寝起きの腰痛を枕の高さで解決!ベッドと枕にも相性があったらしい

眠る猫

最近ベッドを買い替えたんですけど、なんか妙に腰が沈むんですよ。

寝つきが悪くて、起きたら腰痛がすごい。肩こりもすごい。

ベッドマットレスなんか高い買い物だし、色々調べてかなり慎重に選んだはずなのにショック。

しばらく「買い物に失敗したか」と落胆していたんですが、フと思い付きで枕の高さを変えてみたところ、これが嘘のように改善しました。どうやらベッドと枕には相性みたいなものがあるらしいです。

いや、今すごいドヤ顔してますけど、考えてみれば当たり前のことなんですけどね。なぜ今までそこに頭がまわらなかったのか……。

というわけで、今回は「ベッドに腰が沈む時の対処法」について。

僕と同じように朝起きたら腰痛がひどいとか、ベッドに腰が沈んで寝つきが悪いとか、そんな悩みを解決するような話ができればと思います。

マットレスを変えたら腰痛に襲われた話

始まりは肩こりの悩み

僕は仕事柄デスクワークが多いのもあって、以前から寝起きの肩こりに悩まされていました。

しばらくして血が巡ってくると楽になってくるんですが、朝がとにかく痛い。朝の調子は1日の調子に直結してくるので、なかなか辛いモノがあります。

そこで、お医者にかかってみたところ「枕を変えてみてはどうか」とのこと。そこで、しっかりと肩と首を支えてくれるおNEWの枕を探すことに。

探すに当たってネットで色々調べてみたところ、「自分が気持ちよく寝れると感じる枕を探せ」という話が多かったので、言葉通りに新しい枕を購入しました。

これが功を奏し、寝起きの肩こりは嘘の様に改善されました。当時は、寝具でこんなに変わるとは思っていなかったので驚きました。

ベッドを変えたら腰痛が始まった

それが、最近引越しをしまして、ベッドを買い換えたんです。思い切って、ちょっと柔らかめの良いベッドに。

今まで使っていたヘタったボンネルコイルの硬いマットレスを柔らかめのポケットコイルマットレスにチェンジ。これが朝の辛い腰痛の始まりでした。

だって

「ふんわりとした包み込まれる様な寝心地」

とか書いてあったら抗えないじゃないですか……。

硬いベッドにしか寝たことがなかったもので、届いた日の夜は、とても幸せな気持ちで眠りにつきました。

ところが、朝起きてみると謎の腰痛が

痛み……というよりは、なんだか腰がすごく疲れていて、そのだるさに一日中つきまとわれている感覚です。

朝と夜のストレッチとか、食生活の見直しとか、色々と試してみましたがなかなか改善は見られず。

高い買い物だったので、原因がベッドだと思いたくなかったんです

俺氏、ついにベッドと向き合う

そのうち、寝起きでなくともベッドに横になっただけで鈍い痛みにあえぐようになってきて、頑なにマットレスを擁護していた僕の心もついに折れてしまいました。

この時の僕は、必死にかばっていたオームを大人たちに奪われた時のナウシカと同じ顔をしていたと思います。

どうやら寝る時に腰が沈み込みすぎていたみたいです。よく見る背骨のアレでいうとこんな感じ。

ベッド 背骨

こんなに足ピン!してませんが……。

いやぁとんでもない話ですよ。

高かったんだよ!!!!

新しいマットレスを処分して昔のマットレスを引っ張り出してくることまで考えました。腰痛とサヨナラできるなら惜しくはない……。

枕を低くしたら治った!

とにかく、今は腰をなんとかすることが大事。腰の辺りにバスタオルを2枚ぐらい重ねて敷いて高さを調節してやることに。

すると少し痛みが和らぐ感覚が。でも、その代わりに、肩の辺りに体重がかかってる感じが強くなりました。

マットレスを守りたい一心からか、僕はついに一つの答えに辿り着いたのです。

ぼく

これ、枕が高いだけなんとちゃうか……?

つまり、こういうことです。

ベッド 背骨

「足上げ腹筋かな?」ってぐらい足あがってますが、許してください。

硬いベッドにはちょうどよかった枕が、柔らかいベッドでは相性が悪いのではないかと。

すまん愛枕、全部お前のせいかもしれん。

断腸の思いで全ての責任を枕に押し付け、その辺のクッションで即席の低めの枕を使って寝てみました。すると、あんなに辛かった腰の痛みがすっかりなくなってしまいました。

枕は「体に合う」だけじゃダメらしい

高い買い物だっただけにかなり落胆していたので、ホッと胸をなでおろすような気持ちでした。枕には悪いと思っています。今までありがとうな。

肩こりに悩んだ時に買った枕は、柔らかいベッドにはどうも逆効果だったようです。

マットレスと体の相性はあちらこちらで言及されていますが、まさかベッドと枕にも相性があるとは思わず。

しばらく勝手に世紀の大発見をしたような気分でいましたが、よくよく考えてもみれば当たり前のことで10秒後には真顔になっていました。

ベッドと枕の相性を実験してみた

そこで、硬いベッドと柔らかいベッドで、それぞれ枕の高さとの相性を実験してみました。

  • 硬いベッド + 高い枕
  • マットレスが体重に対して硬すぎ、腰が浮く感じがするので枕を高くして調整。寝起きに疲れが溜まった様子はありませんでした

  • 硬いベッド + 低い枕
  • 枕を高くして調整しないとどうしても腰が浮いてしまい、なかなか寝付けませんでした。寝返りも多く、寝起きには肩と首が凝った感じが残りました

  • 柔らかベッド + 高い枕
  • 健康な状態では気になるほどではありませんが、腰がどうしても沈んでしまいます。圧迫されて血流が悪くなるのか、寝起きはひどく腰に疲れが溜まってしまいました

  • 柔らかベッド + 低い枕
  • 全体的に体重のバランスが取れて快眠でした。寝起きに疲れが溜まった様子もなく、爽快。寝入りも寝起きも快適で、僕にはこの組み合わせがよく合っているようです。

相性表

文章にするとちょっと分かりにくかったので、表にまとめてみました。

ベッド
枕\
硬い柔らかい
高い
  • 体重のバランスは良い
  • 疲れは溜まらない
  • 寝返りが多い
  • 腰が沈む
  • 腰に疲れが溜まる
  • 寝返りは少ない
低い
  • 腰が浮く
  • 肩と首が凝った
  • 寝返りが多い
  • 体重のバランスは良い
  • 寝起きに疲れなし
  • 寝返りは少ない

色々試した結果、NGな組み合わせは、「柔らか + 高い」「硬い + 低い」でした。

※飽くまで個人的な感覚です

失敗しないベッドと枕の選び方

なるほどなるほど。

高い金を出して買った枕が、マットレスに合わないということもあるんですね。

枕も気に入っていたので結構ショック。

損をしないためには、“マットレスを買う⇒バスタオルなどで頭の高さを調節しつつ何日か寝てみる⇒気に入った高さの枕を買う”。これがベストだと思います。

わいの愛枕はどうなってしまうんや……

どうしても愛する枕とお別れしたくない人にはマットレスの上に敷くだけで寝心地を調整してくれるアイテムもあります。

枕を低くするという解決法に至る前に見つけたんですけど、高いお金を払って買った枕とお別れするのが嫌すぎてかなり悩みました。

さすがにお高いので今回は枕に犠牲になってもらうことにしましたが。

マットレスに敷くだけっていうお手軽さが良いですよね。

マンチェスター・ユナイテッドの公式寝具パートナーっていう、なんかすごい肩書が目に飛び込んできます。

スポーツ選手にとって睡眠ってめちゃくちゃ大事らしいですし、世界で戦うサッカーチームが後押ししてるっていう安心感すごい。

なんというか、ちょっとどんな体勢・体格でもしっかり体を支えてくれそう。しかも厚さ11㎝で取り回しも良さそう。

敷くだけのモノにしては高いですけど、なるべくお金をかけずに寝心地を追求したいならアリなんじゃないでしょうか。

ってことで、今回はこの辺で。

腰痛とか肩凝りとかで悩んでたら、寝具を疑ってみると良いですよー。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください