節分の豆

なぜ節分に豆を食べるの?正しい数はいくつ?意外と知らない豆まきの由来。

節分

更新日:

なぜ節分には豆を撒くの?なぜ歳の数だけ食べるの?そもそも節分ってなんじゃー!

そんな疑問に、あなたは答えられるでしょうか?

豆をまいて鬼を払う節分の日。誰もが知っているようで、その意味や由来の話になるとネット上でも、間違っている話や一部しか語らない情報がたくさんあって、正確に輪郭を掴むのが難しくなっています。

しかし、それもやむなし。「節分」は、とても複雑な経緯を経て今の形になっているのです。

そんな節分の由来や、豆まきに関する「なぜ?」を全部解決します!

Sponsored Link

節分とは


現代の暦では2月3日が「節分の日」ということになっています。しかし、本来、節分は「節を分ける」、つまり、季節の変わり目の事を意味しています。

昔は立春、立夏、立秋、立冬の前日を季節を分ける日として「節分の日」と呼びました。節分は1年に4回あったのです。

そのうち、2月3日の立春は“一年の始まりの日”として特に尊ばれていました。中国から太陰暦が入ってくる以前、日本では、全ての生き物が芽吹く春の最初の日が1年の始まりの日とされており、その前日の「節分の日」は、現代の「大晦日」にあたる日だったのです。

この日は、昨年の厄を落とし来年に福を招き入れる様々な行事が盛んに行われました。今でも、節分の日を「年越し」と呼ぶ地域や、伝統的な正月行事を節分に行う地域もあります。

こうして、立春の前日である2月3日だけが、大昔の大晦日とお正月の名残りとして「節分の日」となり、現代に残っているのです。

節分の由来

「節分の日」の起源は、平安時代だと言われています。当時は、季節の変わり目には邪鬼が生じると信じられていました。

それを払うために行われたのが「追儺(ついな)」と呼ばれる宮中の行事で、大晦日の日になると鬼を追い払う役の役人1人と、その脇に使える役人20人が、天皇の在所「内裏(だいり)」を掛け声をかけながら回ったと伝えられています。

追儺

しかし、いつしか鬼を追い払う役が鬼の役として追われるようになります。

室町時代以降には豆を打って鬼役の人を追い払う行事に変わり、その後、徐々に大衆に定着していきました。

二十四節気や鬼など、節分の基本的な考え方は中国から伝わっており、立春は中国語でそのまま「りっしゅん」と読むことが出来ます。「追儺(ついな)」の儀式もその時に一緒に伝わったものだと考えられています。

節分に豆をまく理由

なぜ節分の日に豆をまくんでしょうか?

ネット上では「『追儺(ついな)』の時に行われた『豆打ち』の行事が残った」という記事をいくつか目にしました。しかし、それは誤りです。

“豆打ち”は、文献に初めて登場した時から節分の行事として記されており、「追儺(ついな)」とは全く別の行事で、神社仏閣で行われていました。

日本の豆まきは、その由来が少々複雑で、豆にまつわる様々な信仰が混在して現在の形になっています。

悪霊退散の“豆打ち”

鬼 浮世絵
昔は、大豆には穀物の霊が宿っていて悪霊を退散させることが出来ると信じられてきました。

節分には炒った大豆を打って、鬼を追い払いますね。

豆を「魔滅」とし、豆を炒ることで「魔の目を射る」となることから、炒った大豆を「福豆」と呼び、節分の日に撒くのです。

  • 昔の「鬼」は幽霊だった?
  • 節分に登場する「鬼」は、現代で一般的に考えられている鬼とは少し違い、霊的な災いを象徴しています。昔の人は、飢饉や病気など、あらゆる厄災を鬼の仕業と考えていたのです。今でいう「幽霊」に近いニュアンスですね。

    「鬼」という漢字は「死者の魂」を原義としており、「死霊」を意味する中国の鬼が6世紀頃に日本に入り、現在の日本固有の「鬼」になったと言われています。

豊作を願う“豆まき”

稲田 風景 日本
邪鬼を払う“豆打ち”とはまた別に、“豆まき”と言うと豆の種を畑に撒く仕草を模倣した作法だったとも言われています。その豆を拾うことを「草取り」といい、来年の豊作を願う予祝行事の一つとして行われていました。

邪鬼を払う「追儺(ついな)」とは元々別の行事でしたが、暦が変わっていった関係でいつしか同じ日になり、鬼を払う“豆打ち”と融合していったという説が有力です。

炒った大豆じゃないとダメなの?

豆を炒ることもまた、豆にまつわる信仰が関わっています。

先ほどの「魔の目を射る」という語呂合わせから、炒った大豆を使うという話は先ほど説明しましたね。

また、生の豆を撒いてもし芽が出たら「芽が出る」=「魔の目が出る」とされ、縁起が悪いとも言われています。

さらに、陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」)で言うと鬼は「金」にあたり、豆は「土」。生のままだと鬼に弱いので、「火」で炒ることで、鬼を封じ込めるという意味もあるのです。

また、節分の日には豆を炒って来年の天候や吉凶を占う「豆占(まめうら)」という占いが行われていました。12個の豆を囲炉裏に並べ、白く灰になった月は晴れ、黒く焦げた月は雨、ころがったら強風など。明治期には全国的に行われていたようです。

そんなこんなで、豆を炒るのは、節分の行事の大切なプログラムのひとつになっているのです。

節分に豆を食べる理由

そして、最後には豆を食べてしまいますね。

これには二つの由来があって、ひとつは「歳の数を食べることで来年の無病息災を願うため」

節分の日に使う炒り豆は「福豆」と言われ、食べることで福を取り込むことが出来るとされています。さらに、鬼(死霊)を払う大豆には生命力が宿るとされていて、豆を食べて生命力を養おうという意味もあります。

もうひとつは「鬼を封じ込めた豆を食べることで、“鬼を退治した”ということになるため」です。

なぜ歳の数なの?

豆をまいた後、「福豆」を年齢(数え年)の数だけ食べますね。

数え年は、生まれた年を1歳として数えるので、満年齢+1個の福豆を食べると体が丈夫になり、病をしないと言われています。

来年の息災を願うので、数え年+1個の豆を食べるのが習わしとされているところもありますが、これらは地域によって微妙に違っていて、正確な決まりはありません。

数え年の数=満年齢+1個。それが混乱して伝わって“数え年の+1個”となった可能性も否めません。

まとめ

この様に、節分の豆まきは厄除けと年取りが混ざって現在の形に至っています。なので、その作法も地域によって様々。

例えば、「善鬼」という良い鬼を信じる法華経では「鬼は外」を唱えなかったり、寒い地域では雪に埋もれても見つけやすいように落花生をまいたり、長野県ではすりこぎを動かしながら「ごもっとも、ごもっとも」という習わしがあったり。

現代の一般家庭では、厄除けやその年の息災を願う行事というよりは、鬼に豆をぶつける大衆のイベントとして認識されているようです。

また、来場者で大量の豆をまき合う『すごい豆まき』なるイベントが開催されていたり。福も鬼もあったもんじゃありませんね(笑)。

今時の幼稚園や保育園では、鬼に変装した先生に豆を打って、仲良くなって写真を一緒に撮るまでが豆まきだったり。

ハロウィンと同じように、時代の変遷とともに節分の意味も変わっていきそうです。

Sponsored Link

おすすめの記事

筋肉モリモリの女性 1

突然ですが、あなたの強みを教えてください。 何個出てきます? この手の質問は困りますね。自分で自分をベタ褒めする感じになりますし、強みもちょっと言い換えれば弱みになってしまうし。 そんな時は、もう人に ...

2

一日中モニターと睨めっこしていて、眼が赤いあなたに朗報です。 モニタのブルーライトをカットして、眼に優しい色合いにしてくれるフリーソフト「f.lux」があなたの目を癒してくれます。 ほんとに。ほんとに ...

人間はフルーツだけで生きていける 3

食べ物のみならず、飲み物も一切口にせず、必要な栄養はすべてフルーツから取っているという徹底振りでフルーツの伝道師と呼ばれている中野瑞樹さん。 彼が地上波に出たことをきっかけに、少しずつフルーツへの関心 ...

-節分

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.