【ARK/PS4】レンタルサーバーの建て方と設定の簡単解説

Multiplugs

ARKのサーバーの借り方を簡単に解説しています。

今回使っているサーバーは、スパチュンが推奨している「MultiplayGameservers」というサーバーです。

「NITRAD」や「g-portal」など、他にもいろいろと借りれる所がありますが、日本にデータセンターがあるのが今のところ「MultiplayGameservers」だけっぽいです。

Sponsored Link

1.サーバーを借りる

Multiplayのアカウントを作る

まずはMultiplay Gameserversにアクセスして、ホームページを開きます。

右上の人のアイコンをクリックするとタブが開くので、「My Account」を選択。

必要項目を記入して、「CREATE ACCOUNT」を選択。

サーバーをレンタルする

アカウントを作ったらもう一度Multiplay Gameserversにアクセスして、右上のタブから「ORDER A SERVER」を選択。

ORDER A SEVER

①「select a game here…」で「Ark:Survival Evolved(PS4)」を選択。

②ゲームを選択したら「ADD GAME」をクリック。

ORDER A SEVER

必要事項を入力していく。

Multiplay Gameservers ORDER A SEVER

①Ark:Survival Evolved(PS4)/月額料金とプレイヤー上限。
②Default Name/サーバー検索に表示されるサーバー名
③Voice Comms/使用するボイスチャット(スルーしてOK)
④Branding/???(スルーしてOK)
⑤Location/データセンターの場所(Tokyo推奨)
⑥Renewal Period/レンタル期間(1ヶ月~1年間まで選べます)
⑦Voucher or Referral Code/クーポンコード的な(スルーしてOK)

入力に際して特に困ることはないと思います。

⑤Locationに関しては時期によっては“Tokyo”が見つからないことがあり、おそらく鯖がいっぱいで空き待ちの状態なんだと思います。

その場合は、次点で“Hong Kong”、次に“Singapore”が近いです。

どうしても“Tokyo”が良いという場合は、根気強く待っていればそのうちタブに出てきます。

僕が借りようとした時は香港もシンガポールもなく、一番近くてモスクワでした。

さすがにそれは遠すぎると思い、日を改めてマメにチェックしていると2日目で“Tokyo”が出てきていました。香港やシンガポールでも強烈なラグを感じることはないと思いますが、まぁ東京が無難だと思います。

もし東京以外の鯖でラグがどんな感じか気になる場合は、公式のAsia鯖やNA鯖を覗いてみると感じが掴めると思います。

必要事項を入力したら、金額を確認して「CHECKOUT」をクリック。

CHECKOUT

その後は、請求先情報や支払い方法を入力する画面になります。支払方法はクレジットカードかPayPalで、入力を終えたら右下の「Review Order」をクリック。

「Review Order」のページで情報の最終確認後、「Place Order & Checkout!」をクリックするを注文完了です。

注文が完了したら「Order Complete」画面が表示され、登録されたメールアドレスへサーバー情報が送信されます。

2.サーバーの管理画面にアクセスする

注文が完了したら、借りたサーバーの設定をするクランフォージのページへアクセスします。

右上の「Sing in」をクリックして、「MULTIPLAY GAMESERVERS」のアカウントを作る時に設定したメールアドレスとパスワードを入力。

ClanForgeのトップページ

ログインすると、「Manage My Servers」の下に、先ほどレンタルしたサーバーが表示されています。

Clan Forgeのサーバー設定画面

右側の「Manage」クリックすると管理画面に移動します。
※レンタルサーバーを注文してから立ち上がるまでタイムラグで表示されないことがあります。その場合は、時間を置いて再度アクセスしてみてください。

Sponsored Link

3.サーバーの設定を変える

ここからマップやパスワード設定、ゲーム内の細かい仕様を自分好みにいじっていきます。

サーバーの設定は「Edit Profile」から行います。

Clan Forgeのサーバー設定画面

設定は全て解説するとながーくなるので(どうでもいい項目も多い)、いじった方がいい、またはよくいじられる項目を掻い摘んで解説していきます。

なるべく詳しく解説していますが、僕自身も割と手探りな感があるので100%鵜呑みにはしないでください。設定変更は自己責任でお願いします。

Setting

Server Name:サーバー名。

「サーバー検索」で表示されるサーバー名です。

Admin Password:管理者パスワード

ゲーム内で管理者コマンドを使用するために必要なパスワードです。

Game Password:ゲームのパスワード

ゲームにログインするために必要なパスワードです。これを設定しておくと、パスワードを知っている人だけで遊べます。

BabyCuddleIntervalMultiplier:刷り込み間隔

赤ちゃんを育てる時の刷り込み感覚です。赤ちゃんの成長速度をあげたらこっちもいじらないと、一回も刷り込みできずに大人になってしまいます。

成長速度とのバランスが大事なので、先に成長速度を決めて、様子を見ながらバランス調整していくのが良いと思います。

数値が低いほど感覚が短くなります。

BabyMatureSpeedMultiplier:赤ちゃんの成長速度

いくらか上げておくのがおすすめです。

数値は好みによりますが、1でティラノサウルスの赤ちゃんが育つまでにおよそ4日。10倍でだいたい9時間ぐらいですね。

ちなみに、公式がソロ向けに用意した「シングルプレイヤー設定」で36倍です。

Damage Text:ダメージのテキスト表示

この設定を“true”にしとくと、どれぐらいのダメージが出ているのかを一目で確認できます。

敵のおおよその強さも分かるので、生存率も上がります。

DifficultyOffset:難易度

1~5までの数字で難易度を設定できます。

影響するのは「出現する恐竜の強さ」と「クレートから出るアイテムの品質」です。難易度が高いほど高レベル・高品質のアイテムが出現します。

最大5。公式サーバーは5で、最大150レベルの恐竜が出現します。

DisableStructurePlacementCollision:埋め込み建築

障害物の判定を無視して建築できるようになります。建築がかなり自由になるので“ture”推奨。

EggHatchSpeedMultiplier:卵の孵化速度

成長速度と同じく、上げておいた方が遊びやすいです。1でティラノサウルスの卵が5時間ほど。

HarvestAmountMultiplier:資源からの収穫量

1.0だと遊ぶ時間が自由に取れないプレイヤーはキツイと思います。ちょっと規模の大きな建築をするのにも膨大な時間がかかります。

かと言って、あまり上げ過ぎると恐竜の採集能力が空気になります。

2~3ぐらいが良いんじゃないかと思いつつ、僕が遊んでいるサーバーは3.5です。社会人の人多いので……。

Map:マップの設定

この項目で遊びたいマップを設定します。

指定文は、TheIsland、TheCenter、Ragnarok、ScorchedEarth_P、Abberation_Pのいずれか。

Map Player Location:地図の現在地表示

地図にプレイヤーの現在地を表示できるようになります。

コンパスやGPSを使って自分の位置を割り出し、迷わないように冒険するのもサバイバルゲームの醍醐味と言えば醍醐味ですが、正直辛かったです。

MatingIntervalMultiplier:交配準備期間の長さ

交配可能になるまでの準備期間の長さを指定できます。

1.0でだいたい13時間ぐらい。だった気がする。僕が遊んでいるサーバーでは半分ぐらいに設定しています。

Override Official Difficulty:公式の難易度を超えた難易度設定

公式では最大難易度5で野生の恐竜の最高レベルは150ですが、この項目では難易度を10まで設定でき、レベル300までの恐竜を出現させることができます。

PlayerCharacterFoodDrainMultiplier:プレイヤーの腹減り具合
PlayerCharacterStaminaDrainMultiplier:プレイヤーのスタミナ消費具合
PlayerCharacterWaterDrainMultiplier:プレイヤーの喉の渇き具合

1.0では食料値、スタミナ、水分量のステータスを上げないとどこにも行けないぐらいお腹が空くし、走れないし、喉が渇きます。

数値を減らすほど消費が抑えられます。それぞれ0.5でストレスなく動ける感じ。

下げ過ぎると食料や水筒といったアイテムまで空気になるので、0.5~1.0の間で調整するのが良いでしょう。

PlayerHarvestingDamageMultiplier:プレイヤーの資源へのダメージ

この数値を上げると、少ない攻撃回数で資源を採集することができるようになります。採集量は変わりません。

ServerPvE:ゲームモードをPvEモードに変更する

“true”でPvEモードに。“False”でPvPモードになります。

TamingSpeedMultiplier:テイムスピードの変更

テイムスピードを上げるとテイムが楽になりますが、上げ過ぎると野菜、霜降り肉、羊肉、キブルといったテイム速度を上げるアイテムが空気になります。

簡単すぎるとゲームの寿命にも直結するのでほどほどに。

ちなみに、スパチュン鯖は4倍らしいです。

XPMultiplier:経験値倍率

数値を増やすほど取得経験値が増えます。

最初はあまり気にならないと思いますが、プレイヤーのレベルは80辺りから上がりが悪くなってきます。

文明の発展速度にも直結してきますが、ぶっちゃけカンストしてからスタートみたいなところもあるのでなんとも。

個人的には、ARKを初めてプレイするなら割とキツめで、ゲームに慣れているなら10倍~20倍の緩めの設定でもいいかなと。

恐竜の経験値にも影響するので、気に入った恐竜のレベル上げをじっくりやりたいという場合は少し抑え目で。

細かい設定

「Profile Edit」から「Config」を選択。その下の「Game.ini」と「GameUserSetting.ini」から、より細かい設定をいじることができます。

注意点としては、PoopIntervalMultiplier=$$PoopIntervalMultiplier$$のように“$$”で囲まれている項目は、「Setting」の方でいじれる項目です。

これをいじるとおかしなことになるので、触らないようにしましょう。

例によって、個人的に変えた方が良いと思う項目を掻い摘んで解説します。設定完了までもう少しですよ!

Game.ini

PerLevelStatsMultiplier_Player[-]:プレイヤーのレベル毎の成長率

[]内の数字がそれぞれのステータスに対応していて、=の後の数値で成長倍率をいじります。

例えば

PerLevelStatsMultiplier_Player[0]=1.0

と書いてあれば、体力が1.0倍で成長しますよーということ。

[]内の数字が対応しているステータスは以下。

#The number in the square-bracket will go through up to 11, where 0-11 corresponds to (where applicable:
#0: Health,(体力)
#1: Stamina,(スタミナ)
#2: Torpidity,(気絶値)
#3: Oxygen,(酸素)
#4: Food,(食料値)
#5: Water,(水分値)
#6: Temperature,(温度???)
#7: Weight,(所持重量)
#8: MeleeDamageMultiplier,(近接攻撃)
#9: SpeedMultiplier,(移動速度)
#10: TemperatureFortitude,(温度耐性???)
#11: CraftingSpeedMultiplier(製作スキル)

PerLevelStatsMultiplier_DinoTamed[-]:テイム後の恐竜のレベル毎の成長率

テイムした恐竜のレベルごとの成長率です。

体力と近接攻撃をいじっておかないと、デフォルトの1だとテイムした恐竜が強すぎてかなりヌルくなります。

公式鯖の数値は以下。

PerLevelStatsMultiplier_DinoTamed[0]=0.2
PerLevelStatsMultiplier_DinoTamed[8]=0.17

ソロ向けの「シングルプレイヤー設定」の数値は以下。

PerLevelStatsMultiplier_DinoTamed[0]=0.44
PerLevelStatsMultiplier_DinoTamed[8]=0.44

恐竜が強いと攻略は楽になりますが、数値を上げるほどレベルが高い恐竜を探したり、ブリーディングで強い個体を作る意味がなくなってきます。

また、恐竜が強くなればなるほどソロで何でもできてしまうので、仲間内での協力プレイを前提にするなら、ある程度抑え気味の方が面白いと思います。個人的には。

僕が遊んでいるサーバーでは、公式鯖の数値になっています。

GameUserSetting.ini

AllowFlyerCarryPvE:野生の恐竜を掴めるかどうか

“true”に設定しておくと、野生の恐竜を掴むことができるようになります。

allowThirdPersonPlayer:三人称視点の許可

“true”に設定しておくと、三人称視点を選べるようになります。

デフォルトでは“false”になっているので、普段から三人称視点て遊んでいるなら忘れずに設定しましょう。

あとがき

お疲れ様でした。ここまでくれば、普通にプレイする分には問題なく設定を終えられたと思います。

僕自身も色んな鯖で遊びましたが、やっぱり自分でサーバーを建てて、遊びやすい環境を作った上で身内でワイワイやるのが一番面白いと思います。

その他にも、作物が育つ速度を早くしたり、恐竜やプレイヤーの攻撃力・防御力を調整したり、資源が再スポーンする早さを調整したり、いろいろな設定があります。

設定画面と睨めっこしながら、Google先生に相談しながら色々試して、ぜひぜひ理想の世界を作り上げていってください。

14 Comments

ドードー

こちらの記事を参考にさせて頂きました。お聞きしたいのですが、ps4のサーバー検索に借りたサーバーがヒットしません。原因に心当たりがあれば教えて頂けると幸いです。

返信する
Milan

ドードーさん

コメントありがとうございます。実は僕も同じ症状に悩まされて遊べない日が続いたことがあります。

別のPS4で一緒に遊んでいた嫁さんも全く同じ症状でサーバーが見つからず、友人達は問題なく遊べており、「家の回線ではサーバーが見つからない」といった状況でした。

考えられる対策をいろいろ試しましたが改善されず、結局スパチュンの方に問い合わせてみました。

返答は

「他のセッションに比べて『非公式PCセッション』だけが読み込みが遅いといった症状を確認したので、開発元のワイルドカードに陳情することはできるが、スパチュン側では対応できない」

とのことでした。

その後、半ば諦めてPS4をサーバー代わりに『PC専用セッション』で遊んでいたのですが、一週間ぶりに元のサーバーへ帰ってみると改善されていました。おそらくワイルドカード側で何かしらの動きがあったのではないかと思います。

僕の場合は、そんな感じで事が済んだので直接の対策をアドバイスすることはできません。申し訳ありません。

ですが、今でも同じ問題に悩まされているようでしたら、早めにスパチュンに問い合わせてみることをおすすめします。

返信する
メガテリウム

大変参考になりました。
これでホストと離れすぎていますと怒られずに遊べそうです。

返信する
Milan

メガテリウムさん

コメントありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです。よいサバイバーライフを!

返信する
アルト

自分で設定した後、気にいらず設定し直したいのですがどうすればいいですか?

返信する
Milan

コメントありがとうございます。設定というと、サーバーの仕様の設定でしょうか?

同じように項目を変更して、「Save&Apply」を選択してサーバーを再起動すれば変更が反映されていると思います。

返信する
るきむ

友人と遊ぶのにレンタルサーバーは難易度高いかな…と半ば諦めていたのですが、とても詳しく解説されていて挑戦してみようと思いました。とても助かります。解説ありがとうございます。

返信する
Milan

コメントありがとうございます。微力ながら、お力になれたなら嬉しいです。よいサバイバーライフを!

返信する
Hiro

こんにちは。
ブログ拝見させて頂きました。
分かりやすくて助かっています!

先日まさにMultiplayerでのレンタルサーバーを稼働させたばかりなのですが、個人で始めるローカルとも繋がってしまいます。
ダウンロードやアップロードを制限したらいいのですが、複数鯖借りて遊んでいるので
可能なら、ローカルとの接続を切りたいと思っています。

クロストラベルのような指定した鯖とだけ接続できるようなやり方が取れるかご存知ないでしょうか。

今のままだとローカルでクリエイティブモードで好きなアイテム出してオベに突っ込んだらレンタルサーバーでも取れてしまう状況です。

よろしくお願いします。

返信する
Milan

コメントありがとうございます。お役に立てたようで嬉しいです。

ご質問頂いたローカルと繋がってしまう問題についてですが、どうやら僕の知識ではお力になれそうにありません。

色々と調べてはみたのですが、めぼしい情報は見つけることができませんでした。せっかくご質問頂いたのに申し訳ありません。

返信する
Hiro

返信頂きありがとうございます!
そうですよね、色々試したりもしましたがローカルだけを縛ることは無理な気がしました。

技術的な話なのでWild cardに聞くのがいいですかね?
ダメもとで聞いてみようと思います!

お手数おかけして申し訳ありませんでした。
ありがとうございます。

返信する
のんたん

はじめまして!
こちらの記事を参考に勇気を振り絞って??
サーバーを、借りて早一週間おかげさまで
良い感じに設定も出来るようになってきました!
ありがとうございます(^-^)
ただ、ひとつ!不安なことがありまして、
サーバーのレンタル期間の延長って
どうやって行うのでしょうか?
(今回、うまく設定を出来るのかの不安もあり
レンタル期間を1ヶ月にしました)
もしわかりましたら教えて下さい。

返信する
Milan

お返事が遅くなって申し訳ありません!

コメントありがとうございました。サーバーレンタルのお手伝いができたみたいで、うれしく思っています!

サーバーのレンタル期間延長は、clanforgeのページから行うことができます。

「Manage My Servers」の下にアイコンがいっぱい並んでると思うんですけど、そこの「Renew Service」から手続きできますよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です