貴ノ岩と日馬富士の騒動は「良い歳して何やってんの」としか思えない件

時事ネタ

投稿日:

僕は全然テレビを見ないので世間のこういう話題には疎い方なんですけれども、連日報道されているようで何かと耳にする機会が多いです。

聞いているうちに何だかモヤモヤしてきて、「ちょっと出しとこ」っていう軽い気持ちで僕がこの一連の騒動に関して個人的に思うことを書きなぐってます。

どっちが悪いっていう話になると人によって色んな意見があると思うので追及はしていません。

内容は「相撲協会もっとしっかりして」っていう話です。

Sponsored Link

事のあらまし

宴会の席で日馬富士が貴ノ岩に行き過ぎた暴行を働いて、稽古中にその傷を発見した貴乃花が警察に被害届を出す。

大相撲協会は「内輪で処理すべき問題を公にして事を荒立てた」として貴乃花を糾弾。

貴乃花と貴ノ岩は、協会の調査協力の要請には応じず、沈黙を貫く。

貴ノ岩は普通のシゴキではありえないような大怪我で、日馬富士が責任を取る形で引退。

引退の会見では

横綱としてやってはいけないことをやった。国民の皆様、ファンの皆様、相撲協会、伊勢ヶ浜部屋の皆様、親方、おかみさんに大変迷惑をかけたことを心から深くお詫び申し上げます。

と口にしている。

というのが僕が把握している今回の騒動の大筋です。

世間の声は「無視できない大きな問題だ」として事を公にした貴乃花の対応を称賛する声が大きいように思いますが、一方で引退について堂々と胸中を晒した日馬富士を擁護する声もあり、思う所は人それぞれ。

何はともあれ、個人的にはもう全てが後の祭りです。

日馬富士

それだけの怒りを買うってことは貴ノ岩にも何かしらの問題があったんでしょうけれども、それでもやってはいけないことはやってはいけないことで。

日馬富士が「弟弟子の礼儀を正す」という動機がどれだけ正当だとしても超えてはならない一線を越えてしまったのは事実で、その行為は確かに相撲を汚しています。

伊勢ケ浜親方曰く、「横綱という名前を汚してはいけない。」という名目での引退でしたが、日馬富士もそう痛感しているからこそのこの結果なんだと思います。

コメンテイターや芸能人もいろんなコメントをしていたりしますが、ここまでくるともう本人の問題ですから「今回のことを糧にしてこれからも頑張ってください」で良いんじゃないですかね。

貴乃花親方と貴ノ岩

一方で、貴乃花親方と貴ノ岩の沈黙の態度は、相撲協会と日馬富士側に都合の良いシナリオで口裏が合わされ、話が貴乃花親方の手の届かないところに行ってしまう可能性を考えると納得。

組織は母体を守るためという大義名分で兎角そういうことしますし、捜査は全て警察に任せるという貴乃花親方の判断は妥当だったと思います。

妥当だとは思いますが、ここまで徹底的に沈黙されると「不器用か!」とツッコみたくなる気持ちも沸いてきます。

いきなり被害届っていう初手にも疑問を感じなくもないですが、何も説明がない以上、そうせざるを得ない理由があったんだろうと思うしかない。

とは言っても、これだけ人を怒らせるんですから貴ノ岩の言うことにも問題があったんでしょうし、ここで謝罪の一手でもあれば周囲の見る目もずいぶん変わると思うんですが、動けない理由が何かあるんですかね。

良い歳して何やってんのホント

結局、本質は貴ノ岩と日馬富士の2人の問題なんですよね。怒られた側と怒った側の双方に問題があって、ハッスルしすぎたってだけで。

傍から見た外傷がそれじゃ済まないようなので大事になってるんですけど、極論を言ってしまえば、子供のいじめじゃないんだから「良い歳した大の男が揃いも揃って何やってんの」としか言いようがない。

貴ノ岩「あなた達の時代は終わった」っていう発言が発端になっているらしいんですけど、礼儀を語るならまずそんな簡単に怒るなよと。

横綱なら土俵で示せば良いじゃないですか。

そら貴ノ岩がショットガンでも出して来たなら「横綱すげえ」ってなりますけど、どれだけ達者でも口に手出しちゃダメでしょう誰がどう考えても。

貴ノ岩も貴ノ岩で、何を言ったら人が怒るかぐらい簡単に想像つくでしょうに。

それこそ、そう思うなら土俵で示せば良いものを口八丁で余計なことを言うから面倒くさいことになるんですよ。

本当にこの発言が発端なのかどうかは分からないですけど、いずれにせよ酒の席での身内の喧嘩っていう事実がもう「良い歳した大の男が揃いも揃って何やってんの」としか言いようがない。

相撲を嫌いになった人は多いと思う

多分この騒動で相撲を嫌いなった人が結構な割合でいるんじゃないですか。

どんな理由があれ、横綱が怒りに任せて人を殴るっていうのはちょっと信じたくない。

そんな人が最高の栄誉であるはずの横綱の名を冠していたと思うと、やっぱりちょっと嫌だなーと感じてしまうわけです。尊敬できない。

ヤクザかよ。

心身を通じて道徳を鍛えてこその武芸じゃないですか。相撲ってそういう性格のものだと思いたい。それってちょっと期待しすぎなんですかね。

野球賭博とかマスコミは常日頃から色々と問題ばかり取り上げてきますが、今回の「酒席で暴行」は、事実として傷も残っているし、ちょっと分かりやす過ぎましたよね。

まぁ以前から暴行、八百長、野球賭博もろもろありましたし、今に始まったことじゃないんですけど。

また少し日本の国技(相撲協会自称)としての相撲が、一国民として恥ずかしくなりました。

まとめ

興行にはたくさんの業者が絡んでいますし、色々と利害関係の対立があるんだと思いますけれども、それにしても危機管理委員会の対応が後手後手すぎます。

暴行も八百長も野球賭博も、僕ら消費者にとっては見えなきゃないのと同じなんで、大相撲協会はもっとしっかりしてください。

貴乃花親方も、もっとガンガン言いたいこと言ってくれればスッキリするのになぁ。語るか黙すか、徹しきらないのが煮え切らない。

それにしても、今回の話を考えれば考えるほど明石家さんまのインタビューの話がしみじみ。

すごく腹が立つことはありますか?という質問に対して

『嫉妬心がないから、人に対して。自分も過信してないし。

「何やねんこいつ?」って思うことあるけど、すぐ「こいつアホやねんな」と思う。

やっぱり、(人に)腹立たす奴ってアホやわ。総合的に考えて。うん、人を怒らせる奴ってアホ。』

人に腹は立たない?という質問に対して

『立たない立たない。

腹を立てられる器でもない。そんなに偉くない。

腹立って怒りたい人は偉いと思ってるんじゃないの、自分のこと。』

「誰も知らない明石家さんま」ロングインタビューより

Sponsored Link

-時事ネタ

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.