【ANTHEM/アンセム】インターセプターのビルドのコツとおすすめ構成

ジャベリンのビルドは、主に武器・ギア・MODの3つの要素で構成されています。これがまたたくさんの種類があって、初めて触る人は何を基準に決めればいいのか、分からないことも多いと思います。

そこで、各ジャベリンのビルドの組み方・考え方とおすすめの構成をまとめました。

今回はインターセプターについて。

インターセプターは、ヒット&アウェイを身の上に常に戦場を忙しく走り回っているので、操作が一番目まぐるしいジャベリンです。

そのため、少しの違いが操作感に影響しやすく、中には慣れないとどうしても勝手が悪いギアも多いです。

まずは色々と試しつつ、自分のスタイルを構築するのが第一歩かなと思います。

インターセプターの武器の選び方

超接近戦が身の上なだけに、近距離で瞬間火力の出るショットガンやピストルなどが、使いやすくておすすめです。個人的には、ショットガンか一撃が重いヘビーピストルをおすすめしたいところ。

マシンピストルも悪くないと思うんですけど、射程が短いのでチョロッと撃ったら近接の間合いになっちゃうんですよね。今後登場する武器にもよると思いますが、若干火力不足感があります。

ヘビーピストルなら近~中距離までをカバーできて、一発の威力もあり、パパッと撃って素早く近接に移行できるので、今のところ一番気に入っています。

その他、アサルトライフルはどんな立ち回りでも扱いやすいですし、射程のなさを補うためのマークスマンライフルも選択肢としてはありかと。

スナイパーライフルは、高射程の武器は仕留めきれなかった敵にとどめを刺すのが難しく、インターセプターの強みを活かしきれないので相性はあまり良くないと思います。

インターセプターのギアの選び方

インターセプターは、機動力と高威力の近接攻撃を活かした超接近戦が身の上。ギアもそれに準じていて、近接戦闘に特化した、あるいはそれをサポートする性能のものが多いです。

特に対単体の高威力なデトネーターが充実していて、どんなに硬い敵でもギアを駆使すれば一瞬で落とせる瞬間火力が魅力。

組み合わせとしては、「単体火力を極める仕様」と「範囲火力を補う仕様」の大きく2つに分けられます。デカブツを確実に処理するか、雑魚集団の中で暴れ回るかですね。

加えて、中距離の攻撃力を補ったり、近接の攻撃力をさらに高めたり、主に中~近距離での戦闘で活かせるギアが用意されています。

「単体/範囲/近距離/中距離」この4つの要素を自分のプレイスタイルに合わせて考えて試していくと、使いやすいジャベリンになるんじゃないかと思います。

おすすめのギアの組み合わせ

今のところ個人的なおすすめはこの辺り。

  • 「ヴェノム・ボム + テンペスト・ストライク」ソロコンボ範囲
  • 「フロスト・ダガー + テンペストストライク」ソロコンボ単体
  • 「クラスター地雷 + デトネイト・ストライク」範囲特化
  • 「スパークダッシュ + デトネイト・ストライク」範囲単体バランス
  • 「フロストダガー + デトネイト・ストライク」範囲単体バランス2

ストライクシステムは「テンペスト・ストライク」と「デトネイト・ストライク」がダメージも高く、シンプルで使いやすいです。

インターセプターは近接攻撃でコンボを発動させすいので、アサルトかストライクのどちらかひとつぐらいはプライマーがあった方が動きやすいです。

ただ、このリストは自分が使ってみて使いやすかったというだけで、これが正解!というわけではないので、ご自身で色々と試してみて貰えたらと思います。

インターセプターのギア一覧のページでは、各ギアごとに使用感の具体的な話をしているので、そちらも参考にしてみてください。

インターセプターのMODの選び方

今のところおすすめは「ストライクシステム増強」「アサルトシステム増強」のどちらか。

選んだギアに合わせて、メインとなるギアの方を集中的に強化していく構成が強いです。単純に火力がアップする「インターセプターのブレードの刻印(格闘攻撃強化)」もおすすめです。

「アーマー強化」などの耐久力を上げる効果もありかと思いますが、インターセプターのそもそものスペックが“当たらない”、“狙われない”ことが前提なので、むしろ火力に特化した方が離脱するまでの時間を短くでき、生存力の面でもチームへの貢献度の面でも理にかなっています

「耐久力がキツイ」と感じる場合は、まずはパワーレベルを上げるか、操作や立ち回りやを見直す方が成果が上がりやすいと思います。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください