【ANTHEM】フリーランサー/世界に抗うジャベリンパイロット達

フリーランサー

プレイヤーが属する最高のジャベリンパイロットの集団。決して「個人事業主」のことではなく、直訳すると「自由の槍騎兵」という意味です。

パイロットが「ランサー」と呼ばれるのは、エグゾ・スーツが人類の自由を勝ち取るための投げ槍として「ジャベリン」と名付けられたことに由来しているのだと思われます。

天変地異の鎮静化、壁外の探索・調査、脅威の排除など、その活動は多岐に渡ります。

フリーランサーの活動方針

フリーランサーは、RPGで言うところのいわゆる「冒険者」的な立ち位置ですが、イメージされるほど自由な感じはなく、混沌の世界にあって「力無き人々の救済」という強い信念の下に活動しています。

ゲーム内のコーテックスには、フリーランサーがどんな価値観で行動しているのか、行動すべきかが記されています。

例外なく、人々に奉仕する器量。
「賛歌」が歌われた時、それを鎮める勇気。
自身に嘘をつかず、仲間との約束を果たす信念。
人々が困難に陥った時、助けを求められるような信頼。
独りで強く、共にあってより強く。

そのため、フォート・タルシスの人々からは英雄としてあがめられ、尊敬されています。体験版でジャベリンの整備をしてくれたゾーイは、息子がフリーランサーになりたいと言いだことで頭を抱えていました。

フリーランサーチーム

フリーランサークルー

フリーランサーはストライダーというビル4階建てほどの大きさの移動型の基地を持ち、ジャベリンパイロットの他に何人かのクルーがサポートとして活動を共にします。

プレイヤーのストライダークルーは師のハルーク、サイファーのオーウェンとフェイにパイロットを加えた4人。

全てのフリーランサーチームは独自のコードネームを持ち、バスティオンでは多数の部隊が活動しています。

パイロットに師が付くのは、ジェダイの騎士のマスターと弟子みたいな感じなんですかね。ジャベリンもひとつひとつが手作業で製造された貴重な資源であるため、師から弟子へと世代を超えて受け継がれていますし。

夜明けの団とフリーランサー

ヘレナ・タルシス

※女の子です

フリーランサーは、「夜明けの団」がその前身となっています。「夜明けの団」は、人類が初めてジャベリンを駆り、世界に抗うための槍となった兵団。

メンバーには、数多くの“伝説の英雄”が名を連ねています。

現在のフリーランサーは、創設者ヘレナ・タルシス将軍の意志を受け継ぎ、人々を助ける道を選んで独立したランサーたちが、その意志と力を次世代に紡いできたもの。

「夜明けの団」は、解散後にいくつかの組織に分かれましたが、「人類救済」という起源を一番色濃く受け継ぎ、現代に伝えているのもまたフリーランサーたちです。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください