【ANTHEM/アンセム】インターセプターのギア・アビリティ一覧と使用感まとめ

インターセプターのギアを一覧にしてまとめました。

索引はあいうえお順。プライマー/デトネーターはギア名の右側に表示しています。

各ギアの詳しい使用感を知りたい方は、各項目の下にある「+ 使用感」をクリックすると開きます。

※体験版の情報を元にしているので、不明点や間違っている点もあるかと思います。その際はご指摘頂けると嬉しいです。また、ダメージはパワーレベル15~19のものをレベル19相当に概算したものです。そのため、飽くまで目安としてお考え下さい。

アサルトシステム

アサルト:Assalutとは「強襲」という意味で、その名の通り、突撃前に優位な状況を作り出す用途に向いています。

例えば、威力の高い「シーカー・ダガー」で敵を削っておいたり、「フロスト・ダガー」で凍らせたり、ある程度距離があっても効果的に使えるギアが多いです。

ヴェノム・ボム

アサルトシステム


ダメージ35
リチャージ7
半径6
酸ステータス45
対象エリアを5秒間酸で水浸しにする投擲型爆弾
使用感
継続ダメージと耐性ダウンの酸のプライマーを付与するグレネード。範囲も効果時間も長いので、適当に投げてもだいたい当たります。

インターセプターのプライマーのギアの中では、飛びぬけてリチャージが早いのも優秀。

専らコンボの起点となる技で、テンペストストライクで辺り一帯を吹き飛ばすのが強いしおすすめです。シールドなしの体力お化けは、このコンボでどうとでもなります。

ただ、威力はお世辞にも高いとは言えず、シールドを持っている敵にはほとんど無力。酸ステータスを当てるためにシールドを剥がす必要があるので、シールド持ちと対峙すると少し扱いづらいです。

また、スコーピオンは酸に耐性があるみたいで、なかなかプライマーを付与できなかったりということも。

クラスター地雷

アサルトシステム


ダメージ696
リチャージ12
半径2
複数の近接地雷をバラ撒く投擲型装置
使用感
インターセプターでは珍しい投擲範囲攻撃。

投げる時は1個で、何かに当たったら6発に分裂し、“若干上に跳ねながら”散らばります。壁や天井に付着するので、天井に投げると上に跳ねて6個重なってたりします。

おそらく表示されているダメージは“地雷1発の威力”で、全弾当たると×6。HARDのレジェンダリーエネミーのシールドが1発で消し飛ぶぐらいの攻撃力があります。

敵の集団に投げても強いし、投げこんで突撃しても強いし、近接で殴りながら目の前の敵に投げても強いし、防衛時に突撃してくる敵の前に置いといても良いし、意外と使い勝手も悪くないです。

ただ、見た目の割に踏んだ判定が狭く、地雷が展開するまで時間もかかり、狙った敵にピンポイントで当てるのは結構難しかったり。

勝手の良さとは裏腹に、なかなかくせのあるギア。使い方としては、近接攻撃に織り交ぜるのが正解なのかなーと思います。

シーカー・ダガー

アサルトシステム


ダメージ1915
リチャージ14
ターゲットを追尾して破壊する投擲型装置。
使用感
威力が尋常でなく、単純なダメージソースとしても優秀ですし、突撃前に敵のシールドを溶かしたりするのにも便利です。

空中に浮いている敵や、遠距離の敵への数少ない攻撃手段としても有能。

ただ、他の手裏剣と違って投げるとホバリングしちゃうので、使い勝手がかなり違います。慣れないと使い難く感じるかも。

コンボに全く絡まないので、ストライクにはプライマー効果のあるギアがおすすめ。インターセプターの場合、デトネーターは近接攻撃でどうとでもなりますしね。

スパークダッシュ

アサルトシステム

No-image
ダメージ1009
リチャージ7
前方にダッシュして、敵にダメージを与える電撃の軌跡を背後に残す。
使用感
アサルトシステムのデトネーター代表。敵に向かって超速でダッシュし、道中の敵をひき殺す近接攻撃です。

かなりの距離を移動するので、距離を詰めるのにも便利ですし、空中の敵を撃ち落とすのにも便利。単純に火力があるので、目の前の敵をひき殺すのにも十分使えます。

ただ、カメラ方向ではなく、キャラが向いている方向にぶっ飛んでいくので、狙いを付けるのが難しい……。この辺は慣れが必要。

その意味で、あまり使い勝手はよろしくないです。スペックは優秀なんですけどねぇ。

フロスト・ダガー

アサルトシステム


ダメージ69
リチャージ20
氷ステータス45
最大体の対象に照準を合わせて凍結装置を投げつける。
使用感
一番デカいヤツに向かっていき、敵を凍結させます。

どれだけ敵が密集しているところに投げつけても一番デカい奴が凍ってます。厄介な敵の動きを止めたりコンボの起点にしたりと何かと便利。

コンボを決めてオーラを纏って、そこいらの敵をまとめて凍結させるのが楽しい。

ただ、リチャージが長く、ヴェノム・ボムほどポンポン投げれないのがの玉に瑕。なので、投げる相手は選ばなければなりません。

また、ヴェノム・ボムと同じくシールドには本当に無力です。そういう敵を相手にする時は「シーカー・ダガー」が欲しくなりますが、そっちもアサルトシステムなのでどちらか一択なのが世知辛い。

ストライクシステム

ストライク:Strikeとは、「急に強い一撃を与える」という語感を持った言葉で、単純に「攻撃」という意味でも使われます。

敵にトドメを刺したり、大ダメージを与えられるものが多く、アサルトシステムに合わせた“本番”の役割が強いです。

近距離で大きな威力を発揮するギアが多く、ストライクシステムがインターセプターのメインダメージソースになってきます。

ヴェノム・スプレー

ストライクシステム


ダメージ1166
リチャージ11
酸ステータス15
インターセプターの前方へ、腐食性の酸を扇状に放射する。
使用感
インターセプターの数少ない範囲攻撃。

一応プライマーではありますが、ダメージの方がメインで酸ステータスは低め。そのことが関係しているのか、一撃ではプライマーを付与できないことも多く、プライマー目的での採用はあまりおすすめできません。

採用するならダメージ目当てで、コンボはできたらいいなーぐらいの気持ちで狙っていくのが良さげです。

酸を噴射するのが“キャラが向いている方向”なので、同じくキャラが向いている方向にダッシュしていく「スパーク・ダッシュ」とは相性が良いです。

肝心のダメージは上々。範囲も見た目より広く、思ったより遠くまで届きます。

テンペスト・ストライク

ストライクシステム


ダメージ1271
リチャージ7
強力な近接格闘攻撃を繰り出し、敵を帯電させる。オーラコンボ。
使用感
威力とリチャージが優秀。帯電効果の方はイマイチ実感できず、使用感としては完全に単品向けのデトネーターです。

一応、周囲にもダメージが入っているようで、コンボを発動させると割と広い範囲が吹き飛びます。ソロでコンボを狙うなら「ヴェノム・ボム>テンペスト・ストライク」の組み合わせがイチオシ。

ヴェノム・ボムの項でも触れましたが、硬い敵でもシールドなしの体力お化けはだいたいこれで何とかなります。

シールド持ちにも「テンペスト・ストライク」があれば一瞬でシールドを溶かすことができますし、敵が予想外に硬くて粘られてもプライマーが入れられる頃にはリチャージが終わってたりして、何かと使い勝手のいいギアです。

デトネイト・ストライク

ストライクシステム


ダメージ348
リチャージ12
半径5
チャージされた格闘攻撃により、対象を4秒後に爆発させる。対象死亡時にはさらに大きな爆発が起きる。
使用感
密集している敵を一網打尽にする用途に向いていて、爆発も含めると相当な火力。

さらにプライマーも付くので、味方のコンボにもつなげられるし、自分でコンボを繋いでも良いし、集団を撃破する時にはかなり便利です。これで敵集団に突っ込んでいくの楽しすぎ。

威力が高いのでシールドに無力ってこともないし、単品でも使い勝手が良いです。

「スパーク・ダッシュ」と組み合わせてソロでコンボを狙っても良いですし、「ヴェノム・ボム」や「フロスト・ダガー」などのプライマーと組み合わせで味方のコンボに繋げても強いです。

「デトネイト・ストライク」を中心に色々なビルドが考えられるので、そういう意味でもとりあえず使ってみて欲しいギアのひとつ。

リチャージが若干長いのが玉に瑕。

ファントム・ストライク

ストライクシステム


ダメージ696
リチャージ7
半径10
インターセプターが自らの分身を生み出し、最大で3体の対象に向けてワープさせる。
使用感
プライマーもデトネーターもない単純な高威力の物理攻撃。敵集団に向かって飛ばすと近くの3体を斬り付けてくれます。

威力がおちた代わりに貫通するようになった「シーカー・ダガー」という感じで、使用感もそのまま。

高威力の中距離攻撃手段としては貴重ですが、可もなく不可もなくといった性能は、インターセプターを選ぶ人にとっては面白みに欠けるかも。

プラズマ・スター

ストライクシステム


ダメージ383
リチャージ2
強力にチャージされた手裏剣を投げて装甲を融解させる。
個人的な使用感
最大4つまでストックしておける手裏剣。アーマーを貫通するので、敵の硬さに関わらず一定のダメージが見込める安定感が魅力です

ヘッドショット判定があり、弱点部位にもしっかり倍率が乗るのも嬉しいところ。

派手さはありませんが、強襲する前にシールド溶かしたいとか、離脱したいけどトドメを刺しておきたいとか、近接が届かない空中のやつを撃ち落としたいとか、様々なシチュエーションであると助かる補助的なギアです。

ただ、「ヘビーピストルさんと仕事が被ってないですか?」と思う節もあり、敢えて「プラズマ・スター」を選ぶ理由は今のところないような気もします。

シュパパパッ!と手裏剣を投げながら敵に突撃して、シュパパパッ!と手裏剣でトドメを刺しながら離脱するのがカッコ良すぎるので、こいつを中心に添えたビルドを何か考えたい。

サポートギア

ターゲット・ビーコン

サポートギア


リチャージ29
持続時間15
対象を追尾してマーキングし、対象の被ダメージを33%増加させる。死亡時に別の目標へジャンプする。
使用感
空気感が半端ないラリー・クライとは打って変わって優秀なサポートギアです。

使用すると手裏剣の起動で飛んでいくビーコンを投げ、当てた敵から赤い光が縦に出るようになります。画面にロックオンマークのようなものが表示されるので分かりやすいです。

撃つ時に若干の硬直があり、そこが煩わしいところですが、それを差し引いても超優秀。ボスに対しても有効です。

ラリー・クライ

サポートギア


リチャージ59
自身および味方の全てのステータス効果を解消する
個人的な使用感
味方のステータス画面があるわけでもないので、どうしても自分用。

それにしても、敵にコンボがあるわけでもなく、ステータス効果を解消しないとキツイ場面もなく、今のところどう使って良いのやら。

今後、難易度が上がってくれば重要になる場面もあるのかもしれない。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください