【コナンアウトキャスト】対人でおすすめのステ振りと防具【PvP】

コナンアウトキャスト 装備

このエントリーは、コナンアウトキャストのPvP、主に対人戦闘でのステ振りについての話です。

例によって超主観なので、参考程度に。

Sponsored Link

おすすめのステ振り

プレイヤー同士の戦闘を重視するなら、とにかく腕力特化がおすすめです。

なぜかというと、経験上、攻撃力がないプレイヤーを相手にするのは楽だから。

攻撃を食らうのが怖くないので怯まず距離を詰められますし、離脱のタイミングも計りやすく、終始こっちのペースで戦闘が進みます。

どのゲームでもそうですが、対人戦で重要になるのは「決め手」です。

逃げても後一撃で仕留められるところまで追いつめるか、できれば相手の頭に「逃げる」という選択肢が浮かぶ前に仕留めてしまいたいところ。

コナンアウトキャストは、逃げる相手を追い詰めるのが難しい仕様になっています。逃げられるとどこまでも追いかけっこが続きますし、水の中に入られると手出しできませんしね。

ですので、まず何よりも決められる時に決め切れる攻撃力が必要になってくるわけです。

というわけで、おすすめの振り方はだいたいこんな感じ。

  • 腕力:40~50
  • 身のこなし:10
  • 生命力:30
  • 闘志:20~30
  • 足腰:10

では、なぜこの数字なのかを以下に。

腕力:40~50

近接武器で戦うなら腕力40以下はあり得ないと思っています。(出血をダメージソースにできる短刀は例外)

腕力40で習得できる「重撃-強攻撃で与えるダメージが25%増加する」のスキルは必須。数字的にはできれば50、少なくとも40後半ぐらいの腕力は欲しいところです。

50になると「血まみれ狂戦士-体力が25%未満になると、近接攻撃のダメージが50%増加する。」を習得できますが、発動条件が厳しいので、あまりこだわらなくてもいいでしょう。

身のこなし:10

10まで上げると「鉄人-走った時のスタミナ消費が減少する」のスキルを習得できます。

離脱と追い込みに強くなるので、最低でも10は振っておきたいところ。たったの15ポイントですしね。

防御力にも直結するステータスなので、多分0はマズいんじゃないかなーと。

生命力:30

30で習得できる「回復活性化-体力が常に自動回復する」が超便利。

どれぐらい回復するかと言うと、「熱中症/凍傷」のスリップダメージを放置しても涼しい顔で探索できるぐらい。当然、戦闘でも強いです。

闘志:20~30

本命は20で習得できる「タフガイ-時間当たりのスタミナ回復量が10%増加する」

これだけでスタミナ管理がかなり楽になります。

30の「鋼鉄の肉体-ダメージに対する耐性が上がる」は、イマイチ効果が良く分かりません。被ダメージが減っているのか、それとも怯み時間が減るのか……。

30のスキルが良く分からないので、20で止めるか30まで振るかはお好みで。

ただ、個人的にはスタミナはあればあるほど良いと思います。なぜならば、回避も攻撃も離脱も追い込みもスタミナ頼みですからね。

足腰:10

戦闘にはほとんど関係のないステータスですが、さすがに全く振っていないと何も持てません。中装を装備したらいっぱいいっぱい。重装なんて夢のまた夢。

10あると軽量キットを付けた中装で重量50%ほどになります。気を使えば不便しないぐらいはなります。重装だと、少し厳しいかもしれません。

また、10で「バランス感覚-荷物が重い時は近接攻撃で与えるダメージが10%増加する。荷物が軽い時は武器の振りで消費するスタミナが10%減少する」のスキルが習得できます。たかだか10にしては有能。

こと戦闘に特化するなら足腰は10で十分でしょう。

おすすめの防具

個人的に対峙して「怖い」と思うのは、中装>軽装>重装の順です。

重装は防具のステータスボーナスの関係でさほど腕力がないか、スタミナに無理があることがほとんど。どれだけ硬くても相手をするのは比較的楽に感じます。

軽装はヒットアンドアウェイが面倒ですが、柔らかいので捕まえることさえできればあっさり溶けます。

何が飛び出てくるか分からない中装が一番怖い。自分が中装なので、ミラーマッチで初手が手探りになるところもあるんだとは思いますが。

自分で使って「戦いやすい」と感じるのもこの順です。

軽装

防御力がほとんどない代わりに機動力に特化しています。

重装はおろか、中装に比べても遥かに見劣りする防御力で、まともに殴り合うと秒殺されます。

その代わり機動力はピカイチ。ダッシュ時のスタミナの消費は緩やかになり、より高い壁を上ることができ、ローリング回避の距離は長く、硬直時間も短くなります。

ヒットアンドアウェイに向いていて、槍や短刀などスーパーアーマーを当てにできない武器との相性が良いですね。

ただ、やっぱり防御力に不安が残り、少しのミスや少しのラグ、ひどい場合は見えない敵に小突かれて倒されることもしばしば

軽装から中装に着替えると「防御力って大事なんだな」と感じます。

中装

そこそこの防御力とそこそこの重量、そしてそこそこの機動力。

基本的に全ての性能が中ぐらいで、あらゆる戦闘スタイルに対応できますが、その中途半端さが弱点と言えなくもありません。

重装と殴り合ったら負けますし、軽装相手にヒットアンドアウェイで立ち回っても優位に立つのは難しいです。

中装の一番のメリットは、敵のスタイルに対応しやすい点だと思います。重装相手には徹底してヒットアンドアウェイで、軽装相手には殴り合いで、相手の武器や防具を見てから自在に対応できるのが良いところ

単純に“近接武器での戦闘に”という意味では、中装が一番おすすめです。

重装

中装の倍以上の防御力。カット率も70%越えで、それはもうめちゃくちゃ硬いです。

めちゃくちゃ硬いですが、軽装から中装に着替えた時ほどの実感はないかも。

戦闘スタイルとしては、スーパーアーマー付きの武器によるカウンターでダメージ交換を狙っていくのが有効です。

とは言え、腕力極振りの両手剣やモールは重装と言えども警戒すべき威力。加えて短刀の出血ダメージは防御力には関係ありませんし、過信は禁物です。

弱点は、機動力が著しく低下するところ。重量が重くてスタミナの消費が激しく、よじ登りの距離も短くなり、回避は鈍牛ステップに。

そのため、一度逃がすとなかなか追い切れませんし、主導権を取られて追い込まれると「回避ができない+スタミナ消費が激しい」せいで離脱してからの仕切り直しが難しくなります。

軽装にヒットアンドアウェイに徹されると何もできずに追い込まれることもしばしば。

「身のこなし」を40まで上げると普通に回避できるようになる上にさらに硬くなりますが、他に犠牲にできるステータスがないのであまり現実的ではないと思います。「身のこなし」のボーナスを持つ重装防具もないですしね。

また、物がほとんど持てなくなるので戦闘以外のことができなくなります。素材を集めるにも敵対プレイヤーの拠点を襲撃するにも、スムーズに活動するにはいくらか足腰に振らざるを得ないもの辛いところ。

正直、僕はあまりおすすめできません。

Sponsored Link

まとめ

以上がステータスと防具に関する個人的な雑感です。

僕自身が色々試して「腕力特化+中装」の組み合わせに落ち着いているので、それをおすすめしていますが、実際はもっといろんなスタイルがあって然り。他のステータスや防具で戦って試行錯誤を繰り返してみると、また違った見方ができると思います。

使用武器や状況・フィールド、あるいは得手不得手によって有用なステータス・防具も変わってくるので、一概に「コレが良い」とも言えないのが現状でしょうか。

今試してみたいなーと思っているのは

  • 短刀の出血ダメージを頼りに腕力を抑えて闘志や身のこなしに振って、偵察+嫌がらせ目的の軽装
  • 精密射撃にもある程度振って、弓と短刀で攻め続ける軽装
  • 身のこなしを40まで振ってめちゃくちゃ硬くなった重装

これぐらい。

なかなか機会がなくて試せていませんが、気が向いたら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です