【ANTHEM】ドミニオン/高い技術力を持った拡張軍事政権

「具現者」が残したレリックによって「創造の賛歌」をコントロールしようと目論む拡張軍事政権で、メインストーリーの中心となる敵対勢力。

圧倒的な技術力を有していますが、やり方は個人の尊厳や生命を軽視した非人道的なもので、多くの勢力・組織に犠牲を強いてきました。

以前、“セノタフ”というレリックをコントロールしようとして失敗し、自軍とともにフリーマークの街をひとつ滅亡させる事件を起こしたにもかかわらず、全く凝りない連中です。

ドミニオンの目的

ドミニオンの司令官は「賛歌」の力を完全に制御する方法を見つけたことを宣言。その目的を果たすために、再びフォート・タルシスが位置するバスティオン北部に進軍してきました。

彼らの目的は「賛歌」の力を手に入れ、世界の混沌を終わらせること。自らが神となれば未完の世界を完成に導くことができ、それで全てが丸く収まると考えていて、フリーランサーたちの戦いを「無駄な戦い」と表現しています。

その技術を以てして本当に「具現者」のレリックをコントロールできるかは分かりませんが、いずれにせよ、ろくなことにならないことだけは間違いなさそうです。

高度な技術力

ドミニオンは非常に高度な技術を有しており、最新型のエグゾ・スーツ、ストーム・ジャベリンのオリジナルはドミニオンが開発したもの。ドミニオンとの戦闘中は、シールドを張ってフワフワ浮いているオリジナルのストームを見ることができます。

敵のボスのエグゾ・スーツもストームですね。

ドミニオンのリーダー

現在、フリーランサーが使用しているストーム・ジャベリンは、熟練のアルカニストがドミニオンの技術を元に長い年月をかけてリバースエンジニアリングしたもので、フォート・タルシスとの技術力の差が伺えます。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください