【ANTHEM】インターセプターの特徴・ギアの種類と使い方の解説

インターセプターは対単体の瞬間火力に特化していて、素早く距離を詰めて敵を瞬殺し、的になる前に離脱するヒット&アウェイを身の上としています。

そのため、3段ジャンプトリプルダッシュダッシュ・回避時のシールド回復など、機動力を活かすための特性を数多く備えています。

機動力を確保するために耐久値を犠牲にしており、足を止められると脆いですが、動き回ってさえいれば生存力もかなりのもの。

特徴

近接攻撃が連撃で、リチャージがない

インターセプターの近接攻撃は一回のボタン操作で3連撃を繰り出し、しかもリチャージがありません。

目にも止まらぬ連撃で、ほぼ全ての敵を近接だけで仕留めることができます。インターセプターを初めて装着したパイロットは後になって必ずこう思います。

「そういえば銃持ってたわ」と。

3段ジャンプ

インターセプターのジャンプは3段になっていますが、到達高度は他のジャベリンと大差ないです。

特徴は、横軌道の動きができて、なおかつ素早いこと。ジャンプ時に横方向への軌道修正が利くので、空中を縦横無尽に素早く移動することができます。

トリプルダッシュ

回避ボタン長押しでトリプルダッシュ。

これがインターセプターの機動戦の要で、敵との距離を素早く詰めたり、離脱したりする時の必須アクションです。

素早い移動によるシールド回復

インターセプターは、ダッシュや回避での移動中はシールドの回復が早くなる特性を持っています。

少し離れればすぐに回復し始めるので、瀕死になっても戦線復帰が早く、紙装甲ながら生存力は高め。

インターセプターのギア

インターセプターのギアは、主に突撃を補助する「アサルトシステム」とメインの火力になる「ストライクシステム」の2つ。

近接攻撃によるコンボ発動の機会が多いためか、他のジャベリンに比べるとプライマー()もデトネーター()少なめです。

プライマーとかデトネーターとかよく分からんって人はまずはこちらを。

【ANTHEM】コンボのやり方・発動条件とコンボエフェクトの解説

近接攻撃

近接攻撃
ブレーデットダガー前方に素早く連続攻撃を繰り出す。

前方を3連続で素早く斬り付ける近接攻撃で、インターセプターのメインの攻撃手段。

空中を攻撃できないのが弱点でしたが、開発陣曰く、製品版では空中も攻撃できるようになるようです。

一応デトネーター()がついていますが、コンボの判定があるのは3連撃のうちの最後の一撃とジャンプ攻撃のみです。

アサルトシステム

アサルトシステム
ヴェノム・ボム対象エリアを5秒間酸で水浸しにする投擲型爆弾
クラスター地雷複数の近接地雷をバラ撒く投擲型装置
シーカー・ダガーターゲットを追尾して破壊する投擲型装置。
スパークダッシュ前方にダッシュして、敵にダメージを与える電撃の軌跡を背後に残す。
フロスト・ダガー最大体の対象に照準を合わせて凍結装置を投げつける。

右腕に装備されたAssalt(強襲)用のギアです。主に本体突撃前の補助に使用します。

「ヴェノム・ボム」「フロスト・ダガー」は、ソロコンボ用のプライマー()に。

「シーカー・ダガー」「クラスター地雷」は、突撃前後の火力要員。

「スパーク・ダッシュ」は突撃と同時に敵をひき殺すデトネーター()です。

ストライクシステム

ストライクシステム
ヴェノム・スプレーインターセプターの前方へ、腐食性の酸を扇状に放射する。
テンペスト・ストライク強力な近接格闘攻撃を繰り出し、敵を帯電させる。オーラコンボ。
デトネイト・ストライクチャージされた格闘攻撃により、対象を4秒後に爆発させる。対象死亡時にはさらに大きな爆発が起きる。
ファントム・ストライクインターセプターが自らの分身を生み出し、最大で3体の対象に向けてワープさせる。
プラズマ・スター強力にチャージされた手裏剣を投げて装甲を融解させる。

こちらは左手。「ストライクシステム」は、純粋に火力を発揮するギアで構成されています。

「ヴェノム・スプレー」「デトネイト・ストライク」は、自信を中心とした範囲攻撃が得意なプライマー()。

「テンペスト・ストライク」は、単体に大ダメージを与えるデトネーター()。

「ファントム・ストライク」「プラズマ・スター」は、近~中距離の立ち回りに幅を持たせる柔軟さが特徴です。

サポートギア

サポートギア
ターゲット・ビーコン対象を追尾してマーキングし、対象の被ダメージを33%増加させる。死亡時に別の目標へジャンプする。
ラリー・クライ自身および味方の全てのステータス効果を解消する

「ターゲット・ビーコン」が圧倒的に優秀で、「ラリー・クライ」の使いどころがイマイチ分からず。

ステータス効果は確かにきついんですけど、インターセプターやってると周囲がステータス効果を受けているかどうかを確認し辛く、専ら自分用になっちゃいます。

各ギアの使用感と詳しい使い方はこちらから。

【ANTHEM】インターセプターのギア・アビリティ一覧と使用感まとめ

特殊スキル

特殊スキル
アサシン・ブレード20秒間無敵になり、近接攻撃力が上がる。射撃ボタンを押しながら攻撃することで幻影が同時に攻撃し、ターゲットを変えてもダメージが入り続ける。
※効果中はスラスター飛行不可

雑魚処理にも単体火力にも使える特殊スキル。

無敵時間を活かして雑魚に囲まれたボスクラスを削ってもよし。

幻影の攻撃を活かして雑魚を処理して回ってもよし。

攻撃性能もさることながら、厄介な場所のタレットを処理したり、敵の群れを横切っての荷物運搬したり、ピンチの時の回復用や、味方を無理やり蘇生したりと、20秒間の無敵時間がとにかく恐ろしく柔軟です。

柔軟なだけに使いどころに悩みますが、このゲームは必殺技のゲージが溜まるのが早いのでガンガン回していって良いと思います。

特に有効なシチュエーションは3つ。

  1. 中ボスクラスの瞬殺
  2. 死地での味方の蘇生
  3. 敵陣に突っ込んで散々暴れた後の回復+攻撃続行

コンボエフェクト・オーラ

コンボを決めると、プライマー()となった属性のオーラをまとうコンボエフェクト。

近接攻撃がまとったオーラと同じ属性のプライマー()を持つようになります。

他の3種類のジャベリンに比べるとイマイチ物足りない感じでしたが、製品版では強化が入るらしいので確認次第更新しますね。

インターセプターの使い方

インターセプターは機動力と攻撃性能を活かした殲滅戦が得意なジャベリンです。

範囲・単体ともに瞬間火力に優れていて、厄介な敵を確実に始末するのに向いています。

移動アクションを極める

トリプルダッシュと3段ジャンプ、それにスラスター飛行を合わせた自由な軌道がインターセプターの生命線です。

「3段ジャンプ>トリプルダッシュ>スラスター飛行」だったり

「トリプルダッシュ>ジャンプ>トリプルダッシュ>2段ジャンプ」だったり、

それにバレルロールを駆使して被弾を最小限に抑えつつ、目的の敵を瞬殺して味方の陣地に帰投します。

とにかく動きまくって敵陣を混乱させるためにも、1にも2にもまずは色んなバリエーションの移動を試してみましょう

体力の高い敵を狙う

インターセプターは素早い動きで次から次に敵を処理していくので、雑魚処理もお手の物。

ですが、体力が高い敵を集中的に狙って行く方が尖った攻撃性能を十分に活かすことができ、チームへの貢献度は高いです

厄介な場所にいるスナイパーなんかもターゲット。

瞬殺パターンを持っておく

戦闘中のインターセプターが一番危険なシチュエーションは、足を止めて敵を殴ってる最中です。

その時間を減らすためにも、手持ちのギアを駆使した瞬殺パターンをいくつか持っておきましょう。

例えば、「ヴェノム・ボムorフロスト・ダガー>テンペスト・ストライク」は鉄板コンボ。

敵集団には「デトネイト・ストライク>スパーク・ダッシュ」も強力なコンボです。

コンボを使わないなら「シーカー・ダガー>プラズマ・スター>近接>離脱中にプラズマ・スター」の流れも強いです。

色んなギアを試して、自分が得意な瞬殺パターンを探してみましょう。

ビルドについては別の記事にまとめているので、詳しくはそちらで。

【ANTHEM】コロッサスのビルドのコツとおすすめのギア構成

まとめ:インターセプターの役割は厄介な敵を処理すること

インターセプターの役割は、体力の高いシールド持ちやタレットなど、近付きにくく、倒しにくい敵を確実に処理していくこと。

他のジャベリンでもやれなくはないですが、この点にかけてはインターセプターの攻撃性能は圧倒的です。

もしピンチになっても走ってればシールドはすぐに回復しますし、体力回復のドロップは勝手に拾えますし、死にそうになったら特殊スキルを発動すれば良いので、ガンガン突っ込んでいきましょう。

ただ、離脱する先は突っ込む前に確認しておかないと、逃げ場がなくなります。

立ち回りについてのもっと詳しい話は別の記事にまとめているので、そちらも参考にしてみてください。

【ANTHEM】インターセプターの動き方と立ち回りのヒント【高難易度向け】

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください