Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 1
【MHW】最強武器を探せ!操虫棍の属性別おすすめ武器ランキング
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
属性別おすすめ武器ランキング

【MHW】操虫棍の属性別おすすめ武器ランキング

MHW

投稿日:

操虫棍は手数と攻撃力のバランスが良いのか、「これはどうやったって使えない」っていう武器が少なくて武器選びが面白いですね。

その分迷ってしまいますが……。

この記事では、操虫棍の各武器の特徴や有効な運用方法をランキング形式で紹介しています。

一応順位の理由を添えて紹介してはいますが、どの武器も一長一短で、個人的な雑感も多分に含むので飽くまで参考までに。

Sponsored Link

無属性

タイラントグレイブⅡ

ずば抜けた攻撃力で「無属性強化」を入れて運用すると操虫棍とは思えない攻撃力になります。

その代わり、斬れ味と会心率に難あり。

ゴリゴリに攻撃を伸ばすのも良いですが、基本的には足りない部分を補うようなスキルを組んだ方が火力は伸びるようです。

「弱点特効」や「渾身」で会心率を補填しても強いですし、加えて「匠」で斬れ味を補填しても強いです。

「攻撃」に「挑戦者」を積んでさらに攻撃力を上げるような構成も面白いですね。

基本的には相手を選ばない武器ですが、弱点が狙いにくい、あるいは肉質が硬い敵を相手にする時は、素直に属性武器を担いでいった方が早かったりもします。

一長一短。

悪【ヴァイス】

会心率と斬れ味ゲージが優秀で、匠なしで白ゲージ運用できる唯一の武器。その反面攻撃力が低いです。

「匠」がほぼ必須でありながら、何かと積みたいスキルが多い操虫棍にとっては、「匠」なしで白ゲージっていうのは魅力的です。

モンハンワールドのダメージ計算式では、斬れ味ゲージの段階が上がるほど会心の効果が高くなります。

そのため、会心をしっかり伸ばして「超会心」なりを積んでいけば、見た目のステータスほど貧弱ではありません。

それでも最高のダメージを出すには足りませんが、十分に実用できる火力にはなります。

火属性

火竜棍【炎舞】

悪【ヴァイス】から斬れ味を削って攻撃力を上げたような武器です。属性値は同じですが、「属性解放」がいらないのが良いですね。

会心率が高いので、「会心撃【属性】」で安定したダメージが出せます。

攻撃力も高く、カスタム枠も2つ。火属性の操虫棍の代表格と言えるんじゃないでしょうか。

赤く光る刃がカッコいいです。

悪【ヴァイス】(属性解放)

単純に無属性で運用しても弱くはないですが、もともとの攻撃力が低いので「無属性強化」では倍率が頼りないです。

そのため、「会心撃【属性】」と「属性解放」を積んだ方が手応えを感じました。

「匠」がいらない分、ゼノラージシリーズの「業物」「強化持続」とレウスシリーズの「会心撃【属性】」をセットにした上で、十分な長さの白ゲージで運用できるのはこの武器の大きなメリット。

無属性での運用と同じく、瞬間の火力よりも継戦力・使いやすさを重視した構成と相性が良いと思います。

Sponsored Link

水属性

ウォーターグレイブⅢ

操虫棍唯一の水属性です。

ステータス、拡張性ともに優秀ですが、斬れ味ゲージが青までしかありません。

それでもそのままだと短いので、しっかり火力を出そうと思うと「匠」は必須です。

斬れ味の問題さえクリアしてしまえば、素の性能が優秀な武器なので普通に強いです。

アンジャナフ、ヴォルガノス、ウラガンキン、テオ・テスカトルなど、水属性に弱い敵は厄介なのが多いので、作っておくと何かと出番があると思います。

雷属性

デステリオバーラⅡ

「属性解放」すれば、キリン派生もビックリの属性値。雷光珠で上乗せすれば400に届く勢いです。

「匠」で斬れ味も白に届くし、これは!と思って作ってみたんですが、なかなか。

斬れ味ゲージが全体的に短いカガチノハシラよりも安定感と継戦力があり、白ゲージがでないキリン派生よりも爆発力があります。

しかも、属性ダメージは斬れ味ゲージに依存しないので、緑ゲージになってもダメージが落ちにくいのもポイント。

さらに、カスタム枠が3つのLv3スロット付き。

ポテンシャルを発揮するには「解放珠」か「匠珠」が数個必要で道のりは長いですが、この爆発力は見物です。

カガチノハシラⅢ

全体的に中の上なすごく普通の雷属性武器です。

そのままでは青ゲージが短すぎる上に緑・黄も異常な短さなので、運用は「匠」Lv5が必須。

それでも他に比べて長いわけではなく、加えて何かしらの対策が求められます。

性能はステータス通り。

「デステリオバーラⅡ」に比べるといろいろと劣りますが、「属性解放」がいらない分スキル構成に自由が利きます。

碧の雷鳴

キリン派生はいつでも属性値の鬼。「雷光珠」を3つ積んでもカンストしない脅威の属性値MAX470。

白ゲージが出現しないのが玉に瑕で、会心倍率にモノを言わせた爆発的な火力は望めないまでも、雷属性に弱い敵に対しては十分すぎるほどの性能を発揮します。

青ゲージしか使えないということは、「匠」を思い切って削ってしまう選択肢もありえるので自由度の面ではメリットとも言えます。

「耳栓」「回避性能」「回避距離UP」「業物」などで安定感を重視したスキル構成でも、高い属性値で安定した火力を出していける優秀な武器です。

氷属性

フリーズゲイルⅡ

攻撃力が控えめな分、属性値が優秀で、Lv2スロット2つにカスタム枠3つと拡張性も十分。

氷属性の武器の中では一番スキルを組みやすく、扱いやすい武器なんじゃないでしょうか。

スキルの構成次第では氷属性最強になれるポテンシャルを感じます。

早いうちに作れる武器ですが、一本持っておいて損はないと思います。

タイラントグレイブⅡ

ずば抜けた攻撃力から「無属性強化」で運用されることが多いので忘れられがちですが、実は「属性解放」の氷属性。

攻撃力が高いぶん属性値は低く、「属性解放」が必要にしては属性値が下の下。

会心率もイマイチで「会心撃【属性】」の発動が望めない上に、スキルの自由度も高くありません。

ただ、攻撃力が高く、会心率が低い武器は会心率を伸ばした時の期待値が高いので、氷属性で使う場合も火力特化の構成にした方が活きる武器だと思います。

クイド=ダオラ

攻撃力・属性値・斬れ味ゲージ、どれも平々凡々で会心率が若干高いです。Lv2スロット付き。

特に尖ったところもなく、平均的に中~中の上な武器。

攻撃系のスキルを積んでも、防御、操作系のスキルを積んでも、元々の性能が高いのでそれなりに応えてくれます。

それ故に、イマイチどう使っていいのか分からず。

また、「匠」をMAXまで積むとうっすら白ゲージが現れますが、すごく短いので白で使うなら「剛刃研磨」が必須。

龍属性

ゼノ=シュマイナ

「匠」Lv5まで積まないと白ゲージの維持が難しい「ハザク=エントマ」に比べて、「匠」Lv3から実用に耐えうる長さになります。

さらに2つのLv3スロットが、欲しいスキルが多い操虫棍にとっては有難いですね。

属性値、攻撃力ともに控えめですが、優秀な斬れ味ゲージに加えてもともとの会心率が高いので、特化すれば他の2つを食えるぐらいの火力になります。

トップクラスの火力を持ちながら、やりたいことに合わせてフレキシブルに運用できる、とても優秀な武器だと思います。

ハザク=エントマ

優秀な攻撃力と属性値に加えてLv2スロットのおまけつき。

反面、斬れ味ゲージが白・青ともに短く、ケアに気を使います。

「匠」を最大まで積むか、白ゲージギリギリまで伸ばして「剛刃研磨」で戦うか、白~青ゲージを維持して戦う工夫が必要。

その上、物理火力と属性火力のどちらを重視しても手応えがあるので、スキルの組み方には一番悩まされました。

撲滅の導灯

攻撃力が高く、長い青ゲージが特徴です。

斬れ味ゲージが素でMAXなので「匠」いらずなのも嬉しいですね。

ただ、ダメージのほとんどを攻撃力に依存しているので、弱点以外の部位にダメージが吸われやすい操虫棍としては扱いづらさが残ります。

また、白ゲージがなく属性値が低い分、火力特化のスキル構成では意外と他の2本に一歩遅れを取る面も。

しかし、ことのほか「匠いらず」の恩恵は大きく、スキルの構成にかなり無理が効きます。

その辺も含めて、「割と雑に扱っても強い」というのがこの武器に対する個人的な雑感。

爆破属性

ガマルゲインⅡ

ソコソコの攻撃力にソコソコの属性値、そしてソコソコの斬れ味ゲージ。

基本性能を若干犠牲にした代わりに、Lv2スロットが2ついています。

クロムブレードⅡに比べると「属性解放」が必要ないのも合わさって、スキルの自由度が高いのがメリットです。

どちらも使ってみた感じ、ぶっちゃけ大差ないです。

というより、今作は「無属性強化」と「会心撃【属性】」が強すぎて、どの武器も爆破属性・毒属性などの“火力補填系の状態異常武器”の影が薄いような気がします。

クロムブレードⅡ/(爆破)

「属性解放」で爆破がつく無属性のレア6です。

属性解放にスキル枠を圧迫される分、同じ無属性のガマルに比べて攻撃力・属性値・斬れ味ゲージ共に優秀です。

もともとの属性値の高さも相まって、「化合の装衣」を装備して殴るとドッゴンドッゴン爆発して面白いです。

「属性解放」なしで無属性で運用するメリットは特にないです。

麻痺属性

エアリアルロッドⅡ

操虫棍唯一の麻痺武器ですが、「属性解放」を積まないと使えません。

マルチプレイでの麻痺は大きなチャンスを作り出せますが、もともとの張り付き性能が高い操虫棍にはあまり意味がないというか、麻痺してもやることは変わらないというか。

そのため、ソロよりはマルチプレイでのサポート用と割り切った使い方になると思います。

操虫棍は武器の出し入れも早く、猟虫の存在もあって思いのほかサポートに向いているので、これをメインにサポート用のマイセットを作るのも面白そうですね。


こちらも合わせてどうぞ




Sponsored Link

武器の取扱説明書 ソロ攻略のツボ

Warning: Use of undefined constant mhw - assumed 'mhw' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kishapoppou/kisha-poppou.com/public_html/wp-content/themes/affinger4-child/single-mhw.php on line 231

Copyright© Quattro Milan , 2018 AllRights Reserved.