【ANHTEM】コルヴァス/フォート・タルシスの裏で暗躍する諜報組織

コルヴァスについて。

コルヴァス(corvus)とは、実世界におけるトレミーの48星座のひとつ「カラス座」のこと。その名にふさわしく、スパイや外交活動を主として活動している組織です。

都市間に幅広いネットワークを持っており、付近に潜む脅威を探し出し、戦闘を避けて平和裏、あるいは秘密裏に排除することを目的としていて、そのためなら暗殺も厭わない強硬な姿勢。

一方で、手を汚すような仕事はフリーランサーを下請けにして依頼してくる抜け目のないところも。

機動型ジャベリン・インターセプターの開発、サイファーの訓練や増幅器の開発など、コルヴァス主導の技術開発は意外と多く、各方面に対する強い影響力が伺えます。

コルヴァスの目的

コルヴァスの目的は「脅威を探し出し、直接の対立なしに排除すること」。人間同士の対立関係を匂わせる何ともきな臭い組織です。

実際、壁外には「ギャング:Outlaw」という勢力も存在しており、フォート・タルシスの人の雑談を聞いていると、拉致・強盗・殺人と、何でもござれな過激な犯罪集団。彼らもまたジャベリンを保有しており、壁内の勢力から危険視されています。

とても人には言えない黒いことをしていそうですが、目的はこうした脅威の芽を摘むことで、フォート・タルシスを守るという点ではフリーランサーと共通しています。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください