都会と田舎

東京・大阪・京都と、とあるド田舎に住んで感じる都会と田舎の違い

考えごと

投稿日:

都会から田舎へ、または田舎から都会へ移住する人や移住を考えている人。未知の土地が楽しみだったり、あるいは不安でいっぱいだったり、色々な思いを馳せていることと思います。でも、実際に住んでみないと分からないことって山ほどあります。思ってたのと違う!というケースもたくさん。

そこで、今日は移住した人やこれから移住する人の参考になればと、東京・京都・大阪と中国地方のとあるド田舎に住んだ経験から、都会と田舎の違いをまとめてみました。

Sponsored Link

都会暮らしのメリット

都会の写真

イベントに行きやすい

イベントに行く楽しみっていうのは都会ならでは。もちろん交通費と時間さえ惜しまなければ田舎からでも遊びに行けるし、都会の専売特許というわけではないんですけど、田舎住まいだとどうしても腰が重たくなってしまうんですよね……。

遊びって「気軽さ」も結構大切で、あんまり気を張ってしまうと逆に楽しめなくなってしまうことも多々ありますし、気合がいる遊びってやっぱりそれなりに疲れてしまいます。イベントに気軽に参加できるっていうのは、都会暮らしの大きなメリット。

趣味が持ちやすい

都会にはモノも人もたくさん流れてきますから、自分の“琴線に触れる何か”を見つけやすいようで、趣味を持っている人が多いです。

田舎は人が作るものは何もないですからね。アウトドアやツーリングなどの自然を相手にする趣味か、ゲームとかネットとか場所を選ばないような趣味じゃないとどうしても活動しにくい。イベントなどの催しが多いこともあって、都会の方が趣味を持ちやすくて楽しみやすいと思います。

仕事がたくさんあるし賃金が高い

人が多い都会だけあって、仕事の多さは田舎の比ではありません。都会にしかない業種もたくさんありますし、そのために都会に行く人も多いと思います。

にぎやかで活気がある

田舎に比べると、都会の方がバイタリティがある気がします。時間が経つのが早いというか、日々いろいろな事がめまぐるしく変化していく感覚は都会の方が強いです。そんな活気に中てられてか、どことなしにやる気が溢れてくるようなこないような。

田舎は時間の流れがゆっくりなので、穏やかさはありますが活気はありません。どこもかしこもがらんどうで少し寂しい気持ちになることもあります。

人に会いやすい

ネットも普及して久しく、僕はネットゲームを遊んだりするので、そこで知り合った人と会ったりすることもたまにはあります。そういう時は、都会だといろいろな事がかなりスムーズ。近所の友達に会いに行くノリで遊びに行けます。田舎はそういう機会はまず皆無。オフ会をしようっていう話になっても、会場はだいたい東京か大阪なので不参加です。

ネットゲームに限らず、都会は近場にいろいろコミュニティーがあるので、同じ趣味を持つ人と繋がりやすいというのはメリットです。

面白い人が多い

そして困ったことに都会には面白い人が多い。バイタリティに溢れている面白い人が多いんですよね。

人と会うのって、すごいエネルギーをもらえるじゃないですか。運気は人が運んでくるという言葉もあるぐらいで、人との繋がりっていうのは人生をすごい豊かにしてくれると思います。そういう対人間の活動は、都会の方が遥かにやりやすいです。

都会暮らしのデメリット

治安が悪い

人が多いぶん変な人の絶対数も多いようで、変な事件に遭った数は圧倒的に都会の方が多いです。

朝起きたら自転車がペンキで真っ黒に塗られていたり、郵便ポストがボコボコになっていたり(隣に住んでいる人が“弁当持ち”だった)、バイクのパーツが盗まれたり、車上荒らしにあったり……都会にいた頃は色々な事件に遭いましたけど、田舎では一度も経験していません。田舎住まいの方が圧倒的に長いんですけどね。

電車移動が基本

これはデメリットと言っていいのかどうか分からないんですけど、田舎だと車移動が基本になるんですよ。田舎は電車が30分に1回の2両編成で、駅まで歩いて2時間とか普通だったりするので……。

ただ、僕は満員電車がどうしてもストレスで(まぁ好きな人いないと思うんですけど……)、電車より車の方がはるかに便利だと感じているのでデメリットに挙げました。最近は電車に物理攻撃で挑む人も多いですし、通勤時間帯に止まったりすることも多いですしね。

空が狭いし空気が臭い音がうるさい

ビルやらなんやらでとにかく空が狭くて、排気ガスなのかなんなのか分からないですけど空気は臭いですし、四六時中色々な音がガッチャガッチャうるさくて、最初のうちはそこにいるだけでストレスだったっていうのはありました。すぐ慣れましたけどね。

今でもたまに都会に行くと、目に入るもの、耳に聞こえてくる音、とにかく膨大な情報量が苦痛になります。五感が休まることがない。慣れって恐ろしいなと思う瞬間です。

田舎暮らしのメリット

田舎の写真

自然がたくさん

自然がたくさんあるのは田舎の最大のメリット。やっぱり自然は良いですよね。

窓を開ければ田んぼの穂が風にそよぎ、穂波の向こうには雄大な山々が街を囲むようにして連なっています。天気のいい日は、大きな雲が山に影を落としながらゆっくりと流れていく。山のふもとを流れている大きな川は、日光をキラキラと反射させてなお涼しげで冷たそう。

それから、星がすごく綺麗です。街灯がありませんから、夜にふと空を見上げると満天の星空。都会でも、少し郊外に出ればこういう場所はあるんですが、日常の中に自然がある環境はやはり格別です。

一番の違いは、光も風も良く通るんですよ。海が近いとなおさらです。人間が健康的に生きていくには、光と風は絶対に欠かせません。

家の立地条件が良い割に土地が安い

そんな土地なもんですから、風通しが良くて光を良く取り込む好条件の住まいが比較的安く見つかります。窓を開けたら隣のビルの壁が……なんてことは全くないです。

家を建てるにしても、アパートやマンションを探すにしても、住みやすい場所が格安で見つかります。

家賃や土地が安い

何といっても家賃が安い。とにかく家賃。ちなみにウチは、1LDK・風呂トイレ別・サンルーム付きの新築アパートで家賃は56,000円です。生活費は食費やら光熱費やら全部コミコミで15万ほど。

田舎暮らしのデメリット

働くところがない

全然仕事がない!というわけではないですが、選べません。選択の余地なし!!求人サイトとかを覗いてみると一目瞭然です。だいたい同じ種類の仕事が上から下までダーーーーっと並んでます。条件を絞って検索すると、だいたい「該当0件」です。

田舎に実家があったり、自分の収入源を持っている人が田舎に越すのは楽ですが、「田舎で仕事を探して……」となると一気にハードルが上がるかなと思います。

遊ぶところがない

イベントもないし、カラオケもないし、ゲーセンもないし、とにかく外に出て遊ぼうとするとやることがないです。僕は日頃遊ぶと言ったらゲームや漫画を読んでばかりなので全然平気なんですけどね。人によっては辛いかも。

ですので、田舎の若者の遊びと言ったら専らドライブ。もう何かといえばドライブ。パチンコやら飲み屋遊びやらにハマる若者も多いです。

それから車。車社会ですから、車を改造したりするのを趣味にしている人も多いです。コッテコテに改造されたセダンから上下スウェット姿のお兄ちゃんが降りてくる不思議な光景は田舎ならではですね。

買い物をするところが少ない

ブランド服はもちろん、LOFTもなければ東急ハンズもないです。例えば都会の若い人が田舎で買い物をしようと思ってたら、県外に出るしかありません。ただ、車社会なので活動範囲は広くなりますし、探せば個人営業の面白い店もたくさんあるので、慣れればどうということもないと思います。

まぁネットで全部事足りちゃうんですけど。

車社会

1家に1台ではなく、1人1台です。車がなければ駅はおろか、コンビニにも行けません。車がないと生活ができないので、車の維持費やガソリン代がかかります。

僕は出かける時も荷物や服を置いておける車生活は気に入っているのですが、車がないと何もできないので人によってはデメリットになるかも。

若い人が少ない

お年寄りは多いですけど、若い人が本当に少ない。同年代でワイワイ楽しい暮らしを送りたいという人にはキツい環境かも。

田舎でも若い人が参加するコミュニティーがないわけではないので、全く接点がもてないということはありませんが、都会に比べるとやっぱり少ないです。

虫が多いしデカい

自然が豊富なだけあって、やっぱり虫は多いです。大自然に育まれてのびのび生きているので無駄にデカい。子供の頃通っていた塾には、10cm級の蜘蛛が2、3匹壁に張り付いていたこともあります。それでも粛々と授業が進みます。

ちょっと駐車場に車を止めて景色を見に行った帰り、車に大量のアブが纏わりついていたこともあります。さすがにそんなケースは一生に一度ぐらいのレアケースですけどね。

イノシシとか猿とかタヌキとか鹿とかウサギとか、野生動物は普通にいます。山道を車で走ってると割と遭遇します。ついこないだタヌキに遭いました。可愛かったです。

人が馴れ馴れしい

関東圏から移住してきた人は特に感じると思います。僕の場合は嫁さんがそうだったので。地域や人によると思いますが、僕が知っている田舎は、まぁ聞かなくても良いようなことを根掘り葉掘りゴッソリいきます。

特におばちゃん連中ですね。挙句の果てには「早く結婚して子供を産まないと」とか「まともな仕事について自立しないと」とか、「オカンか!!!」ってツッコミたくなるようなことをすごい自然にしかもしつこく言われます。

することがないから基本的に暇なんですよね。ですので、趣味とかもない人が多くて、時間があったら噂話や陰口に興じています。

その点、関東圏なんかは色々な場所から人が集まっているからか、人との距離の取り方が絶妙。良い感じに距離を置いて、手探りで縮めてきてくれるので個人的にはかなり付き合いやすいです。その辺が「都会の人は冷たい」とか言われる所以なのかなとも思うんですが。

都会は人が多いので、いちいち構ってられないっていうのもあるかもしれないですね。田舎に住んでいると排他的・閉鎖的というキーワードが時々頭をよぎります。

人や地域によるので一概には言えませんけどね。ですが、「人間関係のルールの違い」は強く感じます。この違いには、都会から田舎に移住する人の方が戸惑うと思います。

都会と田舎の勘違い

田舎は物価が安いは嘘

田舎の方が物価が安くておいしいものがたくさんあって……というのは嘘です。安いのは地域特産のものだけです。むしろ選択の幅が広い分、都会の方が安く済むことも珍しくありません。

物価は単純に田舎と都会に分けて考えられるものでもなく、都内の方が価格競争が起こって安くなっている場合もあれば、同じ都会でも驚くほど価格差がある場合もあります。一概に「田舎では安くて栄養たっぷりの食事がお腹いっぱい食べられる」というわけではないと思います。

うちの近くのスーパーでは、獲れたての新鮮な野菜や魚が恐ろしく安い値段で買えたりはします。タイムセール春キャベツ一玉10円とか、割と日常茶飯事です。こういうのは田舎ならではだと思いますが、都会は都会でディスカウントストアがアホみたいな値段でたたき売りしてたりするので甲乙つけがたし。

田舎は閉鎖的でよそ者に厳しいは半分嘘

時々耳にする「田舎はよそ者には厳しい」とか「血縁と地縁がものをいう」という意見。これは半分嘘で半分本当です。都道府県によっては、そういう地域が多かったりすることもあるみたいです。

よく聞くのは東北の方の話。富山と福井にそれぞれ友人がいるんですが、聞くところによるとかなり閉鎖的で、「よそ者は『旅の人』と言われて区別される」というような話を聞きます。でも、僕が住んでいる地域はそんなこともなくて、どちらかというと開放的な感じがします。地域やコミュニティーによるんでしょうね。あとは職場環境とか、地域の環境とか、とにかく人によります。

ただ、“都会に住んでいた人”と“田舎しか知らない人”で価値観に違いがあるのは確かで、かるくカルチャーショックは起こると思います。要は、その違いをお互いに認め合えるかどうかですよね。

そう考えると、田舎は排他的で閉鎖的というのも本当だし、都会は冷たい人が多いというのも本当。だって、これらはそれぞれ“違いっている立場”から見た意見ですから。だからと言って、それが真実とは限りません。

人情深くて暖かい人は都会にも田舎にもいますし、それを「都会の人は」「田舎の人は」と括ってしまうのはあまりにも乱暴な気がします。都会にも田舎にも排他的で閉鎖的なコミュニティーはありますからね。あるいは自分から「違う」と距離を置いているケースも少なくないです。

確かに違いは大きいと思いますが、僕は都会も田舎も「結局はその人次第」だと思います。

都会の人が冷たいは嘘

というわけで、都会の人は冷たいっていうのは嘘です。関わってみるとバイタリティに溢れた面白い人がたくさんいます。どちらかというと田舎の方が保守的な価値観を持っている人が多いかも。

あとがき

かれこれ長いこと田舎に住んでいますが、実はあまり人との関わりがありません。地域の自治会とかにも参加してないですし、地元の友達と遊びに行ったりするようなこともなく、仕事も家から一歩も出ずに済んでしまうし、外に出ると言えば嫁さんと出かけるぐらいで。

その点を加味して都会と田舎どっちが住みやすかったかと言われると田舎。どっちが楽しかったかと言われると都会です。静かに毎日を穏やかに過ごすなら田舎、バイタリティを持ってガツガツやりたいことをやるなら都会かな。

Sponsored Link

-考えごと

Copyright© Quattro Milan , 2017 AllRights Reserved.