Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 1
【MHW/モンハンワールド】最強の双剣を探せ!武器ダメージ比較検証
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
ダメージ比較検証

【MHW/モンハンワールド】最強の双剣を探せ!武器ダメージ比較検証

MHW

更新日:

ハンターなら!最強の!武器を!手にしたいと!思うだろ!!!

最強の双剣を探せ!ってことで、あれやこれやの比較検証です。

単純な武器のステータスじゃなくて、その武器を活かしたスキル構成にした上で「どっちが強いんだ?」っていう話をしたいと思って、色んなスキル構成や条件下で乱舞のダメージを見て比較した簡単な内容です。

が、乱舞のダメージ見にくすぎて完全に沼でした。

疲れた……。

Sponsored Link

無属性vs属性武器

属性解放で火属性になる「罪【シン】」の「無属性強化」と「属性解放」の比較です。

備考 乱舞ダメージ 総ダメージ 会心率 会心ダメージ
罪【シン】 無属性強化/超会心/弱点特効/見切りLv5/会心率カスタム
無属性 52 52 18 18 30 30 27 27 34 34 27 27 37 37 21 61 532 100% 532
罪【シン】 属性解放/火属性強化/会心撃【属性】/超会心Lv1/弱点特効/見切りLv5/会心率カスタム
火属性 52 52 25 25 35 35 33 33 37 37 33 33 40 40 28 59 597 100% 597

※スキルにLvの記載がない場合はMAXまで積んでます。

結果は「属性解放」の圧勝。「会心撃【属性】」が強いですね。

一発一発のダメージを底上げしてくれるので、攻撃力の差で属性分のダメージを上回るのは難しそう。

ってことで、双剣最強の攻撃力を誇る無属性双剣「ブロスクラブⅡ」さんに登場してもらいました。

備考 乱舞ダメージ 総ダメージ 会心率 会心ダメージ
ブロスクラブⅡ 攻撃Lv5/無属性強化/匠/超会心/弱点特効/
50 50 18 18 30 30 27 27 33 33 27 27 35 35 21 59 520 100% 520
会心ダメージ 70 70 25 25 41 41 37 37 46 46 37 37 50 50 35 83 730 45% 614

あらやだ強い。

「会心撃【属性】」が使えない、属性ダメージが入らない、肉質が硬い部位へのダメージが通らないなどの理由から、無属性の武器は双剣には向いていないと思いきや、何この火力。

無属性双剣も捨てたもんじゃないようです。

ただ、弱点部位以外へ攻撃が通るのか?って言われると、低いダメージには乗算の「攻撃」が乗りにくい上に、むしろマイナス会心でダメージさがるのでNO。

乱舞を全弾弱点に叩き込める相手も限られてくるので、属性武器以上に相手を選ぶんじゃないかという気がします。

試しに双剣が弱点を狙えないモンスター代表のキリンに行ってみましたけど、キッツいのなんの。

いつも6~7分で終わるキリンが12分もかかってしまいました。

無属性武器のアドバンテージである「相手を選ばない汎用性」が双剣に限っては全くないという。

そんな事情もあり、双剣における属性武器の優位は揺るがなさそうです。

状態異常vs属性武器

つづいて、状態異常武器vs属性武器。

試しに作ったのは爆破属性の「爆鱗双斧バゼルホーク」です。攻撃力の高さと「匠」をつんで出現する長い白ゲージが特徴。

備考 乱舞ダメージ 総ダメージ 会心率 想定ダメージ
罪【シン】 属性解放/火属性強化/会心撃【属性】/超会心Lv1/弱点特効/見切りLv5/会心率カスタム
超会心Lv1 52 52 25 25 35 35 33 33 37 37 33 33 40 40 28 59 597 100% 597
超会心Lv2 53 53 26 26 36 36 33 33 38 38 33 33 41 41 28 61 609 100% 609
爆鱗双斧バゼルホーク 匠/弱点特効/爆破属性強化/超会心Lv2
39 39 14 14 23 23 20 20 25 25 20 20 27 27 16 45 397 0%
会心ダメージ(超会心Lv2) 52 52 28 28 31 31 28 28 34 34 28 28 37 37 21 61 558 50% 477

「罪【シン】」はおろか、後で紹介する「ラヴァサイクロン」や「迅雷」よりも遥かに高い攻撃力を持ちながら、総ダメージで大きく劣っています。

やはり属性ダメージが入らないのと「会心撃【属性】」も「無属性強化」も使えないのが辛い。

その分を爆破のダメージで稼ごうぜ!

っていう話なんですが、爆破に弱い敵に対して1回の戦闘でおよそ10発ぐらいです。だいたい1000ダメージ。

果たしてこの1000が、このダメージ量の少なさを補ってくれるのかというと少し疑問。

実戦でも試してみましたが、どうしても討伐速度が遅くなります。

攻撃力の高さを生かして「攻撃」なんかを積んでいけば話が変わってくるのかもしれませんが、そうなると「匠」を積むのが難しく……。うーん。

元の火力が高い武器でありながら属性の恩恵が高い双剣は、毒や爆破などの“火力補填系”の状態異常を積む理由がなさそうです。

サポートと割り切って麻痺などをチョイスすれば、それは恐ろしい回数麻痺させることができると思いますが、どれぐらい有用なのかはまだ試していません。

今回は「最強武器」っていう触れ込みなので。

でも面白そうなのでいずれ遊んでみようと思います。

Sponsored Link

罪【シン】vsラヴァサイクロンvs迅雷

この対戦は「会心率vs攻撃力vs属性値」ですね。

会心率の「罪【シン】」

攻撃力の「ラヴァサイクロン」

属性値の「迅雷」

って感じです。

「ラヴァサイクロン」は特別攻撃力が高い武器ではありませんが、それでも「罪【シン】」や「迅雷」に比べると一歩抜けてます。

攻撃力が高いってことで「ブロスクラブⅡ」を引き合いに出そうかと思ったんですが、前項で無属性はダメだ!っていう話で完結したので、属性値が控えめな普通の双剣をチョイスしました。

備考 乱舞ダメージ 総ダメージ 会心率 想定ダメージ
罪【シン】 属性解放/火属性強化/会心撃【属性】/超会心Lv1/弱点特効/見切りLv5/会心率カスタム
超会心Lv1 52 52 25 25 35 35 33 33 37 37 33 33 40 40 28 59 597 100% 597
超会心Lv2 53 53 26 26 36 36 33 33 38 38 33 33 41 41 28 61 609 100% 609
ラヴァサイクロン 匠/火属性強化/会心撃【属性】/超会心/弱点特効
匠Lv5 42 42 19 19 28 28 26 26 30 30 26 26 32 32 21 48 475 0%
(会心ダメージ) 58 58 26 26 38 38 35 35 41 41 35 35 44 44 29 67 650 50% 562
見切りLv5 70% 597
迅雷 雷属性強化/会心撃【属性】/超会心
40 40 21 21 28 28 26 26 29 29 26 26 31 31 23 45 470 0%
会心ダメージ 55 55 29 29 39 39 36 36 41 41 36 36 43 43 31 62 651 50% 561
見切りLv5 70% 596

罪【シン】

「匠」なしで十分な長さの白ゲージがあり、高い会心率を活かして比較的簡単に弱点部位への会心率100%で運用できるのがメリット。

高い会心率は手数の多い双剣にとっては安定感に繋がり、弱点部位以外へのダメージも良く通ります。

リーチの短さから、弱点部位以外を殴ることが多い双剣にはありがたいですね。

特にキリンみたいな弱点を狙いにくい相手に担いでいくと感動します。

あと見た目がカッコいいのでプラス10ポイント。

デメリットとして、火属性を発動するには「属性解放/装填拡張」が必要で、どうしてもスキルの自由度が下がります。

さらに、弱点部位への会心率100%は「会心撃【属性】」の常時発動を狙ったもので、もともとの攻撃力が低いことから「超会心」があまり仕事しません。

逆に言うと、スキルの幅を考えるなら「超会心」を抜くという選択肢も出てきます。

「超会心」を使わない構成は白から青ゲージになっても攻撃力が落ちにくく、継戦力が高いのもポイント。

ラヴァサイクロン

「ラヴァサイクロン」は、見切りLv5を積んで会心率を70%まで伸ばせば「罪【シン】」に並びます。

運用の面では「匠」で斬れ味を伸ばさないといけないこと、「達人珠」「超心珠」などのレアな装飾品が大量に必要なことが足を引っ張り、戦闘の面では、弱点部位以外へのダメージが安定しないことで罪【シン】に一歩及ばず。

ただ、Lv2スロットが2枠あることとカスタムが2枠使えるといった拡張性の面でポテンシャルを感じさせます。

色々と審議しましたが、「罪【シン】vsラヴァサイクロン」の判定はドロー。

どちらを使うかは好みで決めて良いんじゃないかと。

迅雷

凄まじい属性値で、斬れ味がゲージ青のまま「罪【シン】」や「ラヴァサイクロン」に勝るとも劣らないダメージを出してきます。

他の2つと違い「匠」や「属性解放/装填拡張」が必要ないので、スキルの自由度が半端ないです。

ゼノラージセットの「業物」で斬れ味をケアしつつ「属性やられ」を無効にしてみたり、その他「回避性能・体術・ランナー」などを積んで取り回しを楽にしたり、色々できます。

その上でこのダメージ量を確保できるのは異常。

総ダメージこそ横並びですが、自由度の高さという点で他の武器よりも頭一つ抜けている印象です。

双剣にとって属性は大正義ということを体現していますね。

斬れ味ゲージの属性値とダメージへの影響

それでは次に、ダメージに対する斬れ味ゲージの影響を見ていきましょう。

計算式よりも比較した方が体感しやすいと思うので、先ほど比較した「ラヴァサイクロン」「罪【シン】」「迅雷」を例にどれぐらいダメージが落ちるのかを検証していきます。

備考 乱舞ダメージ 総ダメージ 会心率 想定ダメージ
ラヴァサイクロン 火属性強化/会心撃【属性】/超会心/弱点特効/
斬れ味ゲージ白 42 42 19 19 28 28 26 26 30 30 26 26 32 32 21 48 475
会心ダメージ 58 58 26 26 38 38 35 35 41 41 35 35 44 44 29 67 650 50% 562
70% 597
斬れ味ゲージ青 38 38 17 17 25 25 23 23 27 27 23 23 28 28 19 43 430
会心ダメージ 53 53 24 24 34 34 32 32 37 37 32 32 39 39 26 60 588 50% 509
70% 540
罪【シン】 属性解放/火属性強化/会心撃【属性】/超会心Lv1/弱点特効/見切りLv5/会心率カスタム
切れ味ゲージ白 52 52 25 25 35 35 33 33 37 37 33 33 40 40 28 59 597 100% 597
切れ味ゲージ青 52 52 25 25 32 32 30 30 34 34 30 30 36 36 25 54 557 100% 557
迅雷 雷属性強化/会心撃【属性】/超会心
40 40 21 21 28 28 26 26 29 29 26 26 31 31 23 45 470 0%
会心ダメージ 55 55 29 29 39 39 36 36 41 41 36 36 43 43 31 62 651 50% 561
見切りLv5 70% 596

まず「ラヴァサイクロン」と「罪【シン】」を白ゲージと青ゲージのダメージ差を検証してみました。

すると、「ラヴァサイクロン」のダメージが顕著に落ちるという結果に。「迅雷」の裸の状態に近いぐらいの数字です。

なぜ「ラヴァサイクロン」だけこんなに落ちるのかというと、モンハンワールドのダメージの計算式では「斬れ味補正」が乗った上に「会心補正」が乗るからです。

きちんと説明しようと思うと数式を用意しないといけないし、長く難しくなってしまうので、分かりやすく一言で言います。

「斬れ味ゲージ白に超会心を載せるとくそ強い」

その裏返しで、

「超会心は斬れ味ゲージ青になるとガクっとダメージが落ちる」

このことがあるので、“属性値が高い「迅雷」”や“安定した会心率の「罪【シン】」”に比べて、“攻撃力の高さ×超会心でダメージを稼いでいた「ラヴァサイクロン」”が顕著に落ちているんです。

反面、属性ダメージは斬れ味による増加・減衰がないので、属性値が高い武器は斬れ味ゲージが落ちても攻撃力が落ちにくいんですね。

ですので、「迅雷」は青ゲージでも高いダメージを維持できているわけです。

残滅の爪vsゼノ=ラクス

で、比べてみたのが“高い攻撃力を有する青ゲージの「残滅の爪」”“属性値・会心・白ゲージが優秀な「ゼノ=ラクス」”です。

全く違う特徴を持つこの2本。「単純な攻撃力vs属性値・斬れ味ゲージ・会心率」の対戦開幕です。

備考 乱舞ダメージ 総ダメージ 会心率 想定ダメージ
残滅の爪 龍属性強化/超会心/会心撃【属性】/弱点特効
42 42 18 18 27 27 24 24 29 29 24 24 31 31 20 48 458
会心ダメージ 58 58 25 25 37 37 34 34 40 40 34 34 43 43 28 67 637 50% 547
ゼノ=ラクス 龍属性強化/超会心/会心撃【属性】/弱点特効
41 41 19 19 27 27 25 25 29 29 25 25 31 31 21 47 462
会心ダメージ 57 57 26 26 37 37 34 34 40 40 34 34 40 40 29 65 630 65% 571

結果、「龍属性強化」「弱点特効」「超会心」「会心撃【属性】」の3つを積んだ状態では、一発一発のダメージの面では大して変わりないという結果に。

しかし、総合ダメージでは会心率が高い「ゼノ=ラクス」の方が優秀です。加えてLv3スロット2つの特典付き。

弱点部位以外へのダメージも属性値と会心率が高い「ゼノ=ラクス」の方が優れているはずなので、総合的に「残滅の爪」に比べて「ゼノ=ラクス」の方が優秀な武器ということになります。

しかし、これでは「残滅の爪」の攻撃力を活かせてないんじゃないかってことで、試しに「攻撃+会心撃【属性】+超会心」の構成で再度比較。

備考 乱舞ダメージ 総ダメージ 会心率 想定ダメージ
残滅の爪 龍属性強化/攻撃/会心撃【属性】/弱点特効
45 45 19 19 29 29 26 26 31 31 26 26 33 33 22 52 492
会心ダメージ 55 55 23 23 35 35 32 32 37 37 32 32 40 40 26 64 598(50%) 540 598 50% 540
+超会心Lv3 63 63 27 27 40 40 37 37 43 43 37 37 47 47 30 73 691 50% 591
ゼノ=ラクス 龍属性強化/攻撃/会心撃【属性】/弱点特効
45 45 20 20 29 29 27 27 34 34 27 27 34 34 23 52 507
会心ダメージ 56 56 26 26 37 37 34 34 40 40 34 34 42 42 28 65 633(65%) 573 633 65% 573
+超会心 62 62 28 28 40 40 37 37 43 43 37 37 46 46 31 71 688(65%) 624 688 65% 624

「ゼノ=ラクス」強い。

しかし、「ゼノ=ラクス」の方は、「攻撃」をLv7まで積むと斬れ味関連のスキルを積むのが難しくなってきます。

なので、白ゲージ+攻撃Lv7での運用はあんまり現実的じゃないんですよね。

青ゲージで使うなら、当然「残滅の爪」の方が強いです。

「残滅の爪」のメリットは、斬れ味に敏感にならず割と雑に扱えることでしょうか。青ゲージ長いですからね。

「匠」や斬れ味関連のスキルが必要ない分、「攻撃」Lv7での運用も割と現実的です。

ここは現実的な範囲で実戦を想定したスキル構成で比較するべきでは。

というわけで、“攻撃Lv7に達人珠モリモリ積んだ「残滅の爪」”“会心を100%にした「ゼノ=ラクス」”で再度比較。

備考 乱舞ダメージ 総ダメージ 会心率 想定ダメージ
残滅の爪 龍属性強化/攻撃Lv4/弱点特効/超会心/会心撃【属性】/見切り
44 44 19 19 28 28 25 25 29 29 25 25 32 32 20 51 475
会心ダメージ 61 61 26 26 39 39 36 36 42 42 36 36 45 45 29 71 670 85% 640
ゼノ=ラクス 龍属性強化/弱点特効/超会心/会心撃【属性】/見切りLv6/匠Lv3
41 41 19 19 27 27 25 25 29 29 25 25 31 31 21 47 462
会心ダメージ 57 57 26 26 37 37 34 34 40 40 34 34 40 40 29 65 630 100% 630
龍封剣【超絶一門】 会心撃【属性】/弱点特効/属性強化/超会心Lv1/見切りLv3/匠Lv3
40 40 22 22 28 28 27 27 30 30 27 27 32 32 23 47 482
会心ダメージ 52 52 29 29 37 37 35 35 39 39 35 35 42 42 31 59 628 70% 584

「残滅の爪」は高い攻撃力にモノを言わせた一撃のダメージが魅力。

「達人珠」で会心率を上げてやれば弱点部位に対する乱舞のダメージは理論上は最高値。

斬れ味ゲージも青を長く使えるので、割と雑に扱っても大丈夫。ネルギガンテらしい攻撃的なスタイルですね。

ただ、注意しないといけないのは「実際の戦闘では常に弱点部位に乱舞を連発できるわけではない」ということ。

低いダメージ帯は属性値が優秀な「ゼノ=ラスク」が迫ってきます。弱点部位以外へのダメージも「ゼノ=ラスク」の方が優秀。

加えて白ゲージなので弾かれることなく、オマケで「属性やられ耐性」と「ひるみ軽減」と「業物」がついてきます。

弱点部位への理論値は「残滅の爪」の方が若干上で、使いやすさや対応力では「ゼノ=ラスク」の方が優秀。

どちらも一長一短ですが、僕は「ゼノ=ラクス」の方を推しますね。

おまけの龍封剣は、龍属性版「迅雷」って感じで、属性値がズバ抜けています。

弱点に対する攻撃力こそ劣りますが、肉質が硬い部位への攻撃力はピカイチ。弱点を狙いづらい敵を相手にする時の総合火力は他の2本に迫るんじゃないかと、密かに思っています。

強い双剣の条件

さて、「最強の双剣を探せ!」ということで色々と比較してきましたが、そろそろまとめに入ろうと思います。

個人的に色々試した結果、下記の条件を守ればどの武器も最強の一角になり得ると思います。

その武器を活かすスキルを組むことが大前提ですが。

結局、状況とモンスターとスタイルによるんですよね……。

例えば……

マルチだと「鬼人化」を維持したままモンスターのお尻を追いかける時間が増えるから「ランナー」が優秀ですし

弱点を狙えない相手だと属性値が高い武器が有効ですし

「回避性能」があればこそずっと張り付いていられるモンスターもいますし

「回避性能」があったら「体術」が欲しくなりますし

「スタミナ休息回復」は単純に鬼人化できる時間が増えますし……

火力に関わらないスキルが結果として火力に繋がるってことはよくあることです。

汎用性を求めて装備を組むのか、特定のモンスターに特化して組むのかでも違ってきますよね。

ですので、やっぱり突き詰めると「最強の武器なんて状況とモンスターとスタイルによる」としか。

これで終わるのも何だか締まりがないので、最後に、これまでの検証の結果をもとに「作っといて損はないよ!」っていう武器を並べてみました。

武器選びの参考になれば。

作っといて損はない双剣

  • 龍封剣【超絶一門】(竜属性)あり得ない属性値。下の2本までの繋ぎで。
  • 残滅の爪(竜属性)双剣の中でも随一の攻撃力の高さが魅力。単純に強い。
  • ゼノ=ラスク(竜属性)長い白ゲージと優秀な会心率とスロット。強い。
  • ラヴァサイクロンⅢ(火属性)攻撃力、属性値は控えめだがスロットが優秀。拡張性の鬼。
  • 罪【シン】(火属性)斬れ味、会心率、属性値が優秀すぎる。見た目がカッコいい。
  • カガチノツメⅢ性能は控えめだけど雷に弱い敵多すぎ。迅雷までの繋ぎに。
  • 迅雷(雷属性)あり得ない属性値。強敵に雷に弱い敵が多いのもGood。
  • シュラムハチェットⅢ(水属性)属性値・攻撃力共に優秀でカスタム枠3つ。
  • フリーズチェーンⅡ(氷属性)双剣の中で唯一の純氷属性。これで全属性コンプ。

まだ試せてないことが色々あるのでこれが全てではありませんが、また何か発見があれば追記・修正したいと思います。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 231

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.