【ANTHEM】夜明けの団/混沌の世界から人類を救った救世主達

夜明けの団

ここは荒々しく、残酷な世界だ。人類は数百年にわたって、大地を揺るがし生物を変異させた激しい混沌に対して無力であり続けた。夜明けの団がいなかったら、人類は今も苦しんでいるだろう。ヘレナ・タルシス将軍の指揮のもと、彼らはジャベリンを生み出し、人類を混沌から守り、後に続く人々のために新たな未来を創造した。彼らの、そして彼女の存在があったからこそ、皆の物語が紡がれるようになったのである。

引用:「ANTHEM」に登場する夜明けの団を継ぐ者、それが君だ/EA公式


「夜明けの団」の成り立ち

「夜明けの団」の活動を記した、バスティオンで最も有名な本である「タルシスの書」によると、ヘレナ・タルシスは元々迫害者ウルゴスの奴隷で、集団脱走事件の唯一の生き残りだとされています。

彼女と発明家アーデン・ヴァッサ、記録者ギャレットは、ウルゴスを討伐するために兵を募り、鍛え上げ、「夜明けの団」を結成。そして、タルシス将軍直属の部下の4人にジャベリンを与えました。

「夜明けの団」は天変地異や怪物が襲い来る混沌の世界において、人類にとって初めての“抗う力”となりました。

彼女らは人々を安全な地に導き、そこに壁で囲まれた要塞都市を築くように促します。プレイヤーが降りたつ最初の街「フォート・タルシス(タルシスの要塞)」は、彼女の名にちなんで名づけられました。

迫害者ウルゴスは人々の抵抗に激怒し、何度も襲撃を繰り返しました。しかし、最終的にはアンティウム襲撃の際「夜明けの団」によって討伐されます。タルシスを始めとした多くの戦士の命と引き換えに。

その後、「夜明けの団」は解散し、いくつかの組織に分かれました。その時、彼女が遺した《勇気の道》に続いたものたちは今、「フリーランサー」と呼ばれています。

「夜明けの団」の伝説

現在判明している夜明けの団のメンバーは6人。

  • ヘレナ・タルシス将軍
  • 記録者ギャレット
  • 発明家アーデン・ヴァッサ
  • サナディーン
  • マグナ・シュトレル
  • リアトレール

下3人はいずれも、ジャベリンを装着してタルシス将軍と戦った人物らしく、有名な英雄として名を遺しています。バスティオン各地を探索するうちに、その名を耳にすることも多いでしょう。

また、戦死したはずのタルシス将軍がアンジャー付近で目撃されていることから「復活伝説」が信仰の対象になり、「ヘレナの道」に礼拝所が建築されたり、ランサーの中には「夜明けの団」のアーティファクトの存在を固く信じているものもいます。

いつか、フリーランサーたちが「夜明けの団」の伝説に挑む日もやってくるかもしれません。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください