【ANTHEM/アンセム】レンジャーの使い方と動き方・立ち回りのヒント【高難易度向け】

Anthem-ranger

レンジャーの特徴と動き方の解説です。

主に高難易度コンテンツに挑戦する人で、「もっと強くなりたい」「もっと上手く動かしたい」という人に向けた内容になっています。

高難易度に挑むもすぐに死んでしまうという場合に、この記事が何かしらの役に立ったら嬉しいです。
※体験版の情報を元にしているので、不明点や間違っている点もあるかと思います。その際はご指摘頂けると嬉しいです。

レンジャーの使い方

他のジャベリンほどの派手さはありませんが、位置取り、援護射撃、コンボ、ターゲットの切り替え、サポートなど、戦闘行動の切り替えが素早く、正確で、しかも何でもできるのがレンジャーの強み。

どのジャベリンとも相性が良く、スムーズに連携を取ることができ、それぞれ尖った特徴を持った他の3体の繋ぎのような役割を担えます。

味方が何をしたいかを素早く察して、それに的確に呼応することができるのはレンジャーだけです。

単独行動ダメゼッタイ

そのため、任務中は常に味方と一緒に行動するのが望ましいです。

チームから離れて単独で行動すると、難易度が上がるほど器用貧乏な面が際立ってきます。

レンジャーが中心にいることでチーム全体が安定して機能しますし、器用貧乏という唯一の弱点をチームメンバーがそれぞれの強みを活かして補ってくれます。

己を知り、敵を知れば百戦危うからず

他のジャベリンと違って銃がメインの攻撃手段になるので、火力面では各武器の特性や相手の弱点を知っているかどうかが重要になってきます。

また、レンジャー単体では強力な範囲火力や単体火力を持たないため、効率的に敵を倒していくには属性やコンボの知識も必要不可欠。

ストーム、コロッサス、インターセプトなど、チームメイトとなったジャベリンの特性を知っていれば、味方のしたいことに迅速に呼応できます。

レンジャーの操縦には、いろいろな面で知識と経験がものを言います。

どんなゲームでも「万能型」は得てしてそういう役回りになりやすいもの。

レンジャーも例にもれず、使い方こそシンプルですが、ANTHEMのことを理解すればするほど奥が深い、なかなかいぶし銀なデザインになっています。

レンジャーのコンボ

レンジャーは全ジャベリンの中で唯一、近接攻撃でプライマー効果を付与することができます。そのため、ギアを両方デトネーターで揃えても十分にソロでコンボが狙えます。

コンボエフェクトでコンボの威力も高く、単体に対しては高い火力を発揮しますが、広範囲をコンボで攻撃できるギアの組み合わせがないので、ソロで狙えるコンボは対単体に限られます。

コンボエフェクト・クリティカルターゲットダメージ

レンジャーのコンボエフェクトは“コンボの基礎ダメージを上げる”というもの。単純にコンボが強くなる効果です。

デトネーター効果のあるギアをメインに、味方が撒いてくれたプライマー効果をうまく利用していければ、強力なアタッカーとしても機能します。

レンジャーの動き方と立ち回りのヒント

敵と出会ったら前線構築

敵と出会ったら、まずやることは前線の構築。

実際のプレイではあまり意識することはないかもしれませんが、チームでの戦闘では、コロッサスやレンジャーなどの前線を構築できるジャベリンが戦闘の中心になります。

なので、この2体がフラフラしだすとなかなかチームがまとまりません。

フラフラするのはインターセプターに、フワフワするのはストームに任せて、まずは前線をしっかり作ってやるとチームがまとまりやすいです。

コロッサスとレンジャーが前線を構築してその中心にいるからこそ、インターセプターとストームが自由に暴れることができるんですね。

具体的には

じゃあ具体的に何をすれば良いのかというと、遮蔽物を利用して敵と交戦できる安全なポジションを確保すること。

これは主にコロッサスの仕事で、そのサポートをする感じ。

敵は次から次に沸いてくるので、前線構築をおざなりにすると逃げ場がなくなり、敵に囲いこまれて厳しい局面に立たされやすいです。

戦闘が開始したら味方の援護

戦闘が本格的に始まったら、レンジャーは味方が狙っている敵にフォーカスして一体ずつ確実に処理していきます。

この時にみんながバラバラに狙いをつけると、前線の敵の処理に時間がかかり、フォーカスを受けた味方が倒れるか、ピンチになって戦線を離脱してしまいます。

そうして敵に一気に火力差を付けられて、あっという間に押し込まれてしまうのは高難易度あるある。

ですが、コロッサス、インターセプター、ストームそれぞれに得意な相手、苦手な相手がいるので、全員が同じ敵をフォーカスするのが難しい状況も多いです。

しかし、レンジャーならその穴を埋めることができます。

常に周囲を見渡して、味方を援護し、連携を取りながら前線を押し上げていく。どのジャベリンにとっても基本的なことですが、レンジャーがそれをやると安定感が段違いです。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください