ良く出来たゲームだろうと、勝てないと面白くないですからね。

Sponsored Link

おすすめの記事

筋肉モリモリの女性 1

突然ですが、あなたの強みを教えてください。 何個出てきます? この手の質問は困りますね。自分で自分をベタ褒めする感じになりますし、強みもちょっと言い換えれば弱みになってしまうし。 そんな時は、もう人に ...

2

一日中モニターと睨めっこしていて、眼が赤いあなたに朗報です。 モニタのブルーライトをカットして、眼に優しい色合いにしてくれるフリーソフト「f.lux」があなたの目を癒してくれます。 ほんとに。ほんとに ...

人間はフルーツだけで生きていける 3

食べ物のみならず、飲み物も一切口にせず、必要な栄養はすべてフルーツから取っているという徹底振りでフルーツの伝道師と呼ばれている中野瑞樹さん。 彼が地上波に出たことをきっかけに、少しずつフルーツへの関心 ...

-Overwatch

Copyright© 記者ぽっ報 , 2017 AllRights Reserved.